iOS10は格安SIMで使える?iOS9との違いはどこ?

F9846e3d26637539a8f5bf548829b274

iOS10は格安SIMで使える?iOS9との違いはどこ?

最終更新日:

iOS10が2016年9月14日にリリースされました。全体的に丸みを帯びたデザインとなっています。格安SIMを提供している各社でも続々と動作確認済みとなっており、格安SIMを利用中の方がアップデートを行っても大きな混乱はない可能性が高そうです。

iOS10 動作確認済みの会社一覧

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

525円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ・au

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ・au

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au 公式をチェック

SIM料金

980円〜

利用回線:

au

2016年9月13日にiOS10がリリース

2016年9月13日(日本時間9月14日)にiOS10がリリースされました。iOS9との違いから、MVNOで発売されている格安SIMはiOS10に対応しているかを解説します。

iOS10は9月16日発売のiPhone7にも搭載されるOSになるので、現在動作確認ができている格安SIMは発売日から利用可能な可能性が高いです。

iOS10のデザイン面での変化は?

iOS10はiOS9と比べて全体的に丸みを帯びたデザインになっています。

コントロール画面や、メッセージの通知等も丸くてかわいらしいデザインになりました。

iOS10のデザイン メッセージ通知が丸みを帯びている

ホーム画面は色が付いたためiOS9よりもわかりやすい

動作面ではスリープモードからの復帰時に注意

動作面ではスリープモードからホーム画面を開くまでに2回ホームボタンを押さなくてはならない仕様になりました。

慣れれば問題ないとは思いますが、アップデート直後の現在は少し違和感と面倒くささを感じます。気になるのはiPhoneのホームボタンは故障しやすい部分だという点です。プッシュ回数が増える変更というのは故障確率が上がるためいい変更とはに感じられません。

iOS10で動作済みの格安SIMは?

iOS10の発表直後からMVNO各社は実機での動作確認を行っており、多くのMVNOで問題なく利用できているようです。iOS10の動作が問題なければiPhone7でも利用できる可能性が高いため9月16日の発売に期待が高まります。

IIJmio iOS10の動作確認済み

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ・au

mineo iOS10の動作確認済み

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

700円〜

利用回線:

ドコモ・au

Nifmo iOS10の動作確認済み

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
640円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

640円〜

利用回線:

ドコモ

OCNモバイルONE iOS10の動作確認済み

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

BIGLOBE iOS10の動作確認済み

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

FREETEL for iPhone iOS10の動作確認済み

U-mobile iOS10の動作確認済み

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
680円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

680円〜

利用回線:

ドコモ