格安SIM+タブレットでかんたん株価チェック&売買

格安SIM+タブレットでかんたん株価チェック&売買

最終更新日:
Large 2dcf8effb5c8eafb11c9bcec5f25b856

毎日株価をチェックして取引をスマホの小さな画面で行うのはなかなか骨の折れる作業です。そこでおすすめしたいのがSIMフリータブレットと格安SIMの組み合わせです。格安SIMを利用すれば月額料金を抑えて運用できますし、タブレットの大画面なら取引もラクラクです。取引には専用アプリが必要ですが、6大ネット証券であればすべて専用アプリが出ているので安心です。

1999年10月の手数料完全自由化、そして2001年には、金融ビッグバンの一環としてループトレードの解禁や証券売買手数料の自由化など規制が緩和されたことによって、デイトレーダーが続々と誕生し始めました。

デイトレーダーの多くはネットを使って株の売買を行い、一般の個人投資家にも関わらず、1日に何億というお金を動かすといった人も決して珍しくはありません。もちろんデイトレードだけではなく、従来からの長期でポジションを持つ投資家も、情報入手から売買までネットを駆使していて、いまや株の売買にネットは欠かせない存在となっています。

デイトレードの取扱高自体は2006年1月のいわゆるライブドア・ショック以降、2005年12月をピークとして減少してはいるものの、株の値動きをスマホからでもチェックできるようになったこともあり、デイトレード、長期の売買ともにネットで株の売買をすることはより手軽となっています。

株価チェックは3台以上のモニター!?

もちろん専業としてトレーダーをする人は、自宅で3台以上のモニターを使い、常に情報をチェックしてといった形で売買をおこなっていますが、趣味として少額で売買を楽しむ個人投資家は、スマホやタブレットのみで行うといったケースも少なくありません。そこで今回はタブレットを使った株価のチェックと売買についてご紹介します。

タブレットを使えば毎日の株価チェックがらくらく

現在、スマホの画面サイズは4.7インチのものから5.5インチの間のものが多く、主流は5インチ程度の大きさとなっています。多くの証券会社ではスマホだけで株の売買ができるアプリも出してはいるものの、逐一変わる株の情報をチェックしながら売買までをすべてスマホで賄うことは5インチ程度という画面サイズから考えても決して簡単ではありません。

しかしだからといって多くの個人投資家は、専業トレーダーのように常に自宅で複数のモニターを駆使して売買を行うといったようなことはできません。仕事や学校、家事の合間に株価にチェック、情報の入手、そして売買までを行うには、携帯性の高いスマホがやはり最適なツールとなります。

タブレットのサイズは毎日の株価チェックにちょうどいい

そこでおすすめしたいのが、タブレットです。現在、タブレットの画面サイズの主流は8~10インチ前後となっています。PCのモニターや多くのノートPCと比べれば小さいものの、それでもスマホよりは1周り以上大きくなっているため、視認性は高いため、株価チェックもらくらくこなすことができます。もちろん携帯性も高いため、自宅はもちろん外出先など常にそばに置いておき、気になった時にはすぐにチェックすることも可能です。

専用アプリを使えばオンラインで売買可能

タブレットを使い株の売買を行うには、専用のアプリを提供している証券会社を選ぶ必要があります。アプリではなく専用ソフトしか提供していない証券会社では、PC、もしくはノートPCでしかインストールできないケースもあるからです。

サービス内容や手数料だけで選んでしまうと、後になってからタブレットではできないといったことにもなりかねないため、専用アプリがあるかどうかのチェックを最初にするようにしてください。

6大ネット証券ならどの会社でも取引専用アプリあり!

おすすめは6大ネット証券と呼ばれている「楽天証券」、「松井証券」、「マネックス証券」、「SBI証券」、「カブドットコム証券」、「GMOクリック証券」です。この6つの証券会社であればどこでも専用のアプリを提供しています。

この中から手数料や使い勝手、サービス内容などを十分チェックした上でお好みの証券会社を選択すれば、契約後、すぐにでもタブレットから株の売買を行うことができるようになります。

格安SIM+タブレットなら月額1,000円以下で運用できる

株の売買が可能な専用アプリを提供している証券会社で口座開設を行えば、後は実際に情報をチェックしつつ売買を進めていくだけとなります。そこでもう一点だけお得な情報をご紹介したいと思います。それはタブレットの月額料金の節約方法です。

冒頭で、専業トレーダーともなると1日に数億円のお金を動かす人も珍しくはありませんとしましたが、ほとんどの個人投資家は1ヶ月で数千円から数万円の利益を出せるかどうかといったところではないでしょうか?

数千円から数万円の利益ということであれば、大手キャリアで新たにタブレットを契約すると場合によっては、その月額料金だけで利益がなくなってしまいます。そこでおすすめは格安SIMです。SIMフリーのタブレットを購入する、もしくは格安SIMとタブレットをセットで購入できる楽天モバイルなどを選択すれば、大手キャリアの数分の1である、月額1,000円以下で運用することも可能になります。

いまや自宅のキッチンや外出先などどこからでも指先のタップ一つで株の売買ができる時代となっています。副業として、ちょっとしたおこずかい稼ぎとして、皆様も格安SIMでタブレットを駆使して、月額料金を抑えつつ株の売買を行ってみてはいかがでしょう?

料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら