格安スマホ対応!Android端末おすすめ家計簿アプリ

70b6fd32bdd93351c50df3b807a30e4d

格安スマホ対応!Android端末おすすめ家計簿アプリ

最終更新日:

格安スマホに変えるといろんなアプリが使えなくなるというイメージを持っている方もいますが全くそんなことはありません。格安スマホも大手キャリアのスマホもAndroidというOSと利用しているため、使えるアプリは変わりません。いちいち記入するのが面倒な家計簿もアプリを使えばラクラクです。

大手キャリアの月額料金の高さに嫌気をさして格安スマホに乗り換えた結果、月額料金は大手キャリアの頃の2分の1から3分の1になり、大幅に抑えることはできるようになったものの、他の部分で無駄遣いをしてしまい、結局は大手キャリアを使っていた時以上にお金が減ってしまったという経験をお持ちの方は結構、いらっしゃるのではないでしょうか?

これまでと同じように使っていながらも、手元に残る現金が増えるとなるとつい、使ってしまうということは誰にでもあることです。しかしそれを続けてしまっていては、何のために格安スマホに乗り換えたのか意味がなくなってしまいます。通帳の残高だけを確認して、あればあるだけ使うといった無計画な生活を改めない限りはいつまでたってもお金が手元に残りません。

そこでおすすめしたいのが、スマホでも使える家計簿アプリです。PCでしか使えないアプリでは面倒で途中で投げ出してしまうといったこともあります。しかしスマホであれば常に手元にあるため、何かを買ったときなどすぐに記入することができます。現在、スマホで家計簿をつけられるアプリはいくつも出ていますが、今回はその中から格安スマホにも対応している、「Zaim」と「MoneyForward」をご紹介します。

家計簿は重要だけど面倒くさい

過去に家計簿をつけていたものの、長続きせずに途中で止めてしまった経験があるという方は多いのではないでしょうか?

日々の金銭の収受を記録する家計簿。最初のうちは毎日こまめにつけますが、そのうちに2日に1回となり、5日に1回となり、1週間に1回といった形でどんどんとレシートが貯まっていき、気が付くとサイフの中がレシートでパンパンになる。そうなると面倒になって家計簿を付けるのを止めてしまう、といったパターンを何度も繰り返すといった経験を誰しも1回はしていると思います。

本来、お金の収受をしっかりと記録しておくことは、お金を有効に使うといった意味で非常に重要な行為です。スマホの月額料金に限らず、食費、交際費、公共料金、家賃など項目別に分けて管理することで自分のお金の使い方を知ることができます。そうなって初めて節約もできるようになるのです。そのためにも面倒ではあるものの、やはり家計簿はつけなくてはなりません。そこで次項では、できるだけ簡単につけられる家計簿アプリ、Zaimをご紹介します。

Zaimなら直感的でわかりやすい

格安スマホにも対応している家計簿アプリでまずおすすめしたいのが、Zaimです。

2016年9月現在、Zaimは500万人以上が利用している無料の家計簿アプリです。iPhone、Androidどちらでも利用可能で、App Store ファイナンス部門、Google Play ファイナンス部門、日経新聞家計簿アプリの3つのランキングで1位を獲得している人気アプリです。

Zaimの主な特徴は以下の通りです。

  • レシートから品目を自動読取
  • 約 1,500 の銀行やクレジットカードの入出金を自動取得・分類
  • 音声認識などフリーワードからの家計簿を自動登録
  • お金を支払ったお店を家計簿に登録
  • 棒グラフ・円グラフで家計簿を分析
  • 皆が何にいくら使っているか家計簿の統計情報と比較
  • 月の予算を決め家計簿の残高を表示
  • お財布や口座、クレジットカードの残高を表示する資産管理機能

以上のように、レシートの自動読取や、銀行、クレジットカードの入出金の自動取得、音声認識による自動登録など、できる限り手間をかけずに家計簿をつけられる機能が揃っています。

またグラフ表示での分析や、家族で誰が何にいくら使っているかの統計情報、比較、残高の表示などお金の管理に関する情報が直感的で分かりやすいのもZaimの特徴です。

もちろん、通信の暗号化や銀行・クレジットカードのパスワードの不保持などセキュリティに関しても万全を期しています。

クレジットカードや口座残高をまとめて管理したいならMoneyForward

クレジットカードや口座残高を一つにしてまとめて管理したいといった場合におすすめなのが、MoneyForwardです。こちらも無料の家計簿アプリで、2016年9月現在、400万人以上が利用している人気アプリです。

MoneyForwardの最大のおすすめポイントは、2,580を超える金融機関の対応数です。銀行、クレジットカードはもちろん、証券会社、電子マネー、年金、ネットショッピング、マイルなどあらゆるサービスの利用履歴、残高を自動で取得し、自動で家計簿を作成します。

もちろんレシートからの品目を自動読取、提携している2,580以上のサービスからの入出金を自動取得、分類、グラフの自動作成。そしてセキュリティ機能といった基本的な機能はすべて揃っています。

今回、ご紹介した2つの家計簿アプリはどちらもすでに多くのユーザーから支持を得ている人気アプリです。それだけ多くのユーザーに支持されているということは、飽きずに続けられる機能が充実していることの現れでもあります。

これだけ簡単、手軽につけられるのであれば、これまでは途中で挫折してしまっていた方も今度こそは長続きするのではないでしょうか?