1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. プリペイド式格安SIMカードの賢い使い道

プリペイド式格安SIMカードの賢い使い道

最終更新日:
プリペイド式格安SIMカードの賢い使い道

格安SIMカードには月額料金以外にもプリペイドSIMカードとしての契約も可能です。通常の契約に比べて利用が簡単で、海外からの一時帰国やお試しで格安SIMカードを使ってみたい人におすすめです。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

非常に便利なSIMカードに、プリペイド式格安SIMがあります。後払いではなく前払いのSIMカードであることでどんなメリットがあるのでしょうか。また、どんなときに使うと便利に使うことができるのでしょうか。プリペイド式SIMカードのメリットとデメリットについてまとめました。

プリペイド式格安SIMカードってなに?

プリペイド式格安SIMカードとは、後払いではなく前払いのSIMのことです。プリペイド式はなんといっても開通、解約の手間がかからないのが便利です。

まず使い始めは、パッケージを購入すればOKです。

データ容量と通信期間からどのパッケージが良いかを選びます。後払いで必要になる支払情報の確認はいりません。パッケージを購入すればすぐに使用開始できます。

また、終了するときも決まったデータ容量を使い切る、もしくは使用期間を徒過すれば、それだけで何もしなくても自然解約ができます。通常の後払い式では、解約手続きをとるまでエンドレスに利用することになりますが、そういった解約の手間が一切ありません。

さらに、簡単な手続きですぐ購入できるうえに、使い終わればそのまま自動解約になるので、必要なときに必要なだけスマホを使いたいときにとても便利です。

SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介
関連記事SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介

プリペイド式格安SIMカードの購入方法は?

プリペイドSIMカードはAmazonなどネット通販でも購入ができますし、コンビニや空港でも売られています。時にはセールで安くなることもあります。

通常のSIMカードを買うときはクレジットカードが必要であったり面倒な手続きがあります。プリペイド式SIMカードはこうした面倒な手続きがないぶん、ローソンなどコンビニでも買うことができるようになっています。

格安SIMカードには使い切りのプリペイドタイプがある

SIMカード

格安SIMカードを利用する場合は、利用した後の後払い方式が一般的です。しかし、後払いだけでなく、料金前払いの使い切り型プリペイドタイプもあります。

使い切り型だと、本当に利用したい期間のみ利用することができるためおすすめです。

海外からの来日者や一時帰国者におすすめ

海外でスマホ

短期間だけ使いたいときに便利です。旅行した先や出張先で一時的に必要になるとき、または海外から日本へ一時的に仕事や旅行で来日していて国内の連絡手段が必要なときも便利です。普段は海外に住んでいて、一次的に帰国したときも使えます。また、転居してしばらくネット回線が接続できないときも、使うとよいでしょう。

たとえば「OCN mobile ONE Prepaid SIM for JAPAN」は、1日に100MBを7日間使用できる外国人観光客用プリペイド式SIMカードです。

こちらは、ネットで申し込みをして空港やホテルで受領することもでき大変便利です。

プリペイド式SIMのよいところは、使いたいと思ったらコンビニなどで買ってすぐ使うことができ、身元証明や手続きなどが不要であり、使い切れば終わりという点です。ですから、最初から用意しておかなくても必要になってから購入すれば十分間に合います。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

格安SIMカードに不安、使い心地を試してみるのもあり

スマホ

キャリアスマホのユーザーの中には、格安SIMカードへの不安を感じている人は少なくありません。

費用が安いのは魅力だけれど本当に安心して大丈夫なのか、今までと使い勝手が違うと困るから一度使用感を確認したいといった声が多くあります。そのような場合は、プリペイドでまず使ってみることをおすすめします。プリペイドなら使い切りで何もしなくても解約になるので、心理的な負担が少なくて済みます。

もしプリペイドで使ってみて気に入れば、そのまま月額プランを契約して使用継続することもできます。せっかくプリペイドを使うなら、使ってみたいSIMを試すのもおすすめです。たとえば、mineoプリペイドパックは、プリペイドから通常契約に切り替えるのも簡単です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au

プリペイド式格安SIMカードのデメリットってあるの?

プリペイド式SIMカードには容量と期限縛りがある

プリペイド式SIMカードには容量と期限の縛りがあります。

開通期限を守らなかったり、利用期間内にチャージをしなければ自動的に使えなくなってしまい、使用継続したければ購入し直すしかありません。

一般のSIMではデータ容量を使ってしまっても通信速度は遅くなりますが、通信ができなくなることはありません。しかし、プリペイド式SIMカードは既定の容量を超えてしまうと一切使えなくなってしまいます。

追加チャージ用のカードは実店舗でしか買えないのでコンビニなどに再度行って購入しなければならないため手間がかかります。

プリペイド式SIMカードの料金は割高

プリペイド式SIMカードの料金は、通常の月額プランよりも割高になっています。

あくまで短期間使うには適していますが、長期間使うとなると料金がどんどん割高になりますので、通常プランに切り替えたほうがお得です。

プリペイド式SIMカードは音声通話に対応してない

プリペイド式SIMカードでは音声通話に対応していないのも大きなデメリットです。

090や080発信が使えないことはもちろん、SMSも使用できません。

ただし、無料通話アプリなどを使えば音声通話ができるものもあります。

おすすめのプリペイド式格安SIMカード

U-mobileプリペイド

使い切りSIMカード

U-mobileのプリペイド式格安SIMカードには、使い切りタイプがあります。

決められた期間や、データ量を使い切った時に自動的に解約されます。

再度利用するときは、パッケージを買いなおす必要がありますが、格安SIMカードを試してみたい方には特におすすめです!

パッケージ価格1,980円
利用期間17日間/15日間/30日間
データ量200MB/日
通信速度225Mbps
速度制限時200Kbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ

JPSIM

U-mobileが販売している、JPSIMというプリペイド式格安SIMカードがあります。

日本国内で使うことができて、初期登録料は無料です!

プランは、7日間8日間15日間30日間の4種類があります。

7日間8日間(3GBプラン/無制限プラン)15日間30日間
パッケージ価格1,980円- 2,980円3,980円
データ量200MB3GB/無制限200MB200MB
通信速度150Mbps150Mbps150Mbps150Mbps
速度制限時200Kbps200Kbps200Kbps200Kbps
SIMサイズmicroSIM/nanoSIMmicroSIM/nanoSIMmicroSIM/nanoSIMmicroSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ

楽天モバイル

楽天モバイルでは1GBと2GBの2種類のプリペイド式格安SIMカードがあります。

1GBプラン2GBプラン
パッケージ価格2,980円3,980円
利用期間30日90日
データ量200MB/日3GB/無制限
通信速度262.5Mbps262.5Mbps
速度制限時200Kbps200Kbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM標準SIM/microSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのプリペイドSIMカードが3種類あります。

  • 期間型で30日30MB
  • 期間型20日50MB
  • 容量型1GB

パッケージはローソンで購入可能です。ただし、SIMカードは後日配送となるため注意が必要です。

  • 期間型で30日30MB
パッケージ価格3,791円
利用期間30日間(チャージ後50日間)
データ量30MB/日
通信速度262.5Mbps
速度制限時200Kbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM
追加チャージ料2,839円
チャージ可能期間期限満了日の30日後まで
  • 期間型20日50MB
パッケージ価格2,800円
利用期間20日間(追加チャージ後50日間)
データ量50MB/日
通信速度262.5Mbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM
追加チャージ料50MB:2,200円
追加チャージ期間期限満了日の30日後まで
月額プラン移行期間開通またはチャージ日から4か月後の月末
  • 容量型1GB
パッケージ価格2,800円
利用期間利用開始から3か月後の末日
データ量1GB
通信速度262.5Mbps
速度制限時200Kbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM
追加チャージ料2,000円
追加チャージ期間期限満了日の30日後まで
月額プラン移行期間開通またはチャージ日から4か月後の月末
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

BIGLOBE

BIGLOBEではBIGLOBE NINJA SIMというプリペイド式格安SIMカードがあります。

旅行者向けのプリペイドSIMカードですが、もちろん旅行者でなくても利用可能です。

プランは3GBと7GBの2種類があります。

3GBプラン7GBプラン
パッケージ価格4,900円7,700円
利用期間30日間30日間
通信速度375Mbps375Mbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM標準SIM/microSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

nuroモバイル

so-net(nuroモバイル)が販売するプリペイドSIMカードは、3つのプランから選ぶことができます。

データ量でプランがわかれており、1.2GBと2.4GBと3.2GBの3種類があります。

また、通常のプリペイドSIMの他にネット通販可能なAmazon版のプリペイド式格安SIMカードもあります。

  • nuroモバイル通常のプリペイド式格安SIM
1.2GBプラン2.4GBプラン3.2GBプラン
パッケージ価格オープン価格オープン価格オープン価格
利用期間30日間30日間60日間
データ量200MB/日3GB/無制限200MB/日
通信速度262.5Mbps262.5Mbps262.5Mbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM標準SIM/microSIM/nanoSIM標準SIM/microSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
  • nuroモバイルのAmazon版プリペイド式格安SIMカード
2GBプラン12GBプラン
パッケージ価格3,700円13,500円
利用期間30日間180日間
通信速度262.5Mbps262.5Mbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM標準SIM/microSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ

IIJmio

IIJmioのプリペイド式格安SIMカードは、月額プランへの移行期間や追加チャージができる期間が長く設定されているために安心です。

ただし、月額プランへの変更はDタイプのみなため注意が必要です。

2GBプラン
パッケージ価格3,791円
利用期間利用開始から3か月後の月末
通信速度262.5Mbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM
通信速度262.5Mbps
追加チャージ料500MB:1,500円 2GB:3,000円
追加チャージ期間リチャージカード購入から6か月
月額プラン移行期間開通またはチャージ日から4か月後の月末
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

FREETEL

FREETELでは、2種類のプリペイド式格安SIMカードがあります。

基本的に外国旅行者向けのプリペイドSIMカードとなっていますが、旅行者でなくても利用可能です。

7日間30日間
パッケージ価格3,700円13,500円
データ量1GB1GB
通信速度225Mbps225Mbps
速度制限時150Kbps150Kbps
SIMサイズmicroSIM/nanoSIMmicroSIM/nanoSIM
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ

mineo

mineoのプリペイド式格安SIMカードはドコモ版とau版があります。

月額プランへ移行することも可能ですが、シングルタイプのみなため注意が必要です。

デュアルタイプに変更したい場合には、一旦シングルタイプに変更してから有料でデュアルタイプを選択する必要があります。

  • ドコモ版・au版共に内容は同じ
パッケージ価格3,700円
利用期間開通日の翌月末
データ量1GB
通信速度225Mbps
SIMサイズ標準SIM/microSIM/nanoSIM
追加チャージ不可
月額プラン移行期間利用期間内
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au

利用用途を考えて賢くプリペイド式格安SIMカードを使おう

プリペイド式格安SIMカードは、いろいろなシチュエーションで使えます。

短期間で使う必要が出てきたときにコンビニなどでいつでも気軽に使い始めることができるのが最大のメリットです。

格安SIMカードに不安がある人も、まずはプリペイドから使い始めれば安心して格安SIMを使うことができるようになるでしょう。

期間と用途を限定して使うことがプリペイドSIMカードの上手な活用法といえます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜ドコモ