1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. 格安SIMカードを挿し込めるノートパソコンで快適生活

格安SIMカードを挿し込めるノートパソコンで快適生活

最終更新日:
格安SIMカードを挿し込めるノートパソコンで快適生活

低価格が魅力な格安SIM。最近ではノートパソコンにSIMカードを差し込んで使えるノートパソコンが発売され始めました。格安SIMカードでインターネットが利用できればポケットWi-fiを持ち歩く必要がなく、利用料金も抑えられます。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

仕事やプライベートなどでノートパソコン外に持ち出して使用する機会がありますが、インターネット接続環境で不便に感じたことはないでしょうか。 今回は、ノートパソコンを外出先で利用する際に、安くて快適にインターネットを利用できるノートパソコンについて紹介します。

格安SIMカードを挿入して使えるノートパソコンが登場!

パソコンとスマホ

外出先でノートパソコンを使用する場合、インターネット通信ができるかどうかが、パソコンを使う時にネックになります。
パソコンでネットを使うために、わざわざWiFiのあるカフェやお店を探して移動したり、せっかく探してもみんな目的は一緒なので回線が混雑していることがあります。

またはワイマックスなどのモバイルルータのは、パソコンだけでなくモバイルルータを常に携帯する必要があり、たまに忘れてしまうと予定が全て崩れてしまうこともあります。

しかし、SIMフリースマホやSIMフリーのタブレットが登場し、外出先でも手軽にインターネットが利用できるようになりました。

そしてついにノートパソコンにも、格安SIMカードを挿入してネット通信ができるモデルが登場しています。

SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介
関連記事SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介

SIMスロットを備えたおすすめノートパソコンを紹介

パソコンとSIM

SIMフリーのスマホやタブレットに押され気味だったノートパソコンも、SIMスロットを搭載したモデルが登場したおかげで復活を果たしています。

以前のノートパソコンは外出先でネット接続するためには、Wi-Fiスポットでの利用やWi-Fiルーターを携帯したり、スマホのデザリングをする必要がありました。 しかしSIMスロット搭載のノートパソコンがあれば、どこにいてもネットを自由に使うことができるようになりつつあります。

代表はこれ!【パナソニックのレッツノート】

格安SIM対応のノートパソコンの代表格として、パナソニックのレッツノートがあります。

レッツノート

SIMスロットを搭載しているモデルとして、Let's note XZ、RZ、SZなどがあります。

DVDマルチドライブも搭載し、マイクロSIMが使用できます。耐久性があり高性能なため、**価格は20~30万円と高額です。

通信確認済み通信サービスは、ドコモクロッシイのLTEかパナソニックが提供しているワンダーリンクというLTEのみです。

【SONY VAIO S11】

VAIOからビジネスでバリバリ使える高スペックなノートパソコンとして、VAIO S11が発売されました。

sony vaio s11

標準SIMを搭載したSIMフリーノートパソコンで、値段は約15万円とお手頃価格となっています。

LTEも対応しており、ドコモ回線の格安SIMのMVNOで使うことができます。

本体も急な落下でも安心な、150kgfの圧力に耐えられる耐久性を備えたボディです。

【 NEC LAVIE Direct HZ】

11.6型の画面で、こちらもドコモクロッシイのLTE対応のノートパソコンです。

nec lavie direct

メモリは8GBでSSD128GBと容量も十分にある作りとなっています。

価格は18万9800円ですが、オプションでofficeやDVDマルチドライブ、キーボードなどをつけていくと20万円以上になってしまいます。

その他まだまだあります!

タブレット寄りになりますが、10万円以下で使えるモバイルPCも発売されています。

Y!mobileから発売されている「Surface 3」は価格10万円でLTEに対応していますが、Y!mobileの周波数対応のためドコモやauの格安SIMカードは使用できません

サーフェス

lenovoのYOGA Tablet 2価格4万円では、キーボードをつけることでノートパソコンのように使用できます。

こちらはドコモの格安SIMカードが使えますが、CPUがAtomのためスペックはそれほど高くありません

ヨガ

月額1,000円以下で快適モバイルPCが運用できる

パソコン

SIMスロットを備えたノートパソコンが登場したおかげで、外出先でのネットを使用したパソコンライフがこれまでより半額以下の料金で利用できるようになっています。

今までは外出先でネット接続してノートパソコンを使用するためには、パソコンとは別に月額4000円程度のWi-Fiルーターを契約しなければ自由にネットを使える環境がありませんでした。

ところがSIMフリー対応のノートパソコンがあれば、格安SIMでネット接続することが可能です。

月額料金が3GBのデータ容量を900円以下で使用できるため、月々のネット固定費を節約することが可能になります。

データ通信を大量に使用する場合でも、容量無制限の格安SIMのプランなら、3,000円程度で使用することができます。

さらに10万円以下のSurface3やYOGA Tablet 2などのモバイルPCを購入することで、それほど費用をかけずに外出先でネット通信をしてPCを使用することができます。

携帯に便利なモバイルパソコンにも、SIMスロット搭載のモデルが続々と登場しています。

格安SIMの登場によりスマホ料金がお得になりましたが、ノートパソコンの外出先でのネット接続もお得な値段で利用できるようになっています。

仕事で使用する場合は高スペックモデルがおすすめですが、低価格な格安SIMが使えるノートパソコンもあるため自分の用途に合わせて選びましょう

ノートパソコンを購入した後はSIMを選びましょう!

ノートパソコンを購入したら格安SIMを選びましょう。

ノートパソコン向けのSIMを選ぶ際は、

  • 高速通信ができる(ドコモ回線が望ましい)
  • 大容量プランがある

この2点が満たされるデータSIMを選ぶのがおすすめです。
** なぜドコモ回線が望ましいかというと、ドコモ回線にしか対応していないパソコンがあるためです。

Y!mobileの「Surface 3」などでない限りはauやソフトバンク回線のみに対応していることは少ないので、ドコモ回線を選ぶのがおすすめです。

【おすすめ】ノートパソコンに挿入すべき格安SIMカード

【U-mobile】データ容量無制限で使い放題

データ容量無制限で使い放題のU-mobileがおすすめ!

データ容量を多く必要とする方には特におすすめしたいMVNOです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜ドコモ

【DMMモバイル】マイページから通信速度を切り替えて節約できる

毎回高速通信である必要がない方は、通信速度の切り替えができるDMMモバイルがおすすめ!

自分で自由に通信速度を切り替えることが出kるから、速度制限にかからないように調節したり、節約することが可能です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

【IIJmioとBIGLOBE】シェアSIMも利用可能

IIJmioとBIGLOBEにはシェアSIMがあります。

シェアSIMの場合、全部のSIMで合計のデータ量なので注意が必要です。 枚数が増えれば使える容量も減ります。
1契約で済むので、そこまで大容量通信ができなくても構わない方におすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
関連記事格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説
関連記事格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説