1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. ガラケーで格安SIMカードは使える?ガラケーユーザーにおすすめの格安SIM

ガラケーで格安SIMカードは使える?ガラケーユーザーにおすすめの格安SIM

最終更新日:
ガラケーで格安SIMカードは使える?ガラケーユーザーにおすすめの格安SIM

ガラケーに格安SIMカードを挿し込んでもほとんどの機能が利用できません。通話機能のみ使えるケースもあるようですが、格安SIMカードの通話料金は高いのであまりメリットがありません。2,000円以下で使える格安スマホへの乗り換えや、ガラホを利用するのがおすすめです。

女の子
女の子

ガラケーでも格安SIMカードが使えればいいのに・・・。

男の子
男の子

いくら格安スマホが安いといってもガラケーと比べると高いんでしょ。

そう考えてるユーザーは多いです。結論から言うと、格安SIMカードはガラケーに挿し込んでも、メリットはありません

しかし、ガラケーと同じ操作感で格安SIMカードを使うガラケー並みに安い価格で格安SIMカードを使うことは十分に可能です!

ガラケーで格安SIMカードが使えない理由から、ガラケーユーザーにおすすめの格安SIMカードと、その利用方法を紹介します。

ガラケーに格安SIMを挿入して使うことは可能!

ガラケーに格安SIMカードを挿入して、利用することはできます。しかし、全ての動作を行うことができるわけではなく、メリットもあまりありません。

そのため、格安SIMカードをガラケーに挿し込むことはできますが、格安SIMならではの「安い月額料金で運用」等のメリットを受けることができません。

ガラケーに格安SIMカードを挿したら【出来ること・出来ないこと】

ガラケーに格安SIMカードを挿しても、スマホに挿すのと同様の動作をすることはできません。

どんなことが出来て、どんなことが出来ないのか、楽天モバイルの格安SIMカードを例にして見ていきましょう。

楽天モバイルは、ドコモの回線を使用するMVNOです。ドコモのガラケーに楽天モバイルのSIMを挿入して利用してみました!

ガラケー×格安SIM【出来ること】

  • 通話
  • SMS

通常の通話と、ショートメッセージのサービス(SMS)は使用可能です。

すなわち、電話回線部分は利用することができました。

ガラケー×格安SIM【出来ないこと】

  • メール
  • インターネット

メールやネットへの接続などのデータ通信部分は、使用できません

格安SIMの電話回線はドコモと共有なので使用できますが、データ通信については、楽天モバイルなどのMVNOが独自の接続設備を使っています。

インターネット接続時には、決められた接続設備を介して、データの通信が行われます。楽天モバイルのでは、「楽天モバイルの接続設備」を利用してネットに接続する必要があるということです。

スマホの場合であれば、「楽天の接続設備を使いますよ~」と設定してあげることで、インターネットに接続できます。しかし、ガラケーの場合は「ドコモの接続設備」を使う設定で固定されており、変更ができません。よって、ガラケーに格安SIMカードを挿し込むと、メールやネットが使えなくなってしまうのです。

ちなみに、ドコモの設備を使う時の設定はAPN設定(アクセス・ポイント・ネーム設定)と呼ばれています。

簡単10分!格安SIMカードの初期設定(APN設定)方法を徹底解説
関連記事簡単10分!格安SIMカードの初期設定(APN設定)方法を徹底解説

ガラケーに格安SIMを挿入するメリットはあるの?

ガラケーに格安SIMを挿入して利用するメリットはほぼありません。

なぜなら、ガラケーに格安SIMを挿しても通話とSMS(電話回線部分)しか利用することができず、そもそも格安SIMカードは通話料があまり安くないためお得に利用することができないからです。

ガラケーに挿し込んで使うとなると、どの会社でも20円/30秒の通話料金が必要になります。

最近では、格安SIMでかけ放題のオプションが登場しているため、比較的安くお得に通話ができるようになっていますが、ガラケーに挿し込んだ場合はかけ放題オプションは利用できないため、メリットにはなりません。

格安SIMにも無制限かけ放題あり!MVNOのかけ放題(通話し放題)を徹底比較
関連記事格安SIMにも無制限かけ放題あり!MVNOのかけ放題(通話し放題)を徹底比較

ガラケー並みの月額料金で利用する方法がある!

ガラケー利用者は月額料金が安いから、という理由で利用し続けている方が多いです。

しかし、格安SIMを利用すればガラケー並みの月額料金でもっと便利にスマホで運用することができるようになります!

平均利用料金はガラケー、格安スマホともに、約2,800円と料金は、あまり変わりません(MM総研)。しかも、格安スマホの場合はもともとスマホを使っており、毎日スマホをたくさん利用する人の料金も含んでいます。

いまガラケーを使っていて、電話とメール程度しか使わない!という方なら月額料金2,000円以下で格安スマホに乗り換えることもできるのです。

2,000円以下で格安スマホを使うには?

楽天モバイルで割引中のSIMフリースマホを使う!

楽天モバイル

楽天モバイルの最安基本料金はベーシックプランで1,250円です。

ベーシックプランは通信速度が遅いプランなのですが、メールやLINEであれば十分に使えます。

楽天モバイルでは、SIMフリースマホの割引キャンペーンが行われており月額数百円で購入できるスマホも複数台あります。
(最も安い端末であれば月額44円で購入できる端末も・・・!)

実際の請求額には基本料金と端末の分割代に加えて、通話料金が必要ですが、通話をあまり使わない人であれば十分2,000円以内に収まります。

通話を使う!という人は2,000円を少しオーバーしてしまいますが、5分かけ放題のオプションを使うという手もあります。
月額850円で5分以内の通話がすべて無料になるので、ちょっとした用事で電話を使う場合には通話料を気にする必要がなく安心です。

楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!
関連記事楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

ワイモバイルのワンキュッパ割を利用する

ワイモバイル

格安スマホの契約がよくわからない!という人は、 ワイモバイルのワンキュッパ割を利用するという手もあります。

ワイモバイルのワンキュッパ割で契約すれば最初の1年間は月額1,980円でスマホを利用できます。

ワイモバイルの特徴はiPhoneもセット購入できる点で、iPhone5Sであれば実質ゼロ円で契約できるのでおすすめです。

ワイモバイルでiPhone買うなら、セット購入とSIMフリー版どっちがいい?
関連記事ワイモバイルでiPhone買うなら、セット購入とSIMフリー版どっちがいい?
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜ワイモバイル

その他にも、TONEモバイルやイオンモバイルなどガラケーからの乗り換えにおすすめの格安SIMカードはたくさんあります。

ガラケーからの乗り換えにおすすめな格安スマホ会社3社
関連記事ガラケーからの乗り換えにおすすめな格安スマホ会社3社
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ
au

スマホが苦手な方でも「ガラホ」は使いやすい!

ガラケーを使うのに慣れているから、スマホを使うのは不安・・・という方にはガラホがおすすめです。

ガラホとは、ガラケーとスマートフォンを組み合わせた造語です。

外見はガラケーと同様に物理キーと縦長のディスプレイがついていますが、中身は、アンドロイドのスマホと同じOSがインストールされています。    ガラホは確かにスマホなのですが、操作方法はガラケーと同じでテンキーで行います。

最近では、ガラホをセットで販売する格安SIMも増えてきました。 具体的には、楽天モバイルJ:COMモバイルでガラホがセット販売されています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

ガラホならガラケーと同じように使えて、LINEもできる!

ガラホは見た目はガラケーそっくりで、操作方法も変わりません。

上下左右の選択ボタンに決定ボタン、そして0~9までのテンキーがついています。使い慣れたガラケーの操作感だけでなく、スマホのメリットも兼ね備えています。

その一つがLINEアプリが利用できるという点です。

ガラケーでもLINEが使えないというわけではないのですが、使い勝手はよくありません。

その点、ガラホならスマホユーザーと同じようにLINEが利用できます。

格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
関連記事格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!

ガラホのデメリットは本体価格が高い

便利なガラホですが、少し本体価格が高いのがデメリットです。

楽天モバイルなら、ウェブ限定価格で14,600円で購入できますが、その他の会社は20,000円以上する端末しかありません。

1万円台で発売されている、低価格な SIMフリースマホと比べると少し割高になってしまいます。

スマホデビューするかを悩んでいる人は、ガラホではなく低価格なスマホを購入してみるのもありでしょう。

格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説
関連記事格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説
ガラケーと格安スマホの料金・機能を徹底比較【大手キャリアVS格安スマホ】
関連記事ガラケーと格安スマホの料金・機能を徹底比較【大手キャリアVS格安スマホ】

ガラケーユーザーにおすすめの格安SIM一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部
すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。