1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. 格安SIMでiPadを使う前に確認【注意点・おすすめ格安SIM】について解説!

格安SIMでiPadを使う前に確認【注意点・おすすめ格安SIM】について解説!

最終更新日:
格安SIMでiPadを使う前に確認【注意点・おすすめ格安SIM】について解説!

格安SIMでiPadを利用する際には、Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデルを選んで利用しましょう。また、格安SIMでiPadを使う時は、「通話する時はLINEなどの通話アプリを使う」、「あらかじめ端末を用意しておく」、「SIMロック解除が必要な場合がある」などの注意点があります。記事を確認して利用前の参考にしてみてください!

格安SIMでiPadは使える!?

格安SIMは、スマホやiPhoneだけでなくiPadも利用することができます。

しかし、iPadには

  • Wi-Fiのみでデータ通信するモデル
  • SIMカードを差し込んでデータ通信できるモデル

上記の2種類があるのでそれぞれ紹介します。

iPadのモデルは2種類!

Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellular(セルラー)モデル

iPadには、Wi-FiモデルWi-Fi+Cellular(セルラー)モデルの2つのモデルがあります。 Wi-Fiモデルは、Wi-Fi接続のみでデータ通信を行うタイプで、Cellular(セルラー)モデルはSIMカードを差し込んでもデータ通信ができるタイプになります。

Wi-Fiを経由しないとデータ通信できない【Wi-Fiモデル】

Wi-Fiモデルはその名の通り、Wi-Fiでデータ通信を行うモデルです。 そのため、外出先で使う場合はWi-Fi環境が整った場所で利用しないと通信できません。 しかし、スマートフォンのテザリング機能を、使うことで外出先のデータ通信が可能になります。

Wi-FiもSIMカードでもデータ通信できる【Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデル】

Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデルは、Wi-FiとSIMカードを差し込んでデータ通信ができるモデルで、電波がある場所でなら実質どこでも利用できます。

しかし、Wi-Fiモデルよりも値段が約1万円以上高いので注意が必要です。

格安SIMでiPadを使うときはどっちのモデルが良い?

格安SIMでiPadを使う際にはSIMカードを使えるWi-Fi+Cellular(セルラー)モデルを選びましょう。

Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデルは、SIMカードを差し込んでAPN設定をするだけで簡単に使い始めることができます。

Wi-Fiモデルで格安SIMを利用するとなると、モバイルWi-Fiルーターかスマートフォンのテザリング機能で使えます。

しかし、ルータ購入でコストがかかる上に、ルーターを充電する手間やデータ容量の消費などのデメリットが大きいです。

格安SIMでiPadを使うときの3つの注意点

格安SIMでiPadを使うときの3つの注意

格安SIMでiPadを使うときの注意点を3つ紹介します。

  • 音声通話/SMSが使えない
  • セット購入できない
  • キャリア端末はSIMロック解除が必要

音声通話が使えない

音声通話/SMSが使えない

iPadはiPadでの通常の通話はできない上に、SMSを使うこともできません。 音声通話を使いたい場合は、LINEなどのアプリを利用した形で通話することができます。

しかし、SMSを利用することができないので、LINEの新規登録はできません。 利用中の端末を操作してログイン後に使うことができます

格安SIMでiPadを利用する際はデータ専用SIMのプランを契約しましょう。

セット購入ができない

セット購入ができない

現在、格安SIM各社ではiPadのセット販売を行なっていません。

iPadを格安SIMで利用する際は

  • Appleで購入
  • 大手キャリアで購入
  • 中古端末を購入

上記3つの購入方法でiPadを用意しましょう!

中古端末を購入するときの注意

中古端末を購入する時には赤ロムに注意しましょう。

赤ロムとは、不正契約や盗難品、分割代金未払いの端末で、キャリアによって利用制限がかけられてしまう端末のことを指します。

また、購入後問題なく使えていたのに、ある日突然「赤ロム判定された!」なんてこともありえます。

前の利用者の管理が原因で、キャリアに制限がかけられてしまうなんて最悪ですよね?

赤ロムの端末を万が一購入しまった場合に、サポートを受けれるように、赤ロム永久保証がある中古販売店で購入しましょう!

キャリア端末はSIMロック解除が必要な場合がある

SIMロック解除が必要な場合がある

iPadを大手キャリア、または中古販売店で購入し、格安SIMで利用したいときに、購入したキャリア回線と違う回線を利用するときは、スマートフォン同様にSIMロック解除が必要です。

iPadで利用すべきおすすめ格安SIM3選!

iPadを利用するのにおすすめの格安SIMを3社のデータ専用プランを紹介します!

  • BIGLOBEモバイル
  • mineo(マイネオ)
  • LINEモバイル

上記3社は、プランがそれぞれ特徴的なので、ぜひ参考にしてみてください。

iPadでエンタメを楽しむ方には《BIGLOBEモバイル》

BIGLOBEモバイルエンタメフリーオプションが利用できる格安SIMです。

エンタメフリーオプションは、月額1,078円でYoutubeGooglePlayMusicAppleMusicAbemaTVのデータ通信量が無制限になります。

BIGLOBEモバイルはドコモ回線とau回線が利用できる格安SIMですが、データ専用プランはドコモ回線のみになります。

プラン料金は下記の通りです。

プラン名料金
3ギガプラン990円
6ギガプラン1,595円
12ギガプラン2,970円
20ギガプラン4,950円
30ギガプラン7,425円
初期費用無料!月額料金1年間770円!端末セットで最大20,000円分ポイント還元(~終了日未定)

キャリアで買ったiPadを使うなら《mineo(マイネオ)》

マイネオは、全キャリア対応の格安SIMです。

そのため、キャリアでiPadを購入した方は、購入したキャリア回線とプランを合わせることで、SIMロック解除なしでiPadを利用できますよ!

Appleで購入したSIMフリー版の場合は自分の好きな回線を使うことができます。

プラン料金は以下の通りです。

データ容量月額料金
1GB880円
5GB1,265円
10GB1,705円
20GB1,925円
パケット放題 Plusが最大3か月間無料!

eSIMを利用するらな《IIJmio》

iPadのeSIMを格安SIMで利用するならIIJmioがおすすめです。

下記のiPadにはeSIMが搭載されているモデルがあります

  • iPad Pro 11" (第1世代と第2世代)
  • iPad Pro 12.9" & iPad Air (第3世代と第4世代)
  • iPad (第7世代と第8世代)
  • iPad mini (第5世代)

これらを使っている方はIIJmioのeSIMを利用すると月額料金を安くできます。

IIJmioのeSIMプランはデータSIMの月額料金と比べて安いです。

データ容量ギガプラン eSIMギガプラン データSIM
2GB440円748円
4GB660円968円
8GB1,100円1,408円
15GB1,430円1,738円
20GB1,650円1,958円
初期費用1円!一括110円端末も!

格安SIMでiPadを利用する前に注意ポイントを確認しておこう!

  • 格安SIMで使うべきモデルはWi-Fi+Cellular(セルラー)モデル
  • 音声通話SIMが使えないため通話はLINEなどのアプリを使う
  • 格安SIMではセット購入できないためあらかじめ端末を用意しておく
  • SIMロック解除が必要な場合がある

上記のように、格安SIMでiPadを利用する際は、Wi-Fiモデルよりも値段が高くなってしまいますが、Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデルを選ぶことで簡単に利用開始できますよ。

格安SIMでiPadを使うことを検討している方は必ず、注意ポイントを確認しておきましょう!

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
TKG

ドコモ歴約12年の根っからのドコモ野郎ですが最近格安SIMに乗り換えようか気持ちが揺らいでます。。。 みなさんにとってお得な情報をお届けできるように頑張ります!

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜