最新技術、VoLTEは格安SIMでも使えるの?

846b5db5b44cfde5abcb3ea75cdd9ded

最新技術、VoLTEは格安SIMでも使えるの?

最終更新日:

現在のLTEよりもさらに高速で通信可能なVoLTEがキャリア各社から発表されています。格安SIMでもau回線は技術的には対応しているようです。しかし、格安SIMはSIMフリースマホで使うのが一般的。残念ながらSIMフリースマホはVoLTEに対応していないものがほとんど。VoLTEが格安SIMで使えるのはもう少し先のことになりそうです。

「VoLTE」という用語を聞いたことがありますか?VoLTEとは、LTE上で音声をやり取りする技術のことです。VoLTEに対応する以前のLTEに対応したスマホは3Gしか通話に使えませんでした。このため発信および着信の際に、敢えてLTEの電波を離して、通話を3Gに切替えて行っています。これを「CSフォールバック」と言います。

VoLTEは、LTEのままで通話の発信および着信を行うため、回線そのものを切替える必要がありません。LTEは遅延が少ない通信規格なため、発信と着信をスピーディーに行うことが可能です。

副次的なメリットとしては、LTEのまま通話が行えるため、通話と同時にデータ通信を行う時のスピードが高速になります。

VoLTEの登場でモバイル通信がさらに早くなる!

VoLTEとは、LTEの回線を使って音声通話をする機能です。従来、音声通話回線とデータ通信回線とは別になっており前者は3G回線、後者は3G、LTE回線を使っていました。このため音声通話をしている間はデータ通信は全くできませんでした。

しかし、VoLTEの音声通話を使えば電話をかけてから相手に通知されるまでの時間が大幅に短縮されるだけでなく、音声が非常に明瞭になります。VoLTEの登場によって、モバイル通信はさらに高速化・高度化します。

ちなみにソフトバンクとドコモでは通話中もデータ通信ができますがauはできませんでした。しかしauは、VoLTEの展開を最重要課題の一つとして継続的に取り組んできた結果、2014年からVoLTEを展開できるようになり、現在もそのサービスを拡充させています。

auは、2020年頃を目途に3Gサービスを終了する意向のようですので、今後もau回線の使用を継続したいと考えている人は、VoLTE対応のスマホを予め入手しておくことをおすすめします。

格安SIM会社も技術的にはVoLTEに対応!

MVNOの中にはmineo(マイネオ)およびUQmobileなど一部のみですが、VoLTEに対応できる事業者があります。MVNOの音声通話は現状、回線を貸すキャリアのものとネットワークの設備が同じものを使用しており、MVNOでもこれらの技術を利用することが可能です。

格安SIMでVoLTEを使用するには、auから発売されているVoLTE対応のスマホを利用します。この場合、一部のスマホを除きmineo、UQmobileのVoLTEを利用する場合はSIMロック解除が必要になるため注意が必要です。

auユーザーで、2015年の春および夏モデルで発売されたau VoLTE対応スマホを利用している人は、購入から約6か月(180日)以上が経過すれば、SIMロック解除をすることで、mineoおよびUQmobileのVoLTEに対応したSIMを認識することが可能です。また、MVNOの格安SIMを使えば月額料金を節約することもできます。

さらにmineoおよびUQmobileの格安SIMを使っている人は、交換手続きをすればVoLTEに対応したSIMカードに変更することが可能です。

mineoの料金プラン・評判・スマホ

UQmobileの料金プラン・評判・スマホ

SIMフリー端末はほとんどが未対応・・・。今後に期待!

残念ながら格安SIMフリースマホ(端末)の大半がVoLTE未対応です。主な理由として、IMEI制限をかけられていることが挙げられます。IMEI制限とは、SIMカードを他社の機器に利用できないように設定することです。

こうした制限をかける理由は、SIMフリースマホが仕様通りの動作をしない可能性があること、想定している動作をしない可能性があるためです。仕様通りに動かない端末があると、制御をしている基地局の装置に負荷がかかります。また、端末が通信できないという問題が出てくることを避けるためです。

mineoとUQmobileでVoLTEが対応になったために、格安SIMの利用が広がることが期待されます。最新機種を購入後、SIMロック解除が可能になったら、格安SIMに乗り換えることをおすすめします。mineoおよびUQmobileならば、auのVoLTE端末を活用してその性能を十分に使いこなすことが可能です。