1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. 格安SIMでLINEは使えないは嘘!?できる事・できない事を分かりやすく解説!

格安SIMでLINEは使えないは嘘!?できる事・できない事を分かりやすく解説!

最終更新日:
格安SIMでLINEは使えないは嘘!?できる事・できない事を分かりやすく解説!

格安SIMでもLINEを使うことができます。年齢認証ができる事業者は限られており、一部の格安SIMではID検索と電話番号検索を使うことができません。ID検索と電話番号検索は便利な機能ではありますが、別の友達登録の仕方を知っておけば問題ありません。

「料金の安さは魅力だけど、LINEが使えないのは困るので乗り換えを迷っている」
「格安SIMでは、LINEが使えないらしい」

こんな事を耳にしたことはありませんか?

今回は、そんな格安SIMにしたいけど、LINE利用で迷っている方向けに以下の点を解説いたします。

  • 格安SIMでもLINEは使えるの?使えるとすれば、全ての機能が使えるの?それとも使えない機能があるの?
  • 格安SIMでLINEを使う場合、使えない機能を使わなくても友だちを追加する方法はあるの?
  • LINEの全ての機能が使える格安SIMサービスはないの?

確かに格安SIMでは、大手キャリアとは使い勝手が若干違いますが、多くの格安SIMユーザーがLINEを便利に使用しています。

ちょっとしたポイントさえ理解すれば快適に利用できるので安心してください。

格安SIMでもLINEは使えるのか

結論から言うと格安SIMでもLINEは使えます。ただし、一部使用できない機能があります。

友人・知人とのコミュニケーションはもちろん、タイムラインやニュース、ウオレット、無料通話 も通常通りに利用可能です。

では、なぜ「使えない」や「機能が制限される」等を心配する人がいるのでしょうか?

それは、年齢認証に原因があります。

 LINEの年齢認証と、格安SIMで利用できない機能

LINEの利用を開始する際には「年齢認証」が行われます。
年齢認証を行う理由は未成年者保護にあり、悪意のある利用者からの被害を未然に防ぐため、特定の機能が18歳未満の未成年ユーザーには開放されていないためです。

逆に言えば、この年齢認証で18歳以上である事を証明できなければ、18歳未満と同等の機能制限がかけられる…と言う訳です。

年齢認証は契約時に利用者が申し出た年齢情報をLINEに通知することで行います。しかし、年齢情報をLINEに通知できる事業者は限られています。

このことが「格安SIMではLINEは使えない」や「一部機能が制限される」といった事が心配される事に繋がっているわけです。

年齢認証が行われる事によって利用可能となる機能については、格安SIMでは利用できない事になります。

格安SIMで利用できるLINE機能・利用できない機能

具体的に年齢確認ができない事で使えないLINEの機能はID検索電話番号検索だけです。

ID検索とは

LINEを利用する際には、利用者1人1人に「ID」を設定することができ、このIDは一旦設定すると変更する事ができないため、ユーザーを特定するための情報となります。

「ID検索」は、LINE IDでLINE利用者を探すことができる機能です。

ただし、実際に「ID検索」で他の利用者を探す場合、検索する側も、検索される側も、双方が年齢認証を行っていなければなりません。検索する側が年齢認証していなければ、ID検索の機能自体が利用できませんし、検索される側が年齢認証していなければ、検索結果に表示されない…というわけです。

電話番号検索とは

電話番号検索とは、検索したいユーザーがLINEに登録している電話番号をもとに検索する機能です。

こちらも、ID検索同様に双方が年齢認証を行っていないと利用できません。

この「ID検索」「電話番号検索」以外の他の多くの機能は大手キャリアと全く同等に利用する事ができます。

トーク・無料電話・ビデオ電話・タイムライン・ニュース・ウオレットなど、LINEを利用する上で一般的に利用されている機能はもちろん、ID検索以外の全ての機能を格安SIMでも問題なく利用する事ができます。

年齢認証が可能な格安SIM一覧

キャリア格安プランのahamo、povo、LINEMO楽天モバイル、サブキャリアのワイモバイル、格安SIMのイオンモバイル、IIJmio、mineoはLINEの年齢認証ができます。

以下表で「◯」になっている格安SIMはLINEの年齢認証を行えます。ただし、データSIMの場合はできません。

MVNO年齢認証の可否
楽天モバイル
mineo
ワイモバイル
OCNモバイルONE×
IIJmio
BIGLOBEモバイル×
TONEモバイル×
UQモバイル×
y.uモバイル×
イオンモバイル
Nifmo×
エキサイトモバイル×
nuroモバイル×
J:COMモバイル×
LIBMO×
QTモバイル×
LinksMate×
日本通信SIM×
H.I.Sモバイル×
ahamo
povo
LINEMO

【おすすめ】LINEMOはLINEカウントフリー&今夏からLINEスタンプ使い放題

LINEMOは大手キャリアソフトバンクの格安プランです。

LINEMOでは、LINE利用時の通信を月間データ容量にカウントしない「カウントフリー(ギガフリー)」を提供する等、LINE利用にアドバンテージを持ったサービスを展開しています。

また、2021年夏からはLINEスタンププレミアムのベーシックコースが追加料金なしで利用できるようになります。ベーシックコースは700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプから5種類まで好きなスタンプを保有できるサブスクサービスです。

LINEMOでLINEの年齢認証する方法

①LINEホーム画面から右上の歯車ボタンを選択し、「年齢確認」をタップする

②My Softbankのログイン画面が表示されるので、電話番号とパスワードを入力してログインする

③注意事項を読み「同意する」をタップする

④LINEの画面に戻ったら年齢認証完了!

年齢認証したLINEは他社通信サービスでもそのまま使える

年齢認証を完了しているLINEは、端末を変更せずにそのまま使い続ける限り、通信会社を乗り換えてSIMが変更になっても、ID検索・電話番号検索はそのまま利用する事ができます。

ただし、機種変更などで異なる端末でLINEアカウントを引き継ぐ場合には、その端末とその時点での通信会社での年齢認証が必要となります。

たとえば、LINEMOからBIGLOBEモバイルに乗り換えると再度年齢認証が必要になり、BIGLOBEモバイルは年齢認証に対応していないため、機種変更後はLINEのID検索などができなくなります。

ID検索を利用せずに、友達を追加する方法

一部通信会社ではLINE年齢認証は行えないと述べましたが、

ID検索や電話番号検索ができないと、友達を追加登録できないのか、というと全くそんな事はありません。「ID検索」「電話番号検索」を行わなくても、友だち追加の方法はたくさんあります。

アドレス帳からの「友だち自動追加」

スマホ端末の電話帳に登録されている人のうち、LINEを使っている人を自動的に友達に追加する機能です。

LINEアプリの「設定」から「友だち自動追加」にチェックをいれておくと、アドレス帳に記載された友人・知人を友だちとして自動的に追加してくれる機能です。

QRコードで追加する(対面時)

この機能は、友だちに追加したい相手と一緒にいる(対面している)場合に利用できる追加方法です。

LINEの「友だち追加」のアイコンから、相手のQRコードを読み取ったり(図左)、逆に、自分のQRコードを表示(図右)して読み取って貰う事が可能です。

対面していない状態でQRコード追加する方法

登録したい相手のQRコードを画像として保存します(画像保存できない場合はスクリーンショットを撮影・保存します)。その画像を、メールなどで送ってもらって自分のスマホに画像を保存し、LINEの「友だち追加」→「QRコード」で、画面右上のカメラロール参照からQRコードを読み込むことができます。

QRコード画像を別の方法で送って追加してもらう

QRコードは本来、対面している状態での友だち追加方法ですが、QRコードをメールやMessenger等で送信し、相手先で友だちに追加して貰うことができます。

共通の友だちに紹介して貰って追加する

Aさんを友だちに追加したい場合、共通の友だちBさんに紹介して貰って追加する事が可能です。

紹介する側は、紹介する友だちとのトーク画面を開き、画面左下の「+」の中の「連絡先」にある友だちを紹介する事ができます。

紹介された側は、トーク画面にでてくるAさんのアイコンをタップし、友だちに追加する事ができます。

グループトークのメンバーから友だち追加する

グループトークに参加しているメンバーを友だちに追加することが可能です。

グループトーク内、画面右上の「三」マークから参加メンバーを表示し、友だちに追加したメンバーを選んで追加します。

「知り合いかも」から友だちを追加する

時々表示される「友だちかも」は、相手は自分を友だちに追加していて、自分が友だちにしていない場合に表示されます。

「友だちかも」に表示されるのは、必ずしも実際の知人・友人ばかりではないので、充分に注意の上で友だち追加を行うようにしてください。

まとめ:格安SIMでもLINEは利用できる!事業者によってはID検索できないので注意

以上のように様々な形で友だち追加ができるので、LINE利用時に年齢認証ができないからといって特に大きな問題はありません。

ただし、年齢認証ができないので「ID検索」と「電話番号検索」機能が使えません。
これらはLINEの友達登録に便利な機能ではありますが、別の友達登録の方法を知っておけば問題ありません。

検索機能を利用したい場合には大手キャリア格安プランやイオンモバイル、IIJmio、mineo、楽天モバイルを、特に不要であれば料金の安い自分に合った格安SIMを自由に選びましょう!

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜