デュアルSIM対応のSIMフリースマホはどれがいい?

7621b5879fa7973058ab002bffda38e7

デュアルSIM対応のSIMフリースマホはどれがいい?

最終更新日:

MVNO利用者の増加に伴い、日本でも2枚のSIMカードが挿入できる、デュアルSIM対応のSIMフリースマホが増えてきました。デュアルSIMには2枚のSIM利用の柔軟さごとに3つのタイプに分かれています。最近発売された、Moto G4 Plusはデュアルスタンバイに対応し、2枚のSIMを用途に応じて自動で切り替えて利用できます。

63デュアルSIM対応のSIMフリースマホはどれがいい?

デュアルSIM対応とは2枚のSIMカードを挿し込めるSIMフリースマホのこと

皆様は「デュアルSIM」という言葉をご存知でしょうか?日本で販売されているほとんどのガラケー、スマホはシングルSIM、つまり1つの端末に1つのSIMというタイプになっています。これに対しデュアルSIMとは、その名の通り1つの端末に2つのSIMを挿し込めるタイプです。

日本では数年前にMVNOが出現するまで、1つの端末、1つのSIMをセットで購入するということが当たり前でした。もしかすると大手キャリアではネット通販でない限り、SIMは端末に挿し込まれた状態で販売していたため、端末とSIMをセットで購入するといった意識を持っていた方はほとんどいなかったかもしれません。

しかしMVNOが登場することにより、端末とSIMを別々に購入することが珍しくなくなっています。そのため海外では珍しくなかった1つの端末に2つのSIMを挿し込める、デュアルSIM対応スマホの需要は、日本でも少しずつではありますが増えています。そこで今回は、デュアルSIM対応のSIMフリースマホについてご紹介します。

デュアルSIM対応スマホを選ぶときはタイプに注目!

では最初にデュアルSIMとはどういったものなのかについて具体的にご紹介していきます。一口に2つのSIMを挿し込める端末と言っても実は3つのタイプがあります。

シングルスタンバイ

挿し込んだ2枚のSIMのうち、使いたい方のSIMを指定して切り替えて使うタイプ。そのため仮に音声通話SIMを指定していない時に電話がかかってきても着信はしません。そしてデータ通信SIMを指定していない時は電話としてしか使うことができません。

デュアルスタンバイ

シングルスタンバイとは違い、2枚のSIMを同時に待ち受けにすることが可能です。仮にデータ通信SIMでネットを利用している時に電話がかかってきても問題なく着信します。ただし、データ通信と通話を同時に利用することはできません。電話の着信があった時点でデータ通信SIMの通信は切れてしまいます。

デュアルアクティブ

デュアルアクティブはシングルスタンバイとデュアルスタンバイのデメリットを解消したタイプです。音声通話SIMとデータ通信SIMの同時待ち受けはもちろん、データ通信SIMの利用中に電話の着信があってもデータ通信SIMが切れてしまうこともありません。電話をしながらネットを閲覧したり、SNSに投稿するといったことも可能です。

これまでスマホの月額料金を節約するため、大手キャリアから格安SIMへ乗り換えたものの、格安SIMには無制限の電話かけ放題プランがないため、大手キャリアのガラケーと格安SIMを挿したSIMフリースマホという2台持ちをするユーザが少なくありませんでした。

しかしこのデュアルSIMのデュアルアクティブタイプであれば、大手キャリアの音声通話SIMと格安SIMのデータ通信SIMを使うことで、端末2台持つところを1台で済ませられるというメリットがあります。

Moto G4 PLUSならデュアルスタンバイかつ格安SIMとセットで買える!

このように大きなメリットを持つデュアルSIMですが、実は日本で販売されているデュアルSIMのスマホの多くは、デュアルスタンバイに対応していながらも実質はシングルスタンバイとしてしか利用できません。

なぜなら現在、日本で使われている通信規格は3Gと4Gです。しかし日本で購入できるデュアルSIMスマホの多くは、挿し込めるSIMが3G(4G)と2Gとなっています。つまり一つのスロットに3G(4G)のSIMを挿したらもう一つのスロットは2GのSIMしか使えないため、デュアルスタンバイのスマホにはならないということなのです。

しかし2016年7月22日、4Gと3Gのデュアルスタンバイに対応したSIMフリースマートフォン「Moto G4 Plus」が発売されました。これによって本当の意味で日本で初めてデュアルスタンバイのスマホを使えるようになったのです。これで格安SIMとセットで購入し、大手キャリアの音声通話SIMと併せて使うといったことも可能になりました。

価格は2GBメモリ、16GBストレージモデルが3万2800円、3GBメモリ、32GBストレージモデルが3万5800円とガラケーとスマホの2台持ちをすることを考えればかなりお得な価格となっています。

Motorola Moto G4 plusのレビュー・スペック・口コミ

Moto 4G PlusはDMMモバイルとBIGLOBEがセットで販売中

Moto 4G PlusはSIMフリースマホをamazonなどのECサイトで購入することもできますが、MVNOから直接格安SIMとセットで購入することもできます。

Moto 4G Plusは2016年9月現在、BIGLOBEとDMMモバイルが取り扱っておりどちらも分割で購入可能です。分割時の販売価格はBIGLOBEが1,490円の24回払い、DMMモバイルが1,903円の24回払いとなっており、BIGLOBEのほうが安く提供しています。

BIGLOBEの格安SIM・格安スマホの料金プラン・評判口コミ

シングルスタンバイならHUAWEI P9Liteがおすすめ

HUAWEI P9Liteはシングルスタンバイではあるものの、デュアルSIMとしておすすめのスマホです。nanoSIM×2とnanoSIM限定ではありますが、29,980円という価格ながらもCPUがオクタコア2.0GHz×4+1.7GHzx4 Huawei Kirin650、バッテリーも大容量の3000mAhとミドルスペックの上位に位置するスペックを持ったスマホです。

HUAWEI P9Liteのスペック・レビュー

残念ながら日本ではまだデュアルアクティブタイプのデュアルSIMスマホは発売されていません。しかしデュアルスタンバイが可能なMoto G4 PLUSが発売されたことで、今後はデュアルSIMの市場も大きく広がっていくことが予想されます。大手キャリアのガラケーと格安スマホの2台持ちをしなくて良くなる日はもうそこまできているのかもしれません。