1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. SIMフリースマホ比較
  3. 格安スマホでワンセグを見る方法!ワンセグ対応のSIMフリースマホ

格安スマホでワンセグを見る方法!ワンセグ対応のSIMフリースマホ

最終更新日:
格安スマホでワンセグを見る方法!ワンセグ対応のSIMフリースマホ

ワンセグ対応SIMフリースマホは、2016年に発売されたArrowM03とAQUOS mini SH-M03のみです。ArrowsM03は低価格なSIMフリースマホにも関わらずワンセグ、防水・防塵、おサイフケータイに対応しており非常にお買い得です。また、SIMフリースマホにこだわらなくとも、中古の白ロム端末を使うことで格安SIMの低価格を活かしながらワンセグを楽しむことができます。

インターネットではYoutube、ニコニコ動画や、アメリカや日本の映画、ドラマなどを閲覧できる会員制サービスのHulu、Netflix、Amazon video。さらに最近では民放放送の見逃し番組を閲覧できるTverやサイバーエージェントが始めたストリーミング形式によるabemaTVなどさまざまな動画サービスを楽しむことができます。

しかし、これだけさまざまな動画が楽しめるようになっても、根強い人気を持っているのがワンセグです。昔に比べテレビを見る人は減っていると言われてはいますが、TwitterやFacebookなど話題の人やニュースがテレビで放送されれば、すぐにその話題がトレンドとなり多くのユーザーがそれに関する感想を投稿しています。スマホがワンセグに対応していれば、多くのユーザーの話題に乗り遅れることはありません。ニュース性、リアルタイム性に優れたテレビ(ワンセグ)の需要はまだまだ健在であることは間違いありません。

そういった意味でも、おサイフケータイが使えないことでAndroidスマホからiPhoneへ乗り換えられないといったユーザー同様、ワンセグが使えることでAndroidスマホから離れなれないといったユーザーも多いのではないでしょうか?

地上デジタルテレビ放送のモバイル機器向け放送サービスであるワンセグ。初めて携帯電話で見られるようになったのが2006年ですから、既に10年が過ぎようとしています。しかし大手キャリアのスマホであれば多くの機種にワンセグ機能はついていますが、SIMフリースマホではどうなのでしょう?そこで今回はワンセグ対応のSIMフリースマホについてご紹介します。

ワンセグは日本製のSIMフリースマホのみ対応

結論からいうと、ワンセグに対応しているSIMフリースマホは日本製の一部のスマホと日本向けに作られた海外メーカーのスマホの一部のみです。大手キャリアで販売されているスマホでは、例えば韓国企業であるサムスン製のスマホ、Galaxyはワンセグ対応の機種もあります。これは日本独自機能として海外で販売されるものとは別に日本向けに作っている機種だからこそ、ワンセグに対応しているということになります。

通常、海外版スマホでは、デジタル放送のシステムが違うためワンセグの電波を拾うことはできません。そのため、海外製のスマホでは日本のワンセグは見ることができないのです。

大手キャリアのスマホであれば、10万円に近い機種も少なくないため、日本だけのために独自の機種を作ることも可能ですが、価格の安さが売りの一つであるSIMフリースマホは国別にそれぞれ別の機種を作っていてはコストがかさんでしまい価格を抑えることができなくなってしまいます。

そのためSIMフリースマホにおいては、海外製のものでワンセグに対応しているスマホは現状、出ていません。今後も海外製でワンセグ対応のSIMフリースマホが発売される可能性は低いと考えられます。

ワンセグ対応SIMフリースマホは少ない

前項でワンセグに対応しているSIMフリースマホは日本製の一部のスマホのみです、と書きました。すべての日本製SIMフリースマホがワンセグに対応しているわけではないのです。

これまで発売されたワンセグに対応している日本製SIMフリースマホは、非常に数が少ないのが現状です。ワンセグに対応させると、バッテリーの消費スピードが速くなるため、大容量のバッテリーを搭載しないといけなくなるなど、全体的にコストが上がってしまいます。そのため海外製のSIMフリースマホ同様に、価格を抑えるためにはどうしてもコストがかかるワンセグなどは外さざるを得ないのではと推測できます。

しかし、2016年7月に富士通のArrowsM03、そしてシャープのAQUOS mini SH-M03と久々にワンセグ対応のSIMフリースマホが2台同時に発売されました。特にArrowsM03は価格も3万円台前半と非常にお買い得な価格となっているため、もしかすると今後はワンセグ対応のSIMフリースマホが増えていくかもしれません。

格安SIMとワンセグの組み合わせなら白ロム購入がおすすめ

ここまでワンセグに対応しているSIMフリースマホは非常の少ないと言及してきました。しかし格安SIMを利用してワンセグを見る方法がないわけではありません。それは白ロムを購入するという方法です。

白ロムとは大手キャリアで販売されていたスマホでSIMロックの期限が切れたものや、途中解約したものを言います。中古のスマホショップやネットでも楽天、GEOモバイルなどで購入することができます。

この白ロムを購入し、格安SIMを別途購入すれば、格安SIMでワンセグを楽しむことが可能になります。ただし白ロムを購入する際は、残債がないかを確認することと、格安SIMがその白ロムに合っているかどうかの確認を必ず行うようにしてください。

最新SIMフリースマホの2台がワンセグに対応したことで今後、SIMフリースマホもワンセグ対応が増えていくかもしれません。そして仮に増えなかった場合でも格安SIMと白ロムの組み合わせで大手キャリアでなくともワンセグを楽しむ環境を作ることは決して難しいことではありません。SIMフリースマホでも格安SIMでもこれまで通りのワンセグライフを楽しんでください。

SIMフリースマホが壊れてしまったらどうしよう?

折角ワンセグが見られるSIMフリースマホを購入しても「壊してしまったり、水没させてしまったらどうしよう」と不安になりますよね。

故障時の不安を拭って快適にSIMフリースマホを利用するために、加入をおすすめするのがモバイル保険です。

モバイル保険とは、破損・自然故障・水没・盗難等にあった時に補償をしてくれます。 モバイル保険なら、修理費用を年間通算で10万円まで何度でも補償してくれます。

最短5分!モバイル保険の申込はこちら

モバイル保険に加入しておけば、何かあった時にも安心ですよね。

高性能だったり、お気に入りの格安スマホを購入すればするほど、もしもの事態を想定してモバイル保険に加入しておくことをおすすめします。

モバイル保険は必要?キャリア保証と徹底比較!
関連記事モバイル保険は必要?キャリア保証と徹底比較!