格安スマホ・SIMフリースマホでは緊急地震速報やミサイル飛来情報が受けられない?

格安スマホ・SIMフリースマホでは緊急地震速報やミサイル飛来情報が受けられない?

最終更新日:
Large 84f958984479d4691b9c881f1dde655e

格安スマホ・SIMフリースマホでは緊急地震速報やミサイルの発射情報がまったく受けられないということはありません。しかし、海外製のSIMフリースマホの場合はASUSのZenfoneシリーズを除いてほとんどが情報を受け取る機能がないので注意が必要です。一方で国産のSIMフリースマホはほとんどが緊急地震速報・ミサイル飛来情報に対応しています。

推定最大震度5弱以上の地震が発生してから大きな揺れが来るまでの数秒から数十秒前に警報を発信する緊急地震速報。この緊急地震速報は、大きな揺れを引き起こすS波の前に到達するP波を感知して震源を特定し、S波との間隔で揺れの大きさと到達時間を予測するシステムです。日本では2007年からテレビやラジオ、携帯端末などで本格的に運用が開始されています。

緊急地震速報が本格運用された2007年には新潟県中越沖地震、2011年の東日本大震災、さらには記憶に新しい2016年の熊本地震など頻繁に起きる大地震のたびに、私たちは緊急地震速報の存在の大きさを知ることになります。

火山国家である日本は同時に地震国家でもあります。今も首都圏や東海、関西などでは数年から数十年の間に大地震が起こる危険性が高いと言われていますが、実際には日本のどこで東日本大震災並みの地震が起きても不思議ではありません。

緊急地震速報のシステム上、震源が深すぎたり、震度不明の場合などいざという時に鳴らなかったということもあります。

しかしそれでも緊急地震速報があることで安心できる部分が多いのも確かです。そこで今回はSIMフリースマホの緊急地震速報への対応も含め、スマホと緊急地震速報についてご紹介します。

また、最近では北朝鮮がミサイルを発射する可能性があるなどニュースを騒がせています。
2017年5月10日、NHKニュースから格安スマホではミサイル飛来情報が受け取れないというニュースも発表されました。

ミサイル発射の避難要請 格安スマホで受信できないおそれ

すべての格安スマホで受け取れないわけではない

地震やミサイルの緊急情報が受け取れないというのは、不安ですよね・・・。

とはいえ、すべての格安スマホで速報が受け取れないわけではありません
緊急地震速報・ミサイル飛来情報が受信できる格安スマホと、受信できない場合の対策を紹介します。

スマホの緊急地震速報とは?

緊急地震速報が開始された2007年はまだスマホよりもガラケーの方が利用者が多く、2012年4月に株式会社ディーツーコミュニケーションズが発表した「スマートフォン普及動向調査」によると2008年1月以前のスマホ普及率はわずか0.2%でした。

スマホ普及率はその後、2010年2月の段階でも2.6%とまだほとんど普及していなかったこともあってか、緊急地震速報の対応もされていませんでした。そのためいくつかの企業が緊急地震速報を発信するアプリを2010年辺りから配信を開始しました。その中でも人気なのは「ゆれくるコール」でiPhone、Android共にアプリを提供していて、2015年10月時点で500万ダウンロードを記録しています。

スマホが機種として正式に緊急地震速報に対応をしたのはその翌年です。2011年3月に起きた東日本大震災をきっかけにスマホにおいても緊急地震速報の必要性が高まり、その年の夏に発売されたAndroidスマホから各社が緊急地震速報に対応した機種を発売し始めました。そしてiPhoneも同年10月に発売されたiPhone4s(iOS6.0以上)からは緊急地震速報に対応しています。

海外製のSIMフリースマホはほぼ緊急地震速報が受け取れない・・・

現在、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社で販売されているスマホは基本的にすべて緊急地震速報に対応しています。そのためドコモであればエリアメール、au、ソフトバンクであれば緊急速報メールという形で緊急地震速報が届きます。

ちなみに格安SIMは大手キャリアの回線をレンタルして提供しているため、大手キャリアと同じように緊急地震速報のデータも送信されます。つまり大手キャリアのSIMではないから緊急地震速報が鳴らないといったことはありません。大手キャリアで購入したスマホに格安SIMを挿して使っていれば、大手キャリアと同様に地震が起きた時に緊急地震速報が鳴るということです。

ではSIMフリースマホの場合はどうでしょう?結論から先に言えば、緊急地震速報に対応しているSIMフリースマホは少ないというのが現状です。特に海外製のSIMフリースマホはほぼ緊急地震速報には対応していません。

SIMフリースマホで緊急地震速報に対応しているスマホは「ETWS」という通知で緊急地震速報が表示されます。このETWSというのは、「Earthquake and Tsunami Warning System」の略で、LTEの標準仕様として組み込まれている世界標準の規格です(大手キャリア3社もこの通信規格を利用しています)。

ただしこのETWSは義務ではなく、オプションのため日本以外でも販売している海外製のスマホで対応している機種は台湾のASUS(ZenFoneシリーズ)などほんの少数です。

Arrows M03、AQUOS mini SH-M03は日本製で緊急地震速報にも対応!

上述したように海外製のSIMフリースマホは、日本以外ではそれほど高い需要はないということもあり、緊急地震速報に対応していないものが多いということでしたが、日本製であっても必ずしも対応しているわけではありません。

しかし、2016年7月に富士通、シャープの両社から出た最新SIMフリースマホ、Arrows M03、AQUOS mini SH-M03はどちらも緊急地震速報に対応しています。

緊急地震速報に対応してさえいれば安心ということではありません。しかしSIMフリースマホを使っている方は、そのスマホが緊急地震速報に対応しているかどうかは必ず確認をしておかないと、いざという時に慌てることにもなりかねません。

事前に対応してないと分かっていればアプリを入れるといった準備もできますので、SIMフリースマホを購入する時のチェック項目の一つに緊急地震速報に対応しているかどうかを入れることをおすすめします。

Arrows M03
販売価格
32,800円
分割払い時 約1,366円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid™ 6.0
カラー
AQUOS mini SH-M03
販売価格
49,800円
分割払い時 約2,075円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー
料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら