SIMフリースマホのリスクを回避する方法

最終更新日:
Large 781bd40633926f914c0a417598b19e25

SIMフリースマホと格安SIMを別々に購入する際には、SIMカードのサイズと対応周波数に注意して購入する必要があります。この2点を抑えることでSIMフリースマホが利用できないというリスクをかなり軽減することができます。

大手キャリアでスマホを購入する場合、SIMは既に挿し込まれた状態で手にすることになるので実際にSIMカードを見ることはありません。SIMフリースマホと格安SIMをセットで購入した場合は自分でSIMを挿し込むことになりますが、当然のことながら購入したスマホに合ったSIMが同梱されているため、さし込む方向さえ間違えなければ動作しないといった心配もありません。

これに対しSIMフリースマホと格安SIMを別々に購入を別々に購入する場合にはSIMカードのサイズに注意が必要です。SIMカードのサイズには3種類あり、間違ったサイズを購入していまうと正常に動作しないためです。

もちろん、そういったことを知っていれば問題はありません。しかしこれまで大手キャリアしか使ったことがないユーザーはSIMの大きさなど気にする必要がなかったため、SIMの大きさは3種類あるということを知らないケースがほとんどです。その結果、SIMフリースマホに乗り換える際に、SIMの大きさなど考えずに購入してしまい、いざ挿し込もうとなった時点でサイズが合わないことに気づいたというトラブルも少なくありません。

そしてSIMフリースマホを使う上でもう一つ大きな問題があります。それは通信方式、周波数帯の問題です。詳しくは後述しますが、MVNOが採用している通信方式、周波数帯に合っていないスマホは使えない場合があるのです。そこで今回はそういったSIMフリースマホのリスクを回避する方法をご紹介します。

格安SIMが動作しないリスクは各社のサイトで回避

SIM

日本のMVNOのほとんどはドコモの回線をレンタルしています。そのため周波数帯はドコモの周波数帯を利用しています。ドコモで利用していたスマホを使うのであれば何の問題もありません。しかしSIMフリースマホはドコモ向け、au向けといった形で作られているわけではないため、ドコモ系のMVNOであればドコモと同じ周波数帯をカバーしているSIMフリースマホでなければ使えないということになります。

また地域によっても提供されている周波数帯や通信方式は変わってくるため、東名阪であれば使えるが、それ以外の地域では使えないといったケースも考えられます。そのため利用したいMVNOが先に決まっている場合は、必ずMVNOの動作確認済み端末ページで使用可能な通信方式と周波数帯を確認した上でそれに対応しているSIMフリースマホを購入するようにしてください。また逆に使いたいSIMフリースマホが先に決まっている場合は、そのSIMフリースマホがカバーしている通信方式と周波数帯と合っているMVNOを選ぶようにしてください。

ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれだ!
関連記事 ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれだ!
au回線で使えるSIMフリースマホ
関連記事 au回線で使えるSIMフリースマホ

SIMフリースマホのSIMサイズチェックを忘れない

SIMサイズ

そして冒頭で言及したように、SIMサイズのチェックも忘れてはいけません。SIMには以下の3サイズがあります。

標準SIM25×15mm
microSIM15×12mm
nanoSIM12.3×8.8mm

一番大きいサイズは標準SIMと呼ばれていますが、このSIMを採用しているのはガラケーや初期の3G対応スマートフォンなど古い機種が多く最近ではあまり使われなくなっています。ただし1万円台のSIMフリースマホなどロースペックの機種ではまだ使っているものも少なくありません。

microSIMはその次の世代のスマホでよく使われていたサイズです。大手キャリアの最新のスマホではnanoSIMが主流になりつつあります。しかしSIMフリースマホではmicroSIMを採用している機種が多く、nanoSIMはまだ少数です。

3つのSIMの機能はどれも同じですが、サイズが違うため、購入したSIMフリースマホのSIMサイズが何であるかを確認しなければ、どのSIMを購入してよいか分かりません。SIMフリースマホを購入した際にそのSIMフリースマホのSIMサイズが何であるかは必ず確認するようにしてください。

格安SIMとセットで購入なら安心

スマホとSIM

このように購入したSIMフリースマホを格安SIMで利用する場合、通信方式と周波数帯、そしてSIMのサイズのすべてを確認しないと使えない場合があるといったことがお分かり頂けたと思います。SIMフリースマホと格安SIMの組み合わせは、大手キャリアと比べ大幅に月額料金を抑えることができる反面、こういった細かい部分のチェックは自分でやる必要があります。

しかしSIMフリースマホと格安SIMの組み合わせでも、こういった面倒な確認をしないですむ方法もあります。それはMVNOで販売している格安SIMとSIMフリースマホをセットで購入する方法です。MVNOはSIMだけを販売しているところと、SIMフリースマホも併せて販売しているところがあります。SIMだけを販売しているところは、SIMフリースマホは別の場所で購入しなければなりませんが、セットで販売しているところであれば、通信方式や周波数帯、SIMサイズなどは一切気にすることなく、大手キャリアで購入するのと同じ感覚でスマホとSIMを購入できます。

できるだけ面倒をなくし、大手キャリアと同じように購入したいという場合は、セットで購入することをおすすめします。