画面サイズが5インチ未満のSIMフリースマホを徹底比較

114466af641fff22cb747d8253e521a4

画面サイズが5インチ未満のSIMフリースマホを徹底比較

最終更新日:

スマホの画面サイズは年々大型化が進んでおり、5インチ以下のコンパクトサイズは少なくなってしまいました。比較的小さいモデルであったiPhoneもiPhone6Splusは5.5インチになっています。小さいスマホのファンのために5.0インチ未満でハイスペックのおすすめSIMフリースマホを紹介します。

スマホが普及する以前、いわゆるガラケーと呼ばれる携帯端末が主流だった時代は、いかに薄く、小さいサイズかが選択の大きなポイントとなっていました。ガラケーを生産している会社も他の会社の携帯よりも小さいサイズにすることが、技術力の高さの証明となっている部分もあり、新しいモデルが出るたびに携帯のサイズは小さく、薄くなっていました。

しかしスマホが普及し始めるとその流れとは逆にどんどんとサイズが大きくなっています。日本はまだiPhoneユーザーが多いこともあり、Android端末が主流の他の国ほどではありませんでしたが、最近ではiPhoneも新しいモデルがでるたびに少しずつサイズが大きくなり、2016年に発売されたiPhone6SPulsはついに5インチを超える5.5インチとなっています。

ガラケーのようにボタンではなく、パネルをタップすることで操作するスマホのサイズが年々大きくなることはある程度は仕方ないことかもしれません。しかし特に女性の方が5インチ以上のサイズのスマホを使うには、どうしても両手でしか扱えません。そこで今回は女性でも使いやすい5インチ以下のSIMフリースマホをご紹介します。

最近のスマホはポケットに入らない

悲しんでる男

現在、スマホのサイズの大きさの主流は5インチです。もちろんiPhone6SPulsのように5.5インチサイズのスマホも増えていますが、一般的に利用者が多いサイズは5インチ辺りで落ち着いているようです。

5インチというと男性のワイシャツのポケットにぎりぎり収まらない程度の大きさです。少しでも底の浅いポケットならば3分の1は出てしまいます。仮に入ったとしても少し前に屈んだり、小走りしただけで飛び出してしまい大変に危険です。常にバックを持ち歩く女性に比べ男性の方にとっても5インチ、もしくはそれ以上のサイズとなると扱いに苦労するサイズだといえます。

5インチ未満が最適

欧米人に比べ手が小さい日本人にとっては、サイト閲覧や操作性などでいかに5インチ以上のサイズが便利だとしても、やはり扱いやすいのは5インチ以下のサイズではないでしょうか?もちろん小さすぎても操作性やバッテリー容量の少なさなどかえって使い勝手が悪くなります。そこで5インチ以下でも操作性を損なわず、使い勝手の良いおすすめのSIMフリースマホをご紹介します。

【4インチ】iPhoneSEはコンパクトな最新モデル

iPhoneSE

iPhoneSEは2016年3月に発売された最新のiPhoneです。

年々サイズが大きくなっていたiPhoneですが、このiPhoneSEは2013年9月に発売されたiPhone5Sと同じ4インチです。

2013年というとAndroid端末では5インチモデルが大型サイズとして出始めた年です。つまりその当時でも4インチモデルは既に小さいサイズとなっていましたが、5.インチ以上主流となっている2016年において4インチというそのサイズは、数字以上に小ささを感じられます。

またこのSEはサイズこそ5Sと変わりませんが、スペックは大きく進化しています。プロセッサは5SがA7だったのに対しA9。背面カメラの画素数も800万画素、1080HD撮影に対して1,200画素、4K動画撮影。さらに画面全体を光らせてフラッシュ代わりになるRetina Flashも利用できるなど、前面カメラのみ5Sと同じ120万画素なことと3D Touchには未対応ですが、それ以外はほぼ2015年9月に発売された6Sのスペックを踏襲しています。

iPhoneSEは4~5万円台で購入可能

さらにSEが魅力的なのはSIMフリー版の価格です。SEは16GBと64GBの2種類ありますが、Appleのサイトでは16GBが47,800円。64GBが59,800円で入手可能です。仮に既に他のiPhoneを持っていて下取りをすればさらに安く購入することもできます。

4インチという小さいサイズで6Sとほぼ同等のスペックを持つSEを4~5万円台で入手し、格安SIMを使えばかなりお得に小さいサイズのiPhoneを利用できます。

iPhone SE
販売価格
57,024円
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー
販売会社

【4インチ】急速充電可能なCoviaのFLEAZ POP

CoviaのFLEAZ POP

CoviaのFLEAZ POPはiPhoneSEと同様の4インチのコンパクトサイズ。高出力タイプのAC充電器を利用することで、急速充電も可能となっています。さらに、SIMフリースマホといえば面倒な初期設定をしなければなりませんが、CoviaのFLEAZ POPはワンタッチで簡単に設定することができます。その設定方法は、設定するSIMスロットを選択し、ドラムを回してサービス名を見つけて選択・保存するだけで完了します。誤って他のAPNを選択してしまっても何度でもやり直しをすることができるから、機械が苦手な方や初心者の方も安心です。

1万円台で購入することもできるため、価格的にもうれしい4インチのSIMフリースマホです。

FLEAZ POP
販売価格
9,800円
画面サイズ4.0インチ
ストレージ8GB
メモリ1GB
OSAndroidTM5.1
カラー
販売会社

【4.5インチ】丁度よいお手頃サイズ、FREETELのPriori3 LTE

FREETELのPriori3 LTE

4.5インチという持ちやすさも使い勝手も丁度良いのがFREETELのPriori3 LTEです。FREETELのPriori3 LTEはブラック、ホワイト、ヌーディーベージュ、ビビットオレンジ、ルビーレッド、ミントブルーと6色もの豊富なカラーバリエーションがあるため、持ちやすさ面からもデザイン面からも女性にもおすすめのSIMフリースマホとなっています。

高画質な800万画素のリアカメラ、フロントカメラも200万画素となっているため高解像度で写真撮影を楽しむことができます。また、デュアルSIMを搭載しているため、海外旅行の時でも便利に利用することが可能となっています。

【4.7インチ】低価格SIMフリースマホならAquos mini SH-M03がおすすめ

Aquos mini SH-M03

手の大きさにもよりますが、片手でも操作しやすいぎりぎりの大きさというと4.7インチ辺りではないでしょうか?その4.7インチサイズでおすすめなSIMフリースマホは、Aquos mini SH-M03です。

2016年6月に予約が開始された最新のAndroid携帯である、Aquos mini SH-M03は楽天モバイルBIGLOBEOCNモバイルONEなどでSIMカードとセットで購入ができます。

スペックはメイン(背面)カメラが1,310万画素、イン(前面)カメラが500万画素。防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイなど基本的な機能にも対応しています。またiPhoneSEに比べ0.7インチもサイズは大きくなりますが、重量はSEが113gなのに対し120gとそれほど変わりません。格安スマホを提供している会社が販売しているということで、SIMカードとセットで購入すれば細かい手続きの手間がかからないのも魅力の一つです。

AQUOS mini SH-M03
販売価格
49,800円
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー
販売会社
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

525円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

【4.9インチ】 コンパクトで大画面のAQUOS PHONE ZETA SH-02E

AQUOS PHONE ZETA SH-02E

AQUOS PHONE ZETA SH-02Eは4.9インチのコンパクトでありながら大画面で操作することが可能です。映像などの動画はもちろんのこと、電子書籍やwebの文字も見やすく表示してくれます。また、Pen Flowという、紙に書き込むような感覚で、細かい文字や繊細なタッチの絵などを書くことができる機能が搭載されています。