1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. SIMフリースマホ比較
  3. 【最新版】2万円以下で購入できるSIMフリースマホ4選!!

【最新版】2万円以下で購入できるSIMフリースマホ4選!!

最終更新日:
【最新版】2万円以下で購入できるSIMフリースマホ4選!!

近年のSIMフリースマホは低価格なものから高価なものまで幅広いです。そこで今回は2万円以下で購入できるSIMフリースマホに着目して厳選した4機種を紹介しています。中でもおすすめは「HUAWEI nova lite 3」です。高性能のカメラをそなえ非常にバランスの良い機種となっています。ほかにも「Zenfone Max(M2)」「Wiko Tommy3 Plus」「Zenfone Live(L1)」も合わせて紹介しています。

2万円以下で購入できるSIMフリースマホ4選

発売日端末名最安値ディスプレイメモリ/ストレージバッテリー
2019年3月15日Zenfone Max(M2)16,800円6.3インチ4GB/32GB4,000mAh
2019年3月1日HUAWEI nova lite 314,800円6.21インチ3GB/32GB3,400mAh
2019年2月1日Wiko Tommy3 Plus14,500円5.45インチ2GB/16GB2,900mAh
2019年12月21日Zenfone Live(L1)8,800円5.5インチ2GB/32GB3,000mAh

HUAWEI製品を購入する際の注意事項

HUAWEI製品を購入する前に必ず読んでください

2019年5月15日にアメリカ政府がHUAWEIを事実上の「禁輸措置」を決定したことを受けて、Googleが今後発売するHUAWEI製品へのサービス提供を停止するということに発展しました。

「既存のHUAWEI製品が今後使えなくなる」といったことはないとは思いますが、今後はOSアップデート可能性が非常に低いという状況になっています。

発売済みのHUAWEI製品に関しては、ソフトウェア更新(セキュリティパッチ)やアプリアップデート等は継続して行えるとHUAWEIの呉波氏が公言していますが、OSのアップデートは難しいでしょう。

未発売のHUAWEI製品(今後発売するHUAWEI製品)に関しては、上記についても確実ではないというのが現状です。

いずれの場合も、今後HUAWEI製品を購入する場合は現状を理解した上で購入するようにしてください。

SIMフリースマホ市場は二極化が進んでいる

2019年4月時点の市場を見てみると、3万円台以下のハイコスパ端末と5万円以上するハイスペック端末が主流です

HUAWEIが数多くのハイコスパ端末を登場させたことで、市場が二極化しました。3万円程度でもカメラ性能が高いスマホや、10万円を超えるiPhoneレベルのハイスペック端末などに分かれました。

欲しい性能を絞れば低価格で満足できる端末を購入できる

一昔前に1万円台の激安スマホというとメールと電話・LINEなどをする程度しかできませんでしたが、2019年4月現在では1万円台でも「デュアルレンズカメラ」を搭載したり、「大容量バッテリー」を搭載したりと各社が特徴を絞って低価格で提供できる機種を販売し始めました。

逆に「全部乗せ」のスマホはiPhoneレベルまたはそれ以上の性能を有し、これはこれでニーズがあり非常に市場は盛り上がっています。

【Pick Up】《HUAWEI nova lite 3》この価格帯でカメラ重視ならこれ

HUAWEI nova lite 3
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時約1,120円×24回
画面サイズ6.21インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 9
カラー

この価格帯でカメラ性能を重視しているならHUAWEI nova lite 3が一番おすすめです。

2万円を切る販売価格ながら、メモリ3GB2.2GHzのCPUを搭載しています。Android 9 Pieという最新OSを搭載しており、新機能をいち早く利用できる点もおすすめできます。

HUAWEI nova lite 3の注意点

HUAWEI nova lite 3も市場価格は2万円台です。Zenfone Max(M2)と同じで「OCNモバイルONE」では常時1万円台で購入できます。

HUAWEI nova lite 3のスペック表

発売日2019/3/1
市場参考価格22,000円
初期 OSAndroid 9/EMUI 9.0.1
プロセッサHiSilicon Kirin 710
サイズ155.2mm×73.4mm×7.95mm
重量約160g
ディスプレイ6.21インチ
メインメモリ3GB
ストレージ32GB
カメラリアカメラ:1,300万+200万画素
フロントカメラ:1,600万画素
バッテリー3,400mAh
Wi-Fi802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth4.2
USBポートmicroUSB
カラーオーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラック

HUAWEI nova lite 3を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
14,800円-900円/月〜
15,980円719円×24回525円/月〜
22,800円980円×24回900円/月〜
23,400円975円×24回500円/月〜
24,000円1,000円×24回700円/月〜
24,445円1,019円×24回640円/月〜
26,000円1,300円×24回500円/月〜
26,400円1,100円×24回800円/月〜
26,800円1,206円×24回480円/月〜
26,880円1,220円×24回500円/月〜
-1,120円×24回900円/月〜
31,644円1,296円×24回980円/月〜

《Zenfone Max(M2)》大容量バッテリーならこれ

ASUS Zenfone Max(M2)
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,800円
分割払い時約1,116円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.1
カラー

Zenfone Max(M2)は、2019年3月15日に発売されたASUSのSIMフリースマホです。普段使いでは十分なスペックを有しており、格安スマホ初心者でも安心して利用することができます。

ピュアAndroidを搭載しているため、余計なアプリはほとんどありません。

動画でレビューもしています、ぜひ見てみてください!

Zenfone Max(M2)の注意点

Zenfone Max(M2)の市場価格が2万円台の点には注意です。割引などで1万円台になることが多く、端末代金が安いことで有名な「OCNモバイルONE」では常時1万円台で購入できます。

Zenfone Max(M2)のスペック表

発売日2019/3/15
市場参考価格26,800円
初期OSAndroid 8.1(ピュアAndroid)
プロセッサQualcomm Snapdragon 632
サイズ158.4mm×76.2mm×7.7mm
重量160g
ディスプレイ6.3インチ
メインメモリ4GB
ストレージ32GB
カメラリアカメラ:1,300万+200万画素
フロントカメラ:800万画素
バッテリー4,000mAh
Wi-FiIEEE802.11b/g/n( 2.4GHz)
Bluetooth4.2
USBポートmicroUSB
カラーミッドナイトブラック、スペースブルー、メテオシルバー

Zenfone Max(M2)を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
16,800円-900円/月〜
22,800円950円×24回700円/月〜
24,800円1,050円×24回900円/月〜
25,100円1,045円×24回500円/月〜
25,800円1,161円×24回480円/月〜
26,400円1,100円×24回480円/月〜
26,400円1,100円×24回800円/月〜
26,500円1,325円×24回500円/月〜
26,500円1,190円×24回500円/月〜
26,667円1,112円×24回640円/月〜

《Wiko Tommy3 Plus》スマホ初心者ならこれ

Wiko Tommy3 Plus
Wiko Tommy3 Plus
販売価格
14,800円
分割払い時約616円×24回
画面サイズ5.45インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid 8.1
カラー

Wiko Tommy3 Plusはガラケーからスマホに初めて乗りかえる場合におすすめです。

スマホ自体はそれほど高性能ではないものの、ガラケーで行う動作は問題なく動作します。なによりガラケー同様にバッテリーを自分で交換できる点は評価が高いです。モバイル端末はバッテリーから劣化していきますからね。

Wiko Tommy3 Plusの注意点

Wiko Tommy3 Plusはそれなりの性能を有していますが、プロセッサがエントリーモデルということもあり、ゲームプレイなどには向いていません。日常生活で利用するような使い方であれば問題ありませんが、もしゲームのプレイも考えている場合は同価格帯なら上記の2機種を選びましょう。

Wiko Tommy3 Plusのスペック

発売日2019/2/1
市場参考価格14,800円
初期 OSAndroid 8.1
プロセッサMediatek MT6739WW
サイズ147.6mm×71.3mm×8.4mm
重量約150g
ディスプレイ5.45インチ
メインメモリ2GB
ストレージ16GB
カメラリアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
バッテリー2,900mAh
Wi-Fi802.11 b/g/n
Bluetooth-
USBポートmicroUSB
カラーブラック、ミラー、チェリーレッド、ブリーン

Wiko Tommy3 Plusを購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
14,500円700円×24回300円/月〜

《Zenfone Live(L1)》コンパクトサイズならこれ

ASUS Zenfone Live(L1)
ASUS Zenfone Live(L1)
販売価格
16,800円
分割払い時約700円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ2GB
メモリ32GB
OSAndroid8.0
カラー

Zenfone Live(L1)はコンパクトサイズのスマホでお子さまにおすすめです。

スマホ自体は高性能ではないものの、子どもが利用する分には問題なく動作します。子どもでも持ちやすいコンパクトサイズです。使用できるアプリや使用時間を制限できるキッズモードがあるのも安心して使わせられる要因ですね。

Zenfone Live(L1)の注意点

Zenfone Live(L1)は日常使いには問題ありませんが、プロセッサがエントリーモデルということもあり、ゲームプレイなどには向いていません。もしゲームのプレイも考えている場合は同価格帯なら別の端末を選びましょう。

Zenfone Live(L1)のスペック

発売日2018/12/21
市場参考価格16,800円
初期 OSAndroid 8.0
プロセッサQualcomm Snapdragon 430
サイズ147.2mm×71.7mm×8.1mm
重量約140g
ディスプレイ5.5インチ
メインメモリ2GB
ストレージ32GB
カメラリアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
バッテリー3,000mAh
Wi-Fi802.11 b/g/n
Bluetooth4.0
USBポートmicroUSB
カラースペースブルー、ローズピンク、シマ―ゴールド、ミッドナイトブラック

Zenfone Live(L1)を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
14,800円666円×24回480円/月〜
16,667円1,389円×12回640円/月〜
16,800円700円×24回800円/月〜
16,800円700円×24回700円/月〜
16,800円700円×24回480円/月〜
-700円×24回900円/月〜
17,000円800円×24回300円/月〜
17,800円810円×24回500円/月〜

逆に2万円以上のSIMフリースマホってどうなの?

SIMフリースマホは、「低価格=売れる」わけではありません。

SIMフリースマホとして販売されているスマホは、ミドルスペックの端末でも3〜5万円程度から購入できるためコストパフォーマンスが高いです。2018年に人気を博したHUAWEI P20 liteも3万円台では破格のスペックで旋風を巻き起こしました。

HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時約1,332円×24回
画面サイズ5.84インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー

また、購入するMVNOによって値引きされている可能性もあります。公式サイトやキャンペーンをこまめにチェックして、より安くSIMフリースマホを購入しましょう。

まとめ:2万円台でも十分満足できるスマホがある

今や2万円以下でも十分な性能を有したスマホは増えています。ただ、欲張ってしまうとやはり端末の価格は跳ね上がってしまうため、もっとも重視している点に絞って端末を選択すると低価格でも満足のいくスマホを手に入れることができますよ。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜