1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. SIMフリースマホ比較
  3. Androidってゲームできる?端末8台でガルパ&モンストができるか実際にやってみた【検証】

Androidってゲームできる?端末8台でガルパ&モンストができるか実際にやってみた【検証】

最終更新日:
Androidってゲームできる?端末8台でガルパ&モンストができるか実際にやってみた【検証】

ちまたではAndroid端末でスマホゲームをするのは厳しいと言われていますが、今回はAndroid端末では本当にスマホゲームをプレイすることができないのかという疑問をこの記事で解決していきたいと思います!

Android端末でゲームはできない!?【比較・検証してみた!】

今回はAndroid端末8種類で本当にゲームを快適にできるのかを比較・検証していきたいと思います。

その中でも比較的動作が軽いゲームのモンスト音楽ゲームの中でも動作が重いとされるバンドリの2つのゲームで検証してみました。

個人的にスマホゲームは1日に一時間以上は必ずプレイするのでかなり参考になると思います!

今回比較した端末一覧

比較のため使用したゲーム

今回比較したゲームは育てたモンスターを自分の指で引っ張って敵モンスターに当てて倒すモンスターストライクとスマホで遊べるリズム&アドベンチャーゲームバンドリ! ガールズバンドパーティ!で比較してみました!

  • モンスターストライク
  • バンドリ!ガールズバンドパーティー

検証するために使用した《端末》の紹介!

HUAWEI P20 lite

HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時約1,332円×24回
画面サイズ5.84インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★★☆4GB32GB31,980円

HUAWEI P20 liteは2018年6月に発売された端末で定価が31,980円と買いやすい価格となっています。

P10 liteからCPUメモリ共に進化して高スペックでありながら3万円台で購入できるハイコストパフォーマンスの端末です。

HUAWEI P10

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★★☆4GB64GB65,800円

HUAWEI P10は2017年8月に発売された端末で、高スペックで6万円台というコストパフォーマンスの高い端末です。

arrows M04

FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時約1,450円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid7.1.1
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★☆☆2GB16GB34,800円

arrows M04は日本メーカーの富士通が発表している防水機能おサイフケータイといった生活に必要な機能を搭載しており、主に日本向けに作られたスマホです。

値段も34,800円で安く、3万円台のスマホではおサイフケータイの機能が入っているスマホは少ないのに加え日本製なので安心して使うことができます。

ASUS Zenfone4

ASUS Zenfone4
ASUS Zenfone4
販売価格
56,800円
分割払い時約2,366円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ6GB
OSAndroid 7.1.1
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★★★6GB64GB56,800円

Zenfone4は台湾メーカーのASUSより2017年の11月に発売した端末で、5万円台のスマホの中ではダントツで高スペックなスマホです。

HUAWEI Mate10 pro

HUAWEI Mate 10 Pro
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid8.0
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★★★6GB128GB89,800円

HUAWEI Mate10 proは2017年12月に発売された端末で、HUAWEIの最新技術を搭載したスマホとなっています。

スマホの画面サイズが6インチで有機ELのディスプレイを搭載しているのでYouTubeで動画を見るのや荒野行動などのゲームにも向いている画面サイズです。

Motorola Moto E5

Motorola Moto E5
Motorola Moto E5
販売価格
18,500円
分割払い時約770円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid8.0
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★☆☆2GB16GB18,500円

Moto e5は2018年6月に販売されたアメリカのモトローラ社が提供している低価格帯のスマホです

価格はなんと18,500円で購入できるのではじめてスマホを持つ方にとてもおすすめな端末となっています。

Motorola G5 Plus

Motorola Moto G5 Plus
Motorola Moto G5 Plus
販売価格
35,800円
分割払い時約1,491円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 7.0
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★★★☆4GB32GB35,800円

先程紹介したMoto e5と同じくモトローラ社が作っている端末がG5 Plusとなっています。

価格も定価35,800円で販売されているミドルスペック端末で、電話やLINE等のSNS、インターネット通信程度の利用であれば問題なく使うことができます。

g08

Wiko g08
Wiko g08
販売価格
25,800円
分割払い時約1,075円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 7.1 Nougat
カラー
総合評価メモリストレージ価格
★★☆☆☆4GB64GB25,800円

g08は2018年2月23日より定価25,800円で販売されている ミドルスペックのSIMフリースマホです。

ミドルスペック端末なので、電話やLINE等のSNS、インターネット通信程度の利用であれば問題なく使うことができます。

【徹底検証】8端末で実際にゲームしてみた!使いやすさランキング!

ゲームにおすすめランキング端末名
1位Zenfone4
2位Mate 10 Pro
3位P10
4位P20 lite
5位Motorola Moto G5 plus
6位Motorola Moto e5
7位M04
8位g08

実際にゲームやってみて、ASUSのZenfone4が1番使いやすい結果となりました!

それでは、1端末ずつゲームプレイに関して解説していきます!!

Zenfone4

ASUS Zenfone4
ASUS Zenfone4
販売価格
56,800円
分割払い時約2,366円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ6GB
OSAndroid 7.1.1
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

モンストは止まることなくプレイできる上にバンドリでもあまり音ズレや遅延がなく安心してプレイすることができました。

個人的にはZenfone4が一番バンドリがプレイしやすく、比較したAndroid端末の中では一番おすすめな端末だと感じました。

HUAWEI Mate10 pro

HUAWEI Mate 10 Pro
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid8.0
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆

ゲーム面でもモンストは特に遅延がなく動作することができ、バンドリの方でも若干のノーツの遅延はありましたが、判定調整などの設定を変更することで問題なくプレイすることができました。

HUAWEI端末の中ではゲームしていて一番快適に遊ぶことができました。

しかしiPhoneと一緒でイヤホンジャックがないのでイヤホンをさしながら充電することができないので注意が必要です。

HUAWEI P10

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★★☆★★★★★★★★☆☆★★★★★

最初にモンストをやってみましたが、1人でプレイするソロや2人から4人でプレイするマルチでも問題なく動作することができました。

しかし音ゲーのバンドリだと、音ズレやラグが多く、タップしても無反応なケースが頻発していました。

もしかするとHUAWEIの端末は音ゲーとあまり相性がよくないのかもしれません。

HUAWEI P20 lite

HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時約1,332円×24回
画面サイズ5.84インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★★

最初にモンストをやってみたのですが、1人でプレイするソロや2人から4人でプレイするマルチでも問題なく動作することができました。

ただバンドリをやると端末のスペックのせいか、音ズレやラグが少し多いように感じました。

しかしSE音(タップ音)を消すことと判定調節をおこなえばiPhoneプレイすることができたように感じました。

またP20 liteはスマホのフチであるベゼルがない分iPhone Xのような全画面表示が可能ですが全画面表示にすると特に音楽ゲームをしている時に画面が見切れてしまうので注意が必要です。

Motorola G5 Plus

Motorola Moto G5 Plus
Motorola Moto G5 Plus
販売価格
35,800円
分割払い時約1,491円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 7.0
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★★

Motorola G5 Plusは Moto e5と同じでモンストなどの軽めのゲームは問題なく使うことができますが、バンドリではノーツの遅延やラグが多い傾向にあります。

なので音ゲーや負荷の重い3Dゲームをあまりしない方に充分すぎるくらいおすすめな端末となっています。

Motorola Moto e5

Motorola Moto E5
Motorola Moto E5
販売価格
18,500円
分割払い時約770円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid8.0
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★★☆★★★★☆★★★☆☆★★★★★

Motorola Moto e5はバンドリなどの動作が重いゲームではラグなどが多いですが、モンストでは特にマルチプレイでも動作が遅くなることなくプレイすることができました。

普段パズドラやモンストなどの軽めのゲームをするには低価格でおすすめなスマホとなっています。

arrows M04

FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時約1,450円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid7.1.1
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★★☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★★★

ゲームに関しては少し動作がワンモーション遅くなる場面が多く、モンストでも特にマルチ時に端末の動作が遅くなる感じが見られました。

さらにバンドリの方ではノーツの飛んでくる速度にかなりのラグがある上に、最悪処理落ちしてアプリが強制終了する場面がありました。

なのであまりarrows M04でゲームをするのはおすすめできないですが、YouTubeを見るのには問題ないのでスマホで動画閲覧やネットサーフィンするのにはとてもおすすめな端末です。

g08

Wiko g08
Wiko g08
販売価格
25,800円
分割払い時約1,075円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 7.1 Nougat
カラー
総合評価画面表示ゲームのレスポンス携帯性
★★☆☆☆★★★☆☆★★☆☆★★★★★

g08はモンストでもかなり動作が遅かったうえに、バンドリではアプリが立ち上がらない場合が多々ありました。

アプリが起動してプレイしてもノーツ抜けやラグがとても多かったので正直プレイするのに一番困難だった端末です。

しかしTwitterやYouTubeの閲覧などの動作はきびきびと動いたので単にゲームと相性が悪いだけかもしれません。

そのためゲームはあまりプレイしない方には低価格でおすすめなスマホとなっています。

Androidで音楽ゲームをやる時のおすすめな設定方法

自分はいつもiPhoneでプレイしているため、今回音楽ゲームをAndroid端末ですることで、やはりラグやノーツ抜け特にバンドリだとフリック操作が入力されないことが多く、あらためてAndroid端末で音楽ゲームをプレイしている方は大変なんだなと実感しました。

一応バンドリのイベントはそれなりにガチでやっているので、その中で少しでもAndroidで音ゲーをやる上でここを変えればもう少し安定してプレイできるポイントを2つ見つけたので紹介したいと思います。

判定を調整する

音楽ゲームをやる上で判定調節をやるおこなうことが重要です。

特にAndroid端末の場合はタップした後、少し遅く反応する場合が多いので判定設定を遅くするのがおすすめです。遅くすることで精度をとることができると考えています。

またスマホの音ゲーでは判定の自動設定機能があるので、そこで自分のAndroid端末がどのくらいの判定設定なのかを容易に確認することができます。

SE音(タップするときの音)を消す

これは自分だけかもしれませんが、SE音(タップするときの音)を消すことで、SE音がある状態よりも安定してプレイすることができました。

恐らく端末の判定を少しずらしていることでSE音が遅れて聞こえてくるので、音をなくすことでジャストタイミングでタップしている感じに錯覚することができているのでは感じました。

もしAndroidで音楽ゲームをやっていて音ズレがひどい方は一度やってみるのがおすすめです。

Android端末でもゲームのプレイングは可能!

まとめ

今回の検証でAndroid端末でもゲームをスムーズにプレイすることができるのがわかりました。

モンストではほ全ての端末で安定してプレイすることができました。そのためパズドラやモンストなどそこまで重くないゲームではロースペックでもあまり問題なくプレイすることができます。

ただバンドリなど最近リリースされたゲームだど動作が重くなってしまうことがあります。

そのためAndroidでゲームをおこないたい方はあらかじめ自分がやりたいゲームが端末で正常に動くかを確認しておきましょう。

個人的なおすすめは、ASUSのZenfone4でした!是非、ゲーム好きな方は試してみてくださいね!

ASUS Zenfone4
ASUS Zenfone4
販売価格
56,800円
分割払い時約2,366円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ6GB
OSAndroid 7.1.1
カラー
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜