1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. SIMフリースマホ比較
  3. 【性能比較】3〜5万円で購入できるミドルスペックSIMフリースマホ4選

【性能比較】3〜5万円で購入できるミドルスペックSIMフリースマホ4選

最終更新日:
【性能比較】3〜5万円で購入できるミドルスペックSIMフリースマホ4選

SIMフリースマホの中でも価格は3万円~5万円で売られてるものの多くはミドルスペックと呼ばれる万人受けの機種です。そんなミドルスペックSIMフリースマホのおすすめ4機種「HUAWEI nova 3」「Zenfone 5(ZE620KL)」「Essential Phone」「AQUOS sense plus SH-M07」を紹介します。また、iPhoneに負けず劣らずの5万円以上ハイスペックSIMフリースマホも一覧で紹介しています!

そこそこハイスペックなのに格安で手に入るSIMフリースマホ4選

近年、SIMフリースマホ市場にも、ハイスペック(高性能)スマホが増えています。10万円を超える機種も増えてきましたが、今回は3万円~5万円の価格帯で購入できるミドルハイスペックSIMフリースマホを紹介しています。

毎年、各メーカーから1~2回は最新機種が出るスマホ業界において、最高スペックのスマホを10万円で購入したとしても機種変更をする2年後には、その価値は半額以下になってしまっています。

比較的低価格で2年縛りもないSIMフリースマホを選択することで、大手キャリアのハイスペックスマホを購入するよりも安く定期的に最新のスマホを入手することも可能になります。

ただ、2019年4月時点でこの価格帯のスマホを購入するくらいなら3万円以下のスマホでも十分な気はします。もし性能の良いSIMフリースマホを求めているなら6~8万円の価格帯のSIMフリースマホを選んだ方が良いと個人的には思うところです。

おすすめミドルハイスペックSIMフリースマホを4つ紹介します!

HUAWEI製品を購入する際の注意事項

HUAWEI製品を購入する前に必ず読んでください

2019年5月15日にアメリカ政府がHUAWEIを事実上の「禁輸措置」を決定したことを受けて、Googleが今後発売するHUAWEI製品へのサービス提供を停止するということに発展しました。

「既存のHUAWEI製品が今後使えなくなる」といったことはないとは思いますが、今後はOSアップデート可能性が非常に低いという状況になっています。

発売済みのHUAWEI製品に関しては、ソフトウェア更新(セキュリティパッチ)やアプリアップデート等は継続して行えるとHUAWEIの呉波氏が公言していますが、OSのアップデートは難しいでしょう。

未発売のHUAWEI製品(今後発売するHUAWEI製品)に関しては、上記についても確実ではないというのが現状です。

いずれの場合も、今後HUAWEI製品を購入する場合は現状を理解した上で購入するようにしてください。

【HUAWEI nova 3】ゲームもカメラも一流

HUAWEI nova 3
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時約2,283円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ128GB
メモリ4GB
OSAndroid8.1
カラー
  • 高性能の「Kirin 970」搭載
  • 4GBメモリに128GBのストレージ
  • 前面と背面の両方にもつデュアルレンズカメラ

HUAWEI nova 3は上記のようにハイスペックなSIMフリースマホです。2019年4月現在は3万円~5万円台で販売されています。

高性能のプロセッサにGPUターボブーストを搭載しているため、重いゲームも問題なくプレイできます。さらに、6インチを超える大画面をそなえているため、迫力の大画面を楽しめます。

またHUAWEI製品といえば高速の指紋認証に正確な顔認証システムです。ロック解除へのストレスはほぼゼロです。

HUAWEI nova 3のサイズ

寸法高さ:157.6mm
横幅:73.7mm
厚み:7.3mm
重量166g

HUAWEI nova 3のスペック

初期OSAndroid 8.1
プロセッサKirin 970 オクタコアCPU(4×2.36GHz+4×1.8GHz)
ディスプレイ約6.3インチ FHD+(2340×1080)
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)128GB
外部メモリmicroSD:最大256GB
カメラリアカメラ:1,600万+2,400万画素
フロントカメラ:2,400万+200万画素
バッテリー容量3,750mAh
SIMサイズ nanoSIM×2
Bluetooth4.2
通信方式FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
TD-LTE: B38/40/41
W-CDMA: B1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5.0GHz)
ポートUSB Type-C(2.0)
測位方式GPS/AGPS/Glonass
NFC×
テザリング
防水/防塵×/×
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ×
センサー指紋認証、コンパス、環境光、加速度、近接、ジャイロ
本体付属品イヤホンマイク/保護ケース/ACアダプタ/USBケーブル/クイックスタートガイド
イヤホンジャック
参考市場価格41,800円

HUAWEI nova 3を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
34,800円-900円/月〜
44,800円1,870円×24回900円/月〜
47,800円1,991円×24回500円/月〜
48,889円2,038円×24回640円/月〜
49,680円2,070円×24回800円/月〜
50,000円-500円/月〜
-2,280円×24回900円/月〜
59,184円2,466円×24回480円/月〜
59,184円1,782円×24回1980円/月〜

【Zenfone 5(ZE620KL)】人気のZenfoneシリーズ!

ASUS Zenfone 5
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,800円
分割払い時約2,200円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ64GB
メモリ6GB
OSAndroid 8.0
カラー
  • 6.2インチで画面占有率90%以上のディスプレイ!
  • 6GBメモリと64GBストレージを搭載
  • 数字を冠したZenfone シリーズの最新端末

Zenfone 5は、6.2インチの大画面ながら画面占有率90%以上と究極に 削ったベゼルレスディスプレイが売りです。搭載しているプロセッサはSnapdragon 636とミドルレンジですが、6GBの大容量メモリが助けて非常に快適に使用することができます。

バッテリーも3,300mAhと大容量で18Wの急速充電にも対応し、通常カメラと広角カメラのデュアルレンズカメラを採用。非常にバランスの良い機種です。

バッテリーや音量調節にまでAIが働きかけ、現在の状況にすばやく最適化することができます。

Zenfone 5のサイズ

寸法高さ:153mm
横幅:75.6mm
厚み:7.7mm
重量165g

Zenfone 5のスペック

初期OSAndroid 8.0 Oreo/ZenUI 5.0
プロセッサSnapdragon 636 オクタコアCPU
ディスプレイ約6.2インチ Super IPS+液晶
メモリ(RAM)6GB
ストレージ(ROM)64GB
外部メモリ最大2TB
カメラリアカメラ:1,200万画素+800万画素
フロントカメラ:800万画素
バッテリー容量3,300mAh
SIMサイズ nanoSIM×2
Bluetooth5.0
通信方式FDD LTE: B1/2/3/5/7/8/18/19/28
TDD LTE: B38/39/41
WCDMA: B1/2/3/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
ポートUSB Type-C
測位方式GPS/GLONASS/BeiDou/Galileo
NFC
テザリング
防水/防塵×/×
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ×
センサー加速度、電子コンパス、光、近接、ジャイロスコープ、指紋、RGB
本体付属品USB ACアダプタセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書
イヤホンジャック
市場参考価格41,500円

Zenfone 5を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
46,200円2,200円×24回300円/月〜
-1,980円×24回900円/月〜
48,800円2,050円×24回900円/月〜
49,680円2,070円×24回800円/月〜
52,000円-500円/月〜
52,800円2,376円×24回480円/月〜
52,800円2,200円×24回480円/月〜

【Essential Phone】ノッチ式フルスクリーンの先駆け

エッセンシャル Essential Phone
エッセンシャル Essential Phone
販売価格
49,800円
分割払い時約2,075円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ128GB
メモリ4GB
OSAndroid 9.0
カラー
  • ムダのないシンプルな外観(システムも)
  • Snapdragon 835を搭載
  • OSアップデートに素早く対応!

Essential Phoneは、Androidの父「Andy Rubin」が設立した「Essential社」で開発・製作されたスマホです。ノッチ型スクリーンの先駆けでもあり、筐体の素材にはセラミックやチタンを使用するなどなかなかの趣味です。

Android産みの親の会社が設計しているため、Android OSに非常に良く適合するようにつくられているといえます。また、非常に純度の高いピュアなAndroid OSを入れているため、ムダがなく、いち早くAndroid 9に対応するなど中々の本家ぶりを発揮しています。

顔認証には対応していません。

Essential Phoneのサイズ

寸法高さ:141.5mm
横幅:71.1mm
厚み:7.8mm
重量185g

Essential Phoneのスペック

初期OS現在はAndroid 9
プロセッサSnapdragon 835 オクタコアCPU(4×2.45GHz+4×1.9GHz)
ディスプレイ5.71インチ QHD(2560×1312)
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)128GB
外部メモリ×
カメラリアカメラ:1,300万+1,300万画素
フロントカメラ:800万画素
バッテリー容量3,040mAh
SIMサイズnanoSIM
Bluetooth5.0
通信方式FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/19/20/21/25/26/28/29/30/66
TDD-LTE:B38/39/40/41/42/43
W-CDMA:B1/2/4/5/6/8
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
ポートUSB Type-C
測位方式GPS/GLONASS
NFC
テザリング
防水/防塵IPX5/IP4X
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ×
センサー近接、環境光、加圧、加速度計、磁力計、ジャイロスコープ
本体付属品USB Type-Cケーブル、ACアダプタ、ヘッドフォンアダプタ
イヤホンジャック×
市場参考価格49,800円

Essential Phoneを購入できる事業者一覧

{phone_company[240]}

【AQUOS sense plus SH-M07】国内メーカーの安心スマホ

SHARP AQUOS sense plus SH-M07
SHARP AQUOS sense plus SH-M07
販売価格
44,701円
分割払い時約1,862円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 8.0
カラー
  • IPX5/X8およびIP6Xの防水・防塵性能でお風呂でも使える!
  • senseシリーズでは珍しいミドルレンジプロセッサSnapdragon 630搭載
  • おサイフケータイに対応!

AQUOS sense plus SH-M07は防水・防塵性能、おサイフケータイ機能を備えた安心の国内メーカーSIMフリースマホです。

5.5インチの省エネIGZOパネルと大容量バッテリー3,100mAhで電池の消費を抑える!さらに、最新のAndroid OS「Android 9」にモアップデート対応しています(現在準備中)。AQUOS senseシリーズの多くはエントリーモデルですが、sense plusはSnapdragon 630を搭載しているので従来のsenseシリーズでは物足りないという方におすすめです。

ただ、Snapdragon 630はすでにSnapdragon 450に性能的には追い付かれそうであるため、今回の記事の主旨から外れますが2019年4月時点ではsense2 SH-M08をおすすめします。

AQUOS sense plusのサイズ

寸法高さ:151mm
横幅:71mm
厚み:8,9mm
重量157g

AQUOS sense plus SH-M07のスペック

初期OSAndroid 8.0(9にアップデート予定)
プロセッサSnapdragon 630
ディスプレイ5.5インチ(2160×1080)
メモリ(RAM)3GB
ストレージ(ROM)32GB
外部メモリmicroSD:最大400GB
カメラリアカメラ:1,640万画素
フロントカメラ:800万画素
バッテリー容量3,100mAh
SIMサイズ nanoSIM
Bluetooth5.0
通信方式FDD-LTE:B1/2/3/4/5/8/18/19/26/28
TDD-LTE:B41
W-CDMA:B1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
ポートUSB Type-C
測位方式GPS/GLONASS/BeiDou/GALILEO/QZSS
NFC
テザリング
防水/防塵IPX5およびX8/IP6X
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ
センサー-
本体付属品-
イヤホンジャック
参考市場価格34,800円

AQUOS sense plus SH-M07を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
32,800円1,476円×24回525円/月〜
41,900円1,745円×24回500円/月〜
42,800円1,926円×24回480円/月〜
46,980円2,100円×24回300円/月〜

5万円以上するハイスペックSIMフリースマホ

一昔前とハイスペックの定義が変わってきました。2019年現在ではAndroidなどのSIMフリースマホはiPhoneにも負けず劣らずで、最新のiPhone並みのスペックまであって初めてハイスペックと位置付けられるようになりました。3万円~5万円の価格帯のSIMフリースマホではiPhoneレベルとは言えず、iPhoneレベルのものを買おうとするとやはり5万円は容易に超え、高いものだと10万円を超えます。

そこで、今回紹介しきれなかった5万円以上する”ハイスペック”SIMフリースマホを一覧で紹介していきます。

ハイスペックSIMフリースマホ一覧表

※発売日順(新しいものが上)、スペック総評は「◎」が最新iPhone以上、「〇」は最新iPhone並み、「△」は最新iPhoneには一歩及ばず、「×」は最新iPhoneに完全に劣る、と独断偏見で私が決めました(一覧は国内正規版が手に入る機種のみ)。また、最新iPhoneとはiPhone XSおよびXS Maxを基準としています。

名称スペック総評市場参考価格発売日
AQUOS Zero SH-M04107,800円2019年4月9日
AQUOS R2 SH-M0988,430円2019年2月21日
OPPO R17 Pro×75,470円2018年12月27日
HUAWEI Mate 20 Pro120,830円2018年11月30日
ASUS ROG Phone119,500円2018年11月23日
OPPO Find X101,800円2018年11月9日
Google Pixel 395,000円2018年11月1日
OPPO R15 Pro×69,880円2018年9月28日
HTC U12+89,800円2018年7月20日
Zenfone 5Z69,800円2018年6月15日
HUAWEI P2069,800円2018年6月15日

もっと挙げてもいいのですが、キリがないのでこの辺でやめておきます。

ちなみに、OPPO R17 ProとOPPO R15 ProはプロセッサでiPhoneに太刀打ちできないと判断したため「×」、AQUOS ZeroとR2 Compactは、性能は良いのですがカメラでマイナス。P20は、カメラは良いが性能でマイナスなのでそれぞれ「△」とさせていただきました。

こう見ると最もコスパが良いのはZenfone 5Zですね、実際AnTuTu benchmark(英語)の公式パフォーマンスランキング(2019年2月)でも第12位に輝いています。

出典:AnTuTu公式HP(英語)

まとめ:定義にもよるがハイスペックSIMフリースマホは低価格でも買える!

「SIMフリーでもハイスペックスマホが欲しい。でも10万円なんて高いものは買いたくない…」と考える方は多いです。

そんな方々には以下の4機種がおすすめです!

3万円から5万円だけど高性能なSIMフリースマホは、それほど多くはありません。最近はSIMフリースマホでも「低価格でもそれなりのスペックを有する機種」と「ウンとハイスペックで高価な機種」の二極化が進んでいます。

低価格帯のスマホは価格競争が激しいので一昔前のような安ければなんでも良いという人向けの製品は減り淘汰された良質な機種だけが生き残っています。その分1万円台でも十分なスペックを有した機種を各メーカーが発売しています。反対に、10万円を超える対iPhoneスマホとも呼べる高性能機種がSIMフリースマホ市場に出回っているのも事実です。

実際に自分がどのような使い方をするかで必要なスペックは変わってきます。しかしスペック見かたをわかっていないとショップ店員や友人にすすめられたまま購入し、後悔する可能性があります。以下の記事でスペックについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

また、ゲームをよくプレイする方や最新の機種が欲しい方は、下記記事も合わせてチェックしてください!

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜