1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. SoftBank(ソフトバンク)
  4. SoftBank(ソフトバンク)のプラン見直しをしよう!新料金プランで安く賢く!

SoftBank(ソフトバンク)のプラン見直しをしよう!新料金プランで安く賢く!

最終更新日:
SoftBank(ソフトバンク)のプラン見直しをしよう!新料金プランで安く賢く!

ソフトバンクの料金プランを見直すだけで月々の携帯料金が5,000円も安くなる可能性があります。携帯料金の削減は直接的に固定費の削減につながります。料金プランが一新されたり割引サービスが変更される度に最安値も変動します。決して面倒がらずに定期的に携帯料金の内訳を確認するようにしましょう。

「プラン見直し」で5,000円安くなることも!

プランを見直すことで、月々の携帯料金が5,000円以上も安くなるとしたら、皆さんはどうしますか?

ソフトバンクでは2018年9月6日から新料金プランとなり、これまでのプランを一新しました。以前までのプランのまま利用していると損をする可能性があります。

新たに追加された割引を有効活用することでも月額料金を抑えることができます。

ソフトバンク新料金プランの仕組みを知ろう

新料金プラン ソフトバンク

2018年9月6日以降の新料金プランは、「通話基本プラン」のみとなり、オプションとして通話定額に加入すると追加料金が発生するシステムに変更されました。そのうえで、2種類のデータプランを選択した際の合計金額+機種代金が月々の携帯料金となります。

以前のプランは通話定額が一体型のプラン展開で、必要なデータ容量から選ぶというスタイルでした。

通話基本プラン

  • 月額1,200円

2019年1月現在、ソフトバンクのスマホを契約する方、またはプラン変更する方は通話基本プランというプランを選択する必要があります。

通話基本プランは、家族間の通話料金無料が含まれていますが、通常の通話料金は20円/30秒です。

さらに、ウェブ使用料として別途月額300円がかかります。

かけ放題を付けるにはオプションに加入する必要があります。

  • 準定額オプション
  • 定額オプション

また、それぞれ表記された料金は2年契約(自動更新)のもので、それ以外にも2年契約(自動更新無し)と2年契約なしがあり、料金はそれぞれ以下の追加料金が発生します。

  • 2年契約(自動更新なし):+300円
  • 2年契約なし:+2,700円

準定額オプション

  • オプション利用料月額500円

5分以内の国内通話が無料になるオプションです。

通話基本プラン+ウェブ使用料+準定額プラン=月額2,000円となります。

定額オプション

  • オプション利用料月額1,500円

24時間いつでも国内通話が無料になるオプションです。

通話基本プラン+ウェブ使用料+定額オプション=月額3,000円となります。

データプラン

現行で選べるデータプランはわずか2種類と少ないです。

  • ウルトラギガモンスター+(データ定額 50GBプラス)
  • ミニモンスター(データ定額ミニモンスター)

auのように小容量のデータ定額プランが無く、大容量プランも1つのみと選択の幅は非常に少ないです。

ウルトラギガモンスター+(プラス)

  • 月額利用料5,980円
  • データ容量50GB

各種割引を適用させると12か月間3,480円まで下げることができます。

月々の最低携帯料金
通話定額オプションなし7,480円/月~
5分以内の国内通話かけ放題7,980円/月~
24時間かけ放題8,980円/月~

一部の動画サービス・SNSのデータ消費されないため、実際は50GB以上のデータを使用することができます。

さらに、2019年4月7日までにウルトラギガモンスター+に申し込むと国内利用分の全データが使い放題となるキャンペーンを行っています。

ミニモンスター

  • 月額利用料2,980円
  • データ容量0GB~50GB

ウルトラギガモンスター+とは違い、データ使用量によって料金も変動するauピタットプランのようなプランです。各種割引適用で12か月間1,980円で利用できます。

ミニモンスター料金変動

上表を見ての通りデータ容量の区切り幅が大きいので本当にデータ使用が少ない(2GB以下)人のみが安く済みます。2GB以上利用する人はウルトラギガモンスター+をおすすめします。

月々の最低携帯料金
通話定額オプションなし4,480円/月~
5分以内の国内通話かけ放題4,980円/月~
24時間かけ放題5,980円/月~

ソフトバンクの携帯料金を下げるためのポイント4つ!

  1. 通話時間&通信量にあったプランに変更する
  2. 不要なオプションを解除する
  3. 各種割引を有効活用する
  4. 「半額サポート」は利用しない

1. 通話時間&通信量にあったプランに変更する

プラン変更するために必ず知っておいた方がいいのが、1か月の通話時間通信量です。

1か月の通話時間を調べる

ソフトバンク携帯電話の通話時間はオプションサービス「通話料明細書(月額200円」に加入し、My SoftBankパソコンからログインすると確認することができます。

また、過去3か月分までは書面で郵送してもらえますが、1回線につき200円+郵便代(82円)がかかります。

通話明細を確認するには料金が発生してしまうので、面倒ですがスマホの電話アプリで1か月分の通話履歴から算出した方が良いと思います。

Androidの場合、機種によっては下記の方法で1か月の通話時間を調べることができます。

  • [設定]⇒[通話設定]⇒[その他の設定]⇒[通話の長さ]

1か月の通信量を調べる

通信量はおおよそで良ければスマホの[設定]から確認することができます。

  • Android:[設定]⇒[データ使用]
  • iPhone:[設定]⇒[モバイル通信]⇒[現在までの合計]

※iPhoneの場合は前回のリセット時からの累計データ利用量なので、ページ最下部の[前回リセット日時]から算出する必要があります。

最適なプランに変更する

1か月の通話時間&通信量がわかったら、自分に合ったプランに変更しましょう。

My SoftBankまたはお近くのソフトバンクショップで変更することができます。

My SoftBankで手続きする場合は、

プラン変更 ソフトバンク

ログイン後サイドバーから[契約・オプション管理]⇒[料金プラン]を選択

プラン変更 ソフトバンク

[基本プラン]⇒[年間契約]⇒[通話オプション]⇒[データプラン]をそれぞれ選択

プラン変更 ソフトバンク

[テザリングオプション]⇒[手続き内容の確認方法]⇒[変更内容を確認する]をタップ

プラン変更 ソフトバンク

[同意する]⇒[申し込み]で完了!

ソフトバンクショップで手続きする場合は、

必ず本人確認書類を用意してからソフトバンクショップに足を運びましょう。

電話でのプラン変更手続きは行っていません。

2. 不要なオプションを解除する

携帯料金明細を見てみると意外と多いのが利用していないオプションサービスです。

中でもソフトバンクは初月無料で加入できるオプションが多く、契約時に加入したまま解除し忘れて今まで払い続けているという方が多いです。

オプション解除はMy SoftBank、または電話で手続きが可能です。

My SoftBankでの手続き方法

オプション解除方法

ログイン後にサイドバーから[契約・オプション管理]⇒[オプション]を選択

オプション解除方法

解除したいオプションを選択し、[〇〇を解除する]の[次へ]⇒同意するにチェックをいれて[申込]をタップ

完了画面と解除日時が表示されたら完了です。

電話での手続き方法

下記のソフトバンクカスタマーサポートに電話してください。

ソフトバンクの携帯電話から157無料(24時間受付)
一般電話から0800-919-0157
  1. ガイダンスに沿って「4」を押す(購入から90日以内の場合は「7」)
  2. 「1」を押す
  3. 「2」を押す(購入から90日以内またはオペレータによるサポート希望の場合は「3」)
  4. ガイダンスに沿って解除

※オペレータ受付時間は午前9時から午後8時までです。

3. 各種割引を有効活用する

  • みんな家族割+(おすすめ)
  • おうち割光セット

プラン変更やオプション解除を行って人によっては月々2,000円ほど安くなると思います。適用できる割引サービスを有効活用するとさらにお得になります。

みんな家族割+

みんな家族割+は同一の家族割引グループ内の「ウルトラギガモンスター」または「ウルトラギガモンスター+」加入者の人数に応じて月々最大2,000円割引するというサービスです。

ウルトラギガモンスター+ウルトラギガモンスター
1人0円引き0円引き
2人500円1,500円
3人1,500円1,800円
4人以上2,000円2,000円

新規契約時または機種変更時に家族割引に申し込んでいる人対象となります。

この割引のすごいところは「家族の定義」です。

家族割 定義

上の画像を見てもらうとわかりますが、遠くに暮らす家族や親類はともかく、なんと血縁関係または婚姻関係にない人でも同住所なら割引対象になるという点です。

シェアハウス等が一般に周知されるようになり共同生活をする人も増えてきているため、そういった方々には特に朗報ですね。

おうち割光セット

自宅のネットとセットでソフトバンクのスマホがずっと1,000円引きになるサービスで す。

  • SoftBank Air
  • SoftBank 光
  • Yahoo! BB ADSL
  • SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
  • ケーブルライン
  • ひかりdeトークS(ケーブルライン)
  • NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
  • Yahoo! BB 光シティ

上記対象のインターネット1回線につき最大10回線までの携帯電話回線が適用されるため、月々最大で10,000円も割引されます。

この割引サービスはシェアハウス等では対象になりませんが、離れて暮らす家族は対象になります。

4. 「半額サポート」を利用しない

半額サポート

半額サポートとは、端末代金を48か月払いにし、24か月目に指定の最新機種を購入することで残りの支払い分(半額)が免除になるプログラムです。

半額サポートを利用している場合は長い目で損をしている可能性が高いです。

半額サポートを利用すると損をする理由

半額サポート自体に利用料はかからないため、半額サポートに加入すること自体には問題ありません。しかし、実際に24か月目に半額サポートを利用して指定の最新端末を購入すると、損をすることになります。

というのも、半額サポートを利用して新たな端末を購入すると、機種変更前の端末は回収されます。つまり、ソフトバンクに返却する必要があるため、これまでに支払った端末代金はレンタル料金のようになってしまいます。

回収時にはさらに余計な出費が発生することも

回収された端末の査定時に回収条件(下記)を満たしていないが半額サポートを利用したい場合は別途20,000円を支払う必要があります。

  • 電源が入ること(スリープ(電源)ボタンが正常に機能すること)
  • 各種ロック解除/初期化が実施されていること
  • 製造番号(IMEI等)が確認できること
  • 改造などメーカー保証外となる事由がないこと
  • ガラス・筐体が破損していないこと
  • 液晶表示/タッチパネルの動作が正常であること(液漏れ、焼き付き等)
  • 筐体が変形していないこと

つまり、端末を長く(2年以上)利用する人や頻繁に端末を破損させてしまう人は損をします。

2年間端末を破損することがなく、2年後に機種変更する予定がないという人であれば、機種代を24か月払いにし、支払い終了月と更新月を合わせた方が乗り換えなどで足を引っ張らず良いです。

プラン見直しで月々の固定費を抑えよう!

みなさん、どうでしたか?

人によっては月々5,000円以上安くなる可能性があります

しっかりと自身の使い方を明確にし、面倒がらずに自身の明細を定期的に確認することが無駄な出費を減らすことにつながります。

不明瞭なものにお金を支払うのは気持ちが良くないものですよ。

格安SIM(格安スマホ)ならプラン見直しより安くなることも!

格安スマホに乗り換えることで今の携帯代金を格段に減らすことができるって知っていましたか?

たとえば、現在の携帯料金が8,000円/月の人が、ソフトバンクのサブブランドであるY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるだけで、10分かけ放題と3GBの高速データがついてたったの1,980円/月

月々6,000円以上も節約できますね!

ソフトバンク系の格安スマホおすすめ

お使いのスマホのSIMカードを差し替えるだけで利用できるおすすめの格安SIMは

⇒最新版ソフトバンク系格安スマホランキングをチェック!

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜