1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. SoftBank(ソフトバンク)
  4. ソフトバンクスマホランキング!【2019年春】by すまっぴー編集部

ソフトバンクスマホランキング!【2019年春】by すまっぴー編集部

最終更新日:
ソフトバンクスマホランキング!【2019年春】by すまっぴー編集部

ソフトバンクのスマホランキングです!あえてGalaxyシリーズを取り扱わないソフトバンクですが、思った以上に値引きされているため、コスパが高いという印象を受けました。iPhoneの価格設定が少々高めの点は気になりますが、Androidはソフトバンクが圧倒的に安いです。また、ソフトバンク限定モデル(SIMフリーモデルはあり)が多くauやドコモでは購入できない魅力的なスマホを揃えています。

ソフトバンクでは最新のiPhoneやソニーのXperiaシリーズ、など大手キャリア限定販売モデルを多数取り揃えています。さらに、大手キャリアではソフトバンク限定で京セラのDIGNOシリーズも取扱っています。SHARP AQUOSシリーズの取扱は大手キャリアではもっとも多いですが、Galaxyシリーズは一つも取扱がありません。

一部AQUOS製品や一部iPhone、HUAWEI端末、HTC端末などSIMフリー版として販売されている機種も多く取り扱っています。

そこで、今回はソフトバンクで販売されているスマホを勝手にランキングにしてBEST10を紹介していきます。

ノミネート製品一覧!

以下は2019年5月時点、ソフトバンクオンラインショップで販売されているランキングノミネート製品一覧です。

AppleからiPhone XRiPhone X
iPhone 8/ 8 Plus
iPhone 7/ 7 Plus
GoogleからPixel 3/ 3 XL
SONYからXperia XZ3
Xperia XZ2
Xperia XZ1
Xperia XZs
SHARPからAQUOS Zero
AQUOS R2
AQUOS R2 Compact
AQUOS R Compcat
AQUOS Xx3 mini
Android One S3
Androidn One S5
HUAWEIからMate 20 Pro
Mate 10 Pro
nova lite 2
KyoceraからDIGNO® J
DIGNO® G
DIGNO® F
DIGNO® U
HTCからU11

今回は、シンプルスマホシリーズはノミネートから外させていただきます。

2019年夏モデルをさらっと紹介

2019年夏モデルは未発売のためランキングからは省略していますが、カンタンに紹介します。

  • Xperia 1⇒期待
  • AQUOS R3⇒期待
  • arrows U
  • LG K50
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
3,980円〜
ソフトバンク

審査基準

ほとんど独断と偏見です。スマホ購入のときに注意する点をカテゴライズして星5つで評価しました。

  • 価格(コストパフォーマンス含む)
  • スペック(処理速度など)
  • カメラ(画素数だけではない)
  • デザイン(筆者の好み)
  • 利用者の多さ(人気度や新しさ)

ドコモとは違い端末購入サポートや月々サポ―トなどはなく、型落ち製品の値下げ率がハンパじゃないのでほかの2社とはランキングが大きく変わります。

どんな人がランキング作成している?

まずは自己紹介をしたいと思います。

筆者はスマホにとどまらず大のガジェット好きで、スマホではあまりゲームなどしないしカメラもそれほど使用しないのに高性能の機種を欲しがるという変人です。

スマホ遍歴としては、2010年発売の「iPhone 4」が初めてで、その後、iPhone 3GS⇒Galaxy Nexus⇒Nexus 4⇒Stream X(イーモバイル)⇒ASUS Zenfone 5(初代)⇒Windows 10 Mobile Lumia 650⇒Xperia A4⇒AQUOS R2 Compactというなんとも複雑な遍歴をもっていますが、エントリーモデルからハイエンドモデル、3つのOSを利用した経歴を持っています。

個人としてはAndroidのハイエンドモデルに落ち着きましたが、MacBookやiMacのユーザーはiPhoneの方が便利で良いでしょう。筆者が最も重視している点はサイズ感です。モバイル端末といっているので持ち運びたくなるような機器であることが大前提です。

そして、価格とスペックのバランスも重視しています。安いだけでもダメですし、価格が高ければスペックが高いのは当たり前です。

新しい端末がリリースされては携帯ショップに足を運び使用感を確認するという趣味もあります。自己紹介はこの辺にしておいてランキングに移りましょう。

【第1位】HUAWEI Mate 10 Pro

  • 一括:30,720円
  • 分割:1,280円×24回
スコア22点/25点
価格★★★★★
スペック★★★★★
カメラ★★★★★
外観・デザイン★★★★☆
利用者の多さ★★★☆☆
HUAWEI Mate 10 Pro
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid8.0
カラー

HUAWEIのフラッグシップモデルであるMateシリーズの1世代前の機種です。最新は2018年11月30日発売のMate 20 Proです。Mate 10 ProはSIMフリーモデルとしても販売されていますが、ソフトバンクが最安値で3万円台です。大手ではソフトバンク限定販売となっています。

型落ちとはいえフラッグシップモデルが3万円台なのはすごいです。しかも、Mate 10 Proは「Leica(ライカ)」レンズを搭載していて、カメラにも非常に注力しているスマホなので、3万円台なら迷わず選んでいいでしょう。

Mate 20 Proに関しては10万円ほどの価格なのでコスパは高くありませんが、さらなる性能を求めるならMate 20 Proが無難です。

デメリットは「型落ち」

HUAWEI Mate 10 Proは2018年5月発売でそれほど古い機種ではありませんが、後継モデルのMate 20 Proが登場したので型落ちとなってしまいました。とはいえ、USBはType-Cだし、それなりの防水・防塵性能もあり、高性能カメラ、大容量メモリ&バッテリーを備えているため、今でも十分に使用できます。

おサイフケータイには非対応なのでモバイルSuicaユーザーは注意が必要です。

【第2位】Xperia XZ1

  • 一括:30,720円
  • 分割:1,280円×24回
スコア22点/25点
価格★★★★★
スペック★★★★☆
カメラ★★★★☆
外観・デザイン★★★★★
利用者の多さ★★★★☆
SONY Xperia XZ1
SONY Xperia XZ1
販売価格
79,800円
分割払い時約3,325円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid8.0
カラー

日本国内のAndroid史上では人気を誇るXperiaシリーズの2世代型落ちスマホ(Xperia 1が発売されると3世代)。本体の材質は、金属を用いていいてメタル素材にマッドな質感が非常にかっこいいです。高性能カメラ・高性能プロセッサ・防水防塵におサイフケータイとすべてがそろったスマホです。

ソフトバンクの場合は後継モデルのXZ2や一つ前のXZsも同一価格で販売されています。デザインの差でXperia XZ1を代表して第2位としましたが、いずれも高性能カメラ、高性能プロセッサなのでデザインが好きなものから選ぶと良いです。

※カメラもプロセッサも世代を追うごとに進化している点は注意。

デメリットは「ベゼル」

ベゼルをもう少し削ってくれたらあるいはHUAWEI Mate 10 Proを超えていたかもしれません。それほど上下のベゼルは広いです。

ただ、最近のソフトバンク版のスマホは背面や前面に「SoftBank」のロゴを入れない傾向にあるので、全Xperia製品の中でソフトバンク版が一番かっこいいのは言うまでもありません。

【第3位】HTC U11

  • 一括:30,720円
  • 分割:1,280円×24回
スコア20点/25点
価格★★★★★
スペック★★★★☆
カメラ★★★★☆
外観・デザイン★★★★☆
利用者の多さ★★★☆☆
HTC U11
HTC U11
販売価格
69,000円
分割払い時約2,875円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー

HTC U11は台湾のメーカーで、日本国内ではそれほど認知度は高くありませんが、世界初のAndroidスマホを開発した老舗です。Pixel 3にも採用されている「握って操作する機能」(エッジ・センス)をPixelよりも先に採用しています。

2017年の発売当初、最高レベルといわれるほどのカメラ性能には定評があります。デザインも良く、防水・防塵性能・おサイフケータイ機能も兼ね備え、2世代前の高性能プロセッサを搭載しているため、ゲームユースから日常生活にも便利です。

デメリットは「古さ」

2017年夏発売モデルなので結構古いです。ハイエンドモデルなのでまだまだ現役で利用できますが、最新のハイエンドモデルと比較するといろいろと劣っています。

HTCは1年に1端末発売くらいのペースで、2018年モデルはU12+がありますが、ソフトバンクでは販売されていません。U12+はSIMフリーモデル限定の取扱なので、HTCがほしい方は格安SIMで購入しましょう。

【第4位】Xperia XZ3

  • 一括:64,800円
  • 分割:2,700円×24回
スコア19点/25点
価格★★★☆☆
スペック★★★★★
カメラ★★★★☆
外観・デザイン★★★☆☆
利用者の多さ★★★★☆
SONY Xperia XZ3
SONY Xperia XZ3
販売価格
93,312円
分割払い時約3,888円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 9
カラー

Xperia XZ3はXperia XZシリーズでは最新のモデルです。ソフトバンクでは他2社での販売価格を比べるとかなり安く購入できます

カメラ性能・プロセッサ性能が高く、防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグ、大容量バッテリーと全部載せのスマホですが、iPhone XSなどに比べるとカメラで撮影した画像の処理能力が劣ります。

デメリットはデザイン

個人的に好きではないデザインです。Xperia XZ2からXperiaシリーズのデザインは好きではありません。

さらに、2019年夏モデルでXperia 1が登場するので、そちらの価格発表を待ってから購入するのがベターでしょう。

【第5位】iPhone XS

  • 一括:136,800円
  • 分割:5,700円×24回
スコア19点/25点
価格☆☆☆☆☆
スペック★★★★★
カメラ★★★★★
外観・デザイン★★★★☆
利用者の多さ★★★★★
Apple iPhone XS
Apple iPhone XS
販売価格
112,800円
分割払い時約4,700円×24回
画面サイズ5.8インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSiOS 12
カラー

ソフトバンクといえばiPhone。iPhoneといえばソフトバンク。なんてイメージはいまだに強いですよね。しかしソフトバンクでは、iPhone XSの価格は他の2社よりも1万円ほど高い価格設定になっています。

iPhone XSはスマートHDRを利用するとカメラ性能が良く、設定を変えなくてもキレイに撮れます。手ぶれ補正もなかなかのもので、動画のクオリティも相当高いです。

デメリットは「価格」

13万円超えと非常に高価で、割引もないことから24回払い(5,700円/月)は正直きついです。

ウルトラギガモンスター+と合わせると割引なしで月額13,180円となります。はい。高いです。

【第7位】AQUOS R2 Compact

  • 一括:82,080円
  • 分割:3,420円×24回
スコア18点/25点
価格★★★☆☆
スペック★★★★★
カメラ★★★☆☆
外観・デザイン★★★★☆
利用者の多さ★★★☆☆
SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
販売価格
80,200円
分割払い時約3,341円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 9
カラー

筆者が使用しているスマホです!少々ひいき目ですが、R2 Compactは非常にバランスが良いスマホです。コンパクトサイズに5.2インチのFHD+ディスプレイ・まあまあ良いカメラ・高性能プロセッサ・防水防塵性能・おサイフケータイ対応の万能スマホです。

カメラが少々不得意なのは否めませんが、サイズを考えると妥協点です。

デメリットは「価格」

iPhoneほどではありませんが、8万円台なので値が張ります。性能を考えると妥当な価格ですが、SIMフリーモデルは6万円台で販売されているため、損した気分になります。

また、カメラを重視している場合は2万円ほど安いXperia XZ3のほうが満足度は高いでしょう。

【第8位】HUAWEI Mate 20 Pro

  • 一括:99, 840円
  • 分割:4,160円×24回
スコア18点/25点
価格★☆☆☆☆
スペック★★★★★
カメラ★★★★★
外観・デザイン★★★★☆
利用者の多さ★★★☆☆
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
111,880円
分割払い時約4,661円×24回
画面サイズ6.39インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9.0
カラー

HUAWEI Mate 20 Proはソフトバンクスマホランキングの第1位、HUAWEI Mate 10 Proの後継モデルで、カメラ性能が数段グレードアップしました。トリプル「Leica」レンズを搭載し、広角、超広角、望遠カメラで様々な撮影方法を楽しむことができます。

また、2018年11月末発売時の最新技術を詰め込んだエンタメスマホでもあります。

デメリットは「機能」

HUAWEI Mate 20 Proには「3Dライブメーカー」「ワイヤレスリバースチャージ」「Ai Vision」などの機能が搭載されていますが、人によっては不必要あるいは実用的ではない機能があります。

3Dライブメーカーはお遊び機能なので、不必要な人は一生使うことがないと思いますし、ワイヤレスリバースチャージとAI Visionはまだまだ実用的ではありません。

ワイヤレスリバースチャージはハードの問題なので改善できませんが、AI Visionはソフトのアップデートで今後は洗練されていきそうです。

【第9位】AQUOS Zero

  • 一括:99, 840円
  • 分割:4,160円×24回
スコア18点/25点
価格★☆☆☆☆
スペック★★★★★
カメラ★★★★☆
外観・デザイン★★★★★
利用者の多さ★★★☆☆
SHARP AQUOS zero SH-M10
SHARP AQUOS zero SH-M10
販売価格
99,840円
分割払い時約4,160円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9.0
カラー

AQUOS Zeroは大手キャリアではソフトバンク限定モデルで、その他にはSIMフリーモデルがAQUOS Zero SH-M10として販売されています。発売当初は「6インチ以上・3,000mAh以上のバッテリー」を有するスマホでは世界最軽量を誇り、わずか146gと持ってみると実際かなり軽いです。

また、AQUOSシリーズ初の有機ELディスプレイを採用し、湾曲したディスプレイでゲームプレイがしやすく、熱冷却にも長けているため、ゲーミングスマホとしても非常に良いです。

カーボンファイバーチックな背面(アラミド繊維)に、サイドにはマグネシウム合金を採用しているため、非常にクールな見た目になっています。

デメリットは「カメラ性能」

そんな完璧に思えるAQUOS Zeroですが、カメラ性能だけは他の高性能スマホ(iPhone XSやPixel 3など)に劣ります。

画素数だけでみると2,260万画素と高画素なのでカメラも良いように思えますが、やはり画素数でカメラは勝たれません。比べると差は結構でます(当方、カメラの素人ですのであしからず)。

【第10位】HUAWEI nova lite 2

  • 一括:30,720円
  • 分割:1,280円×24回
スコア17点/25点
価格★★★★☆
スペック★★☆☆☆
カメラ★★★★☆
外観・デザイン★★★☆☆
利用者の多さ★★★★☆
HUAWEI nova lite 2
HUAWEI nova lite 2
販売価格
25,980円
分割払い時約1,082円×24回
画面サイズ5.65インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroidTM8.0Oreo
カラー

HUAWEI nova lite 2はかつてコスパ最強スマホとしてHUAWEI P20 liteとともに2018年を騒がせたHUAWEIのスマホです。

カメラの性能がそれなりに高く、それなりに3Dゲームもできるという点で非常に人気を博しました。とくにSIMフリーモデルとしては圧倒的な人気があったため、SIMフリーモデルでは後継モデル(HUAWEI nova lite 3)が発売されました。

デメリットは「価格」

ん?安いのに価格がデメリットなの?と思うかもしれません。そうです。価格です。

HUAWEI nova lite 2をSIMフリーで購入すると、場合によっては1万円台で購入することができます。しかし、ソフトバンクではいずれのスマホも最低価格が30,720円と設定されているようなので、ソフトバンクでHUAWEI nova lite 2を購入する場合は割高になってしまいます。

まとめ:ソフトバンクは機種代に関しては大手で一番コスパが良い

ソフトバンクといえばiPhone。iPhoneといえばソフトバンク。そんなイメージが覆るランキングになりました。auとは真逆ですね。

ソフトバンクは一昔まえほどiPhoneに頼らなくなっています。auやドコモとは一線を画したラインナップで、筆者もランキングを作成しながら驚きました。

ちなみに、DIGNOシリーズはすべて3万円台で確かに低価格なスマホではありますが、エントリーモデルのなかでもスペックが低い「ガラケーからのりかえた人用」のスマホとなっているので、残念ながらランク外でした。

また、思った以上に新しめの機種でも値引きされていて、Androidに限っていうと一番安いです。逆にiPhoneは他社よりも高い値段設定なので、iPhone目当ての方は注意してください。

ドコモやauは新料金プランを発表しましたが、ソフトバンクはどうなるのでしょう。2018年末の通信障害のようなことが再発しないことを願います。

【決められない人向け】おすすめモデルはこう選ぶ

グレードおすすめ機種おすすめの人
エントリーモデルDIGNO® J
DIGNO® G
DIGNO® F
DIGNO® U
AQUOS Xx3 mini
Android One S3
スマホ初心者のあなた
エントリーモデル(上位)
Android One S5
こだわりはないがワンランク上が良いあなた
ミドルレンジモデルiPhone 6s
iPhone 7
HUAWEI nova lite 2
AQUOS R Compact
特にこだわりはないが、長期利用したいあなた
ハイエンドモデルiPhone XR
iPhone X
iPhone 8/ 8 Plus
Xperia XZ2
Xperia XZ1
Xperia XZs
AQUOS Zero
AQUOS R2
AQUOS R2 Compact
よくばりなあなた
ハイエンドモデル
(カメラ強化)
iPhone XS/ XS Max
Google Pixel 3/ 3XL
Xperia XZ3
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 10 Pro
HTC U11
カメラ好きのあなた

ソフトバンクは低価格なスマホを数多く取り揃え、コスパに優れたスマホも多い印象です。表の一番上はスマホからスマホに乗り換える場合には物足りなくなってしまう可能性があるため、はじめてスマホを利用する方以外は避けましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
3,980円〜
ソフトバンク
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜