1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. SoftBank(ソフトバンク)
  4. 【徹底解説】ソフトバンクの家族割でもっとお得に!賢く家族で節約!!

【徹底解説】ソフトバンクの家族割でもっとお得に!賢く家族で節約!!

最終更新日:
【徹底解説】ソフトバンクの家族割でもっとお得に!賢く家族で節約!!

ソフトバンクの家族割について徹底解説!!みんな家族割+は本当にお得なのか?どういった人向けのサービスなのかを丁寧に解説します!!

ソフトバンクの家族割(みんな家族割+)を徹底解説

ソフトバンクにも割引サービスとして家族割が存在しています。

みんな家族割+は2018年9月6日からスタートされたサービスです。

しかし、家族割を適用するためには条件があり、その条件を満たさない限り割引が適用できません。

では、みんな家族割+はどのようなサービスであり、使用する人々にメリットはあるのでしょうか。

ここではみんな家族割+の概要や適用条件、メリット・デメリットなどについてみていきましょう。

ソフトバンクのみんな家族割+の概要

出典(ソフトバンク公式サイト)

ソフトバンクのみんな家族割+は、ウルトラギガモンスター+とウルトラギガモンスターに加入することによって適用できる割引サービスです。

家族割は、家族内に対象となる契約者がどのくらいいるかによって割引金額が大きく異なります。

また、ウルトラギガモンスター+とウルトラギガモンスターはGBだけを見ると変化はありません。

ウルトラギガモンスター+は、YouTube 、 LINE 、 Twitter 、 Facebook 、インスタグラムなどの特定の対象サービスに対してデータ通信料を消費しないプランであるため、月額料金に関してはプランの違いも考慮する必要があります。

人数ウルトラギガモンスター+(50GB)ウルトラギガモンスター(50GB)
1人0円0円
2人500円1,500円
3人1,500円1,800円
4人以上2,000円2,000円円

ソフトバンクの料金プランは、現状ではウルトラギガモンスター+とミニモンスターの2つしかありません。

しかし、みんな家族割+はウルトラキーがモンスター+に加入した人に対して割引が発生するサービスです。

また、上限人数は10人までと決まっているため、回線数に対して自分の家族がどういったプランで契約しているのか、よく把握する必要があるといえるでしょう。

ソフトバンクの新プランについて下記の記事に詳しく記載されています。

みんな家族+の割適用条件

みんな家族割+の適用条件は、ウルトラギガモンスター+かミニモンスターに加入している回線が必要となります。

この場合、2回線以上が必要であるものの、ミニモンスターに加入している方の定額料からは割引が行われません。

そのため、最低1回線はウルトラギガモンスター+に加入しなければ、みんな家族割+に加入することができないことに注意しましょう。

みんな家族割+を適用する場合、ミニモンスターに加入している方は、1回線とカウントします。

しかし、割引を受けられるのは、ウルトラキガモンスター+に加入している人のみです。

カウントされる回線と割引される回線が異なることから、契約時にどういった料金体系なのかよく確認する必要があります。

みんな家族割+への申込方法

みんな家族割+は、全国のソフトバンクショップとオンラインショップ、家電量販店で申込むことが可能です。

また、要件を満たしていれば自動的に付帯されるものであるため、通常はユーザーが申請する必要はありません。

また、みんな家族割+は自動的に付帯されるサービスです。

そのため、プランの変更や解約などとなった場合であっても特別な手続きは必要なく、自動的にサービスが解除されることになります。

例えば、新規契約を行う場合であっても、同時に家族内でウルトラギガモンスター+かミニモンスターに加入した人がいればそれだけでみんな家族割+が自動的に適用されます。

対象となる人々の範囲

みんな家族割+は、一緒に住む家族だけでなく、恋人との2人暮らしやシェアハウスに住む場合であっても提供することが可能です。

同一の場所に住んでいる家族であれば、本人の確認書類を用意するだけで対象となります。

また離れて暮らす場合は、本人確認書類に加えて戸籍謄本などの趣味が必要となることには注意が必要です。

どのパターンであっても本人確認書類が必要であり、場合によっては住民票記載事項証明書などを用意する必要があります。

また、コピーではなくて原本を用意しなければならない点には注意が必要です。

ソフトバンクのみんな家族割+のメリットは割引額にある

出典(ソフトバンク公式サイト)

ここでは、ソフトバンクのみんな家族割+のメリットについてみていきましょう。

みんな家族割+を適用することによって、通話や月々の料金に対して割引を受けることが可能です。

みんな家族割の有効な使い方と家族構成

みんな家族割+の割引額は非常に大きなものです。

ここでは、その割引額を有効に活用する事例を紹介していきます。

みんな家族割+の適用条件は、ウルトラギガモンスター+がウルトラギガモンスターに加入することです。

例えば、ウルトラギガモンスター+に4人家族全員が加入した場合、それぞれの月額料金から2,000円が引かれます。

仮に2年間継続した場合、その料金だけで192,000円の割引となります。

現代の家族構成の形で最も多い核家族のパータンで考えてみましょう。仮に、1組の夫婦に対して、子供が1人とした場合の合計人数は3人です。

ウルトラギガモンスター+に1人が加入し、他の2人がミニモンスターに加入したとしても、ウルトラギガモンスター+に加入している人は、年間で18,000の割引を受けることができます。

そのため、みんな家族割+を有効に活用した場合、2年単位で考えると数万円から数十万円単位の割引となる可能性が高いといえるでしょう。

友人や恋人など、ソフトバンクユーザーと同一の住所で暮らす場合にも、みんな家族割+を適用できるため月額料金が気になる場合には最適のサービスといえます。

ソフトバンクのみんな家族割+は適用できる範囲が広い

通話は、みんな家族割+を組んだ回線に対してであれば国内通話は全て無料になります。

ソフトバンクの場合は、一緒に暮らす恋人や友人、シェアハウスの仲間ともみんな家族割+を組むことが可能であることから、一緒に住む人がソフトバンクユーザーであれば月額料金を安価にできる点がメリットといえるでしょう。

料金プランに対しても、みんな家族割+で適用できる範囲が非常に広いことから、ソフトバンクユーザー同士で同じプランを使用していれば月額が安価になります。

特に、シェアハウスなどでは人数が多いことが予想され、4回線以上であれば、それぞれの月額料金から2,000円が割引される点からスマホ料金を大幅に安くすることも可能です。

ソフトバンクのみんな家族割+のデメリット

割引額が大きいことはメリットだと評価できます。

しかし、ソフトバンクのみんな家族割+には、1人だけでは契約できないことなどデメリットもいくつか存在しており、ある程度注意が必要です。

ここでは、みんな家族割+のデメリットについて詳しくみていきましょう。

利用する家族の人数で割引額が異なる

あくまでもみんな家族割+は、家族単位での利用を目的としたサービスであることから、対象となるプランに加入しなければサービスの対象者としてカウントされません。

そして、最大金額になる条件は4人以上がウルトラギガモンスター+やミニモンスターに加入している必要があります。

シェアハウスや家族の人数が多い場合には、簡単に要件を満たせる可能性があるものの、パートナーなどと2人暮らしの場合には最大の割引を受けることができません。

そのため、2人暮らしなどの場合にはそれぞれの家族に対して、みんな家族割+を組むなどの工夫が必要となります。

料金プランは決して安価ではない

みんな家族割+に加入する条件は、最低でも2つの回線が必要であり、1つの回線はウルトラギガモンスター+などの50GB のパケット容量を持つ回線でなければみんな家族割+に加入することができません。

プラン料金は5,980円となっており、安価とは言い難い金額です。

仮に、2人暮らしの家族が今からソフトバンクで契約を行う場合、割引金額は500円となります。

さらに、自宅などで携帯電話をよく使用する場合、光回線と無線LANが使える場合、みんな家族割+を目的にウルトラギガモンスター+を契約するメリットはないといえます。

ソフトバンクのみんな家族割+は、親戚や同居する家族、友人、パートナーなど非常に幅広い範囲の人々が対象です。

しかし、みんな家族割+のメリットは、回線を使用する人数が大きければ大きいほど割引金額が大きくなるというもものです。

そのため、個人や2人だけでサービスを使用する場合のメリットはほぼなく、光回線などを利用している場合にはミニモンスターで十分対応できるでしょう。

注意点はみんな家族割+引時にミニモンスターには割引が入らない

みんな家族割+の注意点は、ウルトラギガモンスター+の加入者には割引が入るものの、ミニモンスターの加入者の方には割引がないことがあげられます。

しかし、みんな家族割の適用条件の回線には、ミニモンスターであっても1回線と数えられます。

そのため、加入要件と適用要件が異なり、それぞれの条件を把握したうえでみんな家族割+を有効に使用していきましょう。

また、加入するために特別な手続きは必要ないものの、急な引っ越しやシェアハウスへの転居等の場合は、店舗などで相談を行った方がスムーズだといえます。

他キャリアとは異なるソフトバンクのみんな家族割+

ここでは、ソフトバンクのみんな家族割+を au やドコモの家族割と比較していきます。

簡潔に言えば、割引額はソフトバンクがもっとも大きいといえます。

au とドコモは、最大の割引額は1,000円と決まっており、何人契約者がいてもその条件は変わりません。

また、 au とドコモは家族と呼べる関係性がなければ家族割を適用することができないものの、ソフトバンクの場合であれば、同一住所の友人や恋人、シェアハウスの人々と家族割を組むことが可能です。

そして料金プランに着目してみると、ウルトラギガモンスター+に加入しなければみんな家族割+を適用することができません。

そのため、加入するプランをよく考慮する必要があります。

au、ドコモの家族割についての下記の記事に詳しく掲載しております。

まとめ

ソフトバンクのみんな家族割+は、加入している人数が多い場合、非常に大きな金額を月額料金から割り引くことが可能です。

月々2,000円の割引が2年間適用される場合、48,000円の割引となります。

更にウルトラギガモンスター+に加入している全ての人々が割引をうけられるため、人数が多くなればなるほど割引金額は多くなっていくことは非常に大きなメリットだといえます。

また、対象者が非常に多く、家族内や一緒に暮らす友人、シェアハウスの人々なども含めてサービスの利用者が多数存在している場合、みんな家族割+を適用することは難しくないでしょう。

しかし、2人でみんな家族割+を適用する場合の金額は500円であり、主に自宅でゲームやアプリを行う場合光回線を引いていれば、ミニモンスターで十分に対応することが可能です。

そのため、自分のプランや料金を正確に把握したうえで、どのような選択をすれば月額料金が安くなるのか考慮する必要があります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
3,980円〜
ソフトバンク
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜