1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. SoftBank(ソフトバンク)
  4. ソフトバンクの解約月(契約更新月)はいつ?解約金0円のタイミングを調べる方法

ソフトバンクの解約月(契約更新月)はいつ?解約金0円のタイミングを調べる方法

最終更新日:
ソフトバンクの解約月(契約更新月)はいつ?解約金0円のタイミングを調べる方法

ソフトバンクから乗り換える時に注意したいのが2年縛りによる解約金です。現在提供されているプランでは2年縛りは撤廃されていますが、旧プランには2年縛りがあります。3ヶ月の更新期間の間に解約すれば高額な解約金を支払わずに済みます。解約月の利用料金は日割りではなく満額請求されるので注意しましょう。ソフトバンクを解約するのに最適なタイミングや注意点を徹底解説!

ソフトバンクの更新期間の確認方法

2019年9月12日以前に提供されていたフリープラン以外のプランは2年契約の縛りがあり、更新期間以外の月に解約すると契約解除料が発生します。更新期間は自動更新されます。

ソフトバンクの解約月(契約更新月)は契約から24ヶ月目~26ヶ月目の3ヶ月間です。

解約月はMy SoftbankまたはLINEのソフトバンク公式アカウントで確認できます。

Webを利用してMy Softbankから確認する

まず、My SoftBankにログインします。ログインには電話番号(またはSoftbank ID)とパスワードが必要です。

ログインに成功すると会員専用ページに切り替わるので、右上の「メニュー」を選択します。

メニュー一覧が表示されたら「契約・オプション管理」を選択します。

更新期間が表示されます。フリープランは契約更新月がないので表示されません。

LINEを利用してソフトバンクLINE公式アカウントから確認する

ソフトバンクのLINE公式アカウントを連携するとLINEで簡単に契約情報を確認できます。

まず、ソフトバンク公式アカウントを友だち登録します。以下のQRコードをLINEの友だち追加画面で読み取れば追加できます。

ソフトバンク公式アカウントのトークルームに「LINEで簡単確認」というボタンが左下に表示され、選択すると「MySoftbankとの連携はこちら」の緑色のボタンがされるので、タップします。

LINE内でブラウザが開き、MySoftbankのログイン画面が表示されるので電話番号とパスワードを入力してログインします。

認証画面が表示されたら「同意する」を選択します。

「MySoftbankと連携する」を選択します。

この画面が表示されたら連携完了です。「ソフトバンク公式アカウントへ」ボタンを選択してLINEに戻ります。以降は連携が続くのでこの作業は一度だけで大丈夫です。

続いて、更新期間の確認作業です。ソフトバンク公式アカウントのトークルームに戻り「LINEでかんたん確認」を選択し、メニューが表示されたら「契約内容」をタップしてください。

以下のように、更新期間が表示されます。

ソフトバンクの解約にかかるコスト

  • MNP転出手数料:無料
  • 契約解除料:現行プランは無料

解約月以外に解約手続きを行うと、10,450円(税込10,260‬円)の契約解除料が発生します。解約月を過ぎると契約は基本的に自動更新されるので、次に契約解除料なしで解約できる期間は2年後になります。

ソフトバンクでは2019年9月13日以降のプランで契約解除料の縛りが撤廃されたので、旧プランから現行プラン(メリハリプラン・ミニフィットプラン)に変更することで契約解除料が0円になります。 変更したプランが適用されるのは翌月以降なので、解約する場合は翌月以降に手続きを行ってください。

ソフトバンクの契約解除料

以下のプランを2年契約し、更新月以外に解約した場合は契約解除料10,450円がかかります。

  • スマ放題
  • スマライト
  • ホワイトプラン
  • 標準プラン
  • 通話2年契約
  • 通話フリープラン2年契約(23ヶ月目まで)

スマート一括のみ、契約解除料9,500~26,950円で変動します。

  • 1~3か月目は26,950円
  • 4~23か月目は10,450円
  • 27か月目以降は10,450円で統一

自動更新なしの2年契約(フリープラン)の場合の違約金は1か月目~23か月目は10,450円ですが、以降はかかりません。

分割購入の途中の場合は引き続き請求が続く

解約時に分割購入の残金が残っている場合は引き続き分割で請求されます。 一括で支払いたい場合は電話かソフトバンクショップ店頭での手続きが必要になります。

ソフトバンクショップでは割賦契約の上限台数を超える手続きの場合のみ現金の一括支払いが可能で、基本的には翌月の利用料金と一緒に請求されます。

  • ソフトバンク携帯電話から:157(無料)
  • 一般電話から:0800-919-0157(無料)

解約月の利用料金は満額請求

解約月の利用料金は日割りされずに満額請求されます。(ホワイトプランを除く)

そのため、解約手続きは締め日の直前に行った方がお得です。ソフトバンクの締め日は10日、20日、末日のいずれかで人によって異なります。

締め日はMy SoftbankまたはLINEのソフトバンク公式アカウントから確認できます。

ソフトバンクの解約・MNP転出方法

ソフトバンク《解約方法》

ソフトバンクの解約手続きは、ソフトバンクショップで行います。

解約する場合はソフトバンクショップに足を運ぶ必要があります。ショップでは本人確認を行い、SIMカードや端末の回収などの手続きを行います。端末の回収に関してですが、近年では任意である場合が多くなっています。

解約に必要な書類

  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 使用していた端末
  • 印鑑

本人確認書類は運転免許証のほかに、日本国パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳、健康保険証+補助書類などがあります。

ソフトバンク《MNP転出》

MNPを伴う解約手続きであればショップだけでなく、電話やウェブサイトでも手続きができます。

MNP予約番号を取得し、他社で新規申し込みを行った後で開通手続きが完了した時点で解約扱いとなります。MNP予約番号を発行した日ではなく、開通手続きが完了した日が解約日となる点には注意しましょう。

MNP転出方法一覧

店舗手続き全国のソフトバンクショップ
受付時間:店舗による
電話手続き*5533(ソフトバンクケータイ)
0800-100-5533(一般電話)
受付時間:9:00~20:00
オンライン手続きMy SoftBankから
受付時間:9:00~20:00

【必見】ソフトバンクを解約する際の注意事項

  • 契約解除料や端末の残債分などの費用
  • キャリアメールアドレス
  • 割引の終了
  • 光回線の更新月

前述ですが、ソフトバンクを解約する際はまず、どれくらいのコストが発生するのかをチェックしてから手続きを行いましょう。

キャリアメールアドレスは解約後に利用できなくなる!

「~@softbank.ne.jp」や「~@i.softbank.jp」などのメールアドレスはソフトバンク解約後に利用ができなくなります。

キャリアメールアドレスでサイト登録をしている場合は、解約前に継続して利用できるフリーメール(Gmail等)などのメールアドレスに変更しておきましょう。

ソフトバンクの有料オプションに関しても解約前に退会しておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。

割引も適用が終了する!

各種の割引も終了となる点には注意。とくに、家族割とスマホセット割などで機種代金が安くても、解約後の端末代金が非常に高く感じられることもあります。

そのため、解約月にどのくらいの料金が発生するのか確認してから解約手続きを行うことをおすすめします。

ソフトバンクからのおすすめの乗り換え方

ソフトバンクの解約を検討している方で、「月額料金の高さ」が理由という方は格安SIMに乗り換えるという選択肢もあります。

ソフトバンクからの乗り換えを行う場合、現状のサービスの不満を解決できる業者と契約を行うことをおすすめします。

ソフトバンクは日本のキャリアによる電波の人口カバー率は99%を誇ります。しかし、エリアによっては特定のキャリアの方でなければ、電場が安定しないといったケースもありえるため、使い勝手と発生するコストを考慮しながら解約を行っていきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)なら使い心地は変わらない!

おすすめはY!mobile(ワイモバイル)です。ワイモバイルはソフトバンク株式会社が運営しているのでSoftBankのサブブランドという位置づけです。

ソフトバンク光との割引があったり、通信速度がソフトバンクと遜色なかったりとソフトバンクからの乗り換えには最適です。

新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

LINEMOは大容量でLINE使い放題

  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円

LINEモバイルもソフトバンクからの乗り換えでおすすめです。ただし、ワイモバイルと異なり家族割や光セット割引はありません。

LINEMOは格安SIMの大容量プランの中でも比較的安いので、ソフトバンクやワイモバイルと比べるとかなり月額料金を抑えられます。

LINEのカウントフリー機能もあるので、LINEの利用が多い人にはおすすめです。

まとめ

ソフトバンクの解約に関するコストは、「契約解除料」と「端末の残債」2種類ですが、解約月(更新月)に解約すると「契約解除料」の支払いは避けることができます。

解約はソフトバンクショップ、MNP転出の場合はソフトバンクショップ、電話、ウェブサイトから手続きを行うことができます。

また、ソフトバンクの解約を行い他社に乗り換える場合、月々の料金にどのぐらいの差があるのかを考慮しましょう。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
おかか

スマホ代を節約したくて母と共に格安SIMに乗り換えました。今までmineo、楽天モバイル、BIGLOBEを使ったことがあります。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜