月額980円〜
端末割引で機種代が実質100円から!
  1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. UQmobile(UQモバイル)
  3. 【知っておくべき】UQmobile(UQモバイル)乗り換え時のメリット・デメリット

【知っておくべき】UQmobile(UQモバイル)乗り換え時のメリット・デメリット

最終更新日:
【知っておくべき】UQmobile(UQモバイル)乗り換え時のメリット・デメリット

最近バンバンCMも行っている、UQmobile(UQモバイル)。安くなるのはわかるけど、通信速度や取り扱い端末、料金プランのオプションなど、実際の使い勝手はどうなのか気になるところではないでしょうか。今回は実際に乗り換えて感じたメリット・デメリットを踏まえてUQモバイルについて解説します。

UQmobile(UQモバイル)のメリット・デメリット

UQmobile(UQモバイル)のメリット・デメリットをまとめました!

UQモバイルは、メリットの多いMVNOです。

  • 格安スマホ初心者
  • 通信速度を重視している方
  • auからMVNOへ乗り換えたい方

上記の方なら、UQモバイルがおすすめ。

メリットとデメリットを比較して、賢くUQモバイルを活用しましょう!

メリット
①スマホの機能が充実している
②通信速度の速さがトップレベル!
③キャリアと比べて5,000円以上も安くなる
④好きなオプションサービスを選べる(無料オプションもある)
⑤店舗数が多い
⑥auで購入した端末がそのまま使える
デメリット
①データ量の微調整が効かない
②海外での利用は不便
③解約料金免除といった特典はない

メリット①UQモバイルはスマホの種類が充実している!

UQmobile(UQモバイル)が販売しているスマホの種類はなんと20種類以上あり、たくさんの端末から選ぶことができます。

UQモバイルの格安SIMカードとセットで購入することができるため非常にお得です。

おすすめのSIMフリー端末

特に

  • 濡れた手でも使えるキュートなルックスのDIGNO A
  • 質の高いセルフィー写真が撮られるHUAWEI nova 2
  • ワイド写真の撮影ができるZenfone4

上記3つは人気が高いです。

DIGNO Aは京セラ製、HUAWEI nova 2はHUAWEI製、Zenfone4はASUA製の商品で、国産SIMフリースマホと海外SIMフリースマホを多く取り扱っているのもUQモバイルの特徴です。

iPhoneがセットで買えるのもUQモバイルの特徴

Apple iPhone SE
Apple iPhone SE
販売価格
57,024円
分割払い時約2,376円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー
Apple iPhone6s
Apple iPhone6s
販売価格
106,700円
分割払い時約4,445円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS9
カラー

iPhoneがセット購入できるのもUQモバイルの特徴です。

いま格安SIMと新品のiPhoneをセットで買える会社は、UQモバイルとワイモバイルの2社しかありません。

以前までは、iPhone5Sという4年前の機種しかセットで買えませんでしたが、2017年からiPhoneSEもセット購入対象となりました。

iPhoneSEは最新モデルではありませんが、2016年発売の端末です。続いてiPhone6sもセット購入が可能となっています!

【完全版】iPhoneとセット購入できる格安SIM、おすすめMVNO6社を徹底比較!
関連記事【完全版】iPhoneとセット購入できる格安SIM、おすすめMVNO6社を徹底比較!

その他にも魅力的な端末多数!

UQモバイルは、その他にも魅力的な端末を多く揃えています。

海外製も日本製も幅広く揃えており、商品展開が豊富なところはUQモバイルのメリットと言えるでしょう。

HUAWEI P20 liteはコスパの良いミドルハイスペックSIMフリースマホ

HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時約1,332円×24回
画面サイズ5.84インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー

P20 liteは、2018年6月15日に発売した3万円台のSIMフリースマホです。

メモリ4GB・ストレージ64GBあり、複数のアプリを立ち上げても落ちにくく撮った写真や動画をたっぷり保存することも可能。

スペックもコスパも良いSIMフリースマホを持ちたい方は、P20 liteがおすすめです。

{article[618]}

arrows M04 PREMIUMは防水機能つきで安心

FUJITSU arrows M04 PREMIUM
FUJITSU arrows M04 PREMIUM
販売価格
33,700円
分割払い時約1,404円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndoroid™ 7.1
カラー

arrows M04 PREMIUMは富士通製のスマホで、防水機能が付いています。 お風呂場に持ち込んだり、料理中でも使ったりしたい方にはおすすめです!

また、こちらもおサイフケータイが付いているのがいいですね。

メリット②UQモバイルの通信速度は格安SIMの中でもトップクラス!

格安SIMは月額料金はリーズナブルでも、通信速度など機能性の低さが何かと指摘されがちです。実際に、格安SIMに変えると通信速度は遅くなってしまいます。

しかし、UQモバイルは格安SIMの中でもトップを争う通信速度を維持しており、通信速度には定評があります。

実測値を比較しても、その速度はダントツで大手キャリアと遜色ありません。

通信速度が早い理由

UQモバイルはKDDIの子会社であるため、間接コストが安くなっているのではないかとうわさされています。

UQモバイルの通信速度の速さは、他の格安SIMと比較してとても強いメリットとなっています。

実際に使ってみても、大手キャリアとの違いを感じることはほとんどなく、ストレスフリーに使用することができました。

次の記事は最新の通信速度テストの結果ですが、どの時間帯も安定した通信速度がでていることがわかります。

格安SIMの通信速度、人気MVNO15社を徹底比較【2018年8月版】
関連記事格安SIMの通信速度、人気MVNO15社を徹底比較【2018年8月版】

時間帯によっては注意が必要

ただし、時間帯によっては通信速度が減速することがあります。

特に昼の12時から1時までの間と夜6時から7時の間は使用する人が多いからか、通信速度が遅くなってしまう場合もあります。

また動画再生には時間がかかることが多いです。大手キャリアに比べると、通信速度の不安定さはデメリットと言えるでしょう。

UQモバイルの通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》
関連記事UQモバイルの通信速度を半年間計測してみました!《通信速度レビュー》

メリット③5,000円以上安くなるお得な月額料金

格安SIMであるUQモバイルは、大手キャリアと比較すると月額料金を安価に済ませることができます。

UQモバイルの音声通話付きプランにしても月々3,000円程度の出費で済ませられるため、月々の通信費を5,000円近く落とすことができました。

音声通話が不要でしたら、月額980円から始められるところもメリットです。

通話重視の人もUQモバイルなら大丈夫!

格安SIMはインターネットを頻繁に使う人にとっては便利ですが、電話かけ放題のプラン設定がなく通話料金が割高であるため通話を重視する人からは敬遠される傾向にありました。

通話重視の格安SIMユーザーは、5分間かけ放題プラン設定があるY!mobileや楽天モバイルを持っていることが多かったものです。

しかし2017年2月からついに、UQモバイルも無料通話付きのおしゃべりプランを設定することを決定しました。

気になるおしゃべりプランの内容

「おしゃべりプラン」と名付けられた料金プランには

  • 最大2GB利用できる「プランS」
  • 最大6GB利用できる「プランM」
  • 最大14GB利用できる「プランL」

の3種類があります。

いずれのプランを選択しても、回数無制限で5分の無料通話を利用することができます。これは大きなメリットと言えるでしょう。

ただしこれはキャンペーン期間中の料金なので、契約するときには確認をしてくださいね。

短時間で電話をすることは意外と多いもの。無料通話がついていると料金を気にする必要がないので安心ですね。

メリット④数百円で加入できるオプションサービス

UQモバイルではさまざまなオプションサービスをつけることができます。

月額350円で「UQあんしんサポート」に加入すれば、使い方がわからなかったときにでもサポートセンターに電話をして尋ねることができるでしょう。

機械に弱い私はこのプランに加入して、早速購入した日に電話をかけましたが、親切に応対してもらえました。

また月額380円で端末の修理や紛失時の補償を受けられる端末補償サービスもあるので、デリケートなSIMフリースマホや手持ちのスマホを扱うときにも安心ですね。

他にも

  • 留守番設定ができる電話基本パック(月額380円)
  • 迷惑SNSや不正アプリ対策をしてくれる「セキュリティサービス(月額290円)

などのオプションサービスがあります。

格安SIMとは思えないほどオプションサービスが充実しているところがメリットです。

無料のオプションもある

有料イプションのみならず、無料オプションが充実しているためお得感があります。

例えば格安SIMでは利用できなかったり、利用できたとしても有料であったりすることが多いSMSサービスをUQモバイルであれば音声通話付プランに加入すれば無料で使用することができます。

音声通話付プランでは

  • 着信転送サービス
  • 割込み通話サービス

も無料でついてくるので、大手キャリアと比べてもそん色がありません。

ガラケーやLINEを使っていない友人と連絡を取り合うときには、やはりSMSサービスの存在が大きいものですよね。

テザリング機能やフィルタリング機能も無料でついてくるので、思い切りインターネットを使いたい人やお子様に格安SIMを持たせたいという人にもぴったりです。

メリット⑤店舗数は徐々に拡大中!

UQモバイルはオンラインショップで購入することもできますが、さまざまな手続きが必要となりますので、実店舗で購入したいと考えている人がまだまだ多いものです。

私も同じことを考えていましたが、自宅の近くにUQモバイルの店舗がなかったため車を飛ばして都市部の家電量販店に向かいました。

現状はまだ大手キャリアの半分程度

UQモバイルは2018年6月現在2,700以上の店舗を全国に展開し、その数も順調に増えてきていますがまだまだ大手3大キャリアの店舗数と比較すると少ないです。

同じ格安SIMなら、Y!mobileとほぼ同じ店舗数を展開。

購入した後で聞きたいことがあっても、自宅付近に店舗がないと手間をかけることになるでしょう。

最近は加入者も増えているので、今後の店舗拡大に期待したいところですね。

メリット⑥auで購入した端末がそのまま使える

UQモバイルはau同様にKDDI系列の会社であるため、auから乗り換えるときにもauで購入した端末をそのまま利用できる可能性が高いです。

UQモバイルで販売している端末代金の多くは5万円程度かかり、それだけでも大きな負担になるのでこれはうれしいメリットと言えますね。

私もauから端末はそのままで乗り換えているので、お得感がありましたよ。

ただしiPhoneを使っていた人はSIMが対応できない可能性があるので、必ずチェックしましょう。

デメリット①データ量の微調整が効かない

リーズナブルで機能性が高いUQモバイルを私は気に入っていますが、デメリットがないわけではありません。

プラン名データ量(通話)月額料金
おしゃべりプランS最大2GB
(5分以内の国内通話が回数無制限・無料)
1,980円
おしゃべりプランM最大6GB
(5分以内の国内通話が回数無制限・無料)
2,980円
おしゃべりプランL最大14GB
(5分以内の国内通話が回数無制限・無料)
4,980円
ぴったりプランS最大2GB
(60分以内の通話が無料)
1,980円
ぴったりプランM最大6GB
(120分以内の通話が無料)
2,980円
ぴったりプランL最大14GB
(180分以内の通話が無料)
4,980円
データ高速プラン3GB980円
データ高速プラン+音声通話プラン3GB
(別途1分/40円がかかる)
1,680円
データ無制限プラン500kbps1,980円
データ無制限プラン+音声通話プラン500kbps
(別途1分/40円がかかる)
2,680円

例えば他社にはデータ容量を1GBずつ選べるプランがありますが、UQモバイルは

  • 最大2GB
  • 最大6GB
  • 最大14GB
  • データ専用SIM(3GBまたは500kbps)
  • データ専用SIM(3GBまたは500kbps)+音声通話(通話料別)

の5形態です。

データ容量に微調整が効かないところがデメリットのひとつです。

容量をとるか、速度をとるか?

また通信速度が俄然早くなるデータ高速プランがありますが、このプランでは最大3GBまでしか高速通信ができず、3GBを超えると自然と低速になります。

反対にデータ無制限プランにすると高速プランを選択することができません。

容量をとるか、速度をとるかの判断が難しいところ。無制限の高速データプランが設定されるとより魅力の高い格安SIMになるでしょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au

デメリット②海外ではちょっと不便かも

そんなUQモバイルですが、海外で使用するときにちょっと弱いというところがデメリット。

音声通話プランであれば通話とSMSはできますが、データ通信は不可になります。

また海外のSIMフリー端末を使うときに動作保証がないという点もデメリットです。

海外に頻繁に行く人にとっては厄介に思うことがあるでしょう。

デメリット③au乗り換えの場合でも解約料金の免除はない

同じau系列会社だからといって、auを解約するときに発生する解約料金は免除されることはありません。

よくある「乗り換え時の解約料金負担制度」もUQモバイルにはないため、乗り換え時期を誤ると大きな出費を強いられることになるでしょう。

できれば更新月を狙って上手に乗り換えたいものですね。

auからの乗り換えをする場合、料金プランが別に設定されているため店舗やインターネットで見積もりをとる必要があります。

解約料金はいくらかかる?

キャリアを解約する場合、下記の解約料金がかかります。

項目概要料金
解約料金解約時にかかる手数料
更新月に解約する場合は手数料0円
0〜9,500円
MNP(ナンバーポータビリティ)転出手数料キャリアからUQモバイルへ
電話番号を移す(転出する)ためにかかる手数料
3,000円

上記の解約料金がかかります。

解約する場合は、更新月に手続きを行いましょう。

また、上記の解約料金に加えてUQモバイルへ申し込む場合

項目概要料金
事務手数料契約時にかかる手数料3,000円
MNP(ナンバーポータビリティ)転入手数料キャリアからUQモバイルへ
電話番号を移す(転入する)ためにかかる手数料
3,000円
SIM発行手数料格安SIMカードの発行にかかる手数料400円前後

上記の契約料金がかかります。

費用を少しでも抑えたい方は、 UQモバイルのキャンペーンを併用して申し込みましょう。

UQモバイルのキャンペーン情報は、下記記事よりチェックすることができます。

【最新版(8月)】UQmobile(UQモバイル)のお得な最新キャンペーンまとめ
関連記事【最新版(8月)】UQmobile(UQモバイル)のお得な最新キャンペーンまとめ

au利用者なら乗り換え先はUQモバイルがおすすめ

UQモバイルはガチャピンとムックをイメージキャラクターにして、最近ではメディアへの露出も活発であることから人気が高い格安SIMに成長したと言えるでしょう。

深田恭子さんたちが出演しているCMも話題を呼んでいますね。

KDDIの系列というところにも安心感があって魅力に感じる人もたくさんいます。

メリット、デメリットはそれぞれあるものの改善されている点も多いため、これからさらに使いやすくなるのではないかと予想しています。

これから格安SIMに乗り換えることを考えている人は、ぜひUQモバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部
すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。