1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 中古スマホを売買するなら知っておきたい知識
  3. 中古iPhoneを安く買う方法、激安iPhone購入時の注意点

中古iPhoneを安く買う方法、激安iPhone購入時の注意点

最終更新日:
中古iPhoneを安く買う方法、激安iPhone購入時の注意点

中古iPhoneを買うからにはできる限り安く手に入れたいですよね。激安でiPhoneを手に入れるには、コストパフォーマンスについての考え方を取り入れるのがおすすめです。また、安さを求めるのであれば個人売買もありですが、リスクがある点には注意しましょう。

iPhoneは高い」というのが一般的な認識だと思います。

割安な価格でiPhoneを手に入れたい場合に、中古端末は有効な選択肢となりますが、様々な条件によって中古iPhoneの価格には違いが生じます。

中古iPhoneを手に入れようとする場合、入手先は以下が考えられます。

  • 個人売買(家族や知人から譲り受ける)
  • 個人売買(オークションやフリマ等を利用して知己のない人物から購入する)
  • 通信会社等が取り扱う「CPO」(メーカー整備品)
  • 中古iPhone専門店

以上のような経路でiPhoneを入手できますが、思った以上に割安に入手できるケースもあれば、結果的に割高な買い物になってしまうケースもありますので、購入する際の注意点も含め、今回は中古iPhoneを安く手に入れる方法を考えてみようと思います。

「安いiPhone」の定義とは?

「安いiPhone」とは、どのようなiPhoneを言うのでしょうか。大きく2つのとらえ方があると思います。

単純に価格が安いiPhone

1つには、単純に入手にかかるコストが絶対的に安いiPhoneという意味があります。

これは、本体の傷などにはあまりこだわらず、「iPhoneが正常に動作すれば良い」という事もあるでしょうし、端末の発売時期やストレージ量、防水や電子決済機能などに関わらず、iPhoneでさえあれば良いといった選び方もあるかもしれません。

コストパフォーマンスの高いiPhone

もう1つは、絶対的な価格の安さよりも、本体の綺麗さ・正常な動作・年式の新しさ(機能の新しさでもある)・購入後の手間やコストの有無などを総合的に見る、いわゆる「コストパフォーマンス」が良い中古端末という考え方もあります。

簡単な事例で説明すると、iPhoneのバッテリーは日々の使用で徐々に劣化が進みます。 これは、どのiPhoneでも同じですし、Androidスマホであっても、リチウムイオン電池を搭載している全てのスマホに当てはまる事ですが、バッテリーの劣化は「充電容量の減少」として現れます。

中古iPhoneを購入する際には、劣化の進んだ=つまり充電容量が減少していたとします。購入後すぐにバッテリー交換を行わなければならないとすれば、いくら端末を割安に購入してもバッテリー交換費用を加味して考えれば、結局は割高の出費だったという事もあり得る訳です。

また、この事を逆手に考えれば、バッテリーが劣化しているiPhoneを激安で購入して、バッテリー交換費用との合算で割安に入手する事も可能になるわけです。

つまり、何が安くて何が高いのかは購入者の考え方次第とも言えます。

さらに、あまり状態の良くないiPhoneを購入した結果、購入後に修理やメンテナンスに費用がかかるケースや、毎月の通信料金が割高でせっかく端末を安く購入しても、年間経費で見ると全く「得」になっていないケースもあります。

あえて「難あり」端末を安く購入する

外装に傷がある、塗装の剥げがある、画面にヒビが入っている、バッテリーの最大容量が80%を切っている…、こうした端末は「難あり」として、非常に安く販売されるケースが多いです。

こうした「難あり」端末を安購入するのも、安くiPhoneを購入する1つの手段です。

外装の傷や汚れ、塗装剥げなどはスマホケースで見えなくなる

何らかのケースに入れてスマホを利用している人はかなりの割合だと思います。

もし、中古iPhoneを購入後に、iPhoneの本来の外装の美しさを楽しむと言うなら別ですが、ケースに入れて使うなら、多少の傷や汚れ、塗装の劣化などは関係ないと言えそうです。

もちろん、激しい落下や尻ポケットでの変形等は重大な故障や不具合につながる危険性がありますし、、防水機能の低下などiPhone本来の機能を損なう可能性もありますので、一概には言えませんが、軽微な傷や汚れであれば、スマホケースの利用で「ないも同然」と考える事もできそうです。

中古iPhoneの強い味方、街のiPhone修理店の料金は非常に安い

バッテリーの劣化はバッテリーの最大容量に現れますので、中古iPhoneの売買において、バッテリーの最大容量減少は価格に大きく影響します。

つまり、バッテリーの劣化が激しい端末の価格は安いと言う事になりますが、実は、街のiPhone修理店でのバッテリー交換はApple純正に比べるとかなり割安で、旧端末4,000円~Xシリーズ5,000円程度で新品バッテリーに交換可能です。

純正品以外を使用すると、バッテリーの最大容量表示ができなくなる等のデメリットもありますが、その辺りを「日々の使用にさしさわりがないならOK」と割り切って利用する事ができるなら、あえて劣化の進んだバッテリーの端末購入は「あり」かもしれません。

付属品が揃っていない端末を購入しても大きな問題ではない

オリジナルの外箱や純正の付属品が揃っている端末は割高です。 例えば充電コードやACアダプターがない場合でも、Amazonで非常にリーズナブルなアダプターやコードを購入できますし、もし、以前使用していた付属品が残っていればそれも利用可能です。

さらに、iPhone 8以降であればワイヤレス充電が可能ですので、充電パッドをお持ちであれば、あえてアダプターやコードは不要と考える事もできます。 以上のように、あえて「難あり」端末を購入してコストを抑え、その分をケースや用品の購入、修理・メンテナンスに充てるというのも賢い中古iPhoneの買い方と言えそうです。

要注意!購入後の修理等でさらなる出費になるケースも

前項で、「あえて難あり端末もあり」と述べましたが、それが原因で、多大な修理代金がかかったり、新たに別端末を買う必要に迫られるなど、「難あり端末」の購入にはリスクもありますので、要注意です。

例えば最も注意すべきは液体侵入です。

いわゆる水没ですが、iPhone本体内に液体が侵入しても、すぐには症状が出ないケースも少なくないため、使用者が水没に気づいていない場合もあります。 しかし、一旦内部に液体が侵入してしまうと、ほとんどの場合、基板などの腐蝕は避けられないため徐々に腐蝕が進んだ結果、数か月後、1年後といった長期スパンで不具合が生じることがあります。

こうなると、基板交換が必須となり高額な修理費が発生しますが、基板交換だけで完全に安心というわけではなく、接点やその他部費への影響もないとは言えず、今後症状が現れる可能性を残しています。

不安な気持ちを抱えたまま使うよりは、買い替えを…と言う事にもなり得ますし、Apple Careでも補償対象外とするほど液体侵入は怖いのです。

これ以外にも、純正品ではない液晶パネルでは3D Touchが使えないなど、本来の機能を損なう可能性もありますので、「難あり」端末の選択は充分に注意が必要です。

中古iPhoneは購入先によって価格が大きく異なる

その上で、中古iPhoneをどこで購入するのがお勧めなのかを見てゆきましょう。

個人売買~家族や知人から譲り受ける場合

家族や知人・友人から、いわゆる「おふる」を譲り受ける場合には、無料・無償で貰えるのであればラッキーです。

無料・無償ではなく、ある程度の金額を支払う必要がある場合で、妥当な金額が分からない場合には、Apple社が提供する買取りサービス「Apple Trade in」を参考にするとよいでしょう。

「Apple Trade in」は、IMEI(製造番号)を入力し、簡単な端末の状態の申告をする事で、Appleが買い取る場合の最大価格が表示されます。 実際の買取り価格は、実機を見て判断されますので、必ずしも表示価格で買い取って貰えるわけではありませんが、Appleが買い取るとすれば最大○○円です…といった目安として利用できます。

また、譲り受けたiPhoneが欲しい機種よりも古い場合には、譲り受けた端末を買取り・下取りに出して、欲しい端末を購入する事で、欲しい端末を割安に購入する事も可能です。

譲った方の心情を慮れば、許可を得たり一言報告した方が良いかもしれませんが、貰った端末の買い取り代金を欲しいiPhoneの購入代金の一部に充てるのは、古いiPhoneの活かし方として「あり」だと思います。

ただし、譲り受けたiPhoneに故障や不具合等がある場合には、思ったような金額が得られないケースもあります。

個人売買~オークションやフリマで知己のない人から購入する場合

オークションやフリマは、「安いiPhone」を購入する方法として定着している感があります。

確かに、中間マージンが存在しない事から、販売者は割高に、購入者は割安に購入できるのがオークションやフリマのメリットである事は確かですし、そのために生まれた仕組みでもありますので、安くて当然という面もあります。

しかし反面、どのような端末が適正な価格で売られているかについては、販売者の良心にかかっているような部分もありますので、必ずしも満足・納得のゆく取引きができるとは限りません。

iPhoneの状態、故障・不具合などは、現物が目の前にないだけに販売者が偽ろうとすれば、いくらでもできてしまう事を理解した上で、そうしたリスクも込みで利用すべきサービスです。

もちろん、不正な販売や虚偽があった場合には、サービス運営者が解決に向けて一定の取り組みはしてくれますが、問題解決も相手次第という事は理解しておくべきでしょう。

購入者が注意しても注意しきれない問題もあります。

iPhoneの中には、購入代金の支払いが滞ったり、紛失・盗難の届けがあった等で、端末販売者の大手キャリアがネットワーク利用制限を実施する場合がありますが、怖いのは、オークションやフリマで購入する時点ではネットワーク利用制限を受けていなかったのに、売買成立後に支払いを止めてしまうケースがある事です。

ネットワーク利用制限判定で「△」の端末を買わないなどの、購入者側の対策で防止できるとは言え、つい安い価格に惑わされて購入してしまう場合もありますので、この辺りは知己のない人物との個人売買のリスクと言えそうです。

通信会社などが販売するCPO端末

CPOとは「Certified Pre-Owned」の事で、「認定済み中古」という意味になります。

iPhoneのCPO端末は、Appleでは「Apple認定整備済製品」と呼んでおり、文字通り、Appleが所定の整備を施した認定中古iPhoneと言う事になります。 このCPO iPhoneを、格安SIMなどの通信会社が取り扱う場合があります。

CPO iPhoneは、Apple自身が整備を行い1年保証を付けているので、中古iPhoneの中でも特殊な存在で、購入者は新品iPhoneに近い大きな信頼を持つことができますが、当然ながら非常に高価です。

個人売買はもちろん、中古iPhone専門店の値付けと比べても、「Apple認定」の冠が付くだけで、はるかに高額な価格設定となってしまいますが、「Apple認定」の価値をどう見るのかによって、「割安」とも「割高」とも言え、購入者がどう評価するかにかかっています。

ただし残念ながら、取り扱っている通信会社の契約者向けの商品なので、外部からの購入はできません。

中古iPhone専門店で購入する場合

様々なルートからiPhoneを仕入れ、専門的な知見で吟味した上でiPhoneを再販しています。

メリットとしては、端末のタマ数が多い、故障・不具合機が選別される等ありますが、それには専門業者である事が大きく影響しています。

中古iPhone専門店のメリットは以下の通りです。

  • 機種・ストレージ・カラー・キャリアなど多種多様な在庫を持っている
  • 専門的な知見で1台1台チェックされており、故障や不具合の心配が少ない
  • 店舗独自の端末保証制度がある
  • ネットワーク利用制限が発生した場合の補償制度がある

個人売買に比べると全体的に割高感がありますが、その差額で「安心」や「信頼」を買うといった印象です。

購入した端末は、一定期間は正常動作を保証していますし、購入後に発生したネットワーク利用制限を保証するなど、個人売買でのリスク要因をすくい上げるサービスが最大のメリットと言えます。

何より大きいのは、在庫している端末は、すべて専門店で実機を確認した上で仕入れている点です。 オークションやフリマでは、販売者が状態を偽ってもなかなか見破る事が難しいですが、現物を専門家の目でチェックして仕入れているのは非常に安心感が高いと言えます。

【結論】安い中古iPhoneを購入するには

端末の購入額だけを考えるなら、個人売買が最も安くiPhoneを入手する方法である事は間違いありません。

しかし、知己のない人物からの購入は、悪意の有無を問わず、故障や不具合、水没、バッテリー寿命など、広範囲のリスクを負う事を覚悟しなければなりません。

もちろん、善意の販売者も多く、筆者も実際にフリマで程度の良いiPhoneを割安に購入出来た経験もあります。

しかし反面、画面の傷を光の反射で誤魔化していた販売者もいて、購入後に画面交換をせざるを得なかった経験もあり、それを踏まえた上で言うなら、やはり、個人売買で良品を手に入れるのは、ある程度のリテラシーと運が必要ではないかと思います。

そうした購入後に発生する修理代やメンテナンス費用も経費だと考えれば、購入者のリスクを払拭し、プロの目でチェックし一定の保証も付けて販売している中古iPhone専門店は、当たり外れが少なく安心できる購入先であると言えます。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜