1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. ワイモバイル
  4. ワイモバイルで買おう!おすすめ端末・機種2選【2019年夏版】

ワイモバイルで買おう!おすすめ端末・機種2選【2019年夏版】

最終更新日:
ワイモバイルで買おう!おすすめ端末・機種2選【2019年夏版】

ワイモバイルの取り扱い端末からおすすめ2機種を紹介します。ワイモバイルは日本製スマホ・タブレット・ガラホなど他社では扱いの少ない端末も扱っています。人気のAppleシリーズの「iPhone 7」、防水・耐衝撃性能が魅力の「Android One S5」を紹介します。

ワイモバイルはワンキュッパ割でおトクに!

ワイモバイル ワンキュッパ割

ワイモバイルといえば「ワンキュッパ割」。ワンキュッパ割は12か月間基本使用料が1,000円割引となるキャンペーンとして実施されており、月額1,980円からスマホを運用できます。

プランに10分以内の国内通話かけ放題が標準搭載のため、頻繁に電話をかける方にもおすすめです。

ワイモバイルで販売しているスマホは主にiPhoneとAndroid Oneシリーズです。今回は、ワイモバイルでおすすめしたい機種・端末を3つピックアップしています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

ワイモバイルでこの夏買うべき機種3選

端末名iPhone 7Android One S5(シャープ)
発売日2016年9月16日2018年12月21日
販売価格(24回)1,404円/月~378円/月~
ディスプレイ4.7インチ Retina HD5.5インチ FHD+
カメラ1,200万画素1,200万画素
バッテリー1,960mAh2,700mAh
本体サイズ138.3×67.1×7.1mm148×71×8.1mm
メモリ2GB/32GB3GB/32GB
SoCA10 FusionSnapdragon 450

安心のApple製品【iPhone 7】

Apple iPhone 7
Apple iPhone 7
販売価格
50,800円
分割払い時約2,116円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ32GB
メモリ2GB
OSiOS10
カラー

iPhone 7がおすすめの理由

iPhone 7は発売年が2016年ということもあり、少々古いスマホです。しかし、古くてもiPhoneです。今でも現役で利用できるほどの性能は兼ね備えています。また、2019年に発表されたiOS13もサポートしているので、リリースされても最新のOSを利用することができます。

iPhone 6/6 Plusや5sなどのOSサポートが終了予定なので、そういった方が買い換える場合に最適なスマホです。

iPhone 7のメリット

一世代前の高性能端末なので、最新のミドルスペックのAndroidスマホよりもサクサク快適に利用できます。また、ワイモバイルで販売しているiPhoneは国内版SIMフリーなので、海外版やCPO品に不安な方でも安心して使用できます。

IPX7等級の耐水性能があるため、水滴や雨にぬれても問題なく利用できますし、FeliCaを搭載しているためSuicaなどのSF(電子マネー)なども利用できます。海外製の低価格スマホには搭載されていない機能が揃っている点はかなりのメリットといえます。

iPhone 7のデメリット

前述ですが、2016年発売はやはり古いです。フラッグシップモデルが良いという人にはおすすめはできません。逆にいうと「古い」という一点しかデメリットがありません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

ベースはあのAQUOS sense2?【Android One S5】

SHARP Android One S5
SHARP Android One S5
販売価格
53,676円
分割払い時約2,236円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 9
カラー

Android One S5がおすすめの理由

Android One S5はGoogleとメーカーと協力して製作したスマホのシリーズなので、それぞれ製作しているメーカーが違います。そんなAndroid One S5は日本のメーカー「シャープ」のスマホですが、性能もろもろを見てみるとなんどあの人気端末「AQUOS sense2」と”ほぼ”同じじゃないですか!

AQUOS sense2は低価格帯のスマホでは大手キャリアからMVNOまで販売している人気端末です。性能・外観は同じですが「指紋認証・顔認証がない」「おサイフケータイ非対応」などの違いがあります。

Android One S5のメリット

そんなAndroid One S5はAQUOS sense2よりも劣っているのになぜおすすめなのか、それはOSにあります。Android OneシリーズはGoogleと協力しているため、AndroidのOSヴァージョンアップの恩恵をいち早く受けられます。

なので、AQUOS sense2はAndroid 8.1が初期OSですが、Android One S5は初期OSが最新のAndroid 9.0 Pieです。さらにOSアップデートは2年間保証され、3年間はセキュリティパッチのアップデートを保証されています。

また、防水。防塵性能はAQUOS sense2と同様ですが、Android One S5は耐衝撃設計なので、頑丈で壊れにくいので長く使う場合はかなりよいです。

Android One S5のデメリット

生体認証がないのはかなり大きなデメリットです。パスコードを設定するなどの古典的なロック解除方法しかないのは指紋認証などの便利さに慣れてしまった人にはかなり厳しいですよね。

また、シャープのスマホの最も評価する点は「シリーズを通しておサイフケータイに対応している」という点なのに、Android One S5は非対応なので、マイナスポイントです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

ワイモバイルでは限られたシリーズのスマホしか販売していない

ワイモバイルはAppleのiPhoneシリーズとAndroid Oneシリーズ、HUAWEI製品を販売していますが、HUAWEI製品は最新のスマホはありません。

ただ、Android Oneのシリーズは日本国内ではソフトバンクとワイモバイルの限定販売のため、ほかでは手に入らないスマホが数多くあるのはかなりレア感があっていいですよね。

ワイモバイルの通信速度は格安SIMでも1,2を争う速さ!

ワイモバイルは独自回線を持ち、ソフトバンクのサブブランドであるため通信速度が非常に安定しています。毎月すまっぴーで計測している通信速度のランキングでも上位の常連です。

料金プランは3つとシンプル

10分かけ放題が標準搭載で、プランはS、M、Lと3種類で、データ容量が違います。

  • スマホプランS→2GB
  • スマホプランM→6GB
  • スマホプランL→14GB
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜