1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. ワイモバイル
  4. ワイモバイルの通話料金を徹底解説!10分かけ放題や完全かけ放題などオプションが充実

ワイモバイルの通話料金を徹底解説!10分かけ放題や完全かけ放題などオプションが充実

最終更新日:
ワイモバイルの通話料金を徹底解説!10分かけ放題や完全かけ放題などオプションが充実

ワイモバイルのシンプルプランは、通常のMVNOと同様に通話時に通話料金が発生します。通話をよく使う方は10分かけ放題または完全かけ放題オプションをつけましょう。ただし、完全かけ放題オプションは他社と比較すると高いので、場合によってはLINEMOなどのキャリア格安プランを選んだほうが安くすみます。

ワイモバイルの現行プランでは、他社MVNOと同様にかけ放題はオプション扱いです。

今回はワイモバイルの通話料金について解説します。

新プラン開始!事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

ワイモバイルの10分かけ放題はオプション

ワイモバイルかけ放題

「だれとでも定額」オプションを付けると、1回あたり10分間の通話料金が無料になります。

他社のスマホやケータイ、自宅や会社の固定電話にかけても10分内であれば無料になります。

10分を超えてしまった場合は、30秒22円の通話料がかかります。

オプション料金は770円です。

+1,870円で時間制限なしに

10分では足りない!という方は月額料金に加えて1,870円のオプション料金を支払うと「24時間国内通話かけ放題」にできます。

ただし、場合によってはソフトバンクの格安プラン「LINEMO」の方が月額を抑えられる可能性があります。

ワイモバイルの完全かけ放題オプションは1,870円ですが、LINEMOの完全かけ放題オプションは1,650円です。

以下はワイモバイルのシンプルMとLINEMOを比較した表です。

項目ワイモバイル
シンプルM
LINEMO
データ量15GB20GB
基本料金3,278円2,728円
完全かけ放題オプション1,870円1,650円
LINE使い放題なしあり
速度制限時の通信速度最大1Mbps最大1Mbps
合計の月額料金5,148円4,278円

月額料金はいくらになるの?

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
15GB-3,278円
28GB-4,158円
新プラン開始!事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

ワイモバイルを契約するときの注意点

ワイモバイルの注意点

10分かけ放題にならない番号がある

10分かけ放題オプションをつけても、一部無料にならない番号もあります。

  • 国際ローミング・国際通話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(録音料・再生料を含む)
  • ナビダイヤル(0570)
  • テレドーム(0180)
  • 番号案内(104)
  • 着信転送サービスへの通話料
  • その他指定されている番号
新プラン開始!事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

10分かけ放題があるMVNOを比較!

同じように10分のかけ放題プランがあるMVNOで、一番安い月額料金を比較していきます。

MVNOプラン名データ容量月額基本料金
(音声通話SIM)
かけ放題オプション料金合計
ワイモバイルシンプルS3GB2,178円770円3,278円
LINEMO-20GB2,728円550円(5分かけ放題)3,828円
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT無制限3,278円無料3,278円
IIJmioギガプラン2GB858円913円1,771円
OCNモバイルONE1GB/月コース1GB770円935円1,705円

他社と比較するとワイモバイルの月額はやや高めです。ただし、家族割や学割を適用する倍は月額を抑えられます。

ワイモバイルには家族割引サービスがあり、2回線目以降の月額が1,188円割引されます。

そのため、ワイモバイルは家族での乗り換えがおすすめですよ!

新プラン開始!事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜