1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. ワイモバイル
  4. 「シンプル20」はY!mobile(ワイモバイル)の20GB大容量プラン

「シンプル20」はY!mobile(ワイモバイル)の20GB大容量プラン

最終更新日:
「シンプル20」はY!mobile(ワイモバイル)の20GB大容量プラン

ワイモバイルは2020年12月下旬に新料金プラン「シンプル20」の提供を開始します。月額料金は4,480円で、各種割引は適用されません。10分かけ放題が付帯します。

政府は、諸外国との比較において、20GBクラスのモバイル通信料金が割高であるとして、通信キャリア各社に値下げを要求しています。

そんな政府主導の値下げ圧力の中、キャリア各社はそれぞれに対応策を打ち出しています。

今回は、通信キャリアの一角であるソフトバンクが打ち出した、サブブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」における20GB容量の新プラン「シンプル20」についてチェックしてみたいと思います。

「シンプル20」のプラン内容

現状、ワイモバイルのスマホ向け料金プランは、「スマホベーシックプラン」として、月間のデータ容量によって3タイプが提供されています。

  • 「スマホベーシックプラン S」 … 2,480円 … データ容量3GB/月+音声通話+10分かけ放題
  • 「スマホベーシックプラン M」 … 3,680円 … データ容量10GB/月+音声通話+10分かけ放題
  • 「スマホベーシックプラン R」 … 4,680円 … データ容量14GB/月+音声通話+10分かけ放題

他社と異なるのは、全てのプランに「10分かけ放題」が付帯している事で、かけ放題が必要なユーザーにとっては別途申込みの手間なしで利用できるメリットがあります。 一方で、通話をあまり利用しないユーザーにとっては不要な料金が上乗せされていることになり、オプションサービスとしている同じサブブランドのUQモバイルと考え方の相違が表れています。

また、この3タイプの料金プランに共通で、契約翌月から6か月間「新規割」として500円/月(総額3,000円)の割引を受けられ、2回線目以降では、「おうち割 光セット」または「家族割引」の適用で、さらに500円/月の割引を受ける事ができます。

通話料金は、MVNOが採用する「料金半額通話」の提供はなく、基本料金の20円/30秒のままです。付帯する「10分かけ放題」を利用した場合でも、10分経過後の通話料は20円/30秒となります。

月間のデータ容量を使い切った場合には低速通信となりますが、「M」「R」プランでは最大1Mbps、「S」プランでは300Mbpsとなります。

さらに、「データ増量無料キャンペーン2」キャンペーンとして、新規契約、MNP転入、PHSからの契約変更の場合に、「データ増量オプション(500円/月)」が1年間無料となっています。

シンプル20はスマホベーシックプランとは異なる新料金プラン

新料金プラン「シンプル20」は、従来の「スマホベーシックプラン」の大容量プランに見えますが、割引の適用などに違いがあり、「スマホベーシックプラン」とは異なるプランとして捉えた方が良さそうです。

「シンプル20」のデータ容量は20GBで、料金は月額4,480円となります。 通話料金は基本料金20円/30秒で、「10分かけ放題」が予め付帯しています。 「10分かけ放題」付帯の点では「スマホベーシックプラン」を踏襲していますが、以下の割引が一切適用されませんので、どのような契約形態であっても4,480円の満額の料金がかかります。 - データ増量オプション - 新規割 - おうち割 光セット - おうち割 でんきセット - 家族割引サービス 割引が適用されない点は、従来の料金プランの割引が全て適用できるUQモバイルの「スマホプランV」と大きく異なります。

「シンプル20」が生まれた理由や背景

冒頭にも述べたように、政府は菅総理の意向を受け、総務省が中心となって携帯キャリア各社に料金値下げを迫っています。

「シンプル20」は、そんな状況下で政府の「20GBクラスの大容量プランの料金が割高」との指摘に対して、格安通信を担当するサブブランドで対応したという訳です。

ソフトバンクは、メインブランドの「Softbank」では、50GB等の大容量や、毎月の料金が固定化せず使った分だけを支払う「従量課金制プラン」など、サブブランドの「ワイモバイル」と提供するプラン内容を上手くすみ分けていますので、ワイモバイルでの提供が最もしっくりくると判断したようです。

ワイモバイルは格安SIMサービスの中でも、実店舗数の多さが支持されていますが、店頭で「Softbankの50GBか、Y!mobileの20GBか」を選べるなど、ソフトバンクのキャリアショップでの併売による相乗効果を生むものと考えられます。

他社料金プランとの比較

ここではワイモバイルの「シンプル20」の料金について、他社格安SIMサービスと比較してみます。

サブブランドどうし、UQ mobileとの比較

項目ワイモバイルUQモバイル
プラン名シンプル20スマホプランV
通信回線ソフトバンクau
月額料金4,480円3,980円
データ容量20GB20GB
容量超過時速度最大1Mbps最大1Mbps
通話料金20円/30秒20秒/30秒
家族割引(2回線目以降)適用外500円割引
新規加入時割引適用外-
最大割引適用時料金4,480円3,480円
かけ放題適用時:4,180円

まずは、ライバル関係にあるサブブランドどうしを比較してみましょう。

データ容量は20GBで同じですが、ワイモバイルは「10分かけ放題」を含んだ料金で月額4,480円、UQモバイルは、別途オプションで3,980円です。

UQモバイルでは家族割引が適用されるのに対し、ワイモバイルは一切の割引条件が適用外となりますので、UQモバイルの家族割引を適用した料金は月額4,180円となり、同じくかけ放題込みのワイモバイルの料金よりも300円割安に利用する事が可能です。 その他、余ったデータの翌月繰越しや、任意の低速モード利用など、UQモバイルの方が若干、使い勝手は上かもしれません。

MVNOの格安SIMサービスとの比較

MVNO回線容量かけ放題通話料家族割引割引適用時
ワイモバイルソフトバンク20GB4,480円20円/30秒適用外4,480円
UQモバイルau20GB4,680円20円/30秒-500円4,180円
mineoau20GB5,440円10円/30秒-50円5,390円
IIJmioau23GB5,530円10円/30秒5,530円
BIGLOBEモバイルau20GB6,030円10円/30秒-200円5,830円
OCNモバイルONEドコモ20GB5,250円10円/30秒5,250円
イオンモバイルドコモ20GB4,830円10円/30秒4,830円

Y!mobileの「シンプル20」は、同じサブブランドのUQmobileには僅かに届かないものの、MVNO各社と比較した場合には、充分に割安である事がわかります。 こうした近い将来のサブブランドの新プラン投入を受けて、MVNO各社もさらなる値下げや割引の導入、あるいは新プランの投入を行う可能性はありますが、現時点では若干サブブランドが有利に見えます。 格安であるはずのMVNO各社の料金を下回っている事こそ、政府の値下げ圧力に対してキャリアが出した答えとも言えます。

ワイモバイルのシンプル20 まとめ

従来からある「スマホベーシックプラン」の派生プランではなく、新たなプランとして登場する「シンプル20」は、20GBの大容量データを、1GBあたり200円未満の低単価で利用できます。

この料金設定には文句などありませんが、ネックとなるのは以下の2点です。

  • 「10分かけ放題」が自動付帯になっていること
  • 従来の料金プランに適用されてきた割引制度が一切適用されないこと

特に、かけ放題が不要なユーザーには、数百円余計に課金されている事になりますし、さらに割引も適用されないとなると、au回線に問題がないのであれば、UQ mobileという選択肢とな要事になるかもしれません。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜