1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. ASUS
  4. Zenfone 3
  5. Zenfone3のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

Zenfone3のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

最終更新日:
Zenfone3のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

Zenfone3のバッテリー持ちは良好です。2,650mAhのバッテリーで動画を流し続けたところ約9時間充電が持ちました。バッテリー量を消費しやすい動画視聴をしなければ、朝から夜まで充電なしで充分利用することが可能でしょう。たとえ動画の閲覧やアプリのダウンロード等を行っても約9時間持つバッテリーがあれば、あまりバッテリーを心配する必要はありません!

Zenfone3のバッテリーは持ち良し!動画を視聴しても安心利用!

ASUS Zenfone 3
ASUS Zenfone 3
販売価格
39,800円
分割払い時約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー

Zenfone3のバッテリーは2,650mAh、画面サイズは5.2インチの見やすい大画面です。

Zenfone3のバッテリー持ちを計測するために、今回はZenfone3で動画を何時間再生し続けることができるのか実験を行いました!その結果、Zenfone3は約9時間動画を再生し続けることができました。

今回計測したZenfone3は購入から年月が経っているためバッテリーに少し劣化はあると思いますが、それでも約9時間バッテリーを保つことが出来ました。

詳しい実験結果も含め、Zenfone3のバッテリー持ち、またメリット・デメリットやZenfone3を購入するのにおすすめなMVNOを紹介します。

Zenfone3のバッテリー持ちを実際に計測しました!

Zenfone3のバッテリー持ちを計測するために、youtubeでBGM動画を再生し続けてみました!バックアプリは全て消して、画面は付けっぱなしでの動画再生です。

ちなみに、今回計測したZenfoen3は購入から年月が経っているため、多少バッテリーに劣化がある可能性があります。

結果!約9時間再生可能!!

朝9:45分から動画の再生を開始し、充電が切れたのが18:53でした。

Zenfone3は約9時間、動画を再生し続けられるという結果となりました。

約9時間動画を再生することができたため、バッテリー量を消費しやすい動画視聴をしなければ、朝から夜まで充電なしで充分利用することができます。また、たとえ動画の閲覧やアプリのダウンロード等を行っても約9時間持つバッテリーがあれば、あまりバッテリーを心配することなく使うことができるでしょう。

ちなみに、残充電が10%をきってから一気に消費スピードが上がるということはありませんでした。そのため、突然充電が切れた!という事態は免れそうです。

Zenfone3のバッテリー持ちは、とっても良好!!動画視聴も安心!!

そもそもバッテリーって?数値の目安は?

バッテリーの目安

バッテリーとは、電池容量のことでmAh(ミリアンペアアワー)で表されます。この数値が大きければ大きいほど、充電できる電気の量が多いです。

バッテリーは2,000mAh~3,000mAhの端末が多く、3,000mAhを超えてくるとバッテリーが大容量だといえます。

Zenfone3は2,650mAh!

Zenfone3のバッテリーは2,650mAhです。

Zenfone3は5.2インチのSIMフリースマホですが、サイズ感からバッテリーの数値を見ると2,650mAhという数値はあまり大きくないです。

ただ、電話やメール、LINE等のSNSやインターネット通信等、日常生活で利用する動作に関しては全く問題なく使うことができるでしょう。

Zenfone3のメリット・デメリット

Zenfone3のメリットとデメリット

Zenfone3のメリット

3GBのRAM(メモリ)でサクサク快適動作

Zenfone3はRAM(メモリ)が3GB搭載されています。そのため、インターネット通信やLINE等SNSを利用する分には全く問題ありません!サクサク快適な通信が可能です。

また、複数のアプリを同時に開いていても、動作が重たくなることはありません。

指紋認証が背面に搭載!

Zenfone3は、背面に指紋認証機能が搭載していてスムーズに、ロック解除ができて非常に便利です。なぜなら、前面に指紋認証機能がついているタイプと違って、Zenfone3を手に取ったタイミングでロック解除をすることができるからです。

Zenfone3のデメリット

ヘビーユーザーには物足りないバッテリー容量

Zenfone3のバッテリーは2,650mAhと日常で利用するには十分ですが、ゲームアプリを多用したり高画質の動画の視聴を多く行うヘビーユーザーにはおすすめできません。

なぜなら、ゲームアプリや高画質の動画視聴といったデータ量を置く扱う動作は、電池の消費が激しく、すぐに減ってしまうからです。

ただ、Zenfone3はコストパフォーマンスがとても高いSIMフリースマホであるため、常に充電器を常備して利用したり、こまめに節電行う等で対策をすれば、Zenfone3でもそこそこ快適に利用することが可能かもしれません。

Zenfone3のバッテリーを長持ちさせるコツ

Zenfone3のバッテリーを長持ちさせるコツを4パターンご紹介します。

充電が満タン(100%)になったらすぐに充電をやめる

スマホの充電が100%になっても、充電コードを挿し続けている方は多くいると思います。しかし、そうした行為はバッテリーの劣化に繋がってしまいます。

なぜなら、充電が100%になってもスマホの中では、細かい充電の作業が続けられるために、充電中も充電と放電を何回も繰り返しています。この動作が長時間行われ続けるとバッテリーの劣化に繋がってしまうのです。

充電しながらスマホを利用しない

充電しながらインターネット通信など、スマホを利用するとバッテリーが発熱してしまいます。バッテリーは熱に弱いため、発熱した状態が続いてしまうとバッテリー性能が落ちてしまいます。

バッテリーが発熱すると、スマホ本体も熱をもってくるので、スマホが熱くなってきた時には特に注意が必要です。

スマホ本体が熱くなってしまった時には、熱が冷めるまで使用をやめましょう。

炎天下など熱い場所にスマホを放置しない

バッテリーは熱に弱いため、夏の炎天下や冬の暖房等がある場所に放置するのはやめましょう。スマホ本体が熱くなってしまった時には、冷めるまでスマホの使用を中断することをおすすめします。

バッテリーを節電してくれるアプリを利用する

バッテリーを長持ちさせるためには、節電をすることが大切です。

そのため、電池残量が少なくなってきたら消費モードに切り替えてくれたり、Wi-Fiをオフにする動作が行ってくれる、またはお知らせしてくれる節電アプリを利用することをおすすめします。

Zenfone3を購入するなら!おすすめMVNO厳選3社

Zenfone3購入におすすめのMVNO

nuroモバイル

nuromobile(ニューロモバイル)では、すまっぴーから申し込むと初期費用が無料になるキャンペーンを行っています。

この機会に、nuroモバイルを申し込めば通常時よりもかなりお得に乗り換えることが可能です。もちろんZenfone3と格安SIMカードをセットで購入することができます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
300円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

BIGLOBE

BIGLOBE(ビッグローブ)では、すまっぴーから申し込むことで最大23,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

BIGLOBEで最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っていて、すまっぴーから申し込むことでさらに3,000円キャッシュバックさせるお得なキャンペーンです。

Zenfone3と格安SIMカードのセット購入も勿論キャンペーン対象となるため、この機会に逃さずゲットしましょう!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

DMMmobile

DMMモバイルでは、新規契約手数料の3,240円が無料になるキャンペーンを実施中です。さらに、すまっぴーから申し込むことでAmazonギフト券をプレゼント!

この機会に申し込みをすれば、通常時よりもお得にZenfone3と格安SIMカードをセットで購入することができます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ

そのほかZenfone3が購入できるMVNO

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
999円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
640円〜
ドコモ
ASUS Zenfone 3
ASUS Zenfone 3
販売価格
39,800円
分割払い時約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー

格安SIMと組み合わせるなら中古スマホもおすすめ!

 
 

中古スマホを利用すれば、初期費用を抑えて新しい端末が手に入りますよ!

「安くスマホを購入したいけど、中古だと品質面が心配・・・。」

「わざわざ店舗まで行って購入するのが面倒くさい。」

「格安SIMを買うときに、スマホも安く買えたらいいのに。」

こんなことを思ったことはありませんか?

スママでは、中古スマホの最安値を比較、安心して購入できる販売体制を整えています。

スマホ 中古・新品の最安値比較|スママ

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜