FREETEL(フリーテル)はスマートコミコミ+がお得!

FREETEL(フリーテル)はこんなひとにおすすめ!

FREETEL

端末代も含めた月額料金を抑えたいひと

FREETEL(フリーテル)の特徴はスマートコミコミ+と呼ばれる端末セットプランを用意しています。

スマートコミコミ+では端末セットに加え10分以内かけ放題もセットになっており、非常におトクに乗り換えることが可能になっています。

また、LINEやfacebook、Twitter、Instagram、ポケモンGOなどの通信量が無料になるカウントフリーにも対応しているため、スマホヘビーユーザーにもおすすめできます。

毎年あたらしいスマホに変えたい人

FREETEL(フリーテル)のスマートコミコミ+には「のりかえ~る」というスマホ端末交換サービスがあります

1年以上使用した端末なら、故障や破損した場合でも最新端末に残金なしで乗り換えられるため、故障が不安な方「最新端末を常に使いたい」という方におすすめできます。

ただし、途中での解約では少々高額な端末代の残金を支払う必要があるので、乗り換え予定がある方は注意が必要です。

日常的にSNS(Twitter, Facebook, Instagram)を使うひと

FREETELは契約するプランに応じて、SNSがカウントフリーになります。

3GB以上のプランを契約すればLINETwitterFacebookなどの主要なSNSのデータ消費量がカウントされません。
SNSをどれだけ使ってもギガが減らないので、気兼ねなくスマホが使えます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
999円〜 ドコモ (0.0)

FREETEL(フリーテル)の料金プラン

FREETEL(フリーテル)のスマートコミコミ+では、「データ定額プラン」または「使った分だけ安心プラン」の計6種類のプランから選ぶことができます。

※表はデータ増量キャンペーン適用後の料金

スマートコミコミプラン+ 通話SIM (ネット+通話)
データ定額プラン 2GB 1,180 円
データ定額プラン 5GB 1,580 円
データ定額プラン 7GB 2,180 円
データ定額プラン 13GB 3,080 円
データ定額プラン 24GB 5,480 円
使った分だけ安心プラン 0.1~20GB 999円~5,480円

また、どちらのプランもカウントフリーに対応しています。
カウントフリーとは「対象のアプリならどれだけ使っても通信量を消費しない」というサービスのことで、SNSをよく利用する方にとっては特にありがたいサービスとなっています。

データ定額プランではLINEやfacebook、twitter、Instagram、Messenger、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppの8つのアプリが対象となります。

使った分だけ安心プランではLINE、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppの4つのアプリが対象です。

普段よく使うアプリがtwitterやfacebook、Instagramに偏っている方にはデータ定額プランがおすすめです。

その他にも様々なアプリを利用する方は、毎月の利用通信量に合わせて料金が変わる使った分だけ安心プランの方がおすすめです。

端末がセットになったスマートコミコミ+もおすすめ

FREETELには、インターネット+スマホ本体+10分以内かけ放題がセットになったスマートコミコミ+というプランも用意されています。

1年目は月額999円から利用できるため、月額料金を大きく抑えることができます。

3年契約になりますが、端末を途中で「のりかえ~る」というサービスを使えば1年おきに最新端末に乗り換えることもできます。

一方で、解約時の違約金が高額になりやすいので注意が必要です。

FREETELのスマートコミコミ+って結局どうなの?メリット・デメリットを徹底解説
関連記事 FREETELのスマートコミコミ+って結局どうなの?メリット・デメリットを徹底解説
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
999円〜 ドコモ (0.0)

FREETEL(フリーテル)でえらべる端末

FREETELはMVNO事業のみならずスマートフォン製造にも力を入れており、低価格な国産端末をいくつも作っています。

一時期は不具合が多く発生し不評も多かったですが、アップデートを繰り返し不安定さも少しずつ改善されてきているようです。

また自社製品のみならず、Asus Zenfone3やHuawei P10 Liteなどの人気SIMフリースマホも取り扱っています。

FREETEL Priori4
販売価格
14,800
分割払い時
0円 x 36
FREETEL SAMURAI「極2」
販売価格
49,800
分割払い時
2,799円 x 36
FREETEL RAIJIN
販売価格
29,800
分割払い時
1,999円 x 36
FREETEL SAMURAI「麗」
販売価格
20,520
分割払い時
1,799円 x 36
FREETEL SAMURAI「極」
販売価格
29,800
HUAWEI P9Lite
販売価格
32,400
分割払い時
900円 x 24
VAIO VAIO Phone A
販売価格
32,400
分割払い時
900円 x 36
ASUS Zenfone3 Laser
販売価格
36,000
分割払い時
1,000円 x 36
ASUS Zenfone3
販売価格
46,800
分割払い時
1,300円 x 36
FUJITSU Arrows M03
販売価格
43,200
分割払い時
1,200円 x 36
HUAWEI P10
販売価格
100,800
分割払い時
1,800円 x 36
HUAWEI P10 lite
販売価格
72,000
分割払い時
1,000円 x 36
FREETELのSIMフリースマホの評判は良好!徹底評価!
関連記事 FREETELのSIMフリースマホの評判は良好!徹底評価!

FREETEL(フリーテル)のメリット

従量課金型の「使った分だけプラン」がイイ!

FREETEL(フリーテル)のプランでは月々の利用可能容量が決まった「データ定額プラン」に加えて、従量課金型の「使った分だけプラン」も用意されているのが特徴的です。

月によって使用する通信量が異なるひとだと、月の利用可能容量を余らせてしまったり逆にオーバーして通信制限がかかってしまうなどの不便が生じてしまうことも多いかと思います。

しかし従量課金では、3GBを利用したなら3GB分の利用料を、5GBを利用したら5GB分の利用料を請求されるため、通信料金を無駄にすることがなくとても便利です。

また20GBを超えなければ通信制限にかかることもないため快適です。

「とりかえ~る」で最新端末にすぐにお乗り換え!

FREETEL(フリーテル)独自の端末補償「とりかえ~る」も魅力的です。

端末を2年または3年分割で買った場合でも、1年以上経てば残金なしで最新端末への機種変更が可能です。

1年以上利用した端末ならば、端末が破損した場合でも残金なしで機種変できるので、一般的な端末補償よりもかなり手厚いサービスではないでしょうか。

カウントフリー対象アプリが充実!

FREETEL(フリーテル)のプランはカウントフリーに対応しています。
カウントフリーとは「対象アプリの通信量をゼロにする」というサービスです。

SNSをよく利用する方は通信量を大幅に節約できるためとてもメリットがあります。

対象アプリは「データ定額プラン」と「使った分だけ安心プラン」とで異なります。

データ定額プランではLINE、facebook、twitter、Instagram、Messenger、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppの8つのアプリが対象となります。

対して使った分だけ安心プランはLINE、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppの4つのみ対象です。

よってfacebook、twitter、InstagramなどのSNSの利用が多い方にはデータ定額プランのほうがおすすめです。

使った分だけ安心プランは従量課金というメリットがあり、データ定額プランにはカウントフリー対象アプリが多いというメリットがありますので、ご自身の利用用途に合わせて選択すると良さそうです。

スマコミ+なら10分間かけ放題も込み!

スマートコミコミ+なら10分間かけ放題も込みになっています。

他社は5分間かけ放題のオプションが900円前後で提供されることが多い中、10分間かけ放題がセットで料金に含まれているのはかなりお得ではないでしょうか。

通話もよく利用する方にはスマートコミコミプラン+はおすすめです。

「FREETELでんわ だれでもカケホーダイ」という専用アプリをインストールする必要があるので注意しましょう。

格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?
関連記事 格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?

データ増量キャンペーン実施中!

スマートコミコミ+でデータ定額プランで契約をすると1年間、月々のデータ容量が1GB~4GB増量されるキャンペーンが実施されています。

プランの変更もWeb上から簡単に行えるため、キャンペーン終了後は利用状況に合わせてプランを変更すると良いでしょう。

FREETEL(フリーテル)のデメリット

取り扱い端末はFREETEL(フリーテル)製スマホが中心

FREETEL(フリーテル)の取り扱い端末は自社製スマホが中心となっています。

端末にそれほどこだわりが無い方はそれらから選んでも問題無いと思いますが、幅広いラインナップから最適な1台を探したい方にはあまりおすすめできません。

それでもFREETEL SIMを使いたい方はSIMカードのみを契約し、端末は別で用意すると良いかと思います。

3年以内の他社への乗り換えは危険!

スマートコミコミ+は36ヶ月での割賦契約になり、端末代を36ヶ月で分割して支払うことになります。

「のりかえ~る」で12ヶ月経過したら残金なしで新しい端末へ機種変できるメリットがある反面、36ヶ月で支払う端末代の総額は高めに設定されています。

そのため仮に途中で解約した場合、端末代の残金を支払う必要がありますが、その残金が高額になる可能性があるので要注意です。

FREETEL(フリーテル)を長期間に渡って使い続け「のりかえ~る」を利用していく予定の方にはスマートコミコミ+は大変お得ですが、お試しで利用して他社に乗り換える可能性のある方にはおすすめできません。

FREETEL(フリーテル)を使って分かったメリット・デメリット
関連記事 FREETEL(フリーテル)を使って分かったメリット・デメリット

FREETEL(フリーテル)の電波エリアと通信速度

電波エリアはドコモと同じ

FREETEL(フリーテル)はドコモから回線を借りて運用されているMVNOです。
よって、電波エリアはドコモと同じです。

ドコモスマホが使える場所であれば、FREETEL(フリーテル)も利用できます。

通信速度はまずまず

FREETELの通信速度はMVNOの中ではやや速い格安SIMです。
日中でも1Mbps以上の速度をキープしていることが多く、日常使いで不満が出ることはあまりありませんでした。

スマホを快適に使える通信速度の最低ラインは1~2Mbpsと言われることが多いため、通信速度の実測値を見るときは1Mbpsを目安にするといいでしょう。

下記の画像は帰宅時間付近の19時頃のスピードテストの結果です。

下り速度で3Mbpsという速度が出ているため、WebブラウジングやSNSの閲覧には特に困らない速度を維持しています。

他社との比較は下記の記事を参考にすると良いでしょう。

格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】
関連記事 格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】
FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較
関連記事 FREETELの通信速度はトップクラス!4社と徹底比較

低速モードは他社より遅め

多くの格安SIMと同様、FREETEL(フリーテル)にも低速モードが用意されています。
低速モードでは、通信速度を制限する代わりに通信量を消費しないように設定することができます。

FREETELはこの低速モードが他社よりかなり遅いというデメリットがあります。

他の格安SIMでは低速モードでも100~200kbps出るのが一般的ですが、FREETEL(フリーテル)の実測値で40kbpsでした。

低速モードも有効活用しようと考えている方は注意が必要です。

FREETEL(フリーテル)はiPhoneでも使える

結論から言いますと、**FREETEL(フリーテル)でもiPhoneは使えます。

スマートコミコミ+限定で、iPhone6Sをセット購入することも可能です。

利用できるiPhoneはSIMフリー版iPhoneに加えて、ドコモ版のiPhoneも利用することが可能です。

2017年5月現在、FREETEL(フリーテル)で動作確認済みのiPhoneは以下のようになっています。

メーカー端末名SIMサイズテザリングOSバージョン
AppleiPhone7(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone7 Plus(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.2
AppleiPhoneSE(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6S(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6S Plus(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6 Plus(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone5S(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone5c(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone5(SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
999円〜 ドコモ (0.0)

FREETEL(フリーテル)の記事一覧

FREETEL(フリーテル)以外のMVNO