ASUS AQUOS SERIEのレビュー・スペック・口コミ

販売価格
50,400円
分割払い時
約2,100円×24回
ASUS AQUOS SERIE
サイズ134x71x10(mm)
重さ約141.0g
画面サイズ5.2インチ
カラー
OSAndroid™ 4.4
CPU2.3GHz
ストレージ32GB
メモリ2GB
カメラ1310万画素
バッテリー容量3000mAh
発売日2016-06-10

ASUS AQUOS SERIEのレビュー

外観デザイン

プラスチック素材がベースながら、レンズフレームや電源ボタンの縁にメタル素材を使用し高級さが感じられます。ボリュームキーはタッチパネルに内蔵されており、ハードキーは電源ボタンだけとなっているため非常にスッキリとしています。丸みを帯びたラウンド形状をしており、持ちやすい手に馴染む形をしています。

スペック

2.3GHzの4コアCPUでシステムメモリは2GBとなっています。スペックとしては今のミドルレンジ端末と比較しても遜色なく、日常使いから3Dのゲームまである程度こなすことができる性能と言えます。ストレージは標準で32GB備えており、かつMicroSDで最大で128GBの追加が可能となっているので要領としてはまず困ることはないでしょう。2万円台で手に入る端末と考えると費用対効果はかなり良い端末です。

画面

5.2インチのIGZO液晶で解像度はフルHDとなっています。高精細の液晶かつ新開発のバックライト「PureLED」、映像処理エンジン「FEEL artist」の採用により、より鮮やかな発色を実現しています。また「EDGEST」と呼ばれる3辺狭額縁のデザインも特徴で、ディスプレイの底辺以外の縁がほぼ無く、画面のほとんどを液晶部分で占めています。メーカーも例える「風景を切り取る」という表現がまさに過言ではない作りといえます。

バッテリー

バッテリー容量は3150mAhで、容量は最新の端末と比べても大きい部類に入ります。加えて、省電力のIGZO液晶、「エコ技」と呼ばれるバッテリーセーバー機能を備えているため、超長時間の稼働時間を実現しています。急速充電にも対応しており、専用のACアダプタを使えば20分で1日分の充電が可能となっています。電池持ちもよく、充電も早い、スマートフォンを頻繁に使う人にとっても期待に応えてくれる端末でしょう。

カメラ性能

1310万画素のリアカメラと210万画素のフロントカメラを搭載しています。画素数が非常に高いというわけではないですが、ソフトの方で様々な調整がなされています。HDR機能の強化や、夜景の補正をかける「Night CatchⅡ」、構図のガイドを提示してくれる「フレーミングアドバイザー」など初心者でも上手に撮れるような使いやすさが魅力といえます。

その他特徴的な機能

特徴的かつ非常に便利なのが「グリップマジック」と呼ばれる機能です。端末を握ることで様々な機能を呼び出せるものですが、例えばスマートフォンが出せない状況でも、着信などの通知があれば端末が振動して応えたり、端末を握って持ち上げるだけでロック画面への移行をしたり、と慣れると面白い機能を備えています。また、他にもNFC/Felicaや、内臓アンテナでのワンセグ/フルセグなどの国内向けの機能にも基本的なものには対応しています。

性能的には派手さはないかもしれませんが、電池持ちや画面の見やすさといった「使いやすさ」を追求したモデルと言えるでしょう。2万円台で手に入る端末ですが、性能的には一昔前のハイエンドモデルと同等なので、simフリー端末の中でも費用対効果に優れる端末の一つと言えるでしょう。

ASUS AQUOS SERIEの評判・口コミ

まだ口コミはありません。