1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. LIBMO(リブモ)

【公式よりお得】LIBMO(リブモ)の料金プラン・端末・キャンペーン

最終更新日:
【公式よりお得】LIBMO(リブモ)の料金プラン・端末・キャンペーン

LIBMO(リブモ)はこんな人におすすめ!

LIBMO

キャンペーンでお得に使いたい

LIBMO(リブモ)はキャンペーンが豊富な格安SIMです。

現在は春キャンを実施中で、音声通話SIMの契約で12か月間400円割引されます。
さらに、10分かけ放題も一緒に加入すれば、550円割引され、1年間は非常にお得に使えます。

さらに、いまならすまっぴー限定でさらに1年間は月額料金が400円引きになります。

公式をチェック!

《LIBMO(リブモ)》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

LIBMOとすまっぴーのタイアップキャンペーン

すまっぴー限定!1年間最大950円割引キャンペーン実施中

LIBMO(リブモ)に、すまっぴー経由で申し込むと、12か月間最大で950円割引**になります!

すまっぴーからの申し込みであれば、まず

  • 12か月間400円割引

が適用されます。

さらに、400円割引に加えて

  • 春キャン
  • お電話応援プログラム

どちらか1つのキャンペーンを併用して申し込むことができます。

併用できるキャンペーン 割引額 すまっぴー限定キャンペーンと
併用した場合の実質割引額
春キャン 音声通話SIMであれば
12か月間 月額料金から460円割引
12か月間 860円割引
お電話応援プログラム 10分かけ放題申し込みの場合
通常850円のところ12か月間550円割引
12か月間950円割引

※すまっぴーであれば音声通話SIMもデータSIMも、どちらも対象となります。

キャンペーンの適用方法はすまっぴー内の公式をチェックボタンから申し込みするだけです。

2018年1月29日~終了日未定

お電話応援プログラム

お電話応援プログラム

LIBMO(リブモ)では、10分以内かけ放題オプションを契約した人限定で、550円/月が12か月間割引されるキャンペーンを実施しています。

低速無制限のライトプランと組み合わせて利用することもできるので、1年間は1,480円で10分以内かけ放題つきプランが利用できます。

2017年9月1日~終了日未定

春キャン

春キャンの料金プラン

10分以内かけ放題を利用しなくても、音声通話SIMカードを契約した方は400円/月が12か月間割引されます。

ライトプランを組み合わせれば、780円で音声通話付きのSIMカードが使えます。

2018年2月1日~2018年5月10日

LIBMO(リブモ)は月400円割引+他キャンペーンとの併用で、さらに月額料金が安くなる、格安SIMの中でも最大級にお得なキャンペーンを実施している格安SIMです。

公式をチェック!
該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

LIBMO(リブモ)の料金プラン

LIBMO(リブモ)の料金プランはデータ量に合わせたシンプルな4プランです。

低価格で使いたい人むけには、低速無制限プランも用意されており最安値クラスで利用できます。

キャンペーンを併用すれば1年目は非常に安く利用できます。

LIBMO(リブモ)でえらべる端末

FREETEL Priori5
販売価格
16,800円
分割払い時
約 700円 x 24回
HUAWEI nova lite2
販売価格
22,800円
分割払い時
約 950円 x 24回
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
32,400円
分割払い時
約 1,350円 x 24回
ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
販売価格
24,000円
分割払い時
約 10,000円 x 24回
ASUS Zenfone4 Selfie
販売価格
27,000円
分割払い時
約 1,125円 x 24回
FUJITSU arrows M04
販売価格
32,400円
分割払い時
約 1,350円 x 24回
Covia g07
販売価格
25,200円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
FUJITSU arrows M03
販売価格
33,000円
分割払い時
約 1,375円 x 24回
HUAWEI P9Lite
販売価格
25,200円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
公式をチェック!

LIBMO(リブモ)ではiPhoneレンタルサービスあり

格安SIMはiPhoneをセットで購入できるところはあまり多くありません。

しかし、LIBMO(リブモ)はiPhoneのレンタルサービスを行っており、iPhoneで格安SIMを使うことができます。

月額1,500円からiPhoneがレンタルできるので格安SIMでもiPhoneを使いたいというひとにおすすめです。

LIBMO(リブモ)のメリット

10分以内かけ放題と30分無料通話のふたつのオプション

LIBMO(リブモ)の音声通話SIMでは、選べる通話オプションが用意されています。

10分以内かけ放題

ひとつは10分以内かけ放題で、10分以内の通話がすべてかけ放題になります。
10分以降も通常の半額の10円/30秒で通話することができ、お得です。

また、今ならキャンペーンで550円が12か月間割引されます。

通話パック30

LIBMO(リブモ)には、通話パック30という月間30分までの通話が無料になるオプションがあります。

1,200円分が無料になるので、差し引きで320円お得になります。

ただし、キャンペーンやお得度でいえば10分以内かけ放題のほうがおすすめです。

低速無制限のライトプランがある!

LIBMO(リブモ)には、低速無制限プランが用意されています。

最大200kbpsまでの通信速度になりますが、月額480円から利用できて非常にお得です。

音声通話SIMでも1,180円ですまっぴー限定キャンペーンと春キャンを併用すれば320円で1年間格安SIMが使えます。

公式をチェック!

LIBMO(リブモ)のデメリット

ハイスペック端末なし

LIBMO(リブモ)はハイスペックなSIMフリースマホはセット購入できません。

もっとも高額な端末でもFUJITSU arrows M04の一括32,400円です。

格安SIMで月額料金は抑えたいけど、端末はそこそこいいモノを使いたいというひとは自分で端末を用意する必要があります。

プランの数が少ない

LIBMO(リブモ)は、展開されているプランが4つしかありません。

低速プランがあるのは良いですが、最大ギガ数は10GBなので、動画やマンガなどでがっつりスマホを使いたい人には物足りなくなった時に選べるプランが多くありません。

LIBMO(リブモ)の電波エリアと通信速度

LIBMO(リブモ)の電波エリアはドコモと同じ

LIBMO(リブモ)の電波エリアはドコモと同じです。

ドコモから回線を借りているので、ドコモが圏外でなければLIBMO(リブモ)の電話も問題なく使えます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ

LIBMO(リブモ)の評判・口コミ

総合評価
 (4.5)
ユーザーのレビュー3GBプラン(通話SIM)
 (5.0)

3か月くらい利用してますが、加入から1年間のキャンペーンがあり、かなり安く使えてます。 初めて格安SIMを使ってますが、速度も安定していて不便に感じる事もなく、変えてよかったと思ってます!

ユーザーのレビュー3GBプラン(通話SIM)
 (4.5)

変更しても問題なく使えてます。料金も安くなり満足。

ユーザーのレビュー6GBプラン
 (4.0)

現在ドコモのXi端末にデータプランのみを利用してます。 使い始めて約半年ほど経過してますが、今のところ特に問題もなく使えてます。 元々はUQWIMAX上限無プランにて約5,000円程かかっていたので料金的には非常に満足してます。速度も思っていたど遅くはないので、8点にしてますがもっと早いとありがたいです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)

LIBMO(リブモ)の記事一覧

公式をチェック!