クレジットカード以外で支払い可能な格安スマホ【口座振替・デビットカード】

390102c9134b8f5eda6b9852bfebcde2

クレジットカード以外で支払い可能な格安スマホ【口座振替・デビットカード】

最終更新日:

格安スマホでもクレジットカード以外の支払い方法が使えます。一般的な格安スマホは支払いをクレジットカードでしか対応していません。楽天モバイルであれば楽天デビットカードや口座振替で支払い可能になっています。

スマホに限らず、毎月定期的に支払いが生じるサービスにおいて、支払方法がどれだけあるかということは、多くの方が利用する上で非常に重要な問題です。大手キャリアの場合、クレジットカード、口座振替、デビットカード、ネットバンキング、モバイルバンキングでの支払い、コンビニや銀行への振り込みなどあらゆる方法での支払いが可能になっています。

一般的にはクレジットカードもしくは口座振替を利用される方がほとんどではあるものの、請求書を持ってコンビニや銀行、郵便局で自分で直接、振り込みをしたいという方も決して少なくはありません。支払い方法の選択肢が多いということは、それだけ利便性が高いということですから、サービスの質の高さにもつながります。

格安スマホは大手キャリアに比べると支払方法の選択肢は多くはありません。大手キャリアから格安スマホに乗り換えを検討されている方の中でも、この支払方法の選択肢が少ないことを理由に二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで今回はクレジットカード以外で支払い可能な格安スマホをご紹介します。

格安スマホはほとんどがクレジットカード支払いのみ

格安スマホは、大手キャリアから回線をレンタルすることで基地局を増やしたり、維持管理をするコストをかけずに、月額料金を安く抑えています。もちろん、コストを抑えるの方法はこれだけではありません。ほとんどの格安スマホの会社は、大手キャリアのように直営店舗を持っていません。ネット上だけで商品の購入、契約まで済ませられるようになっているのもコストを抑える方法の一つです。

そして支払方法の選択肢を減らすことも、やはりコストを抑える一つの方法です。支払い方法の選択肢が多くなれば、それだけ処理にかかる時間や人が必要となります。格安スマホはそういった手間やコストをできるだけ抑えることで大手キャリアに比べ、低価格を実現しています。そういった理由もあり、格安スマホの支払い方法はクレジットカードのみとなっているところがほとんどです。

楽天モバイルはデビットカード・口座振替での支払いに対応

上述したように格安スマホでクレジットカード以外の支払い方法に対応している会社はそれほど多くはないものの、いくつかの会社はデビットカードでの支払いに対応しています。

その中でもおすすめは楽天モバイルです。   その理由は、ほかのいくつかの格安スマホはデビットカードでの支払いができるものの、それをサイト上で明記していないところがほとんどなのに対し、楽天モバイルはデビットカード対応ということをしっかりと明記しているからです。

楽天モバイルで対応しているデビットカードは楽天銀行とスルガ銀行のデビットカードです。   スルガ銀行と楽天銀行(JCB)のデビットカードは年会費無料ですが、楽天銀行(VISA)に関しては、通常のデビットカードで年会費1,029円。   ゴールドデビットカードで年会費3,086円がかかるため、よりお得に利用するのであれば、楽天ポイントもつくということで楽天銀行(JCB)が一番のおすすめとなります。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式を
チェック

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

2016年12月の支払いからは口座振替にも対応

楽天モバイルは2016年11月下旬から口座振替にも対応できるようになりました。  

ただし、口座振替手数料として、100円/月の手数料が必要です。
また、端末分割購入の際は口座振替での支払いができません。

デメリットもありますが、これまで口座振替ができる格安SIMはなかったため、多くの人に便利な楽天モバイルとなりました。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式を
チェック

楽天モバイル以外の会社でもデビットカードは使える?

このほか、NifMo、UQモバイル、mineoなどいくつかの格安スマホではデビットカードでの支払いができるようですが、上述したようにサイト上の明記されてはいないため、申込む際には改めて確認をするようにしてください。
またデビットカードはクレジットカードと違い、基本的に一括払いのみとなりますので、端末を購入する際などには残高に十分注意してください。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ・au 公式を
チェック

mineoの料金プラン・評判・スマホ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
640円〜 ドコモ 公式を
チェック

NifMoの料金プラン・評判・スマホ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au 公式を
チェック

UQモバイルの料金プラン・評判・スマホ

条件付きで口座振替が可能な格安スマホもあり!

楽天モバイル以外でも、条件付きながらも口座振替に対応している格安スマホもあります。

例えばBIGLOBE SIMでは音声機能付きSIMに関しての支払方法はクレジットカードのみとなりますが、データ専用SIMであればクレジットカードのほか、口座振替でも支払いが可能になっています。

またOCN モバイル ONEやぷららモバイルLTEは電話で申し込みをすることを条件に音声機能付きSIMを含めたすべてのプランで口座振替での支払いが可能です。

ほか、口座振替に対応している格安スマホは以下の通りです。

  • もしもシークス 代理店経由で保証金6,000円が必要
  • mineo eo光ネットの会員として口座振替をしていること
  • LEQUIOS mobile 沖縄県在住者のみ
  • ケーブルモバイル 愛媛CATVの会員として口座振替をしていること
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式を
チェック

BIGLOBE SIM・スマホの料金プラン・評判・スマホ

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式を
チェック

OCNモバイルONEの料金プラン・評判・スマホ

このように条件付きであったり、数は少ないもののクレジットカード以外の支払い方法に対応している格安スマホは存在します。

どうしてもクレジットカード以外で支払いたいという方は、検討されてみてもよろしいのではないでしょうか?

しかし口座振替の場合、クレジットカードのように即日開通とはならず、申込から開通までの間に数日かかる場合もあるため、最初から余裕を持って申込まれることをおすすめします。