1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルの必ず知っておきたい基本情報【料金・口コミ・キャンペーン・店舗・APN設定】

最終更新日:
LINEモバイルの必ず知っておきたい基本情報【料金・口コミ・キャンペーン・店舗・APN設定】
総合評価:
平均月額料金:1,795
口コミ総数:38
16
12
9
0
1

LINEモバイルってどんな会社?

LINEモバイルは、ソフトバンクとLINEの合弁会社であるLINEモバイル株式会社が運営するMVNOで、格安SIMとSIMフリースマホを販売しています。

プランによってLINEや主要SNSなどがカウントフリー(データフリー)になる点とトリプルキャリアに対応し、いずれのキャリアも同じ料金という点が特長です。

LINEモバイルのここがオススメ!

  • SNSのデータ通信料を実質無料化する「データフリー」
  • NTTドコモ・au・Softbankの3キャリア回線サービスを提供するマルチ・キャリア
  • クレジットカードなしで申し込み可能
  • MVNOで唯一、LINE年齢認証が可能
  • ソフトバンク回線の通信速度が速い!

LINEモバイルのここがいまいち!

  • ドコモ回線/au回線の通信速度は遅め
  • キャンペーンのお得度は低め
  • 低速への通信速度切り替えができない
公式をチェック!

LINEモバイル【基本情報】

ウェブ登録事務手数料(初期費用)・3,000円
SIMカード発行手数料・400円
翌月のデータ繰越
通信速度切り替え×
バースト転送×
プラン変更無料
支払い方法・各種クレジットカード
・LINE Payカード
SIMカード変更手数料3,000円
契約解除料1,000円
最低利用期間なし
MNP転出手数料・3,000円
お問い合わせ・0570-087-275(10:00~19:00)
※特に断りのない限り表示価格はすべて税抜表記です。

LINEモバイル(ラインモバイル)
の料金シミュレーション!

購入前に要チェック!
気になるプランの月額料金は?
プラン
を選択
SIM
を選択
回線
を選択

LINEモバイルの料金プランとオプション

データ量音声通話SIMデータ専用SIM
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円

LINEモバイルの月額料金は通信回線による料金差がありません

契約プランが同じであれば、ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線のどれを選んでも同じ月額料金になります。

まずは、毎月必要と思われるデータ容量を決め、音声通話の有無を選択します。次に通信回線を選びますが、この時に、端末をセット購入する場合でiPhoneを選ぶのであれば選択肢はSoftbank回線しかありません(SIMロック済端末)ので注意してください。

さらに、オプションの「データフリー」を選びますが、無料の「LINEデータフリー」は月額無料でLINE利用時の通信がデータ容量を消費しないので必須でセットしておきたいオプションです。

さらに、FacebookやTwitterを頻繁に使用する方は「SNSデータフリー」(月額280円)、さらにInstagramや音楽コンテンツを利用するのであれば「SNS音楽データフリー」(月額480円)をチョイスするとよいでしょう。

契約初月のプラン料金は日割り計算となります。料金の支払い方法は、クレジットカード、またはLINE Payカードを選択できます。

公式をチェック!

LINEモバイルの特徴はデータフリーオプション!

画像出展:https://mobile.line.me/plan/

LINEモバイルの最大の特徴はSNSの利用料金を無料化するオプション「データフリー」です。

月額無料のオプションである「LINEデータフリー」での無料対象は「LINE」のみですが、月額280円の「SNSデータフリー」オプションでは、LINEに加えて「Facebook」「Twitter」利用時の通信のデータ量をカウントしません。

さらに月額480円の「SNS音楽データフリー」オプションでは、「Instagram」や「LINE Music」「Spotify」「AWA」などのコンテンツ利用時の通信料を、有料データ容量にカウントしない「データフリー」が無料で付帯しています。

テキストのみで利用している分には、SNSは大したデータ量を消費する訳ではありませんが、写真や動画などを送ったり、ダウンロードする等の機会が多い場合にはデータ容量をかなり消費してしまいます。

その点、LINEモバイルであれば、「データフリー」によって、LINE・Facebook・Twitter・Instagram等を利用した際の通信でデータ容量が減る事はないので安心です。

また、月間のデータ容量を使い切って速度制限がかけられた状態でも、各データフリーオプションの対象SNS・コンテンツを利用する場合には、速度制限の対象とならず高速通信のまま利用する事ができます。

 いつでも電話・10分かけ放題

画像出展:https://mobile.line.me/plan/

「いつでも電話」は、料金が割安な通話回線を経由する事で、通常の通話料金(20円/30秒)を半額(10円/30秒)にするサービスです。「いつでも電話」の識別番号(特番)を相手先電話番号の先頭に手動で付加するか、特番付加を自動的に行う専用アプリを経由して発信することで適用となります。

いつでも電話の利用に費用は掛かりません。専用アプリを使うだけで電話料金を半額にすることが出来ます

また、880円の月額料金を支払う事で、通話開始から最初の10分間を無料にする「10分かけ放題」を利用する事ができます

ただし、特番付加(またはアプリからの発信)が条件とる点には注意しましょう。

通常の電話アプリでの発信は半額通話もかけ放題も適用となりません。

その他LINEモバイルの選べるオプションサービス

データフリーとかけ放題以外のLINEモバイルのオプションを紹介します。

月額料金内容・注意点など
端末保障450円/月持ち込み端末の場合は500円/月
データ追加購入500円~/回500円/0.5GB、1,000円/1GB

LINEモバイル【口コミ】

アイコン
会社

LINEモバイル(ラインモバイル)

月額料金
1,200 円
総合評価
4.5/5点
料金 5.0/5点
速度 4.0/5点
アイコン
会社

LINEモバイル(ラインモバイル)

月額料金
1,200 円
総合評価 4.5/5点
コメント40代 女性投稿日:2019/07/30
兎に角安い。通信速度もライン位しか使わないので関係なし。 Wi-Fiも併用してギガも十分足りる。家族にも勧めた。
▼よく使う機能
  • メール・LINE
  • ウェブ閲覧
  • SNS
  • 動画・音楽
  • ゲーム
  • マップ
  • その他
アイコン
会社

LINEモバイル(ラインモバイル)

月額料金
2,000 円
総合評価
4.5/5点
料金 5.0/5点
速度 4.0/5点
アイコン
会社

LINEモバイル(ラインモバイル)

月額料金
2,000 円
総合評価 4.5/5点
コメント30代 女性投稿日:2016/12/27
ドコモからLINEモバイルに乗り換えてから月額料金が3分の1以下になり、非常に満足しています。 格安SIMはお昼時に通信速度が落ちると聞いていたのですが、LINEモバイルはお昼時でも快適に利用できています。 また、私はLINEやFacebookをよく使うのでその通信量が無料になるのも安心です。
▼よく使う機能
  • メール・LINE
  • ウェブ閲覧
  • SNS
  • 動画・音楽
  • ゲーム
  • マップ
  • その他

もっと見る

LINEモバイル【通信速度・通信エリア】

通信エリアはそれぞれ回線の提供元によって違います。ソフトバンク回線はソフトバンクのサービスエリアに、ドコモ回線はドコモのサービスエリアに、au回線はauのサービスエリアに準じています。

LINEモバイルはソフトバンク回線の通信速度が速い!

LINEモバイルはドコモ/au/ソフトバンクの回線が選べるトリプルキャリアという特徴があります。

月額料金はどのキャリアの回線を選んでも同じですが、通信速度はソフトバンク回線が速いです。

LINEモバイルがソフトバンクの子会社であることもあり、今後もソフトバンク回線が速い状況が続く可能性が高いでしょう。

通信速度計測条件

  • 計測地:東京都渋谷区
  • 計測時間帯:朝(10:00頃)、昼(12:00~13:00)、夕方(17:00頃)
  • 計測アプリ:Ookla「Speedtest.net」

LINEモバイルの通信速度(毎月更新)

ソフトバンク回線の通信速度

ドコモ回線の通信速度

※通信速度は、利用する日や時間帯、場所、混雑状況によって大きく変動してします。そのため、日によって通信速度が速い遅いと感じる場面が予想されます。あらかじめ把握しておきましょう。また、お昼時(12:00~13:00)はスマホの利用者が多く、通信速度が遅くなりがちです。混雑時間帯での利用には注意が必要です。

通信速度の目安

公式をチェック!

LINEモバイル【申込方法・MNP】

申し込みは「公式ホームページ」、「店舗」で行います。

LINEモバイルの申し込み方法

  • 下記の"公式をチェック!"をクリック(タップ)
  • "申し込む"をクリック(タップ)
  • プラン選択
  • 登録情報入力
  • 本人確認
  • 支払い方法選択
  • ログインID・パスワード設定
  • 完了
公式をチェック!

店舗で申し込む場合は後述の必要書類を持参しましょう。

LINEモバイルの店舗

LINEモバイルには"取扱店"があります。

LINEモバイルの店舗情報を見てみる

申し込みに必要な書類

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)

本人確認書類は以下の13点のいずれかです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害者手帳
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書

補助書類は"公共料金領収書"、"住民票"のいずれかです。

LINEモバイル【販売機種】

Motorola moto e6s
販売価格
12,000円
分割払い時
約 500円 x 24回
Motorola moto g8 power lite
販売価格
19,800円
分割払い時
約 825円 x 24回
OPPO Reno3 A
販売価格
36,800円
分割払い時
約 1,620円 x 24回
Xiaomi Redmi Note 9S
販売価格
22,800円
分割払い時
約 1,030円 x 24回
HUAWEI nova lite 3+
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,100円 x 24回
Apple iPhone SE(第二世代)
販売価格
46,800円
分割払い時
約 1,950円 x 24回
Motorola moto g8
販売価格
23,800円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
Motorola moto g8 plus
販売価格
35,500円
分割払い時
約 1,560円 x 24回
FUJITSU arrows M05
販売価格
35,800円
分割払い時
約 1,590円 x 24回
HUAWEI nova 5T
販売価格
54,500円
OPPO A5 2020
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,190円 x 24回
OPPO Reno A
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,320円 x 24回
OPPO Reno 10x Zoom
販売価格
88,000円
HUAWEI P30
販売価格
77,880円
HUAWEI P30 lite
販売価格
32,880円
分割払い時
約 1,470円 x 24回
Apple iPhone 7
販売価格
40,800円
分割払い時
約 1,800円 x 24回
公式をチェック!

LINEモバイルの端末保障

LINEモバイルでは万一の故障に備えて端末保障も用意されています。

LINEモバイルで購入した場合には450円/月、他社端末などを持ち込んで利用する場合には500円/月で、端末保証をつけることができます。 金額以外にも若干保証内容が異なっているので注意しましょう。

LINEモバイルで購入した端末の場合

対象機器LINEモバイルでセット購入した端末
月額料金450円
利用機会年2回まで
交換端末原則、同一機種・カラーの新品もしくはリフレッシュ品
修理・交換費用1回目:5,000円
2回目:8,000円
保証範囲故障・水濡れ・破損
保証期間3年間
交換端末到着期間約2日
その他18時まで受付は当日発送(交換端末・返送キット)
交換機はAPN設定済み

持ち込み端末の場合

対象機器持ち込みスマートフォン(Andorid/iPhone)
月額料金5000円
利用機会年2回まで
交換端末同一OSの新品もしくはリフレッシュ品
別機種の可能性あり。指定不可
修理・交換費用1回目:4,000円
2回目:8,000円
保証額条件50,000円まで
保証範囲自然故障: 発売日から3年間
水濡れ・破損: 解約まで
保証期間3年間
交換端末到着期間約2日
その他18時まで受付は当日発送(交換端末・返送キット)
代替機貸出有
IMEI登録必須

持ち込みiPhoneについて

LINEモバイルではiPhone 7(ソフトバンク回線のみ)を購入できますが、すでに持っているiPhoneを利用したい場合は下記を参考にしてください。

LINEモバイル(ドコモ回線)で利用できるiPhone

  • iPhone 5以降のSIMフリー版iPhone
  • ドコモ版iPhone
  • iPhone 6s以降のau版iPhone
  • iPhone 6s~7およびiPhone XS以降のソフトバンク版iPhone
※au版、ソフトバンク版のiPhoneはすべてSIMロック解除が必須です。

LINEモバイル(au回線)で利用できるiPhone

  • iPhone 6とiPhone 6s以降のSIMフリー版iPhone
  • iPhone 6s以降のドコモ版iPhone
  • iPhone 6s~7およびiPhone XS以降のau版iPhone
  • iPhone 6s以降のソフトバンク版iPhone
※ドコモ版、ソフトバンク版のiPhoneはすべてSIMロック解除が必須です。また、iPhone 7以前のau版のiPhoneもロック解除が必要です。

LINEモバイル(ソフトバンク回線)で利用できるiPhone

  • iPhone 5以降のSIMフリー版iPhone
  • iPhone 6s以降のドコモ版iPhone
  • iPhone 6s~7およびiPhone XS以降のau版iPhone
  • iPhone 5以降のソフトバンク版iPhone
※ドコモ版、au版のiPhoneはすべてSIMロック解除が必須です。

LINEモバイル【乗り換え後に必見!】

  • データ移行
  • 初期設定(APN設定)
  • マイページ
  • 解約・MNP転出

初期設定(APN設定)

SIMカードが手元に届いたらAPN設定をする必要がありますが、利用しているOSによって方法が違うので注意。

〈APN設定〉iPhone(iOS)編

持ち込みのiPhoneを利用する場合はiPhoneにSIMカードを挿入した後、LINEモバイルの構成プロファイルをインストールする必要があります。

注意点として、iPhoneは最大1つまでしか構成プロファイルを保持できないため、現在インストールされている構成プロファイルを一度削除する必要があります。そのうえで、LINEモバイルの構成プロファイルをインストールするようにしてください。また、Safari以外では構成プロファイルはインストールできないため、必ずSafariでアクセスしましょう。

LINEモバイルの構成プロファイル

〈APN設定〉Android編

持ち込みのAndroidのAPN設定は手入力になります。SIMフリースマホとして販売されている製品はすでにAPN情報が登録されている場合が多いですが、見つけられない場合は下記の情報を"設定"⇒"その他の設定"⇒"モバイルネットワーク"⇒"アクセスポイント名"から手入力後に"保存"してください。

名前(任意)
APNline.me
ユーザー名[email protected]
パスワードline
認証タイプPAPまたはCHAP

そのほかの項目は空欄またはそのままで大丈夫です。

マイページ

LINEモバイルのマイページへのログインには、"ID"と"パスワード"が必要です。それぞれ契約時に登録したものになります。

LINEモバイルのマイページでは"利用状況"や"契約内容確認/変更"、"各種手続き"などを行うことができます。

支払方法変更

支払い方法の変更はマイページへログイン後、"契約内容確認/変更"→"支払方法・ポイント利用"→"支払方法"→"変更する"から行うことができます。

プラン変更

マイページへログイン後、"契約内容確認/変更"→"プラン・オプション"→"プラン情報"→"変更する"から変更できます。

解約・MNP転出手続き

LINEモバイルの解約手続きはウェブサイトからになります。

電話は店舗では行えないので注意。

マイページへログイン後に、"各種手続き"→"MNP転出・解約"から解約できます。

LINEモバイルの解約(手順・注意点など)について詳しく

SIMカード返却(解約後)

LINEモバイル解約後はSIMカード返却義務があるので、速やかに返却しましょう。

SIMカード返却先〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンターLINEモバイル株式会社 返却窓口
公式をチェック!

「LINEモバイル(ラインモバイル)」の記事一覧

110 / 14
公式をチェック!