1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM徹底解説!人気MVNO比較
  3. 《bps・PING・上り・下り》とは?通信速度の重要用語を徹底解説

《bps・PING・上り・下り》とは?通信速度の重要用語を徹底解説

最終更新日:
《bps・PING・上り・下り》とは?通信速度の重要用語を徹底解説

bpsは1秒間に運べるデータ量を意味し、通信速度を表す大切な数値です。また、PINGは応答速度を表しているため、オンラインゲームやSkype・LINE通話に関わってくる重要な数値です。今回は具体的な目安の数値を交えながらbps・PINGの解説をしていきます。通信速度の速い・遅いを見極めてSIMを契約できるようになりましょう!

通信速度の単位について解説!

スマホくん
スマホくん

通信速度を調べたら「上り下り」とか「bps・PING」って出てきたけどどういう意味なんだろう?

格安SIMを利用する上で気になるのが通信速度ですよね。 上り下り最大◯◯Mbpsと紹介している格安SIMが多いですが、「そもそもbps・PINGってなに?」「上り下りってなに?」「最大〇〇Mbpsって何ができるの?」と疑問に思いませんか?

そんな方にもわかりやすく通信速度について解説していきます!

通信速度に関する用語の一覧表

用語読み方意味
bpsビーピーエス1秒間に運べるデータ量を表す
上りのぼりデータの送信
下りくだりデータの受信
PINGピングサーバーからの応答速度
bitビット情報量の基本単位
Byteバイト情報量の基本単位でbit8個分の情報量

通信速度の単位《bps》とは?

通信速度を調べてみると登場する「bps」ですが、「そもそもbpsってなに?」と感じる方も多いでしょう。

bpsは「bits per second」の略で、1秒間に運べるデータ量の値になります。

bpsの大きさは下記の一覧の通りです。

  • 1000bps=1Kbps(キロビーピーエス)
  • 1000Kbps=1Mbps(メガビーピーエス)
  • 1000Mbps=1Gbps(ギガビーピーエス)
すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

bpsの単位は上記のように数え、キロ→メガ→ギガの順に速度が速いということになります!

1秒間に運べるデータ量を詳しく解説!

スマホくん
スマホくん

bpsは1秒間に運べるデータ量ってわかったけどどれくらい運べるの?

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

その質問を待っていました!実はbpsの数値を8で割ると1秒間に送受信できる数値を求められるのです!

データ通信量はKB(キロバイト)やMB(メガバイト)、GB(ギガバイト)と表していますよね。 このBite(バイト)は情報量の基本単位bit(ビット)の8個分なので1Byte=8bitとなります。

  • 運べるデータ量÷bit

つまり、bps÷8を求めれば1秒間にどれくらいのByte(データ量)を送受信できるのかを求めることができます!

例えば、受信最大200Mbpsの場合

  • 200÷8=25

となるので、1秒間に25MBのデータ量を受信できます。

受信最大500Kbpsの場合は

  • 500÷8=62.5

なので、1秒間に62.5KBの通信量を運ぶことができます!

通信速度でよくみる《上り下り》とは?

スマホくん
スマホくん

格安SIMの通信速度の表記に「上り〇〇Mbps」「下り〇〇Mbps」って書いてあったけど「上り下り」ってどういう意味?

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

「上り下り」とは送受信のことを意味しています。送受信とは、データ通信を受け取る速度データ通信で送る速度のことです。

例えば、下記のように分別されます。

上り/Upload(送信)メールやLINEの送信
データのアップロード(写真や動画の投稿等)
下り/Download(受信)インターネットの閲覧
アプリのダウンロード
動画視聴

通信速度の計測結果で最初に見るべきは《下り》の速度

インターネットの閲覧や動画視聴などでは下りのデータ通信を行なっています。 つまり、サイトページの読み込みが遅い!全然動画が進まない!と感じるときは受信速度が対象のコンテンツ(WEBサイトや動画など)のデータ量を受信できる速度で通信できていないという事になります。

スマホくん
スマホくん

いつも「速度が遅い!」って感じてたのは「下り」の速度が下がっていたからなのかぁ

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

そういうこと!けれど、頻繁にSNSへ写真や動画をアップしたり、投稿する方は上り(送信)の速度も忘れずに確認しましょう!

下り(Download)の目安

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

下りの速度はデータ通信の受信速度だということを紹介しました。そこで、インターネットの閲覧や動画視聴などではどれくらいのbpsを目安にすれば快適に利用できるのかを解説します!

下り速度目安

  • 高画質動画・ゲーム=30~60Mbps
  • 動画・ショッピングサイト=1~30Mbps
  • ホームページ・メール・LINE=200Kbps~1Mbps

上記が通信量の目安になります。

5~30Mbpsの受信速度であれば安定したデータ通信ができ、動画視聴やアプリのダウンロードをストレスなく行えます!

応答速度を表す単位《PING》とは?

スマホくん
スマホくん

「bps」は1秒間に運べるデータ量ってことがわかったけど「PING」ってなんだろう?

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

PINGは「応答速度」を表した単位です。実は「Skype通話」や「LINE通話」の時に重要な数値を表しています!

PINGはスマホやPCからデータを送信して、サーバーから応答が返ってくる速度のことを意味します。 例えると、壁にボールをぶつけてから返ってくるまでの速度ということです。

Skypeでの通話やLINE通話の際には常にデータ通信を送受信しているためPINGの数値が安定していないと音質が悪くなったり、通話が途切れてしまします。

オンラインゲームなどでも該当するのでゲーム好きの方も下記の表を目安にしっかり確認しましょう!

速度PING価(ms)
高速1~15ms
速い16~35ms
普通36~50ms
遅い50~100ms
かなり遅い100ms~

PINGの単位はms(ミリセカンド)と表し、数値が低ければ低いほど安定した速度で通信できることを表します。

実際に測ってみた! MVNO通信速度ランキング!

スマホくん
スマホくん

通信速度のことはわかったけど、通信速度が速い会社はどこなの?

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

その質問を待っていたよスマホくん!すまっぴー編集部が計測した格安SIM各社の通信速度の平均を求めてグラフにしてみました!

平均通信速度グラフ

東京都渋谷区で「SPEEDTEST」というアプリで計測し、2018年8月〜2018年10月までの計測結果の平均通信速度をグラフ化し、ランキング形式にしました。

※通信速度は場所や日時、インターネット環境によって変動するので注意が必要です。

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

さらに通信速度の結果TOP3を紹介します!

第1位【UQmobile(UQモバイル)】

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

第1位はUQモバイルでした!さすが業界最速のMVNOと納得できる平均速度です!

スマホくん
スマホくん

お昼時の平均速度が42.9Mbpsって速すぎる!何をしても困らない速度だぁ!

時間下り(Download)Mbps上り(UPload)MbpsPING(ms)
10:0043.04Mbps5Mbps29ms
12:3042.96Mbps4.83Mbps34ms
17:0037.03Mbps14.53Mbps30ms
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

第2位【Y!mobile(ワイモバイル)】

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

第2位はワイモバイルです!こちらも常に平均速度20Mbps代で安定した通信速度でした!

スマホくん
スマホくん

朝昼晩いつでも安定してデータ通信できるのは嬉しい!

時間下り(Download)Mbps上り(UPload)MbpsPING(ms)
10:0027.16Mbps12.49Mbps31ms
12:3027.8Mbps18.59Mbps35ms
17:0029.02Mbps14.73Mbps32ms
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

第3位【LIBMO(リブモ)】

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

第3位はリブモ!日中は平均速度10Mbps代でお昼時でも安定していました!

スマホくん
スマホくん

日中は安定してていいね!夜は一桁代だけど標準動画とかならサクサクだ!

時間下り(Download)Mbps上り(UPload)MbpsPING(ms)
10:0017.5Mbps13.9Mbps32ms
12:3014.3Mbps14.7Mbps36ms
17:004.54Mbps14.5Mbps53ms
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

上記3社がすまっぴー編集部で計測した通信速度ランキングTOP3の会社です! すまっぴー編集部では全16社の通信速度を計測しています。

ランクインできなかった13社の通信速度も下記リンク記事で紹介しているのでチェックしてみましょう!

格安SIMの通信速度、人気MVNO18社を徹底比較【2019年2月版】
関連記事格安SIMの通信速度、人気MVNO18社を徹底比較【2019年2月版】

通信速度は常に一定ではないため注意しよう!

まとめ

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

スマホくん「bps・PING」や「上り下り」について理解できましたか?

スマホくん
スマホくん

bpsは1秒間に運べるデータ量でPINGは応答速度!上りは送信、下りは受信の速度だってわかったよ!

通信速度は下り3Mbps以上あれば安定しているので動画やアプリのダウンロードもサクサクできます。 また、通話やオンラインゲームを利用する時にはPINGの数値も重要になるのでしっかりと確認しましょう!

通信速度は場所や時間、インターネット環境によって異なります。 特にお昼時は回線が混雑してしまうので通信速度が遅くなってしまうため注意が必要です。

どうしても遅い時は、端末を再起動してみたり、場所を移動してみるなどの応急処置をすることで改善されるケースもあるようなので試してみてください!

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
1180cf74a584008b316deef42a8bf98b
TKG

ドコモ歴約12年の根っからのドコモ野郎ですが最近格安SIMに乗り換えようか気持ちが揺らいでます。。。 みなさんにとってお得な情報をお届けできるように頑張ります!