1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOの通信速度やデメリットを徹底比較
  3. 格安SIMにキッズケータイはある?おすすめのMVNO4社を紹介!大手との比較も!

格安SIMにキッズケータイはある?おすすめのMVNO4社を紹介!大手との比較も!

最終更新日:
格安SIMにキッズケータイはある?おすすめのMVNO4社を紹介!大手との比較も!

格安SIMにキッズケータイのようなスマホはある?と考える親御さんは多いですよね。子どもに初めて持たせるスマホなら、安心・安全なものを使いたい!今回は、子どもでも安心して利用できるTONEモバイル・LINEモバイル・UQ mobile・イオンモバイルの4社を紹介します!

格安SIMには防犯ブザーなどがついたいわゆる"キッズケータイ"はありません。

しかし、子どもに持たせやすいプランやサービスを展開している格安SIMはあります。ドコモ、au、ソフトバンクのキッズケータイとの違いやそれぞれのメリット・デメリットを徹底的に解説します。

キッズケータイのように使える安心・安全な格安SIM4選!

子どもにスマホを持たせる際に気になるのは、「スマホによるトラブル」と、また小さいお子さんでも「簡単に利用できる操作性」ではないでしょうか。

大手キャリアでは防犯ブザー搭載のキッズケータイを販売しており、セキュリティー対策もキャリアの方で設定してもらえます。

しかし、大手キャリアでキッズケータイを購入しようとすると月額料金が高くなってしまって、なかなか購入に踏み出せませんよね。

そんなときにおすすめの方法は、格安SIMをキッズケータイのように利用することです。

実は格安SIMでも、子どもをトラブルから守ってくれるオプションをつけることができたり、簡単な操作ができるキッズモードが搭載されていたりするMVNOもあります。

そのようなMVNOが提供する格安SIMを利用することで、安い月額料金で安心してスマホを子どもに持たせることができるようになりますよ。

数ある格安SIMの中でも、キッズ向けのオプションを提供しているおすすめ4社を紹介します。

MVNO月額料金特長
TONEモバイル1,000円~子ども向けのオプションが標準搭載
LINEモバイル500円~無料のフィルタリングオプション&SNSカウントフリー
UQモバイル980円~大手サブブランドで安心&豊富な子ども向けオプション
イオンモバイル480円~安全と学習アプリをお届け!

今回は、お財布にも子どもにも優しい、キッズ向けスマホが利用できるおすすめMVNO4社を詳しく解説します。

安心して子どもにスマホを持たせられるように、しっかり確認していきましょう!

【TONEモバイル】子どもでも安心・安全に使える!

TONEモバイルは、TSUTAYAでお馴染み「CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)」のグループ企業である「トーンモバイル株式会社」が運営しているMVNOです。誰もが1度は耳にしたことがある有名なTSUTAYAから販売されているSIMなので、安心して利用することができますね。

TONEモバイルの魅力は?

TONEモバイルの魅力は、月額1,000円から利用できる安さ+専用端末TONE e19が利用できる点にあります。

シンプルな料金プランなので、初めて利用する方でも分かりやすく、また、スマホとセットで購入することもできるという買いやすさのメリットもあります。

安心機能で子どもにピッタリ

"安心機能"といういくつかの機能がプラン標準搭載なので、契約するだけですぐに子どもに持たせられます!

TONEファミリー・スマホの利用制限
・GPS機能(見守り)
あんしん電話・危険な可能性がある電話番号を警告
あんしんインターゲートオプション・フィッシング詐欺など有害サイトのアクセスを防ぐ

上表の機能がプランに組み込まれています。これらは、子どもの成長に合わせて制限を設けることもできます。

TONEモバイル専用端末《TONE e19》

TONEモバイル TONE e19
TONEモバイル TONE e19
販売価格
19,800円
分割払い時約825円×24回
画面サイズ5.93インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.1
カラー

TONEモバイルはお持ちのiPhoneを利用するか専用端末TONE e19を購入することで利用出来ます。

TONE e19は、24回払いなら月825円、一括なら19,800円で購入できるTONEモバイル専売のスマホです。スペックは控えめですが、子どもが利用するには十分な性能が備わっています。

サイズ高さ:約153.4mm
幅:約73.2mm
厚さ:約8.6mm
重さ166g
画面5.93インチ HD+ディスプレイ
バッテリー4,000mAh
カメラ背面:1,200万画素+500万画素
前面:800万画素
OSAndroid™ 8.1
Google Play™搭載
CPUSnapdragon 450 1.8GHz オクタコア
メモリ3GB
ストレージ32GB
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜
ドコモ

【LINEモバイル】18歳未満の利用者はフィルタリング設定が無料!

LINEモバイルは、コミュニケーションアプリ「LINE」で有名なLINEと大手キャリア ソフトバンクの合弁子会社が運営しているMVNOです。

TONEモバイルや大手キャリアのような専用端末の販売はありません。

LINEモバイルはフィルタリングオプションが無料

18歳未満が携帯を利用する場合、フィルタリング機能の設定が義務付けられていますが、格安SIMの場合ほとんどが有料オプションとして提供しています。

しかし、LINEモバイルなら「i-フィルター for マルチデバイス」というフィルタリングオプションに18歳未満なら無料で加入できます。

i-フィルター for マルチデバイス・有害サイトのフィルタリング
・インターネットの利用状況を見守る
・インターネットの利用制限

SNSがカウントフリーになるプランもあるLINEモバイルですが、利用制限などでスマホ中毒を防止できて便利です。

有料だがウイルス対策オプションも

月420円で「ウイルスバスターオプション」に加入することもできます。

ウイルスバスターオプション
マルチデバイス版
・プライバシー保護/SNS保護
・Web脅威対策
・不正アプリ対策/アプリの安全性チェック
・盗難/紛失時の対策
・スマホ最適化
・迷惑SMS迷惑着信対策
・保護者による使用制限
・不正サイト対策
・ウイルス/ランサムウェア/グレイウェア対策
・迷惑メール対策
・脆弱性対策/不正侵入防止
など
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

【UQモバイル】家族みまもりパック+安心フィルター

UQ mobile(UQモバイル)は、UQコミニュケーションズが運営しているMVNOで、auのサブブランドです。

UQモバイルは「家族みまもりパック」と「あんしんフィルターfor UQ mobile」を使うことで、スマホが子どもでも安心して使うことができるキッズケータイに早変わりですが、TONEモバイルや大手キャリアのような専用端末は販売していません。

UQモバイル《家族みまもりパック》

"家族みまもりパック"は、

  • みまもりサービス by Family Locator
  • Filli

がセットになったオプションで月380円で加入できます。

みまもりサービス・リアルタイム位置情報確認
・過去7日間の位置データ確認
・危険エリア/安全エリアの通知
Filli・SNS管理&分析
FiliiはiPhoneやUQモバイル以外の端末は利用できないので注意。

UQモバイル《あんしんフィルターfor UQ mobile》

"あんしんフィルターfor UQ mobile"は無料で加入できるフィルタリングオプションです。

Webのフィルタリング機能とアプリのフィルタリング機能が利用できます。

また、個別カスタマイズで小学生、中学生、高校生、高校生プラスの4段階でフィルターを設定できるので、成長に合わせて変更できます。

セキュリティーオプションも豊富

UQモバイルはセキュリティーオプションも豊富です。

  • UQ SNSセキュリティー by My Permissions(月350円)
  • ウイルスバスターモバイル for UQ mobile(月290円)

"UQ SNSセキュリティー by My Permissions"は、SNS管理ができるオプションで、SNSトラブルに不安を持っている親御さんにもおすすめできます!

ウイルスバスターモバイルはLINEモバイルのものと同様です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

【イオンモバイル】子どもパックで安全と学習アプリを提供!

イオンモバイルはイオンリテール株式会社が運営する全国のイオンモールで契約できるau回線とドコモ回線のMVNOです。

イオンモバイルでは安全にスマホを利用してもらうためのアプリと学習に役立てるためのアプリがセットになっている子どもパックを提供しています!

アプリの種類は11種類あり、フィルタリングサービスやセキュリティサービス、英語学習や辞典などのアプリが利用できます。

利用できるアプリは下記の通りになります!

安全利用アプリ学習アプリ
スマモリ
スマートフォンセキュリティ
Filii(フィリー)
超blueライト削減
えいご上手
ジーニアス英和・和英・国語
超便利ツールズ
スマートステラ
Tap10

子どもパックは月額150円で加入できます。

au回線とドコモ回線両方に対応しているオプションなのでイオンモバイルを利用する際におすすめです!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

大手キャリアの子ども向けプラン/機種

ドコモ、au、ソフトバンクはお子さん向けにキッズケータイ(ドコモ)、ジュニアケータイ(au)、キッズフォン(ソフトバンク)などのお子様専用端末や、キッズケータイプラン、ジュニアケータイプランなどお子様専用のプランを提供しています。

※下表は2019年8月現在オンラインショップに記載されているもの

キャリア専用機種専用プラン
ドコモキッズケータイ F-03Jキッズケータイプラン
aumamorino 4/mamorino 5ジュニアケータイプラン
miraie fジュニアスマートフォンプラン
ソフトバンクキッズフォン/みまもりケータイ4通話定額ライト(キッズフォン/みまもりケータイ)
ジュニアスマホ通常のプラン

まずは、3社の子ども向けサービスを見てみます。

《ドコモ》子ども向けサービス

ドコモでは"キッズケータイ"と"キッズケータイプラン"を提供しています。

月額料金500円(2年契約)
1,000円(2年契約なし)
国内通話料家族内通話無料
家族以外は30秒20円
モバイル通信利用不可

現在オンラインショップで販売されている機種は1機種(F-03J)で機種代金は11,664円となっています(2019年8月現在)。

また、キッズケータイプランに申し込めるのは12歳未満で、保護者もドコモを利用している必要があります

キッズケータイ/キッズケータイプランの特長

  • 防犯ブザー搭載
  • 子ども向けのかわいいSMSデザイン
  • カンタンでわかりやすい操作性
  • 抗菌コートで安全
  • 子どもにも持ちやすいサイズ
  • 防水・防塵性能(IP6X/X5およびX8等級)
  • おかえり通知
  • みまもりアラート
  • スマホからキッズケータイを編集

ドコモでキッズケータイを運用するプラン料金例

親御さんのどちらかはドコモを利用する必要があるので、現状最安のギガライト(1GB)だとしても2,980円と、お子さんの500円+機種代(486円)で最低でも計3,966円で運用することができます。

キッズケータイプランが安くても合計では格安SIMよりも高くなります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

《au》子ども向けサービス

auでは"ジュニアケータイ"と"ジュニアスマートフォン"、"ジュニアケータイプラン"と"ジュニアスマートフォンプラン"を提供しています。

ジュニアケータイプランジュニアスマートフォンプラン
月額料金500円(2年契約)3,920円(2年契約)
1,500円(2年契約なし)4,920円(2年契約なし)
国内通話料家族内通話無料
家族以外は30秒で20円
1時~21時のau携帯宛は無料
上記以外は30秒で20円
モバイル通信低速通信のみ2GB

いずれのプランも小学生以下の受付のみで、ジュニアケータイは低学年、ジュニアスマートフォンは高学年の小学生に向いている印象です。

ジュニアケータイおよびジュニアスマートフォンはオンラインショップでは販売していないので販売価格は店頭で確認してください(予約は可能)。

  • mamorino 5(ケータイ)
  • mamorino 4(ケータイ)
  • miraie f(スマホ)

ジュニアケータイの特長

一部機能は保護者もau回線を契約している必要があるためショップで確認しましょう。

  • 居場所確認/連続居場所通知
  • お家だよ通知
  • 安心ナビ(有料)
  • 大音量防犯ブザー
  • ココセコム対応
  • 出かけるよアラーム
  • 出ないときガイド
  • 着信自動応答
  • 電池残量通知
  • 電源オフ通知
  • 発信者・送受信制限
  • 耐衝撃・防水・防塵

ジュニアスマートフォンの特長

一部機能は保護者もau回線を契約している必要があるためショップで確認しましょう。

  • フィルタリング
  • フィルタリングレベル設定
  • アプリ利用制限
  • 利用時間制限
  • あんしん文字入力
  • カメラ機能付きブザー
  • 通報サービス
  • 現場急行サービス(有料)
  • 安心ナビ(有料)
  • auスマートパス利用可

auでジュニアケータイ/ジュニアスマートフォンを運用するプラン料金例

機種代金が不明のため明確な料金はわかりませんが、auの場合、保護者がauを契約していなくても単独契約できるので、最安だと「月500円+機種代金」で運用できます。

しかし、"家族内無料通話"や"安心ナビ"のサービスは親もauを利用している必要があるので、単独契約では利用が出来ない点は注意。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au

《ソフトバンク》キッズフォン/みまもりケータイ4/ジュニアスマホ

あまり知られてはいませんが、ソフトバンクは大手キャリアの中ではもっとも子ども向けのプランに力を入れている印象です。

"キッズフォン"と"みまもりケータイ4"は"通話定額ライト"のプラン、"ジュニアスマホ"は通常のプランで運用できます。

通話定額ライト(キッズフォン/みまもりケータイ4)

月額料金490円(2年契約)
1,990円(2年契約なし)
国内通話料1回5分以内の国内通話が無料
ソフトバンクどうしの家族通話が24時間無料
モバイル通信利用不可
メール(MMS)無料

新規申込時に12歳以下であること、キッズフォンまたはみまもりケータイ4の購入をすること、新スーパーボーナス契約であることが条件となっています。

キッズフォンは一括18,720円、みまもりケータイ4は一括6,720円店頭で販売しています。(分割払い可)

通話基本プラン(ジュニアスマホ)

月額料金3,980円~8,480円
国内通話料ソフトバンクどうしの家族通話が無料
それ以外は20円/30秒
モバイル通信
かけ放題+500円(1回5分かけ放題)
+1,500円(24時間かけ放題)

通常のプランと同様なので、家族がソフトバンクを利用している場合は家族割で500円~2,000円の割引が適用されます。

また、ジュニアスマホは専用の機種ではなく、対象のiPhoneやAndroidスマホをジュニア向けの仕様に変更するだけなので、不要になったら元の状態に戻すことで長く利用できるというメリットがあります。

ただし、申込は店頭のみとなっています。

キッズフォン/みまもりケータイ4の特長

一部機能は保護者もソフトバンク回線を契約している必要があるためショップで確認しましょう。

▼キッズフォン

  • 防犯ブザー
  • みまもりマップ
  • 知らない人の通話/メールをブロック
  • 防水・防塵・耐衝撃
  • プロの警備員駆けつけサービス

▼みまもりケータイ4

  • 防犯ブザー
  • 位置ナビ
  • みまもりGPSアプリ
  • 防犯ブザーで自動発信
  • 高速移動を検知で自動メール送信
  • 知らない人の通話ブロック
  • 防水・防塵・耐衝撃
  • プロの警備員駆けつけサービス

ジュニアスマホの特長

一部機能は保護者もソフトバンク回線を契約している必要があるためショップで確認しましょう。

  • 有料コンテンツの購入をブロック
  • 有害サイトや利用アプリを制限
  • お子さんが使いやすい専用ホーム画面
  • 専用機種ではなくみんなと同じスマホを利用できる(iPhone含む)

制限したサイトやアプリはお子さんのリクエストがあれば保護者のスマホで個別に解除することができます。

ソフトバンクでキッズフォン/みまもりケータイ4/ジュニアスマホを運用するプラン料金例

みまもりケータイ4は機種代金が6,720円なので分割24回払いにした場合は月280円で基本料金は490円なので最安だと計770円/月(2年契約)となります。

キッズフォンはみまもりケータイ4よりも機種代金が高いので、計1,270円/月(2年契約)で運用できます。

ジュニアスマホは機種によって金額の差が大きいのでなんとも言えませんが、たとえば現行最安のiPhoneと最安プランで運用する場合でも、計6,680円/月(2年契約)とかなり高額となります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
3,980円〜
ソフトバンク

比較!子ども向けプラン!【格安SIM vs大手キャリア】

格安SIMでキッズ向け最安はTONEモバイルで、月額1,000円のプラン料金と専用端末19,800円(24回分割:825円)なので、スマホを月1,825円で利用できます。

大手キャリアに遜色のないお子様向けのサービスもあるので、かなりおすすめできます。

一方大手キャリアは、最安はソフトバンクの770円/月ですが、親がソフトバンク回線を利用していないと利用出来ない機能があり、もし親も使うとなると5,000円~6,000円の携帯料金がプラスされます。

また、みまもりケータイは本当に子ども向けなので小学校高学年になると機種変更をすることになり、さらに出費がかさみます。

小学校の6年間利用すると考えるならTONEモバイル、割り切って低学年と高学年で分けて考えるなら大手キャリア(特に保護者が大手キャリアユーザーの場合)をおすすめします。

格安SIMでもキッズケータイと同じように利用することができる!

格安SIMでもキッズケータイと同じように利用することができる!

格安SIMには下記のようなオプションが搭載されている格安SIMがあります。

  • スマホの利用制限
  • GPS機能
  • フィルタリング

実は、格安SIMでも安心して子どもに持たせられる、ということが今回の記事を読んだことで理解できたのではないでしょうか。

これらのオプションがあるだけで、子どもに持たせても安心なスマホに早変わり!もちろん、大手キャリアで運用するよりも安い月額料金で利用することができるから、料金面でも安心することができます。

数多くあるMVNOの中でも、TONEモバイル・LINEモバイル・UQモバイル・イオンモバイルはおすすめできます。

さらに、キッズケータイのようなスマホを持たせたいなら、キッズ向けに特化しているTONEモバイルが特におすすめできます!

TONEモバイルなら、オプション込みの月額料金が1,000円+で利用することができるので、安い月額料金で日々安心して持たせることができます。おサイフにも子どもにも優しいTONEモバイルを要チェックです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜