1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOの通信速度やデメリットを徹底比較
  3. 初期費用無料キャンペーンで契約できるMVNOの格安SIM【2020年8月】

初期費用無料キャンペーンで契約できるMVNOの格安SIM【2020年8月】

最終更新日:
初期費用無料キャンペーンで契約できるMVNOの格安SIM【2020年8月】

格安SIMには基本的に新規契約手数料がかかり、初期費用として3,000円程度を支払う必要があります。しかし、キャンペーンで初期費用が無料または無料相当になる格安SIMあるので、紹介していきます。

格安SIMを契約する際は、必ず初期費用が発生します。

初期費用は「登録事務手数料」や「契約事務手数料」と呼ばれ、通常3,000円前後となっています。

格安SIMを新規契約するには、初期費用や解約手数料に注意しながら契約しなければなりません・・・。初期費用無料(または無料相当)で新規契約できるお得なキャンペーンを実施中の格安SIMを紹介します。

【2020年8月】初期費用無料で契約できる格安SIM!!

2020年8月時点、以下の5社で初期費用無料キャンペーンを行っています。

《BIGLOBEモバイル》初期費用分がポイント還元

キャンペーン期間:2020/07/01~2020/8/31  

BIGLOBEモバイルでは、Web限定でキャンペーン期間中に3ギガプラン以上の音声通話SIMに申し込むと初期費用分のポイントが還元されます!
(クーポンコード「DGM」を入力する必要があります)

SIMのみの契約がキャンペーンの対象で、6か月間1,600円割引も併用できるのでかなりお得です。詳しくは下記のキャンペーン記事または公式ウェブサイトをご覧ください!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

《IIJmio》全プランの初期費用3,000円が1円!

キャンペーン期間:2020/07/01~2020/08/31

IIJmioではキャンペーン期間中に新規で申し込んだ方の初期費用3,000円が1円になります。

データSIMでもSMS機能付きSIMでも音声通話SIMでもキャンペーン対象となっているので、気軽に申し込めます。詳しくは下記のキャンペーン記事または公式ウェブサイトをご覧ください!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

《ワイモバイル》Webからの申し込みは初期費用無料!

キャンペーン期間:なし

ワイモバイルは*Webからの申し込みであれば初期費用が無料になります!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ソフトバンク
ワイモバイル

《エキサイトモバイル》初期登録手数料無料が無料

キャンペーン期間:2020/08/01~

期間中に申し込むと初期登録手数料3,000円無料になります!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

《楽天モバイル》初期費用3,300円相当の楽天ポイントが貰える

キャンペーン期間:2020/03/03~終了日未定

楽天モバイルでは事務手数料3,300円を全額ポイント還元しています。

ポイントを受け取るには「Rakuten UN-LIMIT」契約後「Rakuten Link」のアクティベーションを行う必要があります。Rakuten LinkはAndroid専用アプリで、iOSでは利用できないため注意してください。

初期費用キャンペーンを利用してお得に運用しよう!

格安SIMを契約するにはどうしても初期費用がかかってしまいますが、キャンペーンを利用すれば無料にできることもあります。

キャンペーンは期間限定のことが多いので、チャンスをお見逃しなく!

本記事で紹介している該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

2020年8月現在初期費用無料(または無料相当)を開催していいるMVNO一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ソフトバンク
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
0円〜
ドコモ
au
楽天
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜