楽天モバイルはSIMフリースマホが安い!

楽天モバイルのキャンペーン情報

楽天モバイル SIMフリースマホ 夏トクキャンペーン!

楽天モバイル 夏トクキャンペーン

楽天モバイルでは、SIMフリースマホが一括980円から購入できる、夏トクキャンペーンを実施中です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)

楽天モバイルはこんな方におすすめ!

楽天ポイントを貯めている人

楽天モバイルは楽天ポイントが貯まる楽天ポイントが支払いに使えるというのが大きな特徴です。
その他のMVNOにもポイントが貯まるサービスがありますが、楽天モバイルほど貯まるサービスはありません。

楽天市場やポイントアップキャンペーンを利用すれば、ポイントだけでスマホ代を全額支払うことも十分可能です。

格安スマホでもかけ放題を使いたい人

楽天モバイルは格安スマホのなかでも珍しい、完全かけ放題5分以内かけ放題の2種類が用意されています。

このかけ放題ラインナップは大手キャリアと同等で、格安スマホにしたいけど現在と同じように使いたい・・・というひとには安心です。

店舗があると安心という方

楽天モバイルは専門店舗が多いというのも特徴です。楽天モバイルは2017年7月現在、42店舗の直営店があります。

今後も店舗が増えていくことが予想されるため、困ったときは店舗に行きたい!という人におすすめです。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルは5つのデータ量から自分に合ったプランを選ぶことができます。

データSIM (ネットのみ) 通話SIM (ネット+通話)
低速無制限525円1,250円
5GB/月1,450円2,150円
10GB/月2,260円2,960円
20GB/月4,050円4,750円
30GB/月5,450円6,150円

なかでも、最安値のベーシックプランは他社でもすくない、低速無制限プランです。

低速無制限プランとは、200kbps(メール・LINEが使える)程度の通信速度に制限されますが、その分月額料金が安いプランです。
スマホはほとんど使っていない人におすすめです。

楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!
関連記事 楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!

楽天モバイルの取り扱い端末一覧

楽天モバイルでは多くの端末をセットで購入可能です。
端末を多く扱っていることは、最初選べる選択肢が豊富であることに加えて、機種変更の際も選択肢が多いという特徴があります。

楽天モバイルでは定期的に、SIMフリースマホの割引キャンペーンを行っているので端末にこだわりたい人にもおすすめできます。

FUJITSU Arrows M03
販売価格
19,800
分割払い時
891円 x 24
HUAWEI nova lite
販売価格
15,800
分割払い時
711円 x 24
HUAWEI honor8
販売価格
27,800
分割払い時
1,251円 x 24
HUAWEI P9Lite
販売価格
12,700
分割払い時
571円 x 24
SHARP AQUOS SH-M04
販売価格
18,800
分割払い時
846円 x 24
HUAWEI Mate 9
販売価格
49,700
分割払い時
2,236円 x 24
ASUS Zenfone3 Max
販売価格
9,800
分割払い時
441円 x 24
HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE
販売価格
10,980
分割払い時
494円 x 23
ASUS Zenfone Go
販売価格
19,800
分割払い時
891円 x 24
VAIO VAIO Phone Biz
販売価格
54,800
分割払い時
2,466円 x 24
HUAWEI Media Pad M3
販売価格
37,800
分割払い時
1,701円 x 24
ASUS Zenfone3
販売価格
27,800
分割払い時
1,251円 x 24
HUAWEI nova
販売価格
34,700
分割払い時
1,561円 x 24
HUAWEI P10
販売価格
58,800
分割払い時
2,450円 x 24
HUAWEI P10 lite
販売価格
24,800
分割払い時
1,033円 x 24
SHARP AQUOS SH-RM02
販売価格
12,700
分割払い時
571円 x 24
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
販売価格
23,800
分割払い時
1,071円 x 24
SHARP AQUOS mini SH-M03
販売価格
29,800
分割払い時
1,341円 x 24
ZTE BLADE E01
販売価格
880
分割払い時
39円 x 24
ASUS ZenPad(10インチ)
販売価格
29,800
分割払い時
1,341円 x 24
ASUS MediaPadM2 8.0
販売価格
39,800
分割払い時
1,791円 x 24
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800
分割払い時
1,566円 x 24
楽天モバイルで買うべきおすすめ機種端末、4選【2017年7月】
関連記事 楽天モバイルで買うべきおすすめ機種端末、4選【2017年7月】

楽天モバイルのメリット

月額料金が楽天ポイントで支払い可能

2016年7月から楽天モバイルでは月額料金が楽天ポイントで支払い可能になりました。
楽天モバイルに申し込むと通常よりも楽天ポイントが貯まりやすくなります(2倍~7倍)

これまでは楽天一番でのショッピングでしか使えなかったポイントですが、楽天モバイルの支払いに使えるようになったのでさらに無駄なく貯めた楽天ポイントを利用できます。もちろん期間限定ポイントも利用可能です。

MNP即日対応

楽天モバイルでは利用不可期間なしでMNPでの番号引継ぎか可能です。

申し込み時に楽天モバイル開通受付センターに電話して開通するにチェックを入れることで利用不可期間なしでの申し込みが可能です。

SIMカード到着後に開通センターに電話連絡することで当日、もしくは翌日に切り替え完了します。
切り替え完了までは切り替えの前の携帯電話が利用可能です。

チェックをしなかった場合はMNP切り替え後の発送となるため、SIMカード到着までの数日間携帯電話が利用不可となります。

データ繰越対応

楽天モバイルは前月利用後の余ったデータ繰越が可能です。
余ったデータ量は翌月に優先的に使われます。2か月以上を繰り越すことはできません。

初月無料

楽天モバイルの契約月の利用料は無料です。

プランの容量変更が無料でできる!

楽天モバイルは容量変更が無料で行えます。
「楽天モバイルマイページ」からプラン変更を選択することで容量の変更が可能です。

データ量の買い足しは割高になるため、データ制限によくかかる状況であればより上位のプランへの変更をお勧めします。

楽天でんわを使えば通話料が半額に

格安SIMの通話料は通常30秒当たり20円ですが、「楽天でんわ」に申し込みの上、専用アプリから発信すれば半額の30秒当たり10円での通話が可能です
。楽天でんわは申し込み時に無料で簡単に申し込めるため、楽天モバイルで契約する方は必ず加入することをおすすめします。

IP電話サービスと違い、ナンバープレフィックスという音質劣化のない技術を用いているため通常の電話と同じ音質で通話できます。

セット購入可能なSIMフリースマホが豊富!

楽天モバイルでは「ArrowsM03」や「Zenfone3」といった最新SIMフリースマホから、MVNOでは独占販売となっている「honor8」など非常に多くの端末をセット購入可能な点が特徴です。

また、最新機種から過去の人気機種まで多くの機種を割引販売していることも多いためSIMフリーセットで購入するなら安くで契約できるケースが非常に多いです。

楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!
関連記事 楽天モバイルのベーシックプランはスマホをほぼ使わない人専用プラン!

電波エリアはドコモと同じ

楽天モバイルはドコモ電波を利用して通信サービスを提供しています。
よって電波エリアはドコモと同じです。地方や田舎で圏外になるのではないかと心配な方もドコモが通じえるエリアであれば間違いなく使えるので安心です。

口座振替・デビッドカードでの支払いも可能

格安SIMはクレジットカードでしか支払いが行えないケースも多いのですが、楽天モバイルはデビッドカードでの支払いも可能です。
デビットカードはクレジットカードとは違い利用したその場で引き落としになります。

楽天銀行に口座があればデビットカードを利用することができるため、楽天銀行口座をつくるのもおすすめです。

専用アプリで自分の利用容量が簡単にわかる

楽天モバイルユーザー専用の「楽天モバイルアプリ」を利用すれば自分が月間でどれだけの容量を使用しているかが一目でわかります。

また、アプリから高速通信と低速通信を切り替えができます。少ないデータ容量のプランを契約してもこまめに節約すれば月末まで十分快適に使えます。

楽天モバイルアプリ

楽天モバイルのデメリット

コミコミプランの最低利用期間は24か月とやや長め

楽天モバイルのプランの中でも非常にお得なコミコミプランですが、最低利用期間には注意が必要です。
通常のプランではデータSIMの場合は最低利用期間なし、通話SIMの場合は最低利用期間12か月となっています。

しかし、コミコミプランの場合は24か月の最低利用期間となってしまうため、途中での乗り換えを検討している方にはお勧めできません。

また、解約後もこれとは別に端末分割代金が必要となるので、コミコミプランを契約する際は24か月は使うという気持ちで利用するのがおすすめです。

楽天モバイルの解約金と最低利用期間

最低利用期間解約金
データSIMなしなし
通話SIM12か月9.800円
コミコミプラン24か月9.800円

楽天モバイルの通信速度と電波状況

楽天モバイルの電波エリアはドコモと一緒

楽天モバイルはドコモから回線を借りて運営されているため、電波エリアはドコモと同じです。

地方や田舎であっても、ドコモ回線が利用できる場所であれば楽天モバイルも問題なく利用できます。

通信速度はMVNOのなかでもやや速い

楽天モバイルの通信速度は他のMVNOと比較してやや速いという評価です。
平日の昼間だと500kbps~1Mbpsでネットの閲覧に少し不満を覚える程度です。

それ以外の時間帯では1Mbpd~5Mbpsの速度が出るため動画でも快適に利用できます。

楽天モバイル 通信速度の実測値

楽天モバイルの通信速度を測定しました。
利用者の少ない14時ごろですが、十分な速度が出ています。

楽天モバイル 通信速度

その他の時間帯については、下記記事を参考にしてください。
すまっぴーでは毎月格安SIMの通信速度を計測・比較しています。

格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】
関連記事 格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】
楽天モバイル通信速度を徹底解説【4社で速度比較】
関連記事 楽天モバイル通信速度を徹底解説【4社で速度比較】

楽天モバイルの評判・口コミ

楽天モバイルは非常に利用者が多い格安スマホです。

利用者が多くなると、賛否両論になりやすいのですが口コミを見ていると満足している人のほうが多いようです。
特に、料金面の評価は非常に高いです。

一方で、通信速度に関しては多少の不満がある人もいるようです。
通信速度は格安SIMを利用するうえで避けられない部分なのでしっかり確認してから契約したいですね。

総合評価
 (4.5)

思った以上に速度も速く、満足です3.1GBプラン データSIM
 (4.0)

海外から帰って来たばかりで携帯電話を契約するのがめんどくさかったので丁度良さそうな物を探していました。向こうだとSIMフリーの携帯が普通でプリペイド用のSIMがコンビニで売っていて気軽に買えたのですが、こっちだとそうもいかず。。。楽天カード会員なのでメールでお知らせが来て、値段も安かったので早速申し込みました。可もなく不可もなく、という感じですが思ったより通信速度が速いので使えそうです。来年からはプランをもう少し大きい物にする予定です。

スマホ料金が3分の1以下になりました3.1GBプラン 通話SIM
 (5.0)

月に7千円以上使っていた時から比べると、スマホにかかる料金は3分の1以下になり、価格面では言うことなしです!通信状態も以前と何ら変わりなく、もっと早く変えれば良かったと思うほど。 毎月の支払いで、わずかですが楽天スーパーポイントもつくので、お得感がより増します。 使っているSIMフリー端末も、3万円ほどのものをチョイスしたので、初期投資の価格も抑えることができました。ZenFone5を使用していますが、価格の割に高スペックな機種と言われているので、iPhoneからの乗り換えですが、不満なく使えています。

一番安くて遅いプランですが満足していますベーシックプラン データSIM
 (3.0)

一番データ容量が少ないプランに入っています。 通信速度があまりにも遅ければ、後からプランを変えることもできるため、最初は最も安い700円以下のプランに入りました。 実際につかってみると、まったく問題なくラインやメール、Webも閲覧できています。 ただ動画だけはよく止まったり、画質は良くないので動画をよく見る人にはおすすめしません。 また、通話が出来るプランもあるのですが、救急電話にかけられないのでそこは不便です、 あとは快適に使えています。

楽天モバイルの評判・評価・口コミを集めました!楽天モバイルはキャンペーンが人気!
関連記事 楽天モバイルの評判・評価・口コミを集めました!楽天モバイルはキャンペーンが人気!

MVNOの口コミ募集

すまっぴーでは、格安スマホ・格安SIM・MVNOの口コミを募集しています。

お使いの格安SIMの良いところ・悪いところの投稿お待ちしております。

口コミ投稿フォームへのリンク

楽天モバイルはiPhoneでも使える!

格安SIMはiPhoneで使えないと思われがちですが、全くそんなことはありません。
楽天モバイルにおいてもドコモ版とSIMフリー版のiPhoneはSIMの差し換えのみで利用できます。

格安SIMとはあくまで低価格なモバイル通信という意味なので、Androidじゃないと使えないということはありません。

楽天モバイルで動作確認済みのiPhoneは?

iPhone7/iPhone7 Plusも当然対応

2017年5月現在、楽天モバイルが動作確認済みのiPhoneは以下の通りです。

メーカー端末名SIMサイズテザリングOSバージョン
AppleiPhone7(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone7 Plus(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.2
AppleiPhoneSE(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6S(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6S Plus(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone6 Plus(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone5S(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone5c(ドコモ版/SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1
AppleiPhone5(SIMフリー版)nanosimiOS 10.0.1

iPhone5以降に発売されたすべての端末について動作確認済みです。iOSバージョンはすべて最新バージョンで動作確認されています。利用開始前にiOSのバージョンアップを行うのがおすすめです。

楽天モバイルはiPhoneでも使えるの?
関連記事 楽天モバイルはiPhoneでも使えるの?

MNPを利用すれば電話番号を引き継げる

格安SIMを利用する際には電話番号を引き継げないと思っている方も多いですがそんなことはありません。

しっかりと手続きさえできれば誰でも電話番号を引き継いで楽天モバイルに乗り換えられます。
MNP(モバイルナンバーポータビリティ)という制度を利用することで電話番号の引継ぎを行います。詳しい手順については以下で解説します。

楽天モバイルでMNPを行う手順は以下の通りです。

  • 現在利用中のキャリア(ドコモ,au,ソフトバンク)の専用電話番号に電話してMNP予約番号を取得する
  • 楽天モバイルの公式ホームページから格安SIMを申し込み、その際必ずMNP予約番号を入力する
  • SIMが届いたら楽天モバイル開通番号に電話し、回線の開通

回線の開通が完了した時点で以前利用していたキャリアの契約は自動的に解約になります。

楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!
関連記事 楽天モバイルへのMNP乗り換え方法を解説!楽天モバイルはMNP即日対応!

楽天モバイルの購入方法

楽天モバイルはネット、店舗で購入可能です。

楽天モバイルは店舗とネット、どっちで買うのがおすすめ?
関連記事 楽天モバイルは店舗とネット、どっちで買うのがおすすめ?

インターネットで購入

楽天モバイル申し込み

楽天モバイルの購入で一番簡単なのが、インターネットサイトでの購入です。公式サイトからの申し込みであれば10分程度ですべての入力が完了します。

  • プランを選択
  • オプション選択
  • 契約情報(クレジットカードや配送先)入力

という3STEPで完了します。

楽天モバイルの店舗(直営店、ショップ)で購入

楽天モバイルの直営店やショップで購入する方法もあります。
楽天モバイルでは2017年7月現在、42件の楽天モバイルショップを展開しています。

直営店や楽天モバイルショップであれば楽天モバイル専門の店員が接客してくれるため、プランや端末を相談しながら決められるのがメリットです。

また、キャンペーンも豊富でインターネット購入同等のキャンペーンを受けることができます。

家電量販店や販売代理店での購入

ケーズデンキやジョーシンといった大手家電量販店や、スマホの窓口といった販売代理店でも楽天モバイルは購入可能です。店舗数が多い点と楽天モバイル以外の会社も比較できる点がメリットです。

しかし、店員は楽天モバイルの専門家ではなく、スマホセットでの購入でも割引が受けられないケースもあるので注意が必要です。

Webで買うのと店舗で買うのどっちがいい?

楽天モバイルはキャンペーンを頻繁にやっており、 Web・ショップ対象のものも多いですが、Web限定のものもあります。
実際に端末は触ってみたいけど、Web限定の得点も欲しい!という方は、 店舗に行って端末に触れ検討したあと、Webから申し込むというのも賢い手かもしれません。

楽天モバイルの記事一覧

楽天モバイル以外のMVNO