1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 楽天モバイル

楽天モバイルの総合評価!メリット&デメリット解説【2018】

最終更新日:
楽天モバイルの総合評価!メリット&デメリット解説【2018】
すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

楽天モバイルってどんな会社か知ってる?

楽天モバイルとは、楽天市場や東北楽天イーグルスでおなじみ楽天株式会社が運営する、端末セールがお得な格安スマホです。モデルのローラさんの広告でもおなじみですよね。

ドコモ回線に加え、2018年10月1日よりau回線もスタートしたので、マルチキャリアに対応しているのも魅力的なポイントの一つです。

今すぐ契約したい方「楽天モバイルの必見おすすめランキング」プラン・端末など

「楽天モバイルのおすすめポイント」

「楽天モバイルの《2018年 冬》おすすめプラン」

「楽天モバイルの《2018年 冬》おすすめ端末セット」

「楽天モバイルの《2018年 冬》必見キャンペーン/セール情報」

楽天モバイルのおすすめポイント

スーパーホーダイ画像

おすすめポイントは何といってもスーパーホーダイというプラン!スーパーホーダイとは、簡単に説明すると、高速データと10分かけ放題がセットになったプランのことで、月々1,480円から利用することができます!!

スーパーホーダイは高速通信データを使い終わった後も最大1Mbpsの通信速度でデータが使い放題になっているので、初めて格安スマホにのりかえる人でも安心して使えるプランとなっています。

楽天モバイルの《2018年 冬》おすすめプラン

楽天モバイルを契約するなら、この冬におすすめなのはau回線のプラン!!今までドコモ回線のみのプランを提供していた楽天モバイルですが、ついにau回線が登場して晴れてマルチキャリアの仲間入り。

楽天モバイルは大手の楽天が運営していることもあり、最近ではMVNOからMNOへと改新している会社でもあります。そのため信頼や安心感は非常に大きく、おすすめできます。

au回線を利用しているMVNOの中でも、安い月額料金(月額525円~)と信頼・安心感が強いのは楽天モバイルです。au回線で検討中の方は特に、楽天モバイルで決まり♪

楽天モバイルの《2018年 冬》おすすめ端末セット

さらに楽天モバイルはスマホセット購入ができるスマホの種類がかなり豊富です。その中でも、この秋におすすめなのはHUAWEIの新作、nova 3!!

HUAWEI nova 3
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時約2,283円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ128GB
メモリ4GB
OSAndroid8.1
カラー

HUAWEI nova3 はスリムでありながら大画面が特徴的なSIMフリースマホです。かなりのハイスペックで動作も速く、カメラ機能やホーム画面をプライベート用とビジネス用で分けられたりと充実しています。初めてのSIMフリースマホにもおすすめでき、iPhoneよりもハイスペックな部分も多く感じられるくらいです。

実は、現在はドコモ回線でのみの取り扱いとはなっていますが、月額2,466円~支払い可能で価格もお手頃!冬のボーナスもあることだし、今が買いかも♪

楽天モバイルの《2018年 冬》必見キャンペーン/セール情報

楽天モバイルではこの冬、人気端末を安く売る端末セールを開催中です!端末をセットで購入するとなると、どうしても初期にかかる費用が高くなりがちです。そのため乗り換えのハードルが高くなってしまっている方も多いのでは?

ですが、楽天モバイルではたくさんの種類の人気端末安い価格購入できる!見逃せないビッグセールは定期的に開催中ですが、対象端末はちょこちょこチェンジしています。期間限定で安く買える端末をあるため今すぐチェック&ゲット!

⇒ 楽天モバイルの詳しい端末セール情報はこちら

公式をチェック!

初心者の方「楽天モバイルの基本情報」契約方法や料金プランなど

「契約方法【web / 店舗】」

「申し込み時に必要になる書類」

「月額料金以外に発生する費用」

「料金プラン」

「通話料とかけ放題」

「端末セット(スマホセット)」

「iPhoneセット購入」

契約方法【web / 店舗】

楽天モバイルの申し込み方法は2通り!

  • WEB申し込み
  • 店舗申し込み

WEB申し込み

まずはWEB申し込みについて解説していきます。方法はたったの5ステップです!

  1. 公式ホームページにある[今すぐお申し込み]へ
  2. 事前に準備するものを確認し自分が申し込みたい内容を順に選択
  3. 端末購入する場合はカラー、アクセサリーなどを選択
  4. 個人情報を入力
  5. 利用規約を確認したら完了!

※事前に準備するものは下記で解説しています。

また、エントリーパッケージを購入すると契約事務手数料が安くなります。エントリーパッケージは全国のローソン、ファミリーマートで販売中です!

店舗申し込み

基本的には同じことをするのですが、店舗に足を運ぶ前に必要書類を必ず準備していることを確認してください。店舗に着いたら、新規申し込み(MNP転入)したい旨を店員に伝え、店員の指示通りに申し込めば完了です!

申し込み時に必要になる書類

楽天モバイルに申し込む際に必要な物は4つ

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ログイン用ユーザーIDとパスワード
  • MNP予約番号
  • 支払い手続きに必要な書類(下記参照)

本人確認書類は写真付きでも補助書類が必要になるものもあります。補助書類は「公共料金領収書」「住民票」「届出避難場所証明書」のいずれかです。

楽天会員ログイン用IDは無料で作成、取得できます。店舗申し込みの場合は店舗でも作成可能です。

MNP予約番号はMNP転出している人に限りますので、新たに番号を取得したい場合は必要ありません。

支払い手続きに必要な書類

楽天モバイルの支払い方法は以下の3通りあります。

  • 本人確認クレジットカード
  • 楽天銀行またはスルガ銀行のデビットカード
  • 口座振替(手数料100円/月)

デビットカードは楽天銀行または、スルガ銀行のデビットカードのみ対応しています。また、口座振替はを利用したいかたは「本人名義のキャッシュカード」および「金融機関指定の口座確認に必要な項目」を用意して申し込みましょう。口座振替の場合、手数料として毎月100円が別途請求されますので注意。

また、お支払方法が口座振替の場合は端末購入ができません。

月額料金以外に発生する費用

申し込み時に発生する費用

楽天モバイルに申し込む際に必要な費用は端末費用のみです。

一括払いまたは分割払いの初回が請求されます。

翌月に事務手数料、月額基本料および端末費用が請求されます。

事務手数料はドコモ回線が3,394円、au回線が3,406円となっています。SIM発行手数料などはありません。

申し込み後、月額料金の他にかかる費用は?

楽天モバイル契約後は、通常の月額料金に加えて下記の料金の支払いが必要になってきます。

  • ユニバーサルサービス料
  • 通話料
  • SMS送信料
  • オプション料金
  • 端末代金

ユニバーサルサービス料は1回線につき必ず2円/月請求されます。

通話料は話した分だけ(通常20円/30秒)発生します。スーパーホーダイ利用の方は10分を超過した場合10円/30秒の通話料が発生します。

SMS送信料は以下の通りです。

国内から国内へ送信国内から海外へ送信
ドコモ回線3円/通50円/通
au回線3~30円/通100円/通

また、機種変更などでSIMカードのサイズを変更する必要がある場合は1枚につき3,000円の手数料が発生します。紛失などで再発行する場合も同様です。

料金プラン

楽天モバイルには大きく分けて2種類のプランがあります。

  • スーパーホーダイ(ドコモ回線のみ)
  • 組み合わせプラン(ドコモ回線、au回線)

スーパーホーダイ

楽天モバイルスーパーホーダイ

スーパーホーダイは高速通信データ10分かけ放題がセットになったプランです。最低利用期間が長い分、適用される割引が多いのが特徴。長期割や楽天会員割が適用されると最大1500円割引で、プランSなら2年間月々1,480円から利用できます。

また、高速データを使い切ってもダウンロード速度最大1Mbpsの低速回線を無制限で利用できるのも大きなポイントです。

1Mbpsというと、とても快適とまではいきませんが、アプリのダウンロード以外のデータ利用であれば、ストレスなく利用できるレベルです。

※スーパーホーダイはドコモ回線でのみ利用可能ですので注意してください。また、かけ放題オプションが含まれているので、データSIMやSMSありデータSIMのサービスはありません。

組み合わせプラン

楽天モバイル組み合わせプラン

組み合わせプランはスーパーホーダイとは違い、かけ放題オプションは料金に含まれておらず各種割引も適用されません。他の格安スマホ事業者によくみられるデータ容量から選べるスタンダードなプランになっています。

データ容量は

  • ベーシックプラン
  • 3.1GB
  • 5GB
  • 10GB
  • 20GB
  • 30GB

6種類で、ドコモ回線・au回線から選べます。

組み合わせプランは通話SIM、SMSありデータSIM、データSIMの3種類からSIMを選択可能です。

ベーシックプランは低速(最大通信速度200Kbps)で無制限のプランです。

通話料とかけ放題

楽天モバイルの通話料はほかの格安スマホ事業者同様20円/30秒ですが、専用アプリ「楽天でんわ」を利用すると半額の10円/30秒で通話することができるようになります。

楽天モバイル10分かけ放題

楽天モバイルで提供されているかけ放題オプションは月額850円で加入できる「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」のみです。

また、スーパーホーダイは10分かけ放題オプションがプランに標準搭載されているので申し込む必要はありません。

また、「楽天でんわ」は電話回線を利用しているので通話品質は非常に良いです。

かけ放題を利用するにはオプション申し込み以外に、前述した「楽天でんわ」という専用アプリをインストールする必要があり、「楽天でんわ」はAndroid端末をお持ちの方はGoogle Playから、iOS端末(iPhone)をお持ちの方はApp Storeからインストールできます。

楽天モバイルはドコモ回線の中で比較してみるとどうなの?

今回は、楽天モバイルと似たプランが多い以下の格安スマホ事業者で比較してみます。

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • LIBMO

楽天モバイルのスーパーホーダイはかけ放題が含まれている特殊なプランであるため、下記の表は組み合わせプランでのみ比較しています。

楽天モバイルOCNモバイルONELIBMO
低速無制限1,250円(200Kbps)2,500円(500Kbps)1,180円(200Kbps)
3GB1,600円(3.1GB)1,800円1,580円
5GB2,150円--
6GB-2,150円2,180円
10GB2,960円3,000円2,980円
20GB4,750円4,850円4,680円
30GB6,150円6,750円6,570円

上の表を見てみると、楽天モバイルとLIBMOがなかなかいい勝負をしていますね。楽天モバイルの5GBプランは他の6GBプランと料金が近いのでコスパがあまり良くないようにみえます。

楽天モバイルは全体的に「とても安い」とは言えません。しかし、全体の平均額よりも安く、スーパーホーダイのようにかけ放題が標準搭載のプランもあるので通話が多い人にはおすすめです。

また、「第4のキャリア」参入を目論んでいるので将来的にもサービスは向上していくでしょう。

続いて、上記の3社でかけ放題オプションを比べてみます。

事業者名10分かけ放題オプション
楽天モバイル850円
OCNモバイルONE
LIBMO

3社とも10分かけ放題オプションのみで850円ですね。ただし、楽天モバイルはスーパーホーダイというかけ放題オプションが含まれたプランがあるので、長期的(3年程)利用する予定であれば、楽天モバイルが最もお得になります。

例えば6GBプランで比較してみましょう。

《楽天モバイル スーパーホーダイプランM》で3年利用する場合 {(2年間の基本料金2,480)×24ヶ月}+{(2年後の基本料金3,980円)×12ヶ月}=107,280円

《OCNモバイルONE6GBプラン 10分かけ放題つき》で3年利用する場合 (基本料金2,150円+10分かけ放題オプション850円)×36ヶ月=108,000円

LIBMOはOCNモバイルONEの6GBより基本料金が高いので言わずもがなです。数字だけに注目すると、「3年で720円しか差額がないじゃないか!」と憤怒する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイは高速通信のデータ容量を使い切っても最大速度1Mbpsでデータ使い放題であることをお忘れなく!

端末セット(スマホセット)

楽天モバイルでは多くの端末を取り扱っています!もちろんiPhoneもありますよ!

LG Q Stylus
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,791円 x 24回
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
105,880円
分割払い時
約 4,764円 x 24回
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時
約 2,466円 x 24回
エッセンシャル Essential Phone
販売価格
48,800円
分割払い時
約 2,241円 x 24回
HTC U12+
販売価格
89,800円
分割払い時
約 4,041円 x 24回
SHARP AQUOS sense plus SH-M07
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,476円 x 24回
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時
約 1,439円 x 24回
HUAWEI P20
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,141円 x 24回
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,800円
分割払い時
約 2,376円 x 24回
HTC U11 life
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,791円 x 24回
ASUS ZenFone Max Plus(M1)
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,341円 x 24回
HUAWEI nova lite 2
販売価格
25,980円
分割払い時
約 1,169円 x 24回
SHARP AQUOS R compact SH-M06
販売価格
67,800円
分割払い時
約 3,051円 x 24回
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,341円 x 24回
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時
約 4,041円 x 24回
CAT S60
販売価格
89,800円
分割払い時
約 4,041円 x 24回
HUAWEI honor9
販売価格
53,800円
分割払い時
約 2,421円 x 24回
ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
販売価格
19,800円
分割払い時
約 891円 x 24回
ZTE Blade E02
販売価格
16,800円
分割払い時
約 756円 x 24回
ASUS Zenfone4
販売価格
56,800円
分割払い時
約 2,556円 x 24回
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時
約 1,566円 x 24回
ASUS Zenfone Live
販売価格
17,800円
分割払い時
約 801円 x 24回
HUAWEI P10
販売価格
60,800円
分割払い時
約 2,736円 x 24回
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時
約 1,349円 x 24回
HUAWEI P10 Plus
販売価格
67,800円
分割払い時
約 3,051円 x 24回
HUAWEI nova lite
販売価格
21,800円
分割払い時
約 981円 x 24回
SHARP AQUOS SH-M04
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,341円 x 24回
HUAWEI honor8
販売価格
42,800円
分割払い時
約 1,926円 x 24回
FUJITSU arrows M03
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,367円 x 24回
Apple iPhone SE
販売価格
41,800円
分割払い時
約 1,881円 x 24回
Apple iPhone6Plus
販売価格
72,800円
分割払い時
約 3,276円 x 24回
OPPO Find X
販売価格
91,880円
分割払い時
約 4,134円 x 12回
SHARP AQUOSケータイ SH-N01
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,116円 x 24回
OPPO AX7
販売価格
21,470円
分割払い時
約 894円 x 24回

人気スマホランキング

  • 1位 HUAWEI nova 3
HUAWEI nova 3
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時約2,283円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ128GB
メモリ4GB
OSAndroid8.1
カラー

圧倒的なスペックの高さと、驚きの安さで人気ナンバーワン!多機能に溢れていて顔認証やデュアルスタンバイなどもしっかり対応済みです。

  • 2位 HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時約1,332円×24回
画面サイズ5.84インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.0
カラー

デザイン性も高く男女ともに人気があるのが、HUAWEI P20 lite!コストパフォーマンスが高く、日常的な利用ならもったいないほど♪操作感も良く、プライベートでもビジネスシーンでも使いやすい万能SIMフリースマホです。

  • 3位 FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時約1,450円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid7.1.1
カラー

洗えるスマホで一世風靡!?安心の国内生産SIMフリースマホarows M04♪ 防水・防塵性能が非常に高いため、水回りでの使用が多い主婦の方はもちろん、レジャーなどでも安心して利用することができます。端末まるごと水洗いもできるため清潔感も高いまま維持も可能!おサイフケータイやワンセグ機能も搭載されているため、使い勝手抜群で楽しいSIMフリースマホです。

※すまっぴー編集部ランキング

iPhoneセット購入

楽天モバイルでは、iPhoneセットを2種類取り扱っています。

それぞれドコモ回線、au回線のどちらでも利用できます。

また、お持ちのiPhoneでも動作確認済みであれば問題なく利用できます。

楽天モバイルで使えるiPhone

ドコモ回線とau回線で使えるiPhoneの種類が違うので注意が必要です。

ドコモ回線で使えるiPhone一覧

SIMフリー版ドコモ版au版ソフトバンク版
iPhone X /8 /8 Plusそのまま利用可SIMロック解除で利用可
iPhone 7 /7 Plus/6s /6s Plus/SE
iPhone 6 /6 PlusSIMロック解除不可
iPhone 5s /5c

au回線で使えるiPhone一覧

SIMフリー版au版ドコモ版ソフトバンク版
iPhone X /8 /8 Plusそのまま利用可そのまま利用可SIMロック解除で利用可
iPhone 7 /7 Plus/6s /6s Plus/SESIMロック解除で利用可
iPhone 6 /6 PlusSIMロック解除不可
iPhone 5s /5c利用不可

※いずれのiPhoneもOSの仕様変更などで利用できない場合があります。また、au回線ではテザリングは利用できません。

検討中の方「楽天モバイルのサービス情報」通信速度や口コミ・評判など

「通信速度/電波エリア」

「店舗情報」

「オプション」

「問い合わせ」

「口コミ・評判」

通信速度/電波エリア

電波エリア

楽天モバイルは、ドコモ回線およびau回線があり、それぞれNTTドコモ、auのエリアに準じています。

ドコモ回線の場合、日本国内において株式会社NTTドコモが提供するLTE「Xi」(クロッシィ)のサービスエリア、FOMAのサービスエリアでの利用が可能です。

au回線の場合は、日本国内においてKDDI株式会社が提供するauの4G LTE網に対応したエリアで利用が可能です。ただし、3Gのみに対応しているエリアでは利用不可なため注意しましょう。

また、利用する機器や屋内・トンネルなど電波が弱いところでは繋がりにくい、または繋がらない場合もあるため念頭にはおいておきましょう。

とはいえ、基本的には「電波がない!」なんて事態はほとんど起こらないため、安心して利用して大丈夫でしょう。

通信速度

  • 計測値:東京都 渋谷区
  • 計測時間帯:朝 (10:00) / 昼 (12:30) / 夜 (17:00)
  • 計測端末:HUAWEI P20 lite
  • 計測アプリ:SPEED TEST

au回線は2018年10月に始まったばかりで現時点でデータがないため、今回はドコモ回線で解説していきます。下記表は過去6ヵ月の平均値です。

ダウンロード速度アップロード速度PING
朝 10:0010.92Mbps9.3Mbps35ms
昼 12:300.97Mbps10.49Mbps46ms
夜 17:003.46Mbps7.7Mbps31

※通信速度は計測する日時/場所/混雑状況によって変動するため参考値として考えましょう。

朝の通信速度は非常に安定しています。夜の通信速度も比較的安定しているでしょう。欲を言うと、平均で5Mbpsは欲しいところです。

残念なのは、昼の通信速度。ドコモ回線は特に顕著なのですが、どの格安スマホ事業者もお昼時の通信速度は遅いです。特に、楽天モバイルは格安スマホで契約者数No.1で利用者が非常に多いので、仕方ないといえば仕方ないのかなと思います。

時間帯ごとに過去6ヵ月間のデータを見てみましょう。

  • 朝 (10:00)の通信速度
5月6月7月8月9月10月
ダウンロード速度9.36Mbps9.5Mbps8.84Mbps4.89Mbps6.6Mbps27.3Mbps
アップロード速度0.47Mbps6.87Mbps7.3Mbps18.5Mbps12.7Mbps9.92Mbps
PING43ms35ms42ms29ms19ms38ms

朝のダウンロード速度は非常に安定しています。アップロード速度も5月以外は安定しているので快適に利用できるでしょう。

  • 昼 (12:30)の通信速度
5月6月7月8月9月10月
ダウンロード速度0.38Mbps0.45Mbps0.5Mbps2.43Mbps0.95Mbps1.08Mbps
アップロード速度0.47Mbps13.1Mbps10Mbps18.2Mbps13.3Mbps7.87Mbps
PING90ms30ms38ms30ms38ms45ms

昼のダウンロード速度はほとんどが1Mbpsを下回り、ストレスを感じるくらいの遅さです。しかし、アップロード速度は安定しているのでSNSに投稿したりするのは問題なさそうです。

  • 夜 (17:00)の通信速度
5月6月7月8月9月10月
ダウンロード速度2.12Mbps2.72Mbps8.56Mbps2.35Mbps2.58Mbps2.42Mbps
アップロード速度1.03Mbps8.69Mbps3.77Mbps6.09Mbps8.38Mbps18.2Mbps
PING39ms31ms32ms31ms19ms33ms

夜の通信速度は比較的安定はしていますが、朝ほど速くないのでまずまずといったところです。アップロード速度とのバランスは良いです。

店舗情報

楽天モバイルは格安スマホ事業者の中では店舗数が多いことで定評があります。

全国になんと359店舗もあり、佐賀県以外の46都道府県に店舗があります。

楽天モバイルの主な店舗一覧

楽天モバイルは店舗数がかなり多く、家電量販店にも多く入っているため相談や対面サポートもしやすいです。

すまっぴーでは、楽天モバイルの店舗一覧を掲載しているため自分の家の近くの店舗をチェックしてみましょう。

オプション

楽天モバイルのオプションは、利用している回線によって加入できるプランや料金に相違があるため、どちらか一方のみが加入できるプランに限り示しています。表示のないものは別の回線でも利用できます。

通話オプション一覧

オプション名月額料金(税抜)
10分かけ放題オプション850円
スマート留守電300円
留守番電話サービス300円
キャッチホンサービス300円/月(ドコモ回線)
割込通話サービス200円/月 (au回線)

キャッチホンサービスと割込通話サービスは同じサービスですが回線によって名称が異なり、料金が違います。

その他のオプション一覧

オプション名月額料金(税抜)
データシェア100円 (ドコモ回線)
楽天メール0円
端末補償500円 (申し込み時のみ加入可)
安心リモートサポート500円
端末補償+安心リモートサポートパック800円
つながる端末保証 by 楽天モバイル500円
楽天モバイルWiFi by エコネクト362円
データ復旧サービス300円
マカフィー®モバイルセキュリティ Android版300円
データ復旧サービス+マカフィー®マルチ アクセスパック500円
i-フィルター for マルチデバイス300円
Rakuten NBA Special by 楽天モバイル900円
Rakuten パ・リーグ special by 楽天モバイル639円
アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン11,000円/回

パックでお得になるオプションもありますのでどちらも加入予定の方はしっかり確認してから申し込みましょう。

使うとお得!おすすめなオプション

おすすめするオプションは、楽天メールです。無料で「@rakuten.jp」のアドレスを取得できる上、専用のメールアプリを提供しています。

楽天メールはGoogle Playでのみダウンロードできるアプリですので、iPhone利用者は利用できませんが、この専用アプリがなかなか面白いのです。

インターフェースがまるでガラケーのメールのようで、スマホ初心者にも使い勝手が良くできています。

表示方法をガラケーのメール風とチャット形式風の2パターンから選べて、デコメにも対応してます。

問い合わせ

楽天モバイルへのお問い合わせ方法は大きくわけて3つです。

  • メールで問い合わせ
  • チャットで問い合わせ
  • 電話で問い合わせ

メールで問い合わせ

楽天モバイルの公式ページからメールでお問い合わせすることができます。

「問い合わせ」ボタンをクリックした後に、

チャットで問い合わせ

楽天モバイルチャットサポートは今すぐ返事がほしい方に、特におすすめできます。楽天モバイルはユーザー数も多い人気MVNOであるため、その分お問い合わせをする方も多いです。そのため、メールの場合は返事をもらえるのに日数がかかったり、電話の場合はなかなか繋がらない可能性が高いです。

そのため、気軽な内容はチャットで質問してみると、すぐに解決することができますよ♪

受付時間は、9:00~24:30です。深夜帯に利用する方は注意~!!

しかし深夜帯に利用したいという方は、AIチャットサポートが対応してくれます。365日24時間対応中のため利用してみましょう。

電話で問い合わせ

無料電話で楽天モバイルに問い合わせすることが可能です。

電話番号0800-6000-700
受付時間9:00~18:00 (年中無休)
混雑時間帯12:00~15:00

かなり込み合っているためオペレーターに繋がるまでにかなり時間がかかることが予想されるため、電話される際は時間に余裕をもっておこないましょう!また、電話した際にはまず初めに自動音声ガイダンスが流れ、相談内容を事前に指定する必要があるため、下記のダイヤル表から自分が該当する番号を確認しておくと焦らずに済みますよ!

楽天モバイルのダイヤル番号表

口コミ・評判

楽天モバイルを利用してみて実際どうなの?利用者の声を集めています。

総合評価
 (4.0)
思った以上に速度も速く、満足ですデータSIM 3.1GBプラン【ドコモ】
 (4.0)

海外から帰って来たばかりで携帯電話を契約するのがめんどくさかったので丁度良さそうな物を探していました。向こうだとSIMフリーの携帯が普通でプリペイド用のSIMがコンビニで売っていて気軽に買えたのですが、こっちだとそうもいかず。。。楽天カード会員なのでメールでお知らせが来て、値段も安かったので早速申し込みました。可もなく不可もなく、という感じですが思ったより通信速度が速いので使えそうです。来年からはプランをもう少し大きい物にする予定です。

スマホ料金が3分の1以下になりました通話SIM 3.1GBプラン【ドコモ】
 (5.0)

月に7千円以上使っていた時から比べると、スマホにかかる料金は3分の1以下になり、価格面では言うことなしです!通信状態も以前と何ら変わりなく、もっと早く変えれば良かったと思うほど。 毎月の支払いで、わずかですが楽天スーパーポイントもつくので、お得感がより増します。 使っているSIMフリー端末も、3万円ほどのものをチョイスしたので、初期投資の価格も抑えることができました。ZenFone5を使用していますが、価格の割に高スペックな機種と言われているので、iPhoneからの乗り換えですが、不満なく使えています。

一番安くて遅いプランですが満足していますデータSIM ベーシックプラン【ドコモ】
 (3.0)

一番データ容量が少ないプランに入っています。 通信速度があまりにも遅ければ、後からプランを変えることもできるため、最初は最も安い700円以下のプランに入りました。 実際につかってみると、まったく問題なくラインやメール、Webも閲覧できています。 ただ動画だけはよく止まったり、画質は良くないので動画をよく見る人にはおすすめしません。 また、通話が出来るプランもあるのですが、救急電話にかけられないのでそこは不便です、 あとは快適に使えています。

公式をチェック!

《楽天モバイル》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

楽天モバイルでは、お得なキャンペーンを実施中です!
キャンペーンを活用して、お得にスマホを運用しましょう。

楽天モバイルのお得なキャンペーン一覧

キャンペーン名
【スーパーホーダイ新規お申し込み特典】楽天会員割+長期割で月額基本料がおトク!
【スーパーホーダイご契約者特典】初月はプランSと同額
【期間限定】プレSALE開催中! スマホ本体が3,980円~
【期間限定】ありがとう4周年 続・感謝セール!
Find X発売記念特別価格キャンペーン
LG Q Stylus発売記念キャンペーン
AX7発売記念割引キャンペーン
HUAWEI Mate20 Pro 発売記念キャンペーン
はじめてご利用の方限定!楽天モバイルの人気オプションが、最大2カ月無料!

【スーパーホーダイ新規お申し込み特典】楽天会員割+長期割で月額基本料がおトク!

楽天モバイルには、スーパーホーダイプランという料金プランがあり、データ通信+10分かけ放題がセットになったプランで、高速通信分データ消費後も通信速度1Mbpsまでなら制限なく使い放題という特長があり、楽天モバイルで一番人気のプランです。

人気の秘密は、スーパーホーダイプラン限定の長期優待ボーナスという特典です。

長く契約するほど割引金額が大きくなり、契約してから最大3年間おトクに使えます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【期間限定】プレSALE開催中! スマホ本体が3,980円~

WEB限定 楽天モバイルスーパーセール

キャンペーン期間:2018/12/01~2018/12/11

楽天モバイル恒例のスーパーセールを開催!先駆けとしてプレセールを開催中!

プレセール対象端末は以下の2機種

12月4日からのスーパーセールは以下の12機種が対象となっています。

期間中には3回タイムセールも行います!

12月5日 11時から11時59分までHUAWEI P20 liteを割引!

12月9日の夜10時半から10時59分までONKYO GRANBEATを割引!

12月11日の深夜1時から1時半までHUAWEI P20を割引!

これを機に端末を安くゲット!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【期間限定】4周年ありがとう 続・感謝セール!

キャンペーン期間:2018/11/08~2018/12/01

続・感謝セール

スーパーセールとは別に開催する端末割引!

期間中はnove lite2 をはじめとする人気12機種が激安価格で販売中です。

以下ショップ限定となります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

最新端末が安くなるセールも期間限定で開催中!

楽天モバイルでは、発売したまたは発売予定の端末代金が割引されるセールを開催!

OPPO Find X
OPPO Find X
販売価格
91,880円
分割払い時約3,828円×24回
画面サイズ6.4インチ
ストレージ256GB
メモリ8GB
OSAndroid 8.1
カラー
LG Q Stylus
LG Q Stylus
販売価格
39,800円
分割払い時約1,658円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.1
カラー
OPPO AX7
OPPO AX7
販売価格
29,880円
分割払い時約1,245円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSColor OS 5.2
カラー
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
111,880円
分割払い時約4,661円×24回
画面サイズ6.39インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9.0
カラー

詳しくは楽天モバイル公式ホームページをチェック!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

はじめてご利用の方限定!楽天モバイルの人気オプションが、最大2カ月無料!

キャンペーン期間:期間指定なし

新規で申し込む方も既に契約している方も、下記のオプションを初めて利用する方は、最大2ヶ月分の利用料が無料になります!

  • 公衆無線LANが使える!楽天モバイルWiFi by エコネクト
  • セキュリティ対策ばっちり!マカフィー® モバイル セキュリティ Android版
  • データ復旧サービス・マカフィー® マルチ アクセスパック
  • データ復旧サービス
  • スマート留守電(お申し込み月のみ)
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。
NEW!【2018年12月】楽天モバイルのキャンペーン&セール!メリット&デメリットも
関連記事NEW!【2018年12月】楽天モバイルのキャンペーン&セール!メリット&デメリットも

迷走中の方「楽天モバイルを他社と比較」メリットデメリットなど

「メリット/デメリット」

「注意点」

「大手キャリアとの違い」

「ドコモから乗り換える方へ」

「auから乗り換える方へ」

「ソフトバンクから乗り換える方へ」

メリット/デメリット

楽天モバイルメリット・デメリット

メリットデメリット
・端末の種類が豊富
・店舗が多い
・バースト機能で低速モードでも快適
・昼の通信速度が遅い
・スーパーホーダイの条件が厳しい
楽天サービスのライトユーザーには恩恵がすくない

楽天モバイルは店舗数が多く、格安スマホ初心者でも気軽に相談できたり、いろいろな端末を選べる点が非常に良いのですが、長期的に利用する予定がない場合や楽天サービスをまったく利用しない方にはメリットが少ないのも事実です。

筆者は楽天モバイル(通話SIM・ベーシックプラン)を利用していますが、マップもLINEも問題なく使えて、通話品質も問題ないのでおすすめです。低速回線でも運がいいと動画(低画質)も観れるんですよ!

楽天モバイルのメリット (良いところ)

  1. 端末の種類が豊富
  2. 店舗が多い
  3. バースト機能で低速モードでも快適

3大キャリアより月額料金が安くなる、かけ放題があるといったどの格安スマホにでも当てはまるメリットはもちろんあるのですが、ここでは楽天モバイルならではのメリットに触れたいと思います。

  1. 端末の種類が豊富

楽天モバイルは、2018年10月現在で30種類の端末を取り扱っています。これは最も取り扱いが多いIIJmioの33種類に次いで第2位です。

さらに、IIJmioでは取り扱いのないiPhoneも楽天モバイルでは取り扱っているので、多くのユーザーのニーズに応えているといえます。

定期的に端末の割引キャンペーンを開催しているので公式ホームページを逐次チェックすることで、欲しい端末が安く手に入るかもしれませんね。

  1. 店舗が多い

楽天モバイルは格安スマホでは珍しく実店舗が非常に多く、前述した通り佐賀県以外の46都道府県に359店舗もあります。

実店舗では、端末を試用したり、店員にいろいろ相談できるのでわからないことや不安なことがある人はぜひ店舗へ足を運んでみてください。

もちろん、即日開通もしていますのでその場でのりかえることもできますよ!

  1. バースト機能で低速モードでも快適

楽天モバイルは低速モードと高速モードの切替がアプリによって容易にできるのですが、低速モードに切り替えても通信開始時の75KB分は高速通信が可能になっています。これをバースト機能と呼びます。

バースト機能を実装している格安スマホは楽天モバイル以外に6社しかなく、非常にレアな機能です。

通信速度の節約のために低速モードに切り替えた直後にマップやウェブページを開く時に、バースト機能が大変役に立ちますね。

楽天モバイルのデメリット (注意点)

  1. スーパーホーダイの条件が厳しい
  2. 昼の通信速度が遅い
  3. 楽天サービスのライトユーザーには恩恵が少ない

  4. スーパーホーダイの条件が厳しい

スーパーホーダイについてはすでに別の項目で解説したので、スーパーホーダイが非常にお得なことはわかりましたよね。

しかし、スーパーホーダイをお得に利用するにはそれなりに厳しい条件があります。

まず、長期割の割引額を最大にするには3年契約する必要があります。3年契約したにもかかわらず3年以内に契約解除する場合は一律で9,800円の契約解除料が発生します。

「最低利用期間が短い」または「契約解除料が安い」「利用期間によって解除料が割安になる」などさまざまなパターンこそありますが、いまだに2年縛りを行う3大キャリアよりも条件が緩いことに良い印象を持ち、格安スマホにのりかえる人もいます。

一方で、楽天モバイルのスーパーホーダイは3年契約で契約解除料も3大キャリアとほとんど同額となっています。相違点は、自動更新ではないということです。

自動更新がないとはいえ使ったこともない格安スマホに3年も契約できないという方がほとんどだと思います。失敗しないためにも、最初は組み合わせプラン(最低利用期間12ヵ月)から使ってみるまたは最低利用期間のないデータSIMを使ってみるなどして様子を見てみるのが良策です。

  1. 昼の通信速度が遅い

通信速度に関しても前述していますが、昼の通信速度は遅いです。

ドコモ回線の格安スマホはどれも遅い傾向にあるので諦めるしかなさそうですが、どうしても高速で使いたいという方はオプションで「楽天モバイル WiFi by エコネクト」月額362円に加入することをおすすめします。

楽天モバイル WiFi by エコネクトに加入すると、全国約69,000か所のWi-Fiスポットを利用できるようになり、高速通信ができるようになります。

ちなみに、スーパーホーダイの1Mbpsデータ使い放題でも昼12:00~13:00と夕方18:00~19:00の間は速度制限がかけられ最大300Kbpsの速度になるのでこちらも注意してください。

  1. 楽天サービスのライトユーザーには恩恵が少ない

楽天市場や楽天銀行でも有名な楽天は、楽天ポイントを貯めると支払いなどに利用できます。

楽天モバイルも例外ではなく、支払方法をクレジットカードにしてお持ちの楽天IDと連携させると毎月の支払いでもポイントが貯まるようになります。貯まったポイントで毎月の支払にあてることもできます。

そんな楽天ポイントですが、楽天市場などを利用しないとポイントはほとんど貯まりません。さらに、楽天モバイルの特典はポイント還元が多いので楽天のサービスを利用しない人にはあまりうれしい特典はないといえます。

むしろ、楽天モバイル申し込みを機に楽天ポイントを貯めてみるのもアリですね。

注意点

  • 契約時の注意点

申し込み後にキャンセルをすることができないため、契約情報はしっかり確認を行いましょう。サービス不満によるキャンセルも楽天モバイルでは受け付けていないため、すべて解約扱いとなる点には注意です。また、SIMカードの受け取り拒否をした場合でも解約とはなりません。料金は発生してしまうため、キャンセルしたい時は解約手続きを行いましょう。

申し込み完了後には、契約時に入力した住所宛てにSIMカードが届くことになり、転送等することはできません。受け取れるように準備しておきましょう。最短2日で発送されますが、状況によって時間がかかる場合もあるので、契約時にスマホの不通期間には余裕をもって対応できるようにしておくことをおすすめします。

  • 通信に関する注意点

通信速度は、利用日/利用時間帯/利用場所/混雑状況によって変動してしまいます。そのため、日によっては通信速度が速いまたは遅いと感じる場面も出てくることが予想されるため、予め把握しておきましょう。また、お昼の時間帯(12:00~13:00)は特にスマホの利用者が多いため、その分改善が込み合い速度が遅くなりがちです。混雑時間帯での利用は要注意!

楽天モバイルの電波エリアはドコモ及びauに準ずるのですが、3G専用通信の端末を利用するとデータ通信をすることができません。(3Gのみには不対応)そのため、楽天モバイルを手持ち端末で利用する予定の方、または楽天モバイルでのスマホセットではなく個人で用意する方は、必ずLTE・4G回線に対応していす端末を選びましょう。

  • 契約後の注意点

SMSについて、海外で送受信をすることはできません。 1日の中で送信可能なメッセージ数は200通、ドコモの場合全角最大70文字、auの場合、全角最大670文字まで送信できます。

楽天スーパーポイントは、楽天スーパーポイント口座を登録していないと付与されないため忘れないように初期設定と共に登録しておきましょう!楽天モバイルでの利用料金100円につき1ポイント加算されるため、かなりお得です。月額基本料、通話料(国際料金含む)、楽天でんわ、SMS送受信料、留守番電話、キャッチホン、転送電話、ユニバーサルサービス料の利用であればポイントが貯まり、そのポイントでお買い物や月額料金の支払いが可能です。

データ繰り越しが可能ですが、繰り越し可能期限は翌月までです。そのため、余ったデータ量は何か月分も貯めておくことはできず、自動的に期限が近いデータ量から消費され、期限が切れたものは消滅してしまうため注意です。

大手キャリアとの違い

大手キャリアから格安SIMへ乗り換え検討の方は、大手キャリアとの違いを知っておくことでより乗り換えのハードルを下げ、不安なく契約し利用していくことができます。双方のいいところとわるいところを知って満足のできる乗り換えをしましょう。

詳しい大手キャリアから楽天モバイルへ乗り換える場合の料金やサービスの比較、また方法などは後述しています。すぐに知りたい方は、そのまま少し下へスクロール!

大手キャリアと格安SIMの違いで明確な部分はやはり料金の違い

au、ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアでスマホを契約すると最安値のプランを選んだとしても基本料金は約6,000円となる場合が多いです。

そこに端末分割料金(例えばiPhoneの場合は約4,000円)が上乗せされます。 その料金から各種割引キャンペーンが適用されて、実際に支払わなくてはならない月額料金が計算されます。そのため、大手キャリアのスマホでは6,000円~10,000円程度の金額を毎月払っている方が多いです。

そこで、格安SIMの料金は一体どのくらいになるのかというと、人気3GBプランで考えてみると、基本料金は通話もできて約1,600円前後が多いでしょう。そこに端末分割料金(安いものだと500円/月)と通話料が上乗せされた金額が支払う月額料金になります。実際の月額料金は2,000円~3,000円前後に抑えられる人がほとんどなため、大手キャリアと比べてかなり安く毎月運用することが可能です!

では、何故ここまで料金に差があるのかというと、それは回線部分にあります。大手キャリアは自分たちでドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線という独自の回線をもっているため、そのための維持費用などが必ずかかってきます。しかし、格安SIMは独自の回線を持たず、大手キャリアから回線を借りて運用しているため、その分のコストが大手キャリアと比べてかなり低いのです。

さらには、店舗を持たない格安SIMなど、大手キャリアで行うことができない部分でコスト削減をしているのです。その分、サービスやWeb上での利便性を追求している格安SIMも多く、コストを安く抑えながらも満足できる格安SIMを提供することができているのです!

ドコモから乗り換える方へ

ドコモから格安SIMへ乗り換える際に、手続きをする前にまず現状確認を行いましょう!

  • ドコモ契約から何年目?解約金の発生有無
  • キャリアメールは引き継ぎ不可、重要メールは別途保存
  • データバックアップやアプリなどの引き継ぎ準備
  • dポイントなど、ポイントがあれば利用しちゃおう!

特に、解約日によっては多大な解約金が発生する可能性があるため、注意して確認しておきましょうね!

ドコモから楽天モバイル乗り換える流れ

auから乗り換える方へ

auから格安SIMへ乗り換える際に、手続きをする前にまず現状確認を行いましょう!

  • au契約から何年目?解約金の発生有無
  • キャリアメールは引き継ぎ不可、重要メールは別途保存
  • データバックアップやアプリなどの引き継ぎ準備
  • au WALLETなどポイントがあれば利用しちゃおう!

auから楽天モバイル乗り換える流れ

ソフトバンクから乗り換える方へ

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える際に、手続きをする前にまず現状確認を行いましょう!

  • ソフトバンク契約から何年目?解約金の発生有無
  • キャリアメールは引き継ぎ不可、重要メールは別途保存
  • データバックアップやアプリなどの引き継ぎ準備
  • ポイントがあれば利用しちゃおう!

ソフトバンクから楽天モバイル乗り換える流れ

契約中の方「楽天モバイルの契約後情報」データ移行、初期設定など

「初期設定」

「データ移行方法」

「ログイン方法」

「SIMの追加」

「メールアドレス設定」

「支払方法変更」

「プラン変更」

「機種変更」

「MNP乗り換え」

「解約方法」

「故障した時の対処法」

初期設定

楽天モバイルの初期設定(APN設定)方法を手順に沿って解説していきます。手順通りに進めていけば、数分で設定可能です~!!

  • iPhone(iOS)の場合
  • Androidの場合

iPhone(iOS)の場合

まず、構成プロファイルのインストールが必要となります。

その時に注意することは、iPhone1端末につき、インストールできる構成プロファイルは1つだけです。なので、もしiPhoneに既に前契約していたキャリアやMVNOの構成プロファイルが入っている場合は削除してからでないと、楽天モバイルの構成プロファイルをインストールできないため注意しましょう!

構成プロファイルを削除する方法

  1. 「設定」
  2. 「一般」
  3. 「プロファイルとデバイス管理」
  4. 削除するAPN構成プロファイルを選択
  5. 「プロファイルを削除」→ 完了!

構成プロファイルインストール方法

  1. SIMカードを端末に挿す
  2. SIMカードが添付されていた台紙にAPN名が記載されているため確認(メンバーズステーションでも確認可能)
  3. Wi-Fiに接続(自宅のWi-Fiなど)
  4. safariを起動(ネット)
  5. プロファイルのURLにアクセス(申込内容により異なる、下記に一覧表記載)
  6. インストールをタップ
  7. 確認画面でインストールをタップ
  8. 完了をタップして完了!

プロファイルURL

APN名申し込み種別プロファイルURL
楽天モバイル(rmobile.jp)008または009プロファイル インストール
楽天モバイル(rmobile.co)008または009プロファイル インストール
楽天モバイル(a.rmobile.jp)010または011プロファイル インストール

※APN名、申し込み種別どちらか一方が該当していればok

構成プロファイルインストール完了後には、ちゃんとネットに接続できるかどうか、1度Wi-Fiを切って確認してみましょう!

もし、設定完了してもネット接続ができなかったら?

設定してもネットに接続ができない時には、楽天モバイルカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

ただ、返答が遅い・電話がなかなか繋がらない可能性もあるため、事前にこちらで対処できる方法としては、

  1. 端末を再起動してみる
  2. 構成プロファイルをインストールし直してみる
  3. SIMカードを差し込み直してみる
  4. 機内モードをON→OFFにしてみる
  5. モバイルデータ通信をOFF→ONにしてみる

上記に方法があげられます。まずは焦らず、1つずつ試してみることをおすすめします。それでも繋がらない場合には、楽天モバイルカスタマーセンターに相談しましょう。

  • スマートフォン用アプリ「楽天モバイル SIMアプリ」からの問い合わせ
  • 受付時間:9:00~(時間外でも送信をすることは可能)

楽天モバイル SIMアプリ《インストール》はこちら

  • 電話で問い合わせ
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)
  • 電話番号:0800-6000-700(PHS・携帯電話も通話OK)

Androidの場合

Androidは手順がかなりカンタン♪

  1. SIMカードを端末に挿す
  2. 「設定」をタップ
  3. 「無線とネットワーク内の”その他”」をタップ
  4. 「モバイルネットワーク」をタップ
  5. 「アクセスポイント名」をタップ
  6. 「メニュー」をタップ
  7. 「新しいAPN」をタップ
  8. APN情報を入力し保存(下記にAPN情報の一覧記載)
  9. 追加したAPNを選択して、1つ前の画面に戻る
  10. 「モバイルネットワークの設定」内の「データ通信を有効にする」をOFF→ONにする

APN情報

APN情報を必要な箇所は、自分で入力する必要があります。入力情報は下記の通り、下記以外の箇所は特に入力する必要はありません。

APN名rmobile.co
ユーザー名rm
パスワード0000
認証方法PAPまたはCHAP

また、必要があれば下記を入力しましょう。(基本的には上記記載のAPN名・ユーザー名・パスワード・認証方法があれば大丈夫です。)

接続方法(PDP Type)IP接続
MCC440
MNC10

手順完了後には、ちゃんとネットに接続することができるかどうか、確認しておきましょう。もし、設定したにも関わらずネット接続はできない場合には、焦らずにまずは下記の方法を試してみてください。

  1. 「モバイルネットワークの設定」内の「データ通信を有効にする」のOFF→ONを何度か繰り返す
  2. 端末を再起動させる
  3. SIMカードを挿し込み直してみる

上記を試してみても繋がらない場合には、楽天モバイルカスタマーセンターに相談しましょう。アプリでの問い合わせまたは電話での問い合わせが可能です。

  • スマートフォン用アプリ「楽天モバイル SIMアプリ」からの問い合わせ
  • 受付時間:9:00~(時間外でも送信をすることは可能)

楽天モバイル SIMアプリ《インストール》はこちら

  • 電話で問い合わせ
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)
  • 電話番号:0800-6000-700(PHS・携帯電話も通話OK)

データ移行方法

楽天モバイルの契約が完了したら、重要なのがデータの移行ですよね。今まで撮影してきた写真や動画、またLINEやFacebookなど楽天モバイルに乗り換えた後も変わらず使えるように、データ移行を行っていきましょう!

ただし、事前に注意しておかなければならないポイントがあります。まず、キャリアから乗り換える場合キャリアメールの送受信内容を移行することはできません。これは、キャリアのメールアドレスというのはキャリアが独自で発行しているアドレスであり、楽天モバイルでは利用することができないサービスだからです。どうしても取っておきたいメールは、他へ転送したりメモとして残して置けるようにしておきましょう。

他にも、移行前に事前に手続きしておかないとデータを引き継ぐことができないものもあります。楽天モバイルだけでの話ではなく、他への乗り換えの場合でも共通するのですが、

  • LINE
  • おサイフケータイ

上記2つのサービスは事前に移行ができるようにサービス内での簡単な手続きが必要になります。

それでは、データ移行方法を詳しく解説していきます。

  1. 電話帳の移行
  2. メールの移行
  3. 写真・動画の移行
  4. SNSの移行
  5. LINEの移行

1. 電話帳の移行

電話帳以降はGoogleアカウントを利用して共有することで簡単に移行ができます!

2. メールの移行

キャリアメール以外のフリーメールを利用しているのであれば、もう1度同じフリーメールをインストールしてログインし直すだけで利用が可能です!

3. 写真・動画の移行

クラウドやアプリを利用することで写真も動画も簡単に移行することができます。

4. SNSの移行

SNSの移行も簡単!もう1度やFacebookやTwitterのアカウントで再ログインをするだけで完了です。ログイン時のIDやパスワードを忘れないようにしておきましょうね。

5. LINEの移行

LINEを引き継ぐ場合には、乗り換える前に前のスマホでやっておかなければならない設定があります!!

LINEのデータ移行”事前”準備

  1. LINEの「設定」から「アカウント」をタップ
  2. 「メールアドレス変更」をタップし、楽天モバイルへ乗り換え後のアドレスを入力
  3. 「設定」画面に戻り、「アカウント引き続き設定」をタップ
  4. 「アカウント引き続き設定」をON

確認しておくところは2点で、楽天モバイルへ乗り換え後も利用できるメールアドレス(Gmailなどのフリーメール)に設定されているかどうかと、アカウント引き継ぎ設定をONにしておくことの2点となります。

上記設定が完了していることを確認した後に、楽天モバイル乗り換え後にLINEデータを引き継ぐ手順が下記の通りとなります。

LINEのデータ移行方法

  1. LINEをインストールしたらログイン!
  2. 楽天モバイルで利用する電話番号を入力
  3. SMS認証をすることで、完了!

SNS認証は、自動手にSMS認証番号が送られてくるため、その番号を入力すれば大丈夫です。

ログイン方法

メンバーズステーションのログイン方法

メンバーズステーションのログイン方法を解説します。

[ご契約情報の確認・手続きへ]という項目と[メールアドレスの確認・手続きへ]という項目がありますが、主に利用するの前者の[ご契約情報の確認・手続きへ]の方です。

ログイン方法は2通りあります。

  • 楽天IDでログイン
  • SIM電話番号でログイン

どちらでログインしても同じです。楽天IDは契約時に利用または作成した楽天IDになります。

SIM電話番号は利用中の楽天モバイルの電話番号または契約時に発行された「ra」始まる13桁のIDです。それぞれパスワードが違うので注意してください。

楽天IDのパスワードは楽天IDを作成した時に設定したパスワードで、SIM電話番号および「ra」から始まるIDのパスワードは変更していなければ@から始まるパスワードになっています。

SIM電話番号は電話番号なので忘れることはなさそうですね。

また、万が一パスワードを忘れても電話番号とSIM番号を再入力するか、楽天IDでログインすることでログインすることができ、パスワードを再登録できます。

メンバーズステーションは契約内容の変更などに利用するので、作成した楽天IDおよびパスワード、契約時に設定したパスワードを忘れないようにしましょう。

SIMの追加方法

楽天モバイルでは、初め1回線契約していた場合でも、追加で2回線目の契約をすることが可能です。しかも、2回線目からはちょっとお得になるため契約するハードルも低くく契約しやすいです♪

手順はカンタン!

  • ①楽天モバイルのメンバーズステーションから専用ページにアクセス

SIM追加の専用ページ

※3回線目の場合は、2回線目のIDでメンバーズステーションにログインしましょう!

  • ②申し込み画面から必要事項を入力して完了!

メールアドレス設定方法

楽天モバイルでは、@rakuten.jpのメールアドレスを無料で提供しています。利用する場合には、アドレス登録を行いメールアプリをインストールする必要があります。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. 各種オプションご利用状況の「楽天メールご登録」の「お申し込みへ」をクリック
  3. 「@」前のアドレスを入力する
  4. 「お申し込み」をクリック(パスワードが設定されるため忘れないように!)
  5. 楽天メールアプリをインストール
  6. アプリ内「楽天メール」をクリック
  7. さきほど決めたメールアドレスとパスワードを入力してログイン
  8. アプリが正常に起動すれば完了!

ちなみに、発行される初期パスワードが変更することも可能です。メンバーズステーション内の「無料メールアドレスのパスワード変更」からできるため、忘れないようにするためにも先に変更しておくことをおすすめします。

支払方法変更

支払い方法の変更は、メンバーズステーションからおこなうことができます。

  1. クレジットカードに変更する方法
  2. デビットカードに変更する方法
  3. 口座振替に変更する方法
  4. 楽天スーパーポイントで支払いたい時の設定方法

1. クレジットカードに変更する方法

クレジットカードに変更する時にはWebで簡単に変更が可能です。また、現在クレジットカードで支払い中で、支払いを別のクレジットカードに変更した時にも同じ手順でおこなえば変更が可能ですよ。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. メニュー内「登録情報・設定変更」をクリック
  3. 「クレジットカード情報」をクリック
  4. 「新しいクレジットカード情報」に必要事項を入力
  5. 「確認画面へ」をクリックして完了!

2. デビットカードに変更する方法

デビットカードに変更する際には、クレジットカードの変更手順と全く同じになります。デビットカードを既に利用中で、ほかのデビットカードに変更したい方も下記手順で行えます。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. メニュー内「登録情報・設定変更」をクリック
  3. 「クレジットカード情報」をクリック
  4. 「新しいクレジットカード情報」に必要事項を入力
  5. 「確認画面へ」をクリックして完了!

3. 口座振替に変更する方法

口座振替に変更する時も、Webで簡単に変更が可能です!

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. メニュー内「登録情報・設定変更」をクリック
  3. 「口座振替情報」をクリック
  4. 口座情報を入力
  5. 「金融機関へ」をクリック
  6. 金融機関によって異なるページが表示されるため画面に従って進んだら完了!

4. 楽天スーパーポイントで支払いたい時の設定方法

楽天モバイルの月額料金は、楽天スーパーポイントで支払いをすることもできます。その際には設定が必要となるため、下記手順に従って設定を行ってください。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. メニュー内「登録情報・設定変更」をクリック
  3. 「楽天スーパーポイント口座情報登録・変更」をクリック
  4. 「支払い方法の選択」でポイントの利用方法を選択して完了

「支払い方法の選択」でポイントの利用方法は、2種類から選択することができます。1つは所持ポイントをすべて利用する方法。2つ目は毎月一定のポイント数を決めて支払する方法です。毎月支払いの金額は安定している方は、毎月一定分のポイント数で支払うと引き落としの金額を綺麗にすることができるので、良いかもしれません。

プラン変更

プラン変更を検討している場合は、変更前に利用中のプラン利用期間を必ず確認してください。

スーパーホーダイを利用中の方は最低利用期間を過ぎたあとにプラン変更ができるようになります。

組み合わせプラン通話SIMを利用中の方がスーパーホーダイへプラン変更する場合は、各種割引は適用されないので注意が必要です。同プラン内のデータ容量変更は月1回まで何度でも可能です。

また、通話SIM(スーパーホーダイおよび組み合わせプランの通話SIM)を利用中の方はSMSありデータSIMやデータSIMに変更することは出来ず、その逆も不可となっていますので、変更希望の場合は一度解約して、再度契約しなおす必要があります。

いずれの変更も楽天モバイル専用アプリ「楽天モバイル SIMアプリ」を利用するとスムーズに変更可能になります。

機種変更

楽天モバイルは販売しているSIMフリースマホの種類がかなり豊富!そのため機種変更時には人気端末はもちろん最新端末に乗り換えることも可能です♪さらに、楽天モバイル利用者なら、利用者ならではのお得価格で機種変更ができます!!!

しかも、楽天モバイルならiPhoneへの乗り換えも可能です。海外販売モデルを取り扱っているため日本版とは異なるアプリがインストールされている等の仕様の違いはありますが、利用する分に問題はないため安心してください。

機種変更方法

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. 【各種オプションご利用状況】の【機種変更】から端末買い増しサービスを申し込み!

機種変更はメンバーズステーションから簡単に行えます。そのため、予め機種変更する端末を選んでおきましょうね。申し込み後のキャンセルはできないため、間違いのないように!

機種変更時の注意点

端末によって、挿入することができるSIMカードのサイズが異なる場合があります。その場合、現在利用している楽天モバイルの格安SIMサイズの変更手続きも行わなければならない場合もあるため、機種変更時には乗り換えたい新しい端末で使えるSIMサイズを確認のうえ、申し込みをするようにしましょう。

とはいえ、ほとんどのスマホはnano SIMという1番小さなサイズのSIMカードに対応していることが多いので、サイズ変更が必要な場合はそこまで多くないでしょう。

もし、サイズ変更が必要になった場合には、下記手順で手続きを行いましょう。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. 「会員メニュー」の「オプションサービスの申し込み」をクリック
  3. 「SIM交換申請」から申請して完了!

さらに、もう1つ注意点があります。

それは、端末によっては外部接続端子のかたちが異なる場合があります。異なってしまうと、充電のケーブルが利用できなかったり…という問題が発生してしまうため予めチェックをしておきましょう!

MNP乗り換え

電話番号を引き継いで他者へ乗り換えをする、通称MNP!

  • 楽天モバイルへのMNP方法(他者から楽天モバイルに乗り換え)
  • 楽天モバイルからのMNP方法(楽天モバイルを解約し他社へ乗り換え)

上記2パターンのMNP方法を解説します。どちらもWebと電話で簡単におこなうことができますが、MNP予約番号というものを発行する必要があり、MNP予約番号には有効期限がわりと短い期間であるため、余裕をもって行うことがポイントですよ!

楽天モバイルへのMNP方法(他者から楽天モバイルに乗り換え)

ようこそ楽天モバイルへ!他社から楽天モバイルへMNPする場合の手順です。

  1. 楽天モバイルへ乗り換える前に使っていたキャリアでMNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルを契約する
  3. SIMを受け取る
  4. 楽天モバイル開通受付センターへ電話してMNP完了!

楽天モバイル開通受付センター電話番号

  • 0800-805-1111

通話料は無料となります。電話する時の注意点ですが、電話する時間帯によってMNP開通時間に若干の違いが生まれてしまいます。そのため事前に確認しておくことをおすすめします!!

当日中にMNP切り替えを完了させたい場合は、下記時間帯のうちに必ず連絡を!

ドコモ回線の場合au回線の場合
当日開通可能な時間9:00~20:3910:00~18:50

1分でも過ぎてしまうと、ドコモ回線の場合は9:00以降au回線の場合は10:00以降の切り替えとなってしまいます。電話する時間帯によっては、かなり待ち時間が発生してしまうため特に電話をすぐに利用しようと考えている方は要注意です。

さて、1. 楽天モバイルへ乗り換える前に使っていたキャリアでMNP予約番号を取得で躓いてしまった方は、下記をチェック!下記に連絡をすればMNP予約番号を受け取ることができます。(下記以外MVNOの場合は公式サイトからチェック)

ドコモauソフトバンクワイモバイルUQモバイル
受付番号(携帯から)1510077-754700800-100-55330570-039-1510120-929-818
受付番号2(一般電話から)0120-800-0000077-754700800-100-55330570-039-1510120-929-818
電話受付時間9:00~20:009:00~20:009:00~20:009:00~20:009:00~21:00
Web受付「My docomo」の「各種お申し込み・お手続き」から「auお客さまサポート」の「申し込む/変更する」から「My SoftBank」の「各種変更手続き」から「My Y!mobile」から受付なし
Web受付時間9:00~21:309:00~21:309:00~21:3024時間-

楽天モバイルからのMNP方法(楽天モバイルを解約し他社へ乗り換え)

さようなら楽天モバイル!楽天モバイルから他社へMNPする場合の手順です。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. 「会員メニュー「の「登録情報・設定変更」をクリック
  3. 「MNP予約番号発行・確認」から発行!

解約方法

楽天モバイルを解約はメンバーズステーションから申請できます。

メンバーズステーションとは、プラン変更・契約情報の確認や支払い方法の変更など各種設定ができるWEB上の会員専用ページです。

メンバーズステーションのトップページにある会員メニュー内の[登録情報・設定変更]という項目の最下部にある[楽天モバイル解約申請]から解約手続きをすることができます。

当月の解約の締め切りは毎月15日で16日以降に解約手続きが行われた場合は翌月末に解約完了します。また、料金の日割り計算はしていないので最終請求も1ヵ月分請求されます。

解約後はSIMカードを返却する必要があることを必ず忘れないでください。

SIMカード返却先住所〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイルSIM返却係

なお、返却にかかる配送料は自己負担となります。

故障した時の対処法

端末が故障してしまった!そんな時の対処法を解説していきます。

まず、そもそも契約時につながる端末保証 by 楽天モバイルという保証オプションに加入しておくことが安心できる近道です。月額500円で加入することができ、自然故障・破損・全損・水没という全ての故障時に保証してくれます。

万が一の場合も、安心ですよね。ただ、つながる端末保証 by 楽天モバイルに加入していないのに故障してしまった場合は、後から加入してもその時は保証を受けることができません。

未加入の方は、各端末のメーカーへお問い合わせをする必要があります。自分の端末の利用メーカーを確認して問い合わせをしましょう。

ちなみに、もし紛失をしてしまった時には、下記に連絡することでSIMカードの利用を停止することができます。

SIM利用停止・再開 専用窓口

  • 電話番号:0800-600-0500
  • 受付時間:9:00 ~ 18:00 (年中無休)
  • 通話料無料
公式をチェック!
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)

「楽天モバイル」の記事一覧

110 / 39
公式をチェック!