1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 楽天モバイル

楽天モバイルの総合評価!メリット&デメリット解説【2019】

最終更新日:
楽天モバイルの総合評価!メリット&デメリット解説【2019】

楽天モバイルってどんな会社?

楽天モバイルは、端末セールがお得なMVNOです。以前までは楽天が運営していましたが、2019年10月のキャリア参入に向けて楽天モバイル株式会社を設立し、現在は楽天モバイル株式会社が運営しています。

端末セールを頻繁に開催し、ドコモ回線とau回線から選べるのも魅力的なポイントです。

5Gの周波数帯もソフトバンクと同数の2枠を確保しました。

▷最新の端末セールを見る

楽天モバイル《おすすめポイント》

  • かけ放題がセットのスーパーホーダイ
  • ドコモ回線とau回線から選べる
  • 取扱端末が豊富
  • 店舗数が多い
  • データ繰り越し・バースト機能や速度切り替えに対応
  • 選べる支払方法が多い
  • 無料で取得できる独自のメールアドレス
  • メンバーズステーションが便利
  • 自社回線に移行する

楽天モバイル《イマイチなポイント》

  • スーパーホーダイの割引適用条件が厳しい
  • 昼の通信速度に不安あり
  • 実用的なオプションがあまりない
  • 楽天サービスを利用しなければポイント恩恵が少ない
公式をチェック!

「料金プラン」

「月額料金以外に発生する費用」

「支払い方法」

「評判・他社比較」

「かけ放題」

「大手キャリアとの違い」

楽天モバイル《月額料金・その他の料金》

楽天モバイル《組み合わせプラン》の月額料金

ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限525円1,250円
5GB/月1,450円2,150円
10GB/月2,260円2,960円
20GB/月4,050円4,750円
30GB/月5,450円6,150円
au回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限645円1,250円
3.1GB/月1,020円1,600円
5GB/月1,570円2,150円
10GB/月2,380円2,960円
20GB/月4,170円4,750円
30GB/月5,520円6,150円

楽天モバイル《スーパーホーダイ》の月額料金

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
2GB/月-2,980円
6GB/月-3,980円
14GB/月-5,980円
24GB/月-6,980円
※スーパーホーダイはドコモ回線のみ

スーパーホーダイは「高速データ通信(低速時送受信最大1Mbpsの通信速度)」+「国内通話10分かけ放題」がセットになったプランです。UQモバイルやワイモバイルのプラン体系に似ていますが、2年契約で自動更新でない点が大きな違いです。

▷楽天モバイルのプランを詳しく知りたい

▷スーパーホーダイについてもっと詳しく知りたい

そのほかにかかる費用

  • 契約事務手数料:3,394円(ドコモ回線)
  • 契約事務手数料:3,406円(au回線)
  • SIMカード変更・交換・再発行:3,000円
  • 契約解除料:9,800円(音声通話SIMのみ)
  • MNP転出料:3,000円

契約事務手数料が回線によって違うことに注意。

契約事務手数料が発生する期間はプランによって違う

組み合わせプランであれば回線にかかわらず最低利用期間が一律12か月となっています。一方でスーパーホーダイの契約期間は1~3年から選択できます。

契約した年数でプランの割引適用額が変動することにも注意が必要ですが、契約期間内の解約による解除料は一律9,800円です。また、3年契約でも割引が適用されるのは24か月となっています。

契約期間割引適用額
1年長期割適用無し
2年-500円×24か月
3年-1,000円×24か月

楽天モバイルの支払方法は3通り!

  • 各種クレジットカード
  • 楽天銀行デビットカード(JCB)またはスルガ銀行デビットカード
  • 口座振替(手数料100円/月)

利用できるクレジットカードは「VISA・Master・JCB・American Express・Diners Club」の5種類です。口座振替のみ手数料として月100円支払う必要があります。

▷お支払い方法についてもっと詳しく知りたい

公式をチェック!

楽天モバイル《評価と他社比較》

楽天モバイル総評

楽天モバイルは、データ容量から選ぶ「組み合わせプラン」とかけ放題がコミコミの「スーパーホーダイプラン」の2種類のプランから選ぶことができる非常に珍しいMVNOです。

2019年10月からは自社回線に移行、2018年の格安スマホ契約者数No.1に選ばれるなど利用者がどんどん増えています。格安スマホ業界ではそれほど安い料金設定ではありませんが、セット購入できる端末の豊富さや店舗の多さなどが評価されています。

データ繰り越しや通信速度切り替えに対応

楽天モバイルのアプリ「楽天モバイル SIMアプリ」を利用するとカンタンに「データ残量の確認」や「通信速度切り替え」が可能になります。

▷「楽天モバイル SIMアプリ」をGoogle Playからダウンロード

▷「楽天モバイル SIMアプリ」をApp Storeからダウンロード

データ繰り越しが可能な期限は翌月までです。そのため、余ったデータ容量は貯めておくことはできず、自動的に期限が近いデータ容量から消費されます。期限が切れたデータ容量に関しては自動的に消滅してしまうため注意です。

バースト機能にも対応しているが注意点あり

楽天モバイルは一応バースト機能がありますが、使用中のAPN(アクセスポイント名)によっては対応していない場合もあります

APN回線バースト機能対応状況
rmobile.jpドコモ×
rmobile.coドコモ
a.rmobile.jpau不明

無料で取得できる独自のメールアドレス用のメールアプリがかわいい

残念ながらiOSではダウンロードできません。

アプリのインターフェイスが一昔前のガラケーの「Eメール」っぽくて面白い。

▷「楽天メール」をダウンロード(Androidのみ)

チャットスタイルとメールスタイルから選べて、なんと「デコメ」が使えます!(笑)

▷楽天メールについてもっと詳しく知りたい

楽天モバイルのオプション

「10分かけ放題(月額850円)」や「端末保証(月額500円)」など基本的なオプションはありますが、カウントフリーはなく、データシェアはドコモ回線のみでしかも有料(月額100円)です。

かけ放題じゃなくても通話料金が安くなる?

「楽天でんわ by 楽天モバイル」というアプリを利用すると通常の通話料金20円30秒が半額の10円/30秒になります。大手キャリアと比べ半額で通話できます。

IP電話ではなく、プレフィックス通話のため、通話品質は良いです。

また、SMS送信料は大手キャリアと同様の料金となっています。さらに、1日の中で送信可能なメッセージ数は200通まで、ドコモの場合は全角最大70文字・auの場合は全角最大670文字まで送信できます。

回線国内から国内へ送信国内から海外へ送信国内で受信
ドコモ回線3円/通(70字以内)50円/通無料
au回線3~30円/通100円/通無料

海外での利用は「国際ローミングサービス」オプションに加入した通話SIMの利用者限定で利用することができます。通話料、SMS通信料は国ごとに異なります。

▷楽天モバイルのかけ放題についてもっと詳しく知りたい

mineoやBIGLOBEモバイルにはオプションの豊富さで負けている

mineoはパケットシェアなどのデータ系オプションは種類も多く無料ですし、BIGLOBEモバイルのように「エンタメフリー・オプション」という動画見放題(=カウントフリー)のサービスは楽天モバイルにはありません。

カウントフリーとは違いますが、スーパーホーダイであれば速度制限下でも送受信最大1Mbpsのダウンロード速度が出るため、実質カウントフリーみたいなところはあります。

また、自社回線に移行するとサービスの幅を広げることができるため、今後に期待です。

楽天モバイルの口コミ

総合評価
 (4.0)
思った以上に速度も速く、満足です3.1GBプラン データSIM(D)
 (4.0)

海外から帰って来たばかりで携帯電話を契約するのがめんどくさかったので丁度良さそうな物を探していました。向こうだとSIMフリーの携帯が普通でプリペイド用のSIMがコンビニで売っていて気軽に買えたのですが、こっちだとそうもいかず。。。楽天カード会員なのでメールでお知らせが来て、値段も安かったので早速申し込みました。可もなく不可もなく、という感じですが思ったより通信速度が速いので使えそうです。来年からはプランをもう少し大きい物にする予定です。

スマホ料金が3分の1以下になりました3.1GBプラン 通話SIM(D)
 (5.0)

月に7千円以上使っていた時から比べると、スマホにかかる料金は3分の1以下になり、価格面では言うことなしです!通信状態も以前と何ら変わりなく、もっと早く変えれば良かったと思うほど。 毎月の支払いで、わずかですが楽天スーパーポイントもつくので、お得感がより増します。 使っているSIMフリー端末も、3万円ほどのものをチョイスしたので、初期投資の価格も抑えることができました。ZenFone5を使用していますが、価格の割に高スペックな機種と言われているので、iPhoneからの乗り換えですが、不満なく使えています。

一番安くて遅いプランですが満足していますベーシックプラン データSIM(D)
 (3.0)

一番データ容量が少ないプランに入っています。 通信速度があまりにも遅ければ、後からプランを変えることもできるため、最初は最も安い700円以下のプランに入りました。 実際につかってみると、まったく問題なくラインやメール、Webも閲覧できています。 ただ動画だけはよく止まったり、画質は良くないので動画をよく見る人にはおすすめしません。 また、通話が出来るプランもあるのですが、救急電話にかけられないのでそこは不便です、 あとは快適に使えています。

毎月の支払いで楽天ポイントが貯まる!使える!

楽天モバイルの支払いをクレジットカードに設定している場合、毎月の支払いごとに「楽天スーパーポイント(100円で1P)」が付与されます。

さらに、楽天カードまたは楽天銀行デビットカード(JCB)で支払いしている場合はポイントが+1倍(100円で2P)になります。

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は支払に利用できるのはもちろん、ほかの楽天サービス(楽天市場など)でも利用できる点は評価が高いです。

楽天スーパーポイント口座を登録していないとポイント付与されない

楽天モバイルに申し込みしたら必ず忘れないように楽天スーパーポイント口座登録をしましょう!楽天モバイルの利用料金100円につき1ポイント加算されるため、かなりお得ですよ。

楽天スーパーポイント付与対象
月額基本料、通話料(国際料金含む)、楽天でんわ、SMS送受信料、留守番電話、キャッチホン、転送電話、ユニバーサルサービス料
※支払い方法を口座振替にしている場合は楽天スーパーポイントが付与されない点に注意。

▷楽天スーパーポイント口座登録についてもっと詳しく知りたい

楽天モバイルはかけ放題とセットでも自動更新がない!

ワイモバイルのスマホプランやUQモバイルのおしゃべりプランも楽天モバイルのスーパーホーダイ同様に「かけ放題」と「高速データ通信」がセットになっていますが、いずれも「2年契約」で「自動更新」となっています。

また、UQモバイルのかけ放題は5分なのであまりお得ではありません。

契約年数自動更新
ワイモバイル/UQモバイル2年あり
楽天モバイル1~3年なし

低速通信時でも送受信最大1Mbpsの通信速度がでる

楽天モバイルのスーパーホーダイなら、低速通信時でも動画などを楽しむことができます。

低速通信時のダウンロード速度
ワイモバイル128Kbps
UQモバイル300Kbps
楽天モバイル1Mbps

▷通信速度の目安をみる

大手キャリアとの違い

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えを検討している方は、大手キャリアとの違いを知っておくことで乗り換えのハードルを下げ、不安なく契約し利用していくことができます。双方の良い点と悪い点を知ったうえで満足のできる乗り換えをしましょう。

大手キャリアと格安SIMの違いで明確な部分はやはり料金の違い!

au、ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアでスマホを契約すると最安値のプランを選んだとしても基本料金は概ね約6,000円となる場合が多いです。

そこに端末分割料金(例えばiPhoneの場合は4,000円程度)が上乗せされます。その料金から各種割引などが適用されて、実際に支払う月額料金が算出されます。よって、大手キャリアのスマホでは6,000円~10,000円程度の金額を毎月払っている方が多いです。

格安SIMの料金はどのくらいになるのか

人気の3GBプランで考えてみると、基本料金は通話もできて約1,600円前後が多いでしょう。そこに端末分割料金(安いものだと500円/月)と通話料が上乗せされた金額が支払う月額料金になります。実際の月額料金は2,000円~3,000円前後に抑えられる人がほとんどのため、大手キャリアと比べると毎月かなり安く運用することが可能です!

大手キャリアと格安SIMでここまでの料金差がある理由

実は、それは回線にあります。大手キャリアは自分たちでドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線という独自の回線をもっていて、回線の維持費用などが必ずかかってきます。しかし、格安SIMは独自の回線を持たず、大手キャリアから回線を借りて運用しているため、その分のコストが大手キャリアと比べてかなり低いのです。

さらには、店舗を持たない格安SIMなどは大手キャリアで行うことができない部分でコスト削減をしているのです。その分、サービスやWeb上での利便性を追求している格安SIMも多く、コストを安く抑えながらも満足できる格安SIMを提供することができているのです!

公式をチェック!

「通信速度/電波エリア」

「必要書類」

「申し込み方法」

「店舗情報」

「ドコモから乗り換える方へ」

「auから乗り換える方へ」

「ソフトバンクから乗り換える方へ」

「申し込みの注意点」

「取り扱い端末」

楽天モバイル《通信速度/電波エリア》

楽天モバイルの電波エリア

  • ドコモ回線~株式会社NTTドコモが提供するLTE「Xi」(クロッシィ)のサービスエリアおよびFOMAのサービスエリア
  • au回線~KDDI株式会社が提供するauの4G LTE網に対応したエリア

3G回線ではデータ通信をすることができません(3Gのみには非対応)。そのため、楽天モバイルを持ち込み端末で利用する予定の方は、必ずLTE・4G回線に対応している端末を選びましょう

楽天モバイル通信速度

以下の計測条件で楽天モバイルの通信速度を毎月計測しています。

  • 計測値:東京都 渋谷区
  • 計測時間帯:朝 (10:00) / 昼 (12:30) / 夜 (17:00)
  • 計測端末:HUAWEI P20 lite
  • 計測アプリ:SPEED TEST

▷通信速度の目安をみる

通信速度は、利用日/利用時間帯/利用場所/混雑状況によって大きく変動してしまいます。そのため、日によっては通信速度が速いまたは遅いと感じる場面も出てくることが予想されるため、あらかじめ把握しておきましょう。また、お昼の時間帯(12:00~13:00)は特にスマホの利用者が多いため、その分改善が込み合い速度が遅くなりがちです。混雑時間帯での利用は要注意!

▷楽天モバイルの通信速度についてもっと詳しく知りたい

公式をチェック!

楽天モバイル《申込方法(MNP転入方法)》

楽天モバイルの申し込み方法は公式HP店舗の2通りです。

まずは申し込みに必要なものを確認しよう!

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ログイン用ユーザーIDとパスワード
  • MNP予約番号(MNP転入のみ)
  • 支払に手続きに必要な書類(後述)

楽天会員のIDを持っていなくても、その場で取得できる(無料)ため安心してください。また、MNP予約番号は有効期間が10日以上残っている必要があります。

支払い手続きに必要な書類は選択した支払い方法によって違う

支払い方法必要書類
クレジットカード契約者本人名義のクレジットカード
デビットカード契約者本人名義の「楽天銀行デビットカード(JCB)」「スルガ銀行デビットカード」
口座振替契約者本人名義のキャッシュカードおよび金融機関指定の口座確認に必要な項目

端末やアクセサリーは口座振替で購入できない点には注意しましょう。

公式HPでの申し込み方法はわずか7ステップ

  1. [今すぐWebでお申し込み]をクリック
  2. 回線、タイプ、端末、端末オプション、SIMタイプ、料金プランを選択
  3. 内容確認しカラーを選択(端末なしの場合はSIMサイズを選択)
  4. オプション、アクセサリーを選択(必要あれば)
  5. 個人情報入力
  6. 利用規約確認
  7. 完了!
公式をチェック!

▷楽天モバイルの申し込み方法についてもっと詳しく知りたい

店舗の申し込み手順は店舗ごとに違う

近くにある店舗に足を運んで、直接店舗に問い合わせてみましょう。

▷近くの楽天モバイル取扱店を探す

エントリーパッケージで安く契約しよう!

エントリーパッケージを購入すると契約事務手数料が安くなります。エントリーパッケージは全国のローソン、ファミリーマートで販売中です!

楽天モバイルへのMNP転入方法(他社から楽天モバイルに乗り換え)解説!

  1. 現在利用中のキャリアでMNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルを契約する
  3. SIMを受け取る
  4. 楽天モバイル開通受付センターへ電話してMNP完了!
楽天モバイル開通受付センター電話番号0800-805-1111(通話料無料)

▷楽天モバイルへのMNP転入方法をもっと詳しく知りたい

申し込んだ回線によってMNP開通時間は違う

申し込む回線当日開通可能な時間
ドコモ回線9:00~20:39
au回線10:00~18:50

1分でも過ぎてしまうと、ドコモ回線の場合は翌9:00以降au回線の場合は翌10:00以降の切り替えとなってしまいます。電話する時間帯によっては、かなり待ち時間が発生してしまうため電話をすぐに利用しようと考えている方はとくに要注意です。

各社MNP予約番号発行方法一覧

手数料電話(受付時間)Web(受付時間)店頭
ドコモ2,000円ドコモ携帯:151
一般:0120-800-000
(9:00~20:00)
1.[My docomo]
2.[各種お申し込み/お手続き]
(9:00~21:30)
ドコモショップ
au3,000円共通:0077-75470
(9:00~20:00)
1.[EZwebトップメニュー]
2.[My au]
3.[申し込む/変更する]
(9:00~21:30)
フィーチャーフォンのみ
auショップ
トヨタau取扱店
(一部店舗除く)
ソフトバンク3,000円
~5,000円
ソフトバンク携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533
(9:00~20:00)
1.[My SoftBank]
2.[各種変更手続き]
(9:00~21:30)
3Gガラケーのみ
ソフトバンクショップ
ワイモバイル3,000円ワイモバイル携帯:116
一般:0120-921-156
(9:00~20:00)
Web受付なしワイモバイルショップ
(スマホのみ)
UQモバイル3,000円共通:0210-929-818
(9:00~21:00)
Web受付なし店舗受付なし

ドコモから乗り換える方へ

ドコモから格安SIMへ乗り換えや手続きをする前に、まず現状確認を行いましょう!

  • ドコモ契約から何年目?解約金の発生有無
  • キャリアメールは引き継ぎ不可、重要メールは別途保存
  • データバックアップやアプリなどの引き継ぎ準備
  • dポイントなど、ポイントがあれば利用しちゃおう!

解約日によっては多大な解約金・違約金が発生する可能性があるため、とくに注意して確認しておきましょうね!

ドコモから楽天モバイル乗り換える流れ

auから乗り換える方へ

auから格安SIMへ乗り換える際に、手続きをする前にまず現状確認を行いましょう!

  • au契約から何年目?解約金の発生有無
  • キャリアメールは引き継ぎ不可、重要メールは別途保存
  • データバックアップやアプリなどの引き継ぎ準備
  • au WALLETなどポイントがあれば利用しちゃおう!

auから楽天モバイル乗り換える流れ

ソフトバンクから乗り換える方へ

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える際に、手続きをする前にまず現状確認を行いましょう!

  • ソフトバンク契約から何年目?解約金の発生有無
  • キャリアメールは引き継ぎ不可、重要メールは別途保存
  • データバックアップやアプリなどの引き継ぎ準備
  • ポイントがあれば利用しちゃおう!

ソフトバンクから楽天モバイル乗り換える流れ

楽天モバイル申込時の注意点

申し込み後はキャンセルができない

キャンセルは受け付けていないため、契約情報等はしっかりと確認しましょう。サービス不満によるキャンセルも楽天モバイルでは受け付けておらず、いずれも”解約扱い”となる点には注意です。また、SIMカードの受け取り拒否をした場合でも解約扱いとはならず、月額料金は発生してしまうため、キャンセルしたい場合は必ず解約手続きを行いましょう。

SIMカード送付先の転送などはできない

申し込み完了後に契約時に入力した住所宛てにSIMカードが届きますが、転送などはできません。必ず受け取れる住所を準備しておきましょう。また、最短2日で発送されますが、状況によっては時間がかかる場合もあるので、契約時スマホの不通期間には余裕をもって対応できるようにしておくことをおすすめします。

《楽天モバイル》格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

楽天モバイルでは、お得なキャンペーンを実施中です!
キャンペーンを活用して、お得にスマホを運用しましょう。

楽天モバイルのお得なキャンペーン一覧

キャンペーン名
【スーパーホーダイ新規お申し込み特典】楽天会員割+長期割で月額基本料がおトク!
【スーパーホーダイ新規お申し込み特典】初月はプランSと同額
【期間限定】新元号令和スタートダッシュキャンペーン
人気スマホへおトクに機種変更キャンペーン
楽天モバイル×楽天コミュニケーションズ光キャンペーン
HUAWEI Mate20 Pro発売記念キャンペーン
お友達紹介キャンペーン
はじめてご利用の方限定!楽天モバイルの人気オプションが、最大2カ月無料!

【スーパーホーダイ新規お申し込み特典】楽天会員割+長期割で月額基本料がおトク!

楽天モバイルには、スーパーホーダイプランという料金プランがあり、データ通信+10分かけ放題がセットになったプランで、高速通信分データ消費後も通信速度1Mbpsまでなら制限なく使い放題という特長があり、楽天モバイルで一番人気のプランです。

人気の秘密は、スーパーホーダイプラン限定の長期優待ボーナスという特典です。

長く契約するほど割引金額が大きくなり、契約してから最大3年間おトクに使えます!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【期間限定】新元号令和スタートダッシュキャンペーン

キャンペーン期間:2019/05/09~2019/06/13

楽天モバイルでは、新元号令和スタートダッシュキャンペーンという端末セールを実施中!人気格安スマホが安くなるセールです!

あのHUAWEI nova lite 3が月々435円から!!

人気SIMフリースマホ15機種がセール対象で、通話SIMの契約者限定になります。

【期間限定】人気スマホへおトクに機種変更キャンペーン

キャンペーン期間:2019/05/24~2019/07/01

楽天モバイルでは人気の端末10機種が通常の機種変更価格より6,000円引きになるキャンペーンを実施しています!

すでに楽天モバイルの会員で機種変更を考えている方はこの機会にぜひ機種変更を行いましょう!

楽天モバイル×コミュニケーションズ光キャンペーン

キャンペーン期間:2019/04/24~終了日未定

楽天モバイルでは、楽天コミュニケーションズ光と同時申し込みでキャッシュバック+ポイント贈与されるキャンペーンを実施中!

特典① 12,000円相当(2年間毎月500ポイント)プレゼント 期間:2019/01/28~2019/04/24
特典② 最大10,000円キャッシュバック 2019/05/28~終了日未定
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

最新端末の発売記念セールも期間限定で開催中!

楽天モバイルでは、新たな端末の発売を記念したキャンペーンを実施中!

HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
111,880円
分割払い時約4,661円×24回
画面サイズ6.39インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9.0
カラー

詳しくは楽天モバイル公式ホームページをチェック!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

楽天モバイルのキャンペーン詳細は下記の記事でチェック!

該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度公式ページにてご確認をお願い致します。

楽天モバイル《おすすめ端末》

2019年のおすすめ端末はこれだ!

HUAWEIのハイコスパスマホ、HUAWEI nova lite 3!!

HUAWEI nova lite 3
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時約1,120円×24回
画面サイズ6.21インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 9
カラー

HUAWEI nova lite 3は6.21インチの大画面でデュアルレンズカメラを搭載したSIMフリースマホです。2万円台なのにそれなりに性能がよく、従来モデルのHUAWEI nova lite 2よりもさらにグレードアップしています。

ドコモ回線でもau回線でもセット購入できますし、楽天モバイルが自社回線移行したあとも対応機種としているため、まだまだながく利用できます。

▷楽天モバイルのおすすめ端末をもっと詳しく知りたい

楽天モバイルで使えるiPhone一覧

ドコモ回線とau回線で使えるiPhoneの種類が違うので注意が必要です。

ドコモ回線で使えるiPhone一覧

  • SIMフリー版およびドコモ版:iPhone 5c以降に発売されたiPhone
  • au版およびソフトバンク版:iPhone SE以降に発売されたSIMロック解除済みのiPhone

au回線で使えるiPhone一覧

  • SIMフリー版:iPhone 6以降に発売されたiPhone
  • au版:iPhone SE以降に販売されたiPhone(SE~7まではSIMロック解除が必要)
  • ドコモ版およびソフトバンク版:iPhone SE以降に販売されたSIMロック解除済みのiPhone

※いずれのiPhoneもOSのヴァージョンによっては利用できない場合があります。また、au回線ではiPhone 6s以降のiPhoneのみテザリングの利用ができます。

楽天モバイルの取扱端末一覧

SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,141円 x 24回
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時
約 1,209円 x 24回
OPPO R17 Pro
販売価格
69,880円
分割払い時
約 3,144円 x 24回
SHARP AQUOS zero SH-M10
販売価格
89,980円
分割払い時
約 4,049円 x 24回
OPPO AX7
販売価格
21,470円
分割払い時
約 894円 x 24回
LG Q Stylus
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,791円 x 24回
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
105,880円
分割払い時
約 4,764円 x 24回
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,341円 x 24回
OPPO Find X
販売価格
91,880円
分割払い時
約 4,134円 x 12回
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時
約 2,466円 x 24回
エッセンシャル Essential Phone
販売価格
48,800円
分割払い時
約 2,241円 x 24回
HTC U12+
販売価格
89,800円
分割払い時
約 4,041円 x 24回
SHARP AQUOS sense plus SH-M07
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,476円 x 24回
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時
約 1,439円 x 24回
HUAWEI P20
販売価格
69,800円
分割払い時
約 3,141円 x 24回
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,800円
分割払い時
約 2,376円 x 24回
HTC U11 life
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,791円 x 24回
HUAWEI nova lite 2
販売価格
25,980円
分割払い時
約 1,169円 x 24回
SHARP AQUOS R compact SH-M06
販売価格
67,800円
分割払い時
約 3,051円 x 24回
HUAWEI MediaPad M3 Lite
販売価格
32,184円
分割払い時
約 1,341円 x 24回
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,341円 x 24回
HUAWEI honor9
販売価格
53,800円
分割払い時
約 2,421円 x 24回
ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
販売価格
19,800円
分割払い時
約 825円 x 24回
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時
約 1,566円 x 24回
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時
約 1,349円 x 24回
HUAWEI P10 Plus
販売価格
67,800円
分割払い時
約 3,051円 x 24回
HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE
販売価格
10,980円
分割払い時
約 494円 x 24回
Apple iPhone SE
販売価格
27,980円
分割払い時
約 1,259円 x 24回
SHARP AQUOSケータイ SH-N01
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,116円 x 24回
公式をチェック!

楽天モバイル《契約後に役立つ情報》

「初期設定」

「お問い合わせ先」

「データ移行方法」

「メンバーズステーションログイン方法」

「メールアドレス設定」

「支払方法変更」

「プラン変更」

「機種変更」

「解約方法」

「故障した時の対処法」

初期設定(APN設定)方法

楽天モバイルの初期設定(APN設定)方法を手順に沿って解説していきます。手順通りに進めていけば、数分で設定可能です~!!

iPhone(iOS)の場合は構成プロファイルのインストールが必要

iPhoneは、1端末につきインストールできる構成プロファイルは1つまでです。以前契約していたキャリアやMVNOの構成プロファイルがインストールされている場合は先に削除してから楽天モバイルの構成プロファイルをインストールしましょう!

iPhoneの構成プロファイルを削除する方法は3ステップ

  1. [設定]⇒[一般]⇒[プロファイルとデバイス管理]
  2. 削除するAPN構成プロファイルを選択
  3. [プロファイルを削除]→ 完了!

iPhoneに構成プロファイルをインストールする方法

事前準備として、SIMカードを端末に挿入してSIMカードの台紙に表記されたAPN名を確認(メンバーズステーションでも確認可能)します。iPhoneをインターネット(Wi-Fi)に接続します。

  1. safariを起動(safari以外はダウンロードできない可能性あり)
  2. 下記のプロファイルURLにアクセス(申込種別ごとに異なるため注意)
  3. [インストール]をタップ
  4. 確認画面で[インストール]をタップ
  5. [完了]をタップして完了!

▷APNの設定方法をもっと詳しく知りたい

⇒メンバーズステーションへのログイン方法

APN(アクセスポイント名)ごとのプロファイル

APN(アクセスポイント名)申し込み種別プロファイルURL
rmobile.jp008または009インストール
rmobile.co008または009インストール
a.rmobile.jp010または011インストール
※APN名、申し込み種別どちらか一方が該当していればok

構成プロファイルインストール完了後に、ネットに接続できるかどうか1度Wi-Fiを切って確認してみましょう!

もし、設定完了してもネット接続ができなかったら?

設定してもネットに接続ができない時には、楽天モバイルカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

問い合わせても「返答が遅い」「電話がなかなか繋がらない」可能性もあるため、事前に以下をためしてみましょう。

  • 端末の再起動
  • 構成プロファイルの再インストール
  • SIMカードの差し直し
  • 機内モード《ON⇒OFF》
  • モバイルデータ通信《OFF⇒ON》

問い合わせる前に、焦らず1つずつ試してみることをおすすめします。それでも繋がらないという場合は「楽天モバイルカスタマーセンター」に相談しましょう。

▷お問い合わせ先

Androidは手入力だけで設定できる

まず、SIMカードをAndroid端末に挿してください。

  1. [設定]⇒[無線とネットワーク]⇒[その他]
  2. [モバイルネットワーク]⇒ [アクセスポイント名]
  3. [メニュー]⇒[新しいAPN]
  4. APN情報を入力し保存(下記にAPN情報の一覧記載)
  5. 追加したAPNを選択して、1つ前の画面に戻る
  6. [モバイルネットワークの設定]内の[データ通信を有効にする]を《OFF⇒ON》にする

Androidで入力するAPN情報

また、楽天モバイルには3種類のAPNがあるため、SIMカードの台紙でどのAPNかを確認しましょう。

APNユーザー名パスワード認証方法⇒⇒⇒
必要あれば入力
接続方法(PDP Type)MCCMNC
rmobile.jprm0000PAPまたはCHAPIP接続44010
rmobile.corm0000PAPまたはCHAPIP接続44010
a.rmobile.jp[email protected]0000PAPまたはCHAPIP接続44051

台紙なんて捨ててしまったという方は、楽天モバイルのアプリで確認できます。

  • アプリを起動⇒サイドバーから[登録情報の確認・変更]⇒[接続先(APN)情報]

手順完了後にネット接続はできない場合

  1. [モバイルネットワークの設定]内の[データ通信を有効にする]の《OFF⇒ON》を何度か繰り返す
  2. 端末の再起動
  3. SIMカードの挿し直し

上記の方法を試しても繋がらない場合には、楽天モバイルカスタマーセンターに相談しましょう。アプリでの問い合わせまたは電話での問い合わせが可能です。

スマートフォン用アプリ「楽天モバイル SIMアプリ」から問い合わせる

受付時間9:00~(時間外でも送信は可)

▷Google Playで入手

▷App Storeで入手

電話で問い合わせる

電話番号受付時間
0800-6000-700(PHS/携帯電話でもOK)
050-5212-6913(Viberアプリからは無料)
9:00~18:00(年中無休)

契約が完了したら、データ移行を忘れずに!

今までに撮影してきた写真や動画、LINEやFacebookなどを楽天モバイルに乗り換えた後も変わらず使えるように、データ移行を行っていきましょう!

ただし、事前に注意しておかなければならないポイントがあります。LINEやおサイフケータイも事前に移行作業する必要があるため注意!

キャリアから乗り換える場合キャリアメールの送受信内容を移行することはできない

キャリアのメールアドレスというのはキャリアが独自で発行しているアドレスであり、楽天モバイルでは利用することができないサービスです。どうしても取っておきたいメールは、乗り換え後でも利用できるフリーメール(G-mailやYahoo!メール)などへ転送するかメモとして残しておきましょう。

▷データ移行についてもっと詳しく知りたい

iPhoneのデータ移行方法

移行したいデータ移行方法
電話帳iCloudの同期機能を利用
メールフリーメール(Gmailなど)は新しい端末でログインするだけでOK♪
写真・動画iCloudの同期機能を利用
SNS新しい端末でログインするだけでOK♪
LINELINEアプリで事前に移行準備が必要

iCloudは無料で5GBまでしか利用できないため、容量が多い場合は「iTunes」を利用したデータ移行を行ってください。

Androidのデータ移行方法

移行したいデータ移行方法
電話帳Googleアカウントの同期機能を利用
メールフリーメール(Gmailなど)は新しい端末でログインするだけでOK♪
写真・動画Googleアプリの「フォト」を利用
SNS新しい端末でログインするだけでOK♪
LINELINEアプリで事前に移行準備が必要

Google公式アプリの「フォト」を利用した場合高画質の画像などの画質が落ちる可能性があります。不安な方はお持ちのPCでバックアップを取るようにしましょう。

LINEのデータ引き継ぎのための事前準備

  1. LINEの[設定]から[アカウント]をタップ
  2. [メールアドレス変更]をタップし、楽天モバイルへ乗り換え後にも利用できるアドレスを入力
  3. [設定]画面に戻り、[アカウント引き続き設定]をタップ
  4. [アカウント引き続き設定]をON

確認しておくところは2点で、楽天モバイルへ乗り換え後も利用できるメールアドレス(Gmailなどのフリーメール)に設定されているかどうかと、アカウント引き継ぎ設定をONにしておくことの2点となります。

LINEのデータ移行方法

  1. LINEをインストールしたらログイン!
  2. 楽天モバイルで利用する電話番号を入力
  3. SMS認証をすることで、完了!

SNS認証は、ログイン後にSMS認証番号が送られてくるため、その番号を入力すれば大丈夫です。なお、上記の方法ではLINEのトーク履歴のバックアップはされませんので注意。

  • [設定]⇒[トーク]⇒[トーク履歴のバックアップ・復元]

以上の手順でトークのバックアップを行ってください。バックアップ先はAndroidの場合はGoogleドライブ、iOSの場合はiCloudです。

メンバーズステーションのログイン方法解説

メンバーズステーションのログイン画面には、[ご契約情報の確認・手続きへ]という項目と[メールアドレスの確認・手続きへ]という項目がありますが、主に利用するのは主に[ご契約情報の確認・手続きへ]の方です。

ログイン方法は2通り

  • 楽天IDでログイン
  • SIM電話番号でログイン

上記どちらの方法でログインしても同じページに移ります。楽天IDは契約時に利用または作成した楽天IDになります。

SIM電話番号は利用中の楽天モバイルの電話番号または契約時に発行された「ra」始まる13桁のIDです。それぞれパスワードが違うので注意してください。万が一パスワードを忘れても電話番号とSIM番号を再入力するか、楽天IDでログインすることでログインすることができ、パスワードを再登録できます。

メンバーズステーションは契約内容の変更などに利用するので、作成した楽天IDおよびパスワード、契約時に設定したパスワードは必ず忘れないようにしましょう。

同じ方法で「楽天モバイル SIMアプリ」にログインできます。

▷Google Playで入手

▷App Storeで入手

SIMの追加購入方法

楽天モバイルでは、初め1回線契約していた場合でも、追加で2回線目の契約をすることが可能です。しかも、2回線目からはちょっとお得になるため契約するハードルも低く契約しやすいです♪

SIM追加購入手順はカンタン!

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションから専用ページにアクセス
  2. 申し込み画面から必要事項を入力して完了!

※3回線目の場合は、2回線目のIDでメンバーズステーションにログインしましょう!

メールアドレス設定方法解説

楽天モバイル利用者は、「@rakuten.jp」のメールアドレスを1回線まで無料で取得できます。利用する場合には、アドレス登録後にメールアプリをインストールする必要があります。

発行される初期パスワードはメンバーズステーション内の[無料メールアドレスのパスワード変更]からできるため、忘れてしまう前に変更しておくことをおすすめします。

支払方法変更解説

  1. クレジットカード/デビットカード/口座振替に変更する方法
  2. 楽天スーパーポイントで支払いたい時の設定方法

クレジットカード/デビットカード/に変更する方法はWebまたはアプリでカンタン

支払い方法をクレジットカード/デビットカードまたは口座振替に変更するのはWebやアプリでカンタンにできます。また、現在クレジットカードで支払い中の方が別のクレジットカードに変更した時にも同じ手順でOK。

  1. 楽天モバイルの[メンバーズステーション]にログイン(アプリの場合もログイン)
  2. メニュー内[登録情報・設定変更]をクリック
  3. [クレジットカード情報(口座振替情報)]をクリック
  4. [新しいクレジットカード情報(口座情報)]に必要事項を入力
  5. [確認画面へ(金融機関へ)]をクリックして完了
※支払いに利用できるデビットカードは「楽天銀行デビットカード(JCB)」または「スルガ銀行デビットカード」のみとなっているため注意。()内は口座振替に変更する場合です。

口座振替の場合は、金融機関によって異なるページが表示されるため画面に従って進めば完了!

楽天スーパーポイントで支払いたい時の設定方法

楽天モバイルの月額料金は楽天スーパーポイントで支払いをすることもできます。その際には設定が必要となるため、下記手順に従って設定を行ってください。

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. メニュー内「登録情報・設定変更」をクリック
  3. 「楽天スーパーポイント口座情報登録・変更」をクリック
  4. 「支払い方法の選択」でポイントの利用方法を選択して完了
※アプリで行う場合も楽天スーパーポイントの口座情報登録にはWeb版のメンバーズステーションに移されるため、最初からメンバーズステーションで行うほうが面倒な手間が省けます。

ポイントの利用方法は、2種類から選択することができる

楽天スーパーポイント口座情報を登録した後に、支払い方法を2種類から選択できます。

  1. 所持ポイントをすべて利用する方法
  2. 毎月一定のポイント数を決めて支払する方法

毎月支払いの金額が安定している方は、毎月一定分のポイント数で支払うと引き落としの金額を綺麗にすることができるので、良いかもしれません。

プラン変更方法解説

プラン変更をする場合は、変更前に利用中のプラン利用期間を必ず確認してください。

プラン名同プラン内でデータ容量変更スーパーホーダイ⇔組み合わせプランで変更
スーパーホーダイ
(ドコモ回線)
毎月1回まで変更可(手数料無料)
(毎月26日以降の変更は翌々月から適用)
最低利用期間(1~3年)が過ぎてから変更可
組み合わせプラン
(ドコモ回線/au回線)
毎月1回まで変更可(手数料無料)
(毎月26日以降の変更は翌々月から適用)
毎月1回まで変更可(ただし、各種割引は適用されない)
※通話SIM(スーパーホーダイ/組み合わせプラン)を利用中の方はデータSIMに変更することは出来ず、その逆も不可。変更希望の場合は一度解約し、再契約が必要。

いずれの変更もメンバーズステーションの[楽天モバイルプラン変更]から、または楽天モバイル専用アプリ「楽天モバイル SIMアプリ」の[契約情報]⇒[ご利用中のプラン]からカンタンに変更可能です。

機種変更でも安く手に入る

楽天モバイルは販売しているSIMフリースマホの種類が豊富なため人気機種はもちろん最新機種に乗り換えることも可能です♪さらに、楽天モバイル利用者ならではのお買い得価格で機種変更ができます!!!

しかも、楽天モバイルならiPhoneへの乗り換えも可能です。取り扱いのあるiPhoneは海外販売モデルのため日本版とは異なるアプリがインストールされている等の仕様の違いはありますが、利用する分に問題はないため安心してください。

機種変更もメンバーズステーションから!

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. [各種オプションご利用状況]の[機種変更]から申し込み!

申し込み後はキャンセルができないため、間違いのないように!

機種変更時の注意点をしっかり確認しよう

機種によって、SIMカードのサイズが異なる場合があります。その場合は、契約中のSIMサイズ変更手続き(手数料3,000円)も行わなければならないため、機種変更時には新しい機種で使えるSIMサイズを確認のうえ、申し込みをするようにしましょう。

ただ、現在販売中のほとんどのスマホはnano SIMという最も小さいサイズのSIMカードに対応していることが多いので、よほど古い機種からの機種変更でなければサイズ変更が必要なことはほとんどないでしょう。

▷機種変更についてもっと詳しく知りたい

SIMサイズ変更もメンバーズステーションまたはアプリから!

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. [会員メニュー]の[SIM交換申請]から申請して完了!

⇒Google Playで楽天モバイルSIMアプリを入手

⇒App Storeで楽天モバイルSIMアプリを入手

機種によって異なる外部接続端子(充電ポート)の規格にも注意

USB Type-CやLightningケーブルなど違う規格だと充電ケーブルが利用できないため予めチェックをしておきましょう!

解約もメンバーズステーションから!

メンバーズステーションのトップページにある会員メニュー内の[登録情報・設定変更]という項目の最下部にある[楽天モバイル解約申請]から解約手続きをすることができます。

当月の解約の締め切りは毎月15日で16日以降に解約手続きが行われた場合は申請の翌月末に解約完了します。なお、料金の日割り計算はしていないので最終請求も1か月分請求されます。

解約後はSIMカードを必ず返却しましょう

SIMカード返却先住所〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイルSIM返却係

返却にかかる配送料は自己負担となります。

楽天モバイルからのMNP転出方法(楽天モバイルを解約し他社へ乗り換え)

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーションにログイン
  2. [会員メニュー]の[登録情報・設定変更]をクリック
  3. [MNP予約番号発行・確認]から発行!

万が一故障した時の対処法

端末が故障してしまった!そんな時の対処法を解説していきます。

まず、契約時に「つながる端末保証 by 楽天モバイル」という保証オプションに加入しておくことで万が一にでも故障した場合に安心できる近道です。月額500円で加入することができ、自然故障・破損・全損・水没といった故障時に無料修理または低価格で有償交換してくれます。

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は、後から加入しても保証を受けることができません。未加入の方は、各端末のメーカーへお問い合わせをする必要があります。自分の端末の利用メーカーを確認して問い合わせをしましょう。

紛失をしてしまった時にはSIMカードの利用を停止しましょう

SIM利用停止/再開専用窓口0800-600-0500
9:00~18:00 (年中無休)
通話料無料
※SIMカード有償交換費**3,000円**が発生します。
公式をチェック!

「楽天モバイル」の記事一覧

110 / 39
公式をチェック!