1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. OPPO
  4. A73

OPPO A73のスペックレビュー!最安値で買えるMVNOを紹介

販売価格
33,880円
分割払い時
約1,411円×24回
OPPO A73
サイズ73x160x7(mm)
重さ約162.0g
画面サイズ6.44インチ
カラー
OSColorOS 7.2(Android 10ベース)
CPU2.0GHz
ストレージ64GB
メモリ4GB
カメラ1600万画素
バッテリー容量4000mAh
発売日2020-11-20

OPPO A73が対象のキャンペーン一覧

会社名 キャンペーン
新料金発表記念!大特価セール

OPPO A73が最安値で買えるMVNO

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
22,000円 - 770円/月〜
25,080円 2,000円×24回 704円/月〜
26,180円 1,090円×24回 660円/月〜

OPPO A73を使って分かった良いところと悪いところ

A73のデモ機を実際に5日間ほど使ってみました。

総括としては「いい意味で価格順当の格安スマホ」といった感じです。

実際に使って分かったA73の良いところと悪いところを紹介します。

A73を実際に使って分かった良いところ

まずは使ってみて感じた良いところを紹介していきます。

10日間ほどA73を使ってみてという点が優れていると感じました。

  • サイズ感がちょうどいい!
  • 有機ELディスプレイ搭載で画面が綺麗
  • 体感の電池持ちはいい
  • 低価格帯でeSIM対応

サイズ感がちょうどいい

A73は重さ162gと最近のスマホの中ではかなり軽い方です。参考までに、iPhone12の重さはA73と同じ162gです。

サイズは159.8×72.9×7.45mmで、片手でも持ちやすいです。

レザー調の背面のデザインもよく、指紋が付きづらくなっています。

有機ELディスプレイ搭載で画面が綺麗

A73は第一印象で「安い端末なのに画面がきれい」と感じました。この価格帯で有機ELディスプレイ搭載は珍しいです。

スマホの画面は鮮明じゃないと嫌!という人も十分満足できるのではないでしょうか。

体感の電池持ちはいい

バッテリー容量は4,000mAhで、最近のスマホの中では標準よりやや大きめくらいの容量です。

体感での電池もちは良いように感じました。

低価格帯でeSIM対応

A73は2万円台の格安スマホとしては珍しい「eSIM」対応の端末です。一方で、防水・防塵機能やFeliCaなどの日本特有の機能を備えていません。

その分、低価格だけど快適に使えるスマホといった位置づけになっています。

A73を実際に使って分かった気になる点

続いてはA73の気になった点を紹介します。

A73を実際に使ってみて、以下の点が気になりました。

  • スペックが高くない
  • 動画撮影がイマイチ
  • スピーカーの音質が微妙

スペックが高くない

A73のAnTuTuのベンチマークスコアを計測したところ181945で、OPPO Reno3 Aと同等のスコアは出ていました。

グラフィック性能が求められる「PUBG」というゲームでは、画質を設定できる限界は”標準”が限界で、”HD”以上を選ぶことはできませんでした。A73ではFPSなどの高いスペックが要求されるゲームを遊ぶのは難しそうです。

普段ハイスペックモデルを使っているからは操作のもたつきやスクロールのひっかかりが気になるかもしれません。

動画撮影がイマイチ

A73は動画撮影がイマイチでした。

解像度は1080pか720pしか選べない上に、フレームレートは30fpsしか選択できません。動きの少ないものを撮影する場合は問題ありませんが、動きのある動画を撮影する場合は60fpsでも撮影できるスマホを選んだほうがよいでしょう。

内蔵スピーカーの音質が微妙

普段Pixel 4を利用しているのですが、Pixel 4と比べるとA73の音質は少し劣っているように感じました。

詳細スペック

発売日2020/11/20
参考小売価格30,800円
ディスプレイ6.44インチ
FHDディスプレイ(有機EL)
2,400x1,080ピクセル
本体サイズ159.8×72.9×7.45mm
重さ162g
カラー・ネービーブルー
・ダイナミックオレンジ
メインカメラ1,600万画素+800万画素+200万画素+200万画素
フロントカメラ1,600万画素
初期OSColorOS 7.2(Android 10ベース)
独自UI-
SoC(CPU)Snapdragon 662
オクタコア(2.0GHz)
バッテリー容量4,000mAh
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
Bluetooth5.0
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
測位方式GPS/Beidou/Glonass/GALILEO/QZSS
端子Type-C
指紋認証/顔認証〇/〇
NFC-
おサイフケータイ非対応
ワンセグ/フルセグ非対応
イヤホンジャック
外部メモリmicroSD 最大256GB
SIMカードnanoSIM
通信方式FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/2
TD LTE:Bands 38/41
WCDMA:Bands 1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
センサー磁気センサー
加速度センサー
近接センサー
光センサー
ジャイロセンサー
ステップカウント機能対応
5G非対応
eSIM
特徴・3万円台でクアッドカメラ
・有機ELディスプレイ搭載
・薄型軽量モデル

OPPO A73がセットで買える格安スマホ会社

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
22,000円 - 770円/月〜
25,080円 2,000円×24回 704円/月〜
26,180円 1,090円×24回 660円/月〜
29,480円 1,232円×24回 748円/月〜
29,568円 1,232円×24回 880円/月〜
30,030円 1,290円×24回 495円/月〜
30,360円 1,265円×24回 770円/月〜
30,360円 1,265円×24回 528円/月〜
30,580円 1,401円×24回 528円/月〜
30,624円 1,276円×24回 990円/月〜
30,800円 1,282円×24回 0円/月〜
32,780円 - 165円/月〜

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜