ドコモ回線の格安SIM・MVNO、厳選8社を徹底比較!

最終更新日:
Large 8e1966397fb3a0b407a330bc48f63be9

格安SIMの多くはNTTドコモから回線を借りることでモバイルサービスを提供しています。そのため、ドコモで契約したスマホであればSIMロック解除なしで格安SIMに乗り換えできます。中でも、プランやオプションが豊富な楽天モバイル、動作端末が多いmineoはおすすめのMVNOです。

スマホくん
スマホくん

ドコモ回線の格安SIMを利用したいんだけど、MVNOがありすぎてどれが良いのかわからないよ~。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

それなら私に任せて。ドコモ回線の格安SIM・MVNOおすすめ7社を料金からプランまで詳しく説明するよ!

スマホくん
スマホくん

ありがとう!おすすめ8社で比較なら、検討しやすくて助かる!

ドコモ回線の格安SIMに乗り換えるメリットは?

ドコモ

スマホくん
スマホくん

格安スマホに変えるなら、端末も新しくしないといけないのかな?

と思っている方は多いのではないでしょうか。

確かに、大手キャリアでは新しいキャリアで契約するときには新しくスマホを買うのが当たり前でした。

しかし、格安SIMの場合は違います。

ドコモのスマホを使っている方は、新しくスマホを買わなくても格安SIMに乗り換えることができます

ドコモ回線を借りているからドコモのスマホがそのまま使える

現在格安SIMを提供する会社は200社以上あるといわれていますが、そのほとんどがドコモから回線を借りて運営されています。

ドコモ端末がそのまま使えるMVNOの中でも以下の8社は非常に人気があります。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ (4.3)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.1)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.7)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ
au
(4.6)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
999円〜 ドコモ (0.0)

これらの会社以外にも多くのMVNOがドコモ回線で格安SIMを提供しています。

ドコモ回線の格安SIMならSIMロック解除不要でドコモで購入したスマホを使うことができます。

auやソフトバンクユーザーはここまで多くの会社から選ぶことはできないので、ドコモユーザーはラッキーですね。

ドコモ回線の格安SIMは使えるSIMフリー端末が多い!

ドコモ回線の格安SIMには、使える端末が多いというメリットがあります。

最近では海外メーカーが日本向けにたくさんのSIMフリースマホを販売しています。

ZenfoneシリーズのASUSや、P10Liteなどを販売しているHUAWEIなどが有名です。

ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時 約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー

海外製メーカーのSIMフリースマホと日本製のスマホは受信できる電波が微妙に異なります。

そのためドコモ回線の格安SIMであれば問題なく利用できますが、au回線では利用できないということがあるのです。

ドコモ回線の格安SIMが多い日本では、今後も優先的に対応される可能性が高いので端末で困ることはないでしょう。

楽天モバイルはプランとオプションが豊富!

楽天モバイル

ドコモ回線で一番人気の格安SIMは楽天モバイルです。

楽天モバイルのおすすめポイントは、以下の4つです!

プランの選択肢が多い

楽天モバイルの場合は、通話の有無やデータ容量に応じて様々なプランの中から自分に最適なものを選ぶことができます。

通話とネットがセットになったコミコミプランもおすすめです。

楽天モバイル の料金プラン

通話SIMデータSIM
ベーシックプラン1,250円525円
3.1GBプラン1,600円900円
5GBプラン2,150円1,450円
10GBプラン2,960円2,260円
20GBプラン4,750円4,170円
30GBプラン6,150円5,450円

オプションプランが豊富

ドコモや大手キャリアにはある「かけ放題」が通常格安SIMにはありませんが、楽天モバイルには「5分かけ放題」があります。

その他にも、端末保障や全国にあるアクセスポイントを利用できるサービスなど、便利なオプションを追加することができます。

スマホの種類が豊富

新しく端末を買い替える予定がある人の場合は、楽天モバイルがおすすめです。
最新のスマホや、各人気スマホの種類が他の会社に比べて多く取り揃えられています。

格安SIMのセット販売に力を入れているためキャンペーンもよく行われており、そのキャンペーンの時期を狙うことでスマホをお得に購入することができます。

キャンペーンやポイントがお得

SIMフリースマホが安くなるキャンペーン以外にも、楽天モバイルでは常に何かしらのキャンペーンが実施されています。

また、楽天モバイルを利用すれば楽天ポイントが貯まるのも大きなメリットです。
貯めたポイントは楽天市場はもちろん、楽天モバイルの支払いにも使えるため無駄がありません。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

楽天モバイルのおすすめ機種

Zenfone3MAX

初めてスマホを使う方や、スマホはほとんど使わないという方にはZenfone3MAXがおすすめです。

低価格でありながら、高性能な指紋認証大容量バッテリーが魅力の高スペック端末です。

ASUS Zenfone3 Max
ASUS Zenfone3 Max
販売価格
19,800円
分割払い時 約825円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid6.0
カラー

最新&コストパフォーマンスが高い HUAWEI P10Lite

低価格でハイスペックスマホを利用したい方には、最新のHUAWEI P10Liteがおすすめ!

CPUの性能が高く、より長い時間利用することも可能です。高画質なため写真撮影にも最適です。

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時 約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー

とにかく最安値で使いたいならDMMモバイルがおすすめ!

DMMモバイル

DMMモバイルは、低速無制限のライトプランがデータSIM440円、通話SIM1,140円で利用できます。

これはある程度のユーザー数を抱えているMVNOの中では最安値です。

また、プラン数が多いのも魅力で10段階のデータ量から自分に合ったプランが選べます。
そのほとんどが最安値となっており、せっかく格安SIMにするなら、できるだけ安く使いたいという人におすすめです。

DMMモバイル料金表

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ (4.3)

DMMモバイルおすすめ機種

富士通ArrowsM03

国産端末に安心感を持っている方には富士通ArrowsM03がおすすめです。国産の中でもコストパフォーマンスの高い端末となっています。

DMMモバイルではセット購入可能です。

FUJITSU Arrows M03
FUJITSU Arrows M03
販売価格
32,800円
分割払い時 約1,366円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

OCNモバイルONEはNTTブランドとオリジナルスマホが魅力

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営する、老舗MVNOです。
利用者数は業界ナンバーワンとなっており、今も契約数は増え続けています。

無料で使えるWiFiスポットが全国約82,000箇所あったり、ターボ機能で高速通信のON/OFFを切り替えることができるので、データ量を節約しながら使うことができます。

OCNでんわで通話料が通常30秒20円のところ、半額の30秒10円になったり、有料ですが10分間かけ放題をつけることもできます。
また、050 plusというIP音声通話アプリで通話料を格安に抑えることができます。

最近ではgooのスマホという名前でオリジナルのSIMフリースマホも開発しています。

2016年12月に発売されたg07(グーマルナナ)は高コスパスマホとして注目を集めています。

「g07(グーマルナナ)は驚きのコスパ!DSDS対応で19,800円!使用感レビュー」
関連記事 「g07(グーマルナナ)は驚きのコスパ!DSDS対応で19,800円!使用感レビュー」

OCNモバイルONE の料金プラン

データSIMデータSIM+SMSデータSIM+050plus音声通話SIM
110MB/日900円1,020円1,050円1,600円
170MB/日1,380円1,500円1,530円2,080円
3GB/月1,100円1,220円1,250円1,800円
5GB/月1,450円1,570円1,600円2,150円
10GB/月2,300円2,420円2,450円3,000円
15GB(500Kbps)/月1,800円1,920円1,950円2,500円
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.1)

OCNモバイルONEおすすめ機種

g07

g07はgooから発売されているSIMフリースマホです。

19,800円の低価格で3GBメモリと32GBストレージを備えるコストパフォーマンスの高いスマホです!

Covia g07
Covia g07
販売価格
19,800円
分割払い時 約825円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

IIJmioは品質に定評があるMVNO

IIJmio

IIJmioは「品質ならIIJmio」をキャッチコピーとしている老舗MVNOです。

MM総研やMMD研究所などの第三者機関に選ばれて、お客様満足度・通信速度共にNO.1という実績があります。

自ら品質を掲げているだけあり、品質に対する評判も非常に高いです。

使わなかったデータ量分月額料金から割引になるエコプラン」や、通話料が安いみおふぉんダイアルなど、IIJmioならではのプランがあります。

IIJmio の料金プラン

タイプD(ドコモ回線)
ミニマムスタートプラン
初期費用3,000円
データ通信専用SIM900円
SMS機能付きSIM1,040円
音声通話 SIM1,600円
ライトスタートプラン
初期費用3,000円
データ通信専用SIM1,520円
SMS機能付きSIM1,660円
音声通話 SIM2,220円
ファミリーシェアプラン
初期費用3,000円
データ通信専用SIM2,560円
SMS機能付きSIM2,700円
音声通話 SIM3,260円
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ
au
(4.6)

IIJmioのおすすめ機種

AQUOS SH-M04

おサイフケータイや防水・防塵機能がついた珍しい端末です。

画面サイズも5.5インチと大きく、大画面で動画やゲームアプリを楽しみたい方にもおすすめです。

SHARP AQUOS SH-M04
SHARP AQUOS SH-M04
販売価格
29,800円
分割払い時 約1,241円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

BIGLOBEは家族での利用がお得

BIGLOBE

BIGLOBE SIMの3ギガプラン・6ギガプラン・12ギガプランはSIMカードを複数枚利用できます。
1契約で別々の電話番号を複数使えるので、トータルの月額料金を節約できます。

なかでも、6ギガプランは 他社が5GBプランを多く出している中で1GB多く、値段もそれほど変わらないのでお得です。

また、BIGLOBEでんわを使うことで通話料の節約も可能です。
月額650円で3分かけ放題か通話パック60を選んでつけることができます。

最近追加された有料オプションエンタメフリーオプション(月額480円)で Youtube・Google Play Music・AbemaTV などの動画、音楽をデータ通信量の制限なく定額で楽しむことができます。

BIGLOBE の料金プラン

データ容量データSIM通話SIM
音声通話スタートプラン1GB-1,400円
エントリープラン3GB900円1,600円
ライトSプラン6GB1,450円2,150円
12ギガプラン12GB2,700円3,400円
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.7)

BIGLOBEのおすすめ機種

Zenfone3 Laser

Zenfone3 Laserはメモリ4GB、オクタコアCPUを搭載しており、高機能アプリや最新3Dゲームでもサクサクと動作するため煩わしさなく楽しみことが出来ます。

ASUS Zenfone3 Laser
ASUS Zenfone3 Laser
販売価格
27,800円
分割払い時 約1,158円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

SNS使い放題が魅力のLINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEをはじめとするSNSのカウントフリーが特徴の格安SIMです。

カウントフリーとは、特定のアプリがデータ使用料にカウントされない機能です。

毎月1GBまでの、LINEフリープランの場合はLINEがカウントフリーです。

3GBから10GBプランまで選べるコミュニケーションプランの場合はLINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリーになります。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)

LINEモバイルのおすすめ機種

ZTEのBlade E01

ZTEのBlade E01はとにかく安く購入したい方におすすめです。

多くの機能を求めず、低価格にこだわる方にはコスパ良い端末であるといえます。

ZTE BLADE E01
ZTE BLADE E01
販売価格
12,800円
分割払い時 約533円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ8GB
メモリ1GB
OSAndroid™ 5.1
カラー

mineoは利用満足度ナンバーワン格安SIM

mineo

mineo(マイネオ)は以前au回線のみで運用していましたが、現在はサービスをドコモ回線でも提供しています。

MMD研究所のMVNO満足度調査では、総合満足度で1位に選ばれた実績もあります。

パケットをシェアできる

「パケットシェア」で家族で余った容量を分け合うことができたり、容量を友人と送りあうことができる「パケットギフト」があります。

データ使用量に応じたプランが豊富

プランが500MB~5GBまで幅広く、データ使用量が特に少ない人や多い人でも無駄なく利用できるプランがあります。

mineo の料金プラン

データSIMデータSIM+SMS音声通話SIM
500GB700円820円1,400円
1GB800円920円1,500円
3GB900円1,020円1,600円
5GB1,580円1,700円2,280円
10GB2,520円2,640円3,220円

高速通信の切り替え

毎月のデータ容量をコントロールするために、高速通信と低速通信を切り替える機能がついていると便利です。

常に高速通信でインターネットを使用していると、少ないデータ容量のプランではすぐに上限に達してしまいます。
mineoの格安SIMにはデータ通信の速度を切り替える機能がついているため、高速通信が必要ない場合に低速モードにして使用するなどデータ通信料を抑えることができます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

mineo(マイネオ)の料金プラン・評判・スマホ

mineoのおすすめ機種

HUAWEI P10

HUAWEIの最新端末であるP10は、価格は高めだがかなりの高性能スマホです。

とにかく高スペックスマホにこだわりたい方には、とてもおすすめです。

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時 約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー

FREETELはスマートコミコミ+がお得!

FREETELには、スマートコミコミ+というプランがあります。 このプランでは、

  • スマホ本体
  • 通信量
  • 10分かけ放題
  • 端末保障プラン「とりかえ~る」

がセットになっています。

こちらのスマートコミコミ+、データ定額プラン使った分だけ安心プランの2つあります。

データ定額プランは、データ通信量によって毎月定額を支払うプランです。

一方、使った分だけ安心プランは、毎月の利用通信量によって料金が変わります。
月によってあまり使わなかったり、使ったりするという方にとっては、通信量を無駄にすることがなくお得得です。

料金プラン表はこちらです。

スマートコミコミプラン+ 通話SIM (ネット+通話)
データ定額プラン 2GB 1,180 円
データ定額プラン 5GB 1,580 円
データ定額プラン 7GB 2,180 円
データ定額プラン 13GB 3,080 円
データ定額プラン 24GB 5,480 円
使った分だけ安心プラン 0.1~20GB 999円~5,480円

どちらのプランもカウントフリーに対応しています。
カウントフリーに対応しているサービスは、どれだけ使っても通信量を消費しません

データ定額プランのカウントフリーのサービスは、

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Messanger
  • WeChat
  • WhatsApp
  • ポケモンGO

の8つのアプリです。

使った分だけ安心プランの場合は、

  • LINE
  • WeChat
  • WhatsApp
  • ポケモンGO

の4つのアプリが対象です。

自分が毎月使うデータ通信量に波があるか?
FacebookやInstagramなどのSNSをよく使っているか?

などを考慮して、自分に合ったプランを選んでください。

デメリットとして、スマートコミコミ+の契約期間は36か月となっており、途中で解約する場合には違約金や端末残債を支払わなければいけないので、注意してください。

独自の端末保障サービス「とりかえ~る」

「とりかえ~る」は、2年~3年分割で買っていても、1年以上使っていれば残金無しで機種変更ができるサービスです。
画面が割れてしまったり、最新機種に変えたいときなどに、残りの支払いをせずに機種変更ができます。
よくスマホを落としてしまう方や、新しい機種が出たらすぐに買い替えたいという方には嬉しいですね。
このサービスはFREETELだけのサービスです!

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
999円〜 ドコモ (0.0)

FREETELのおすすめ機種

Priori4

FREETELの最安値端末は、「Priori4」という端末です。
なんと14,800円! 大容量バッテリー搭載で電池が長持ちすることや、コンパクトボディで女性の手でも持ちやすいことが嬉しいポイントです。
スマホをとにかく安く買いたい!という方にはとてもおすすめな端末です。

FREETEL Priori4
FREETEL Priori4
販売価格
14,800円
分割払い時 約616円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

HUAWEI P10 lite

6/9に発売したばかりの「HUAWEI P10lite」。 本体価格は29,980円です。

大容量バッテリーで、急速充電(60分でフル充電)ができたり、 高性能カメラで素早くきれいに写真をとれるほか、
電子式手振れ補正や高速フォーカスがついた高性能カメラを搭載しているのが特徴です。
さらに、手の動きだけでスクリーンショットを撮れるナックルダウン機能や、
画面に指でS字を書くだけでスクロールしていない部分まで縦長にスクリーンショットが取れるロングスクリーンショット機能がついているなど、先進テクノロジーによる快適な操作性が自慢です。

このように、高スペックながらも端末料金はあまり高くないのでおすすめです!

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時 約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー

ドコモ回線の格安SIMは多くのひとにおすすめです!

現在ドコモでスマホを使っている人は、スマホを新規に購入しなくてもいいようにドコモ回線の格安SIMを提供しているMVNOを選ぶのがおすすめです。

また、今回新たにSIMフリースマホとセットで購入したいという人もドコモ回線の格安SIMを利用したほうが良いでしょう。
今後機種変更したくなった際に多くの選択肢から選べるためです。

ドコモ回線を利用している格安SIMの会社は多数ありますが、それぞれの特徴やお得なキャンペーンなどを比較して自分にあったプランを選びましょう。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ (4.3)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ
au
(4.6)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.7)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.1)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
999円〜 ドコモ (0.0)