1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホとは
  3. 【画像あり】初心者の私も3分で出来た!今すぐ出来るSIMロック解除方法

【画像あり】初心者の私も3分で出来た!今すぐ出来るSIMロック解除方法

最終更新日:
【画像あり】初心者の私も3分で出来た!今すぐ出来るSIMロック解除方法

SIMロック解除ってどうやるの?実はSIMロック解除はとっても簡単で、初心者の私でもたった3分でSIMロックを解除することに成功しました。写真付きで、SIMロック解除とは何か、なぜSIMロック解除をするのか、メリットや注意点、解除方法を写真付きで丁寧に解説していきます。

【簡単3分】初心者のあなたも出来るSIMロック解除のやり方

男性が持つスマホ

SIMロック解除は難しそうに思えますが実はとっても簡単です。

SIMロック解除は、iPhoneでもAndroidでも手続き方法はほとんどお同じです。今回はSIMロック解除手続きの手順を初心者の方にもわかりやすいように丁寧に説明していきます。

キャリア別にそれぞれSIMロック解除方法を画像付きで解説します。 ちなみにSIMロック解除しても解約にはならないので、キャリアのSIMカードを引き続き使うこともできます。

なお、SIMロック解除ができるスマホは以下の条件を全て満たした端末です。

  • 発売日が2015年5月以降
  • 分割購入から100日以上経過した/または一括購入した
  • 解約から90日以内/あるいはドコモで購入した
  • ネットワーク利用制限や遠隔ロックがかかっていない

au端末のSIMロック解除方法

au

au公式サイトより「SIMロック解除のお手続き」ページをひらく

au公式サイトにアクセスし、SIMロック解除のお手続きページを開きます。 ページをスクロールすると「SIMロック解除のお手続き」ボタンが表示されるので、タップします。

My auにログインする

ボタンをタップするとMy auのログイン画面に移動するので4桁の暗証番号を入力してログインします。

内容を確認してSIMロック解除を申し込む

auのSIMロック解除

ログインが完了すると対象の端末情報が表示されます。 対象の端末にチェックを入れて、次ページに進みます。

auのSIMロック解除

解除理由を選んで、申し込みボタンをタップしたら、SIMロック解除の申し込みが完了します。

Androidの場合は解除コードが必要になります。申し込み完了画面で解除コードが表示されるので、メモに控えておいてください。iPhoneの場合は解除コードの入力は必要ありません。

端末を操作してSIMロック解除する

このあと、端末に異なる回線の新しいSIMカードを挿入すればSIMロック解除完了です。

Androidの場合はSIMカードを入れ替えて再度電源を入れた際に解除コードの入力を求められるので、メモしてある解除コードを入力すればSIMロック解除完了です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,980円〜
au

ドコモ端末のSIMロック解除方法

docomo ドコモはauやソフトバンクと異なり解約後のスマホのSIMロック解除を期限なしで受け付けています。

製造番号を確認

製造番号はiPhoneの「設定」→「一般」→「情報」のIMEIに記載されている番号のことです。後ほど必要になるので、この番号を確認してコピーしておきましょう。

Androidの場合は設定→端末情報でIMEIを確認できます。

My docomoにアクセス

パソコンからMy docomoにアクセスしてログインします。(スマホからの場合はPC画面モード)

左上にあるメニューから「サービス一覧」を選択します。

ページ下部にあるSIMロック解除の欄から「パソコン」を選択します。

IMEIを入力する

情報入力ページが表示されるので、最初に控えておいたIMEIを入力します。

入力が完了したら「SIMロック解除を申し込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックします。

受付確認メールの宛先を指定する

受付確認メールを受信するメールアドレスを入力します。デフォルトではMy docomo登録のメールアドレスに送信されるようになっています。

メールアドレスを指定したら「手続きを完了する」を選択します。

これでドコモのSIMロック解除申し込み手続きは終了です。Androidの場合は完了画面に表示される解除コードをメモしておいてください。

端末側でSIMロック解除する

申し込み手続きが完了したら端末のSIMカードを入れ替えます。異なる回線の新しいSIMカードを挿入して解除コードを入力したらSIMロック解除が完了します。 なお、iPhoneの場合は解除コードの入力は必要ありません。

ドコモ端末をSIMロック解除する時の注意点

ドコモショップでないと解除できない端末があります。 ドコモ ケータイ(iモード対応)、ドコモ らくらくホン、ドコモキッズ、ジュニア、データ通信製品(データカード・WiFiルータ)はネット・電話でSIMロック解除をすることができません。そのため、ドコモショップへ行き解除を行う必要があります。その際に、上記の機種であれば事務手数料は無料です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
2,900円〜
ドコモ

ソフトバンク端末のSIMロック解除方法

softbank

製造番号を確認

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」からIMEIと書いてある番号をコピーしておきます。

My SoftBankにログインする

端末のブラウザからMy SoftBankにログインし、トップページの右上のメニューから「契約・オプション管理」を選択します。

ページ下部にある「SIMロック解除手続き」のを選択します。

IMEIを入力する

SIMロック解除手続きページを下にスクロールするとIMEIの入力欄があるので、一番最初に控えておいたIMEIを入力します。入力が完了したら「次へ」を選択します。

「解除手続きをする」を選択したらSIMロック解除の申し込みは完了です。Androidの場合は解除コードをメモしておいてください。

端末側でSIMロック解除する

申し込み手続きが完了したら、端末の電源を切って異なる回線の新しいSIMカードに入れ替えます。 電源を入れたら解除コードの入力を求められるので、メモしてあった解除コードを入力するとSIMロック解除完了です。

なお、iPhone、iPadは解除キーが発行されません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
3,980円〜
ソフトバンク

SIMロック解除の注意点

データが消える可能性あり

滅多にありませんが、SIMロックを解除したことにより、画像やメール等のデータが消失してしまう可能性があります。

SIMロック解除前には必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

解除後のキャンセルはできない

SIMロック解除の申し込み手続きをすると、キャンセルすることができません。 また、再度SIMロックを設定することもできません。

契約者本人購入の端末でなければ解除できない

auとソフトバンクでは契約者本人しかSIMロックを解除できません。

つまり、中古などで購入した端末はSIMロック解除ができません。

なお、前述の通りドコモ端末はdアカウントさえあれば他人が購入した端末でもSIMロックを解除できます。

そもそもSIMロックとは?

SIMロックとは、SIMカードにキャリアがロックをかけて、特定のキャリアでしか使用不可能な状態のことです。

つまり、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と契約している場合、端末を販売した会社とSIMカードを発行した会社が同じでなければ使用することができません。

例えば、auで端末を購入した場合は、auが発行したSIMカードでなければ使用することができないのです。このように使えるキャリアが縛られていることをSIMロックと呼びます。

このSIMロックを解除することで、auやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアに縛られずに、格安SIMなど好きなSIMを挿入して使うことができるようになります。

どうして端末にはSIMロックがかかっているの?

au、ドコモ、ソフトバンクというキャリアはSIMカードと同時に端末も販売し、月々の使用料(月額料金)を得ることで利益を得ています。そのため、すぐに端末をSIMロック解除して解約されてしまっては利益を得ることができなくなってしまいます。

そのため、各キャリアは一定分の利益を必ず確保できるように端末にSIMロックをかけているのです。

店頭でSIMロック解除をしてもらうと3,000円かかる

スマートフォン

SIMロック解除の手続きはau、ドコモ、ソフトバンクのショップに行けば、スタッフの方に全て行ってもらうことができます。

しかし、店頭でのSIMロック解除は3,000円の手数料が発生します。

それでも代行して解除してくれるほうが安心という方にはおすすめです。

また、店頭で手続きを行うには、運転免許証などの本人確認書類が必要になるため忘れず持参しましょう。

ちなみにドコモでは、電話でSIMロック解除の受付も行っていますが、店頭と同じく手数料が3,000円かかるので注意が必要です。

SIMロック解除ができない!それはどうして?

iPhone

SIMロック解除ですが、実はいつでもどの端末でも行えるというわけではありません。

端末の発売日や利用期間によってはSIMロック解除が行えないケースも多いので注意が必要です。

また、遠隔ロックやネットワーク利用制限がかかっている端末はSIMロック解除できません。滞納中の場合は当該料金の支払完了後に手続き可能になります。

SIMロック解除が義務化されたのは2015年5月以降販売の端末

2014年12月にガイドラインが改定され、2015年5月以降に販売する端末は、SIMロックの解除が義務化されました。

そのため2015年5月以降に販売された端末(例えばiPhoneならiPhone6S以降の端末)であればSIMロック解除は可能となりましたが、それ以前に販売された端末についてはSIMロック解除ができるのか確認をする必要があります。

以下の各キャリア公式ページではでSIMロック解除対応機種の一覧が記載されています。

SIMロック解除ができる期間が決まってる

SIMロックは購入してすぐに解除することはできません。
キャリアによってSIMロック解除ができる期間が決まっています。

auとソフトバンクの場合

端末を分割払いで購入した場合は、購入日から101日以上経過していればSIMロック解除が可能です。
一括払いの場合は、購入日に入金が確認でき次第SIMロック解除が可能です。

ドコモの場合

端末を分割払いで購入した場合は、購入日から100日以上経過していればSIMロック解除が可能です。
また、過去にSIMロック解除の実績があり、前回のSIMロック解除より100日以上経過している場合は分割払いでも即日でSIMロック解除ができます。

一括払いの場合は、購入日に入金が確認でき次第SIMロック解除が可能です。

解約後の端末もSIMロック解除できる?

解約後にもSIMロック解除は可能ですが、auとソフトバンクの端末は解除できる期限があります。ソフトバンクは解約日から90日以内、auは解約日から100日以内です。

auドコモソフトバンク
購入日から101日以上経過100日以上経過101日以上経過
解約日から100日以内制限なし90日以内

SIMロック解除するときのポイント

  • 2015年5月以降に販売されたスマートフォンであるか確認
  • SIMロック解除できる期間であるか確認
  • インターネットで解除するか、手数料(3,000円)を支払って店舗で解除するか決める
  • 利用したい格安SIMがスマートフォンで使えるか確認(動作確認済みか確認)

SIMロック解除をする時には、上記4点を確認しておくと手続きがスムーズに進みます。

たった3分!SIMロック解除でスマホをよりよく運用しよう!

SIMロックの解除方法は実はびっくりするほど短時間で簡単に行うことができます。SIMロック解除をする時には、自分の端末が今すぐSIMロック解除できる状態なのかどうかと、データのバックアップを取ることを忘れないようにしましょう!

自分でSIMロック解除をすることに不安がある方は店舗でスタッフの方に行ってもらえば安心です。また、スマホと利用する格安SIMカードの利用回線が同一であればSIMロック解除をしなくても使えます。

SIMロック解除って面倒くさいな・・・と思った方は、SIMロック解除せずに使える格安SIMを選びましょう!下記記事では、SIMロック解除なしで使うことができる格安SIMを紹介しています。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜