1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホとは
  3. 格安SIMに気をつけろ!注意すべきデメリットと回避方法【保存版】

格安SIMに気をつけろ!注意すべきデメリットと回避方法【保存版】

最終更新日:
格安SIMに気をつけろ!注意すべきデメリットと回避方法【保存版】

格安SIMの月額料金の安さに騙されるな!もちろんメリットは多くありますが、デメリットも必ず存在します。例えば災害時に格安スマホ利用者が電波が繋がらなくなってしまったり、これまでより通話料金が高くなってしまったりなど、実際に使ってみないと分からないことは多くあります。今回は格安SIMのデメリットに注目して詳しく解説と、予防方法・回避方法を紹介します。

格安SIMはいいことばかりじゃないから気をつけて!

格安SIMといえば、大手キャリアとも変わらない電波エリアで、回線で、サポートも充実していながらも月額料金が安い♪と、今では日常に浸透してきました。格安SIMを提供している各MVNOも、どんどんサービスを拡大させていて、大手キャリアと遜色なく使えるものも増えてきています。

そのため、格安SIMの利用者数も格安SIM登場時から比べると大きく拡大しています。「みんなが使ってるなら、格安SIMに乗り換えてみようかな」と考えているあなた!格安SIMの良い部分だけ見ていませんか?

格安SIMには、良いところもあればもちろん悪いところもあります。そのデメリットが自分にとって、許容できないデメリットだったとしたら、きっとあなたは乗り換え後に後悔してしまうことでしょう。

後悔しないためにも、デメリットを予め知っておくことで回避することはできます。

さあ、早速格安SIMのデメリットを詳しく見ていく前に、どうして格安SIMのデメリットをしっかり確認しておかなければならないのか。実際に起こっていた格安SIMのデメリットを1つみてみましょう。

要注意!格安SIMは災害時に使えない・・・?

2018年の夏は台風の影響で、多くの被害を受けました。実際に被害を受けた方もいらっしゃると思います。ご被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

その台風時ですが、実はTwitterでは下記のようなツイートが目立っていました。

そうです、災害時、大事な家族や友人と連絡を取り合うことができなかった方がいるのです。家族間でも、「格安SIMを利用していた妹だけ連絡がつかなかった」とおっしゃっている方もいました。

すべての格安SIMで起こっているわけではありませんが、回線の強度を考えると大手キャリアより劣ってしまうのは仕方がありません。そのため、あるMVNOの利用回線がパンクしてしまい、ネットや電話が使えない状態になってしまったのではないかと予測されます。

スマホは大切な連絡手段の1つです。備えあれば憂いなし、という言葉の通り格安SIMにする際には月額費用だけを考えて購入するのではなく、災害時の使用レベルやサービス、サポートの充実さも確認したうえで購入を検討することが必要です。

格安SIMの注意すべきデメリット12コ《要注意!》

格安SIMで注意しておくべきデメリットと、その予防方法や回避方法を解説します。

デメリット①【災害時の対策】

災害時の対策が不安

格安SIMを利用するうえで1番注意してほしい部分が、災害時など緊急時での対策です。前述もしましたが、台風による災害時にあるMVNOサービズを利用している方がネットや通話が利用できなくなり、家族や友人と連絡を取り合うことができない事態が発生していました。

また、格安SIMはMVNOによっては緊急地震速報に対応していない場合もあり、ほかの人が受け取れることができる警報を自分だけ受け取ることができない可能性があります。

もちろんすべてのMVNOがそうなわけではありませんし、今後そういった災害時の対策も進んでいくとは思いますが、本当に必要な時に使えなくなってしまったら困るのは自分です。安さだけを考えるのではなく、しっかりとサービス内容にも目を通して検討しましょう。

【災害時や緊急速報】を受け取り安心して利用するには?

まずは、各MVNOが提供しているサービス内容に目を通しましょう。月額料金の安さやかけ放題、キャンペーン等に目が向きがちですが、そこも見たうえでサポート面や災害時の対策についてはどのようなサービスが提供されているのかを事前に確認しましょう。

また、大手キャリアは何かあった時の通話用としてスペックの低いものを低料金で利用しつつ、格安SIMでネット等通常利用をするように2台持ちにしておくこともおすすめです。

タブレットを利用している方は、タブレットを格安SIMにして総額の料金を安くする方法もありますよ。

⇒緊急地震速報を受け取ることができる格安SIMはこちら

⇒サービス・サポートがしっかりしている格安SIMはこちら

災害時や緊急時に実際に起こった利用者の口コミ

デメリット②【クレジットカード決済のみのMVNOが多い】

クレジットカード支払いのみのMVNOが多い

格安SIMカードはクレジットカード決済のみのMVNOが多いです。

そのため、クレジットカードを持っていない方は契約することができません。契約するためには、わざわざクレジットカードをつくる手間がかかってしまいますし、今まで口座振替等を利用していた方はクレジットカード払いに切り替えなえればなりません。

また、クレジットカードをつくることができない学生は、18歳以上になるまで格安SIMカードを契約することすらできません。

ただし、一部のMVNOではクレジットカード支払い以外の口座振替デビットカードで支払うことができる場合があります。

クレジットカードなしでも契約するには?

どうしてもクレジットカードなしで契約したい、という方には数は少ないですが口座振替ができるMVNOも存在します!また、だんだん口座振替ができるMVNO が増えつつあるので、今後も拡大していく可能性もありますよ。

また、MVNOによってはデビットカードで支払いができる場合もあるためチェックしてみてくださいね。

口座振替ができるMVNOデビットカード支払いができるMVNO
BIGLOBEモバイルOCNモバイルONE
OCNモバイルONE楽天モバイル
楽天モバイルmineo
-UQモバイル

デメリット③【スマホが利用できない期間が発生する】

不通期間が発生する可能性

格安SIMカードに切り替えるときにMNP(利用していた電話番号を引き継げること)をする場合に、通話をすることができない不通期間が発生してしまいます。

なぜなら、格安SIMカードに切り替えをすると前まで利用していたSIMカードが使えなくなり、新しいSIMカードが手元に届くまで数日ほど待たなければならないからです。

数日とはいえ、スマホが利用できない期間が発生してしまうと不便な方もいらっしゃいますよね。契約の際は予め何日にSIMが届くのかを確認して、不通期間をもんだなく過ごせるようにPCで連絡をとれる準備をしたり、代替機を借りたり、対策をしておきましょう。

ただ、数日で届くことがほとんどであるため、「我慢できる!」という方は気にする必要はありませんよ。

スマホの不通期間がくると困る、どうしようという方には?

実店舗を持っているMVNOであれば、即日開通が可能であるため契約したその日に使う始めることができます。

自分の家の近くにあるMVNOを1度探してみるのも良いかもしれませんね♪

即日開通可能なMVNO一覧

デメリット④【MVNOによって利用できる回線が決まっている】

MVNOによって使える回線が決まっている

各MVNOは、大手キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)から回線を借りて運用しています。そのためMVNOによって、借りている回線が異なります!ということは、MVNOによってはauから回線を借りているためau回線のプランの格安SIMを提供していたり、ドコモから回線を借りているためドコモ回線のプランの格安SIMを提供していたりと、回線が異なるのです!

そのため、できれば今利用中の回線を変えたくないのであれば初めから、au回線プランを提供しているMVNOドコモ回線プランを提供しているMVNOソフトバンク回線を提供しているMVNOの中で探した方が効率も良くておすすめですよ。

どの回線が良いか迷ったらどうすればいい?

どの回線が良いか迷ってしまう方には、マルチキャリアトリプルキャリアのMVNOおすすめします。マルチキャリア、トリプルキャリアとは、1つのMVNOが2つのキャリアから回線を借りている、または3つのキャリアから回線を借りているため、借りた回線のプランがそれぞれ提供されているということになります。

つまり、下記の表のように、1つのMVNOで好きな回線のプランを選ぶことができるのです!

マルチorトリプル回線のMVNO利用可能回線
BQTモバイルau/ドコモ/ソフトバンク
Bmineoau/ドコモ/ソフトバンク
BIGLOBEモバイルau/ドコモ
楽天モバイルau/ドコモ
イオンモバイルau/ドコモ
nuroモバイルドコモ/ソフトバンク

好きな回線を選ぶことができれば、後からやっぱりソフトバンク回線プランに変更したいというようなプラン変更も簡単におこなえるため安心ですよね♪

デメリット⑤【通話料が実質高く、完全かけ放題がない】

通話料が高く完全かけ放題がない

格安SIMは実は通話料が高いです。それは、実質かけ放題がないことが起因しています。MVNOでもかけ放題サービスは提供されていますが、5分以内、10分以内など制限された時間内でしか使えない場合が多いです。

そのため、普段から10分以内程度に収めることができて、ほかの通話はLINE通話で十分という方であれば問題ないのですが、無料通話以外で長時間通話したい方は通話料金で月額料金が跳ね上がるリスクがあります。

格安SIMで通話料を安くして利用するには?

長時間通話をしたいのであれば、MVNOの中でも通話用のおしゃべりプランとぴったりプランを提供しているUQモバイルか完全かけ放題がついたワイモバイルがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜
ワイモバイル

また、UQモバイルやワイモバイルのように長時間通話の方には向いていませんが、10分以内などの短時間での通話をしたい方は、かけ放題を利用するのにおすすめなMVNOランキング をチェックしておくことをおすすめします。

デメリット⑥【キャリアサービスやキャリアメールが使えない】

キャリアサービスやキャリアメールが使えない

格安SIMカードにすると、今まで使っていたキャリアのサービスやキャリアメールを使うことができなくなります。

例えば、キャリアサービスだとau WALLETなど大手キャリアならではのサービスがありますよね。その場合もし、au WALLETでポイントをためていた場合、格安SIMに切り替えると貯めていたポイントは失効し、au WALLET自体も利用することができなくなります。そのためキャリアサービスを利用していた方は、格安SIMへ乗り換え前に手続きが必要なことがないか注意しておきましょう。

そして、大事なメールサービスです。@ezweb.ne.jpなど大手キャリアが提供しているメールサービスは格安SIMでは利用することができません。そのためキャリアメールを利用してやり取りされている方にはメールアドレス変更のメールを送る必要がありますし、キャリアメールを利用して登録しているサイト等がある場合には変更手続きをしておく、または後に行う必要があるため、ちょっと面倒ですよね。

格安SIMでもサービスやメールを利用するには?

大手キャリアのキャリアサービス、キャリアメールが使えなくなるだけで、各MVNOが提供している独自のサービスはもちろん利用可能となります。各MVNOによって特徴は変わってくるため、自分の利用用途にあったサービスを提供しているMVNOを見つけてみましょう!

すまっぴーおすすめのMVNOは下記の3社です。サービス重視の方はチェック♪

MVNO特徴的なサービス(代表1つ)こんな方におすすめ
BIGLOBEモバイルエンタメフリー
動画・音楽が見放題、聴き放題
高画質での動画視聴と音楽視聴が多い方におすすめ
LINEモバイルSNSカウントフリー
LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINEMUSICが使い放題
SNS利用が多く外出先などwi-fiがない環境で利用することが多い方におすすめ
楽天モバイル楽天スーパーポイントが貯まる&使える楽天会員なれではの特典が多くお得に使えるため楽天利用者におすすめ

また、キャリアメールが使えなくても、各MVNOから専用のメールアドレスをもらうことができます!(提供していないMVNOも一部あるため注意)無料でメールアドレスを提供していることが多いためチェックしてみることをおすすめします♪

MVNOが提供するメールでなくても、Gmailなどのフリーメールはもちろん利用することができるため今後また乗り換えることを考えてフリーメールアドレスを利用してもいいかもしれませんね。

メールを提供しているMVNO一覧

今後、メールアドレスを提供するMVNOは増えていく可能性もあります!(2018年現在)

デメリット⑦【家族割や学割を提供しているMVNOが限られる】

家族割や学割を提供しているMVNOが少ない

大手キャリアでは当たり前の家族割や学割がMVNOでは少ないです。当たり前にようにどのMVNOでも割引を行っているわけではないため、注意が必要です。特にお子様のいるご家族で契約する際にはチェックが必須です!

家族割や学割を利用して格安SIMを申し込むには?

家族割や学割を利用したい方には、下記MVNOがおすすめです。

家族割学割
mineoUQモバイル
OCNモバイルONEワイモバイル
IIjmio-
BIGLOBEモバイル-
DMMモバイル-

ただ、どのタイミングでも家族割や学割を行っているわけではありません。ただ、過去に行ったことがあるため今後また行われる可能性は高いため要チェックです!

デメリット⑧【初期設定(APN設定)を自分で行う必要がある】

格安SIMカードを契約すると、自分で初期設定をする必要があります。

基本的に格安SIMカードを購入すると初期設定を行うための分かりやすいガイドブックが付属品として添付されていますが、元々機械が苦手な方初めてSIMフリースマホを利用する方にとってはデメリットです。

ただ、初期設定は実はとっても簡単!初心者の方でも簡単にできる初期設定方法 があるため、そこまで気負わずで大丈夫ですよ♪

自分で初期設定せずに格安SIMを利用するには?

自分で初期設定をしたくない!という方にはイオンモバイルがおすすめです。イオンモバイルではスマホセット購入の場合初期設定済みで発送してくれるため、届いたらすぐに使い始めることができます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

また、スマホセットを希望しない場合はTONEモバイルでの購入がおすすめです。TONEモバイルはサポートが充実しているため電話でのサポートはもちろん、遠隔操作によるサポート、自宅まで訪問してスタッフが設定等をしてくれる自宅訪問サポートもあります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜
ドコモ

デメリット⑨【セルスタンバイ問題が発生する可能性がある】

セルスタンバイ問題が起こる可能性がある

セルスタンバイ問題とは、アンテナが立っているにも関わらず圏外と表示されていたり、3G回線で通信できる状態で、アプリ等を利用していないのに急速にバッテリーが減ってしまう現象のことです。

圏外になってしまったり、バッテリーが急速に減ってしまっては外出時の利用でかなり不便になってしまいます。データSIMで起こりうる可能性が高いため、データSIM購入を検討中の方は気を付けましょう。

セルスタンバイ問題を回避するには?

セルスタンバイ問題はデータSIMで発生することが多いため、対処法としてはデータSIMであってもSMS付きのデータSIMを選んで購入することです。

SMSにすることで少しだけ月額料金が高くなってしまいますが、+100円などたいした差ははない場合がほとんどです。またLINE登録やFacebook登録をしたい場合にはSMS認証での本人確認が必須となるため、SMS付きデータSIM購入が必須となりますよ!

デメリット⑩【新規で電話番号を取得すると070から始まる番号になる可能性あり】

格安SIMカードを契約し、MNPを行わなかった場合ランダムで電話番号が与えられます。

その電話番号は

  • 080
  • 090
  • 070

上記のどれかであるため、070電話番号が与えられる可能性があります。

070電話番号を回避するには?

MNPをおこなって、以前自分が利用していた電話番号を引き継ぐことができれば1番安心ですね。ただ、どうしても新規取得が必要な場合には各MVNOにお問い合わせをして相談してみましょう。

デメリット⑪【テザリングができない可能性がある】

テザリングできない可能性がある

格安SIMカードでは、テザリングができない場合があるため注意が必要です!テザリングは、端末をWi-Fi代わりに利用することができるため非常に便利です。そのため、予めテザリングができるかどうかを確認しておこないと後で困ってしまうため、テザリングを利用する方は特に注意が必要となります。

テザリングが利用できる格安SIMを契約するには?

テザリングが利用できるMVNOはあります!さらにテザリングが無料で利用できるMVNO もあるため、テザリング利用者は見ておきましょう。

デメリット⑫【iPhoneとセット購入できるMVNOが少ない】

iPhoneとセット購入できるMVNOが少ない

日本で最も利用者が多いiPhoneですが、iPhoneにも格安SIMを挿入して利用することが可能です!

ただ、iPhoneと格安SIMをセット購入できるMVNOは少ないです。HUAWEIやZenfoneなど人気のSIMフリースマホを揃えているMVNOは多いのですが、iPhoneとなると限られてしまいます。さらに、iPhoneとセット購入できるといっても最新のiPhone機種がセット購入できるわけではありません。

現在では、iPhone7以降の機種をセット購入できるMVNOはありません。(2018年現在)

そのためiPhone7以降のモデルと格安SIMを利用したい方は、それぞれ別で購入するしかありません。

iPhone7以降のモデルと格安SIMを使うには?

最新iPhoneと格安SIMを使うには、ほかで購入するしか方法はありません。

  1. Apple storeで購入する
  2. Amazonなどのネットショップで購入する
  3. 中古スマホ販売店や中古スマホネットショップで購入する
  4. オークションやメルカリで個人から買い取る

上記の方法でiPhoneを購入し、別でMVNOと契約して格安SIMの利用を行いましょう。また、MVNOを契約する際には、その契約予定のMVNOがちゃんとiPhoneで動作がされるかどうかの動作確認一覧を確認しておくことを推奨します。

基本的にどのMVNOでも、iPhoneの動作確認はされていることが多いですが、実際に買ってみて使えなかった場合、損失が大きいので各MVNOの公式サイトから確認しましょう。

⇒中古スマホネットショップで購入したい方はこちら

iPhoneとセット購入できるMVNOは?

iPhoneとセット購入することができるMVNOももちろんあります!

上記MVNOついてより詳細を確認するなら、iPhoneセット購入におすすめな格安SIM比較をチェック♪

【完全版】iPhoneとセット購入できる格安SIM、おすすめMVNO6社を比較・ランキング
関連記事【完全版】iPhoneとセット購入できる格安SIM、おすすめMVNO6社を比較・ランキング

格安SIMを使うなら?おすすめのMVNOトップ5

デメリットを多く見てきましたが、それでも格安SIMにもメリットは多いです。デメリットとうまく向き合いながら利用していきましょう!

さあ、デメリットを見たうえでも格安SIMを利用したい!というあなたへ、おすすめのMVNOトップ5を紹介します♪

独自回線が強み!完全かけ放題もある《ワイモバイル》

ワイモバイルは、ソフトバンクの子会社でありながら独自の回線を利用しているため、回線の強度が強いです。そのため通信速度が速いと評判も高い会社です。

月額料金は他社と比べて少し高くは感じますが、完全かけ放題がプランに組み込まれているため通話が多い方には1番お得に利用できるでしょう!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜
ワイモバイル

サービスが豊富でauの子会社で安心《BIGLOBEモバイル》

BIGLOBEモバイルはドコモ回線とau回線を提供しているマルチキャリアのMVNOです。特にサービスが豊富であるため、サービス重視の方にはおすすめ。エンタメフリーという動画や音楽が視聴し放題になる楽しいサービスから、故障時等のサポートに対するサービスまで充実しています。またiPhoneとセット購入も可能です♪

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

サポート体制が手厚く店舗も充実《イオンモバイル》

イオンモバイルはドコモ回線とau回線のマルチキャリアなMVNOで、全国のイオン店舗でサポートを受けることが可能です!店舗が全国にあるMVNOは数少ないため、何かあった時に対面でサポートできる環境があると安心できますよね。月額料金も480円~とかなり安いためおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

ネットサポートが充実《mineo》

mineoはとにかくネット内サポートが強い!もちろん、実店舗を持っている数少ないMVNOの1つでもあるますし、電話やチャットでのサポートも充実したMVNOではありますが、これだけネット内のさらにユーザー同士で支え合い助け合えるMVNOはありません。

マイネ王という、mineo会員が利用することができる独自のサービスがあり、その中で疑問や問題を相談することで解決できたり、また読んでいるだけでも問題解決になることが多いです。ユーザー同士でパケットをシェアし合うこともできるためとても便利です♪

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

トリプルキャリアで万能!《QTモバイル》

QTモバイルはドコモ回線とau回線、ソフトバンク回線のトリプルキャリアです!3つの回線のプランが揃っているため、選び放題♪QTモバイル内での乗り換えであれば回線を変えるのも楽にできるため嬉しいですよね。

川口春奈ちゃんの可愛いCMでお馴染みのQTモバイルはかけ放題などサービスも豊富で、おすすめです!!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
800円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
63f49767a35597a1f32bf920743d193f
haruka

新作の端末が発売されるとドキドキして、格安SIMの新プランやサービスが出るとワクワクします。"好き"の気持ちと共に皆様の格安SIM選びのお手伝いができれば嬉しいです。皆様が満足して乗り換えできますように!

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。