1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー-厳選19社徹底比較!
  2. 格安スマホとは
  3. 格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説

格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説

最終更新日:
格安SIMカードのデメリット《15コ》を徹底解説!対処方法まで解説

格安SIMカードは月額料金が安くなる大きなメリットがありますが、反対にデメリットも存在しています。通話料金が高い、通信速度が遅い、学割が少ない・・などデメリットは全部で15コあります。その全てをしっかり解説して、解決方法まで提案します!

格安SIMカードのデメリット15コを徹底解説!

SIMカードデメリット15コ

格安SIMカードは月額料金を大手キャリアの半額以下にすることができます。また、月額料金が安くなるだけでなく、ユーザーのニーズに合わせた細かい多種多様なプランが多くあるため、自分にぴったりの格安SIMカードを選ぶことができるでしょう。

しかし、格安SIMカードには上記のようなメリットだけでなくデメリットも存在します。デメリットは、事前に知っておくことで購入後のギャップを減らしたり、事前に対策しておくことで防いだり解決することができます。

格安SIMカードにある15コのデメリットをしっかり理解して、スムーズに格安SIMカードを使いこなせるようになりましょう!

紹介する15コのデメリット

格安SIMカードのデメリット対処方法
クレジットカード決済のみ口座振替・デビットカード利用可能なMVNOを選ぶ
不通期間発生即日開通のMVNOを選ぶ
通信速度が遅いWi-Fi(Free Wi-Fi)を利用する
利用回線の確認au回線かドコモ回線が確認してから契約
通話料が高い無料通話アプリやかけ放題に加入
SIMフリースマホを新たに購入手持ち端末をSIMロック解除/SIMとセット購入/中古端末を購入
キャリアサービス利用不可ポイントが失効する場合あり、事前に手続き
キャリアメール利用不可フリーメールや各MVNO独自のメールを利用
LINE ID検索利用不可LINEモバイルなら可能
家族割・学割が少ない各MVNOのキャンペーン情報を随時チェック
初期設定を自分でやるどうしても分からなかったらサポートの電話番号に連絡
手厚いサポートがない保証サービスがあるMVNOを選ぶ/モバイル保険に加入
セルスタンバイ問題問題が起こらない端末購入/SMS付きSIMカード購入
070電話番号になるかも新規主取得せずにMNPする
テザリング利用不可の場合アリ事前にテザリング可能か確認
iPhoneとセット購入できるMVNOが少ないiPhoneとセット購入できるMVNOを選ぶ

格安SIMカードはクレジットカード決済が多い!

格安SIMカードはクレジットカード決済のみの場合が多いです。そのため、クレジットカードを持っていない方はわざわざつくる手間がかかってしまいますし、今まで口座振替等を利用していた方はクレジットカード払いに切り替えなえればなりません。

また、クレジットカードをつくることができない学生は、18歳以上になるまで格安SIMカードを契約することすらできません。

ただし、一部のMVNOではクレジットカード支払い以外の口座振替デビットカードで支払うことができる場合があります。

クレジットカード不要の格安SIM・格安スマホ【デビットカード・口座振替】
関連記事 クレジットカード不要の格安SIM・格安スマホ【デビットカード・口座振替】

口座振替可能なMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ

デビットカードで支払い可能なMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au

スマホが使えない期間が数日発生する!

格安SIMカードに切り替えるときにMNP(利用していた電話番号を引き継ぐ)する場合に、通話をすることができない不通期間が発生してしまいます。なぜなら、格安SIMカードに切り替えをすると前まで利用していたSIMカードが使えなくなり、新しいSIMカードが手元に届くまで(数日)待たなければならないからです。

ただし、実店舗を持っているMVNOであれば即日で開通することができます。実店舗を持ったMVNOは増えつつあるため、即日で開通した場合には家の近くの実店舗を探してみましょう。

不通期間なし!ネット購入で即日開通できる格安SIM
関連記事 不通期間なし!ネット購入で即日開通できる格安SIM

即日開通可能なMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ

大手キャリアと比べて通信速度が遅い!

MVNOは大手キャリアから回線を借りて運用しているため、通信速度は大手キャリアよりも劣ってしまいます。特に、スマホの利用者が多いお昼の時間(12:00~頃)は回線が混雑してしまい通信速度が遅くなりがちです。

そのため、混雑する時間帯にはWi-Fiを利用することをおすすめします。

しかし、通信速度が遅くなるといっても、LINEやインターネットでニュース等を読む程度であれば問題ありません。動画を見たり、画像の多いコンテンツを見たり、データ量の重いアプリのダウンロード等になると通信に時間がかかってしまうので、そういった場合にはWi-Fi環境で行うようにしましょう。

格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年9月版】
関連記事 格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年9月版】

利用する回線の確認が絶対必要!au回線が少ない!

格安SIMカードを購入する時には、その格安SIMカードがどの回線を利用しているのか必ず確認しましょう。なぜなら、格安SIMカードによって借りている回線が異なるため、場合によってはSIMロック解除、またはSIMフリースマホを新しく購入しなければならないからです。

多くのMVNOはau回線またはドコモ回線を利用しています。そのため、手持ちの端末が同回線の端末であれば基本的にSIMロック解除して利用することができます。

ただし、端末によってはSIMロック解除することができない場合もあるため、あらかじめ利用したい端末が格安SIMカードを使える端末かどうか確認しておく必要があります。

au回線のMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
au回線の格安SIMカードを提供するMVNO5社を徹底比較!
関連記事 au回線の格安SIMカードを提供するMVNO5社を徹底比較!

ドコモ回線のMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,000円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
480円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ

格安SIMカードは通話料が高い!実質かけ放題がない!

格安SIMカードは大手キャリアと比べて通話量が高いです。また、実質かけ放題がないため、電話の利用が多い方や長時間電話する方にはあまり向いていません。

かけ放題を利用しない場合、通話料金が30秒20円と大手キャリアに比べかなり高いです。

かけ放題については、全くないわけではなく時間制限付きのかけ放題が存在しています。(mineoでは5分以内のかけ放題、Nifmoでは10分以内のかけ放題など。)

また、格安SIMカードであってもLINE等の無料通話アプリを利用することは可能であるため、アプリの電話をうまく活用することをおすすめします。(データSIMの場合、SMSがないとLINE等のアプリリ利用ができないため注意が必要です。)

格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?
関連記事 格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?

SIMフリースマホを新たに用意!

格安SIMカードを使う場合、新たにSIMフリースマホを用意しなければならない場合があります。なぜなら、端末によってはSIMロック解除することができず格安SIMカードを使えないことがあるからです。その場合には新しくSIMフリースマホが必要となります。

ちなみに、ソフトバンク回線を使っている方は、ソフトバンク回線を利用しているMVNOがそもそもいないため必ずSIMロック解除またはSIMフリースマホを購入する必要があります。

必ず役立つSIMフリースマホの選び方
関連記事 必ず役立つSIMフリースマホの選び方

キャリアサービス・キャリアメールが使えない!

格安SIMカードにすると、今まで使っていたキャリアのサービスやキャリアメールを使うことができなくなります。

キャリアサービス

au WALLETなどの大手キャリアのサービスは格安SIMカードにすることで利用できなくなります。その際に、もしポイントが貯まっていた場合には移行しておかないとポイントが失効してしまうことがあるため注意しましょう。

キャリアメール

格安SIMカードを利用すると、今まで使えていた@ezweb.ne.jpなどのキャリアメールが使えなくなってしまいます。

ただし、Gmail等のフリーメールやMVNOで用意しているメールアドレスは使うことができます。

格安SIMでキャリアメールが使えなくなった時の対処法
関連記事 格安SIMでキャリアメールが使えなくなった時の対処法

LINE ID検索が利用できない!

格安SIMカードでは、LINEで友だちを探す機能であるID検索をすることができません!なぜなら、LINEでID検索をするにはキャリアでの年齢認証が必要になってしまうからです。LINE ID検索以外の機能はできるため安心してください。

ほとんどのMVNOでLINE iD検索はすることができませんが、唯一LINEモバイルであればLINE iD検索をすることが可能です!

LINE ID検索ができるMNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ

家族割や学割が少ない!

大手キャリアでは当たり前の家族割や学割がMVNOでは少ないです。

しかし、少ないというだけで家族割や学割を行っているMVNOはもちろんありますし、家族でパケットシェアができるサービスなども存在しています。

格安スマホに学割はありますか?【UQモバイル・ワイモバイル】
関連記事 格安スマホに学割はありますか?【UQモバイル・ワイモバイル】

家族割を行っているMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ

学割を行っているMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,480円〜 ワイモバイル

初期設定(APN設定)を自分でしなければならない!

格安SIMカードを契約すると、自分で初期設定をする必要があります。

基本的に格安SIMカードを購入すると初期設定を行うための分かりやすいガイドブックが付属品として添付されていますが、元々機械が苦手な方や初めてSIMフリースマホを利用する方にとってはデメリットです。

簡単10分!格安SIMカードの初期設定(APN設定)方法を徹底解説
関連記事 簡単10分!格安SIMカードの初期設定(APN設定)方法を徹底解説

セルスタンバイ問題が発生する可能性あり!

セルスタンバイ問題とは、アンテナが立っているにも関わらず圏外と表示されていたり、3G回線で通信できる状態で、アプリ等を利用していないのに急速にバッテリーが減ってしまう現象のことです。

セルスタンバイ問題はデータSIMで発生することが多いため、対処法としてはセルスタンバイが起こらないといわれている端末を購入するか、データSIMであってもSMS付きのデータSIMを選んで購入することです。

故障等の手厚いサポートがない!

格安SIMカードでは、大手キャリアほどの手厚いサポートはありません。

大手キャリアの場合、全国に店舗があるため店頭窓口で案内してくれますが、MVNOの場合は店舗数が少ないため、基本的に店頭窓口ではなく電話やメールでのサポートが主となってきます。

また、格安SIMカードと端末ではそれぞれ受付が別々になってしまいます。そのため、端末が故障した場合には契約したMVNOではなく端末のメーカーに直接連絡をする必要があります。

しかし、現在では保証サービスを行うMVNOも増えてきており、端末と格安SIMカードセットで保証を受けられることも増えてきています。

格安SIMカードにするうえでサポート面が心配な場合には、乗り換え予定のMVNOに端末セットで保証を受けられるサービスがあるかどうか調べておく必要があります。

ちなみに、モバイル保険という、月々700円でモバイル機器なら最大3台まで10万円を上限額に何度でも補償をしてくれる保険があります。このような保険に加入しておくことも、サポート面が心配な方にはおすすめします。

簡単!モバイルの保険お申し込みはこちら

サポート体制を徹底比較!【大手キャリアVS格安スマホ】
関連記事 サポート体制を徹底比較!【大手キャリアVS格安スマホ】

新規で電話番号を取得すると070になる可能性あり!

格安SIMカードを契約し、MNPを行わなかった場合ランダムで電話番号が与えられます。その電話番号は、080090070のどれかであるため070電話番号が与えられる可能性があります。

格安SIMカードはテザリングできないことがある!

格安SIMカードではテザリングができない場合があるため注意が必要です。

あらかじめ、契約する前にテザリングが利用できるか確認をしておきましょう。

iPhoneとセット購入できるMVNOが少ない

日本で最も利用者が多いiPhoneですが、iPhoneにも格安SIMカードを挿入して利用することが可能です!

ただ、iPhoneと格安SIMカードをセット購入できるMVNOは少ないです。そのため、あらかじめセット購入可能なMVNOを知って、そこからどのMVNOが自分に合っているのかを選んでいくようにしましょう。

ちなみに、現在iPhone7と格安SIMカードをセット販売しているMVNOはありません。

iPhoneとセット購入できるMVNO

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,480円〜 ワイモバイル
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ

格安SIMカードのデメリットと対処方法のまとめ

格安SIMカードデメリットのまとめ

格安SIMカードのデメリット対処方法
クレジットカード決済のみ口座振替・デビットカード利用可能なMVNOを選ぶ
不通期間発生即日開通のMVNOを選ぶ
通信速度が遅いWi-Fi(Free Wi-Fi)を利用する
利用回線の確認au回線かドコモ回線が確認してから契約
通話料が高い無料通話アプリやかけ放題に加入
SIMフリースマホを新たに購入手持ち端末をSIMロック解除/SIMとセット購入/中古端末を購入
キャリアサービス利用不可ポイントが失効する場合あり、事前に手続き
キャリアメール利用不可フリーメールや各MVNO独自のメールを利用
LINE ID検索利用不可LINEモバイルなら可能
家族割・学割が少ない各MVNOのキャンペーン情報を随時チェック
初期設定を自分でやるどうしても分からなかったらサポートの電話番号に連絡
手厚いサポートがない保証サービスがあるMVNOを選ぶ/モバイル保険に加入
セルスタンバイ問題問題が起こらない端末購入/SMS付きSIMカード購入
070電話番号になるかも新規主取得せずにMNPする
テザリング利用不可の場合アリ事前にテザリング可能か確認
iPhoneとセット購入できるMVNOが少ないiPhoneとセット購入できるMVNOを選ぶ
格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
関連記事 格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,000円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
480円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ

すまっぴー今月のおすすめ特集

今月のおすすめ会社は…
詳細をチェック