格安スマホで使えないアプリってあるの?

142d9ef3f494f833e40221795c5c8e06

格安スマホで使えないアプリってあるの?

最終更新日:

日常においてスマホがますます重要になってくると同時に、格安スマホが登場に安くスマホを運用する人が増えています。格安スマホは低価格で使えるメリットがありますが、これまで利用していたアプリが使えなくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

スマホを日常的に利用しているユーザーの多くは、さまざまなアプリをインストールし利用しているのではないでしょうか?ゲームやSNS、動画、ビジネス、フィットネス、音楽、地図などありとあらゆるものがアプリとして提供されている現在、電話はスマホに進化したことで通話のための道具から、なくてはならない生活の一部となっています。

格安スマホに乗り換えるユーザーが増えている

スマホは私たちの生活に密着しています。現在、スマホを購入するには大手キャリアだけではなく、格安スマホなど端末を単体で購入するという選択肢も増えています。そしてこの格安スマホを格安SIMと組み合わせることで、大手キャリアでスマホを購入、維持するよりも大幅に料金を節約できるとあって、格安スマホへ乗り換えしています。

アプリの問題は気づきにくい格安スマホのデメリット

しかし、スマホ本体価格や維持費が安くなる分、デメリットもあります。一般的には大手キャリアに比べ、回線速度が遅い、スマホのスペックが低いなどと言われています。

また、気づきにくいのですがアプリに関してもデメリットがあります。格安スマホでは、大手キャリアで当たり前に利用していた一部のアプリが使えなくなってしまう場合があるのです。そこで今回は格安スマホに乗り換えることで使えなくなるアプリについてご紹介します。

格安スマホでは使えないアプリもある?

大手キャリアから格安スマホに乗り換えて使えなくなってしまうアプリとして、一番分かりやすいのは、大手キャリアがそれぞれ独自に提供しているアプリです。

大手キャリアの独自アプリは使えない

例えばドコモの「スゴ得コンテンツ」、auの「auスマートパス」、ソフトバンクの「App Pass」のように人気のコンテンツやアプリを割引料金で使えるものなどがそれに当たります。

また海外製のものはもちろん、日本製のものであっても一部の格安スマホでは緊急地震速報も別途、アプリをダウンロードしない限り利用できません。

LINEやTwitterのアプリはSMS認証に注意が必要

ほかにもLINEやTwitterといったアプリを使いたい場合は注意が必要です。格安スマホを格安SIMで運用する際、通話SIMやSMS対応のデータ専用SIMであれば問題はありません。しかし単なるデータ専用SIMで契約してしまうと、LINE、Twitter はSMS認証が必要なためその認証ができずに使えなくなってしまいます。

SMSとはショートメールメッセージの略で電話番号を用いてやり取りするサービスで、アプリの本人確認としてよく利用されています。データSIMには電話番号がないため、SMSを利用するためにはSMS付データSIMか音声通話SIMを契約する必要があります。

SMS付データSIMはデータSIMの価格に月額140円ほど上乗せされた価格が相場です。

これは厳密にいえばスマホではなくSIMの問題ですが、LINEやTwitterは多くのユーザーが利用する人気アプリですから、契約には十分注意してください。

格安スマホを買うときはAndroidのバージョンに注意

格安スマホのアプリ問題としてもう一つ挙げられるのが、Androidのバージョン問題です。格安スマホのOSは基本的にほぼすべてがAndroidです。そのため大手キャリアで販売されているスマホとまったく違うOSを使っているというわけではありません。つまり大手キャリアのスマホ同様、Google Playでダウンロードできるものは格安スマホであってもダウンロードが可能です。

しかし多くのメーカーで販売されているSIMフリースマホは、Androidのバージョンが最新のものでないスマホも多いです。これが格安スマホのAndroidバージョン問題です。Androidのバージョンが古いということは、最新のバージョンにしか対応していないアプリなどは利用できなくなってしまいます。

OSアップデートで最新バージョンが使えるが、スペックが低いと対応できない場合もあり

もちろん、Androidのバージョンを最新のものにアップデートすれば、最新バージョンにしか対応していないアプリでもダウンロードできるようになります。しかし格安スマホの中でもハイスペックなものであれば、最新バージョンにアップデートすることはできますが、1~2万円代のロースペックなものの場合、最新のバージョンにはアップデートできない場合もあります。

大手キャリアでスマホを使っていた時と同様にアプリも使いたいといった場合は、Androidのバージョンを確認し、それ以降も最新のバージョンにアップデートできるハイスペックな格安スマホを選択するようにしてください。

ジャイロセンサー機能がないとポケモンGOは楽しめない

2016年7月6日、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで先行サービスが開始されたポケモンGO、その後、ヨーロッパを中心に続々とサービスが開始され、先行サービス開始から約2週間後には日本でもサービスが開始されています。

サービスが開始されてからの人気はすでにご存知かと思いますが、この世界的大ヒットとなっているポケモンGOも格安スマホでは利用できない機種もあります。

ポケモンGOはジャイロセンサーが必須

ポケモンGOはGPS、磁気センサーのほか、ARモードを使う際はジャイロセンサーと背面カメラが必要となります。格安スマホでポケモンGOを楽しみたい場合はこれらの機能が搭載されていうかどうかの確認を必ず行ってください。

また、今後ARを使ったゲームはどんどん登場することが予想されます。スマホでゲームを楽しみたいという方はポケモンGOで遊んでいなくてもARに対応できるかどうかを確認しておくことは重要です。

格安スマホは価格だけでなく、スペックも考えることが重要

大手キャリアのスマホに比べ、格安スマホはどうしてもスペックが落ちてしまうため、大手キャリアで利用していたアプリをすべて使いたいとなると、それなりのスペックのものが必要となります。格安スマホを選択する際には価格だけではなく、必要に応じたスペックもしっかりと確認をするようにしてください。