1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOの通信速度やデメリットを徹底比較
  3. 格安SIMの”かけ放題”を徹底解説!おすすめMVNOランキング【人気15社から厳選】

格安SIMの”かけ放題”を徹底解説!おすすめMVNOランキング【人気15社から厳選】

最終更新日:
格安SIMの”かけ放題”を徹底解説!おすすめMVNOランキング【人気15社から厳選】

格安SIMの”かけ放題”のおすすめを紹介します。大手キャリアには無制限かけ放題(24時間かけ放題)や5分かけ放題などがありますが、格安SIMを提供するMVNOでは”10分以内かけ放題”が主流です。10分かけ放題以外にも通話パックや5分・3分かけ放題を取り扱う格安SIMもあります。各MVNOでサービスは異なりますが、おすすめは無制限かけ放題がある”ワイモバイル”、10分かけ放題の”楽天モバイルスーパーホーダイ”、選択肢が多い”BIGLOBEモバイル”です。

格安SIMとかMVNOって”かけ放題”はあるの?あってもちゃんとつながるか心配……。

MVNOの”かけ放題”についてよくわかりませんよね。かけ放題が理由でなかなか格安SIMへの乗り換えに踏み切れないという人も多いです。

そんな方々の不安を解消すべく、我々すまっぴー編集部がおすすめMVNOのかけ放題を解説&紹介していきます!

大手キャリアとの大きな違い

大手キャリアには「24時間かけ放題」と「5分間かけ放題」の2種類がありますが、MVNOでは「10分間かけ放題」が主流です。

ほかにも、3分・5分のかけ放題や30分~90分の無料通話パックなどMVNOによって様々な通話オプションがあります。

また、MVNOのかけ放題のほとんどは「プレフィックス通話」という通常の電話回線を使用した通話方式です。そのため、IP電話とは異なり大手キャリアと同様の通話品質で通話できます。

ただし、MVNOのかけ放題は専用アプリを経由して発信する必要があるので、少々手間がかかりますが、慣れれば煩わしさはありません。

格安SIM・MVNOのかけ放題ランキング!

かけ放題ランキング

【第1位:Y!mobile(ワイモバイル)】

《おすすめポイント》

  • 10分かけ放題が無料でついてくる!
  • オプション1,000円で完全かけ放題に!
  • 通話の際に専用アプリが不要!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

【第2位:楽天モバイル スーパーホーダイ】

《おすすめポイント》

  • 1Mbpsが使い放題!
  • 10分かけ放題がコミコミ!
  • 10分超過後も10円/30秒で通話ができる!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【第3位:BIGLOBEモバイル】

《おすすめポイント》

  • かけ放題or通話パックを選べる!
  • エンタメフリーオプションでデータ量も節約!
  • 10分超過後も10秒/30円で通話ができる!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

MVNO主要15社のかけ放題対応状況

以下は主要MVNO15社のかけ放題の対応表です。記載の金額はオプションの月額です。

※IP電話は除く。

格安SIM・MVNO無制限かけ放題10分かけ放題5分かけ放題3分かけ放題
楽天モバイル(組み合わせプラン)-850円--
楽天モバイル(スーパーホーダイ)-無料--
mineo-850円--
ワイモバイル1,000円無料--
OCNモバイルONE-850円--
IIJmio-830円-600円
BIGLOBEモバイル-830円-600円
nuroモバイル-800円--
UQモバイル-700円--
LINEモバイル-880円--
エキサイトモバイル----
U-mobile---500円(月50回まで)
イオンモバイル-850円--
NifMo-830円--
LIBMO(リブモ)-850円--
QTモバイル2,500円850円--

MVNOには様々なかけ放題オプションがある!

MVNOには上記のように様々な通話オプションがあります。

選択肢が多いということは”選べる”メリットですが、”決められない”デメリットにもなります。

そこで、かけ放題を提供しているMVNOから厳選したおすすめの格安SIMを紹介します。

《無制限かけ放題》おすすめはY!mobile(ワイモバイル)

オプション料金
ワイモバイル1,000円
QTモバイル2,500円

無制限かけ放題(24時間かけ放題)はMVNOでは数少ないオプションサービスで、ワイモバイルは特に安く付けられます。

たとえば、ソフトバンクでかけ放題の「定額オプション」を付けると別途1,500円かかりますが、ワイモバイルは1,000円で無制限かけ放題が付きます。

一番安いプランSは月額2,680円なので、3,680円で完全かけ放題プランになります。

ワイモバイルは全てのプランに10分かけ放題の特典が付いており、通話を重視する方にはおすすめのMNOです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

《10分かけ放題》おすすめは楽天モバイル

オプション料金
楽天モバイル(スーパーホーダイ)無料
ワイモバイル
UQモバイル600円
nuroモバイル800円
IIJmio830円
BIGLOBEモバイル
Nifmo
mineo850円
楽天モバイル
OCNモバイルONE
イオンモバイル
LIBMO
QTモバイル
LINEモバイル880円

上記のように10分かけ放題を提供しているMVNOは多く、料金以外はそれほど大きな差はありません。*。

中でも楽天モバイルの”スーパーホーダイ”は10分かけ放題がコミのプランなので、かなりお得に運用できます。なお、”組み合わせプラン”の場合は850円のオプション料金が必要です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

《3分かけ放題》おすすめはIIJmio

MVNOオプション料金
IIJmio600円
BIGLOBEモバイル
U-mobile500円

3分かけ放題は月額500円から600円とリーズナブルで、加入しやすい点が特徴です。3分かけ放題はIIJmioがおすすめです。

IIJmioには同一mioID間の通話が安くなる家族通話というシステムがあります。

通話料金は通常20円/30秒ですが、専用アプリ「みおふぉんダイアル」を経由して家族に電話した際のから60%割引の8円/30秒になります。

さらに、3分かけ放題のオプションを付けると同一mioIDの家族に電話をかけたとき、10分まで無料になります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

《特定の人にかけ放題》おすすめはOCNモバイルONE

OCNモバイルONEには3つのかけ放題オプションがあります。

中でも「OCNでんわ トップ3かけ放題(月額850円)」はかなり特殊なオプションで、毎月通話時間が長かった上位3名までの通話料金が無料になります。

トップ3かけ放題と10分かけ放題を組み合わせた”かけ放題ダブル”(月額1,300円)というオプションもあります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

《IP電話かけ放題》おすすめはイオンモバイル

イオンモバイルには”050かけ放題”というIP電話が24時間無制限でかけ放題になるオプションがあります。オプション料金は月額1,500円です。

IP電話は通話品質が通常の電話回線を使用した通話よりも悪いですが、データ専用SIMでも加入できる点がメリットです。

データSIMは音声通話機能がない分かなり安く運用できるのでおすすめです。イオンモバイルなら480円から運用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
au

《LINE通話かけ放題》LINEモバイルだけ!

LINEモバイルは全てのプランにLINE利用時のデータ量をカウントしない「データフリー」が付いています。

音声通話機能を付けなければ月額500円から運用できるので、メインの連絡手段がLINEの方にはおすすめです!

番外編《通話パック》おすすめはBIGLOBEモバイル

MVNO30分60分90分
mineo840円1,680円-
BIGLOBEモバイル-600円830円

通話パックはかけ放題と異なり、毎月の合計の通話時間がパックの上限を超えるまで無料になるオプションです。

たとえば、BIGLOBEモバイルの通話パック60であれば1ヶ月60分までの通話料金が無料になります。

おすすめはBIGLOBEモバイルの”通話パック”です。通話パック60(月額600円)と通話パック90(月額830円)から選べます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

かけ放題はどれにするのが良いの?《選び方》

前提として、「1か月の通話料金」が「かけ放題の月額料金」を上回らない場合、かけ放題は不要です。

1ヶ月の通話料金がかけ放題の月額料金を上回っていた方は以下のポイントをチェックしてかけ放題プランを選びましょう!

  • 1回の通話時間
  • 1か月の通話時間

ポイント① 1回の通話時間

”1回の通話時間が短いかどうか”は人によって感覚が違うため、なんともいえません。

なので、具体的な数字を知るために”通話履歴”を確認しましょう。

最も簡単な方法はスマホの標準電話アプリで通話履歴を確認することです。

「自分から発信した通話は1回何分かかっているか」を確認すると、自ずと答えが見えてきますね。

1回の通話時間の大半が10分を超える場合は”無制限かけ放題(完全かけ放題)”がおすすめです。

それ以外の場合は”10分かけ放題”を付けるとよいでしょう。3分や5分かけ放題はさらに通話時間の短い人向けですが、少しでも不安を感じる場合は10分にしておくことをおすすめします。

ポイント② 1か月の通話時間

1か月の通話時間を把握するとさらにオトクに運用できます。

1か月の通話時間が合計で60分以内の場合は”10分かけ放題”よりも”通話パック”のほうが安くなります。

たとえばBIGLOBEモバイルでは、10分かけ放題が月額830円で、通話パック60(1か月60分の定額通話)は月額600円なので差額が230円もあります。

このような通話パックは大手キャリアにはなく、限られた一部のMVNOが提供しています。

大手キャリアのかけ放題に劣る点(MVNOかけ放題のデメリット)

大手キャリアとの違い

すでに少し触れましたが、大手キャリアのかけ放題との違いについて解説します。

完全かけ放題5分かけ放題
ドコモかけ放題オプション:1,700円5分かけ放題オプション:700円
au通話定額:1,700円通話定額ライト:700円
ソフトバンク定額オプション:1,500円準定額オプション:500円

大手キャリアは5分かけ放題は月額500円~700円、24時間かけ放題なら月額1,500円~1,700円で加入できます。

大手キャリアのかけ放題のほうが優れている点も多いのは事実です。

デメリット1.ナンバープレフィックス方式の通話が少々面倒

多くのMVNOではナンバープレフィックス方式でのかけ放題が採用されています。

ナンバープレフィックスとは、電話番号の先頭に特定の番号を付けることで通話品質を下げず、半額の通話料で通話できるものです。

ナンバープレフィックスで発信するには”特定の番号”を先頭につけるか”専用アプリ”を使う必要があります。

専用アプリから発信するという作業は大したことないように見えて意外と面倒です。たとえば、ブラウザで検索した飲食店などの電話番号のリンクをタップしても専用アプリは立ち上がらず、デフォルトの電話アプリが立ち上がってしまいます。

事前にプレフィックス番号を設定し、通話の度にプレフィックス番号を自動入力してくれる機種もありますが、全ての機種が対応しているわけではありません。

ワイモバイルUQモバイルデフォルトの電話アプリから発信してもかけ放題の対象*なので、プレフィックス通話が面倒な方はこの2社から選びましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

デメリット2.IP電話の場合は通話品質が下がる

IP電話はインターネット回線を使った通話なので通話品質が下がります。

また、IP電話は固定電話や他社の携帯電話にも発信できますが、”110”や”119”などには発信できない点も理解しておきましょう。

まとめ:MVNOのほうが低価格ではあるものの相応の手間もある

格安SIMの10分かけ放題は大手キャリアよりも安い分専用アプリを経由する手間がかかります。しかし、専用アプリを使うと10分を超えても通話料金が半額になる点はプレフィックス方式を利用する格安SIMの特権でもあります。

24時間かけ放題を使いたい方はワイモバイルを選びましょう。アプリを経由する手間もなくキャリアよりも大幅に月額が安くなりますよ!

  • ソフトバンク:ミニモンスター(~2GB)5,980円 + 定額オプション 1,500円 = 7,480円
  • ワイモバイル:スマホベーシックプラン 2,680円 + スマホベーシックプラン 1,000円 = 3,680円
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜