1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー-厳選19社徹底比較!
  2. 格安スマホとは
  3. 格安SIM契約にかかる初期費用は3点!

格安SIM契約にかかる初期費用は3点!

最終更新日:
格安SIM契約にかかる初期費用は3点!

格安SIMカードにかかわる初期費用は大きく3つです。1つ目は事務手数料で約3,000円です。2つ目はMNP手数料で電話番号を引き継ぎたい場合は約3,000円かかります。3つ目は現在のスマホの解約料で約10,000円程度必要です。解約料はタイミングを狙えば0円で切り替えられるため、初期費用を大きく抑えることができます。

格安スマホには初期費用がつきものです

初期費用

格安スマホや格安SIMは月額500円程度から利用でき、コスト面では大きな魅力サービスです。

スマホに関する費用をできるだけ抑える等の目的で、いわゆる大手キャリアから格安SIMに乗り換えることを現在ご検討されている方は、初期費用がどの程度かかるのかが気になるところでしょう。

格安SIMカードを契約するときにかかる初期費用の内訳は「登録事務手数料」または「パッケージ代金」で、通常3,000円(税別)程度が必要となります。
SIMフリースマホを既に所有している場合と、所有していない場合では、必要となる初期費用が変わってきます。

また、キャリアから乗り換える場合は解約金がかかる場合があるようですので、注意が必要です。

ほとんどのケースで必要になる新規事務手数料3,000円

新規事務手数料

まず、SIMフリースマホを既に所有している場合、新規で格安SIMを登録する際に必要になるのが「登録事務手数料」あるいは「パッケージ代金」です。
いずれのケースもこの費用3,000円(税別)はかかります。

初期費用はユーザーにとって格安SIMを購入・利用する際のハードルの一つになっています。
3,000円程度とはいえ、初めだけ通常より多めの出費が必要になることは、ユーザーにとって大きな足かせになってしまいます。

この新規事務手数料を安く抑える方法の一つにamazonで格安SIMを購入するという方法があります。
amazonでは各社はキャンペーン等を行えないのでパッケージ価格を安くすることでより多くのお客さんに買ってもらおうと努力しています。

格安SIMカードをAmazonで購入するメリット・デメリット
関連記事 格安SIMカードをAmazonで購入するメリット・デメリット

キャンペーンを利用で新規事務手数料が安くなる!

手数料安く

格安スマホ会社は多くのキャンペーンを実施していますが、おおざっぱに言うと次の3パターンが多いです。

  • 初期費用が安くなる(例: 新規事務手数料3,000円が無料)
  • 月額料金が割引になる(例: 3か月間800円割引)
  • SIMフリースマホが安く買える(例: Zenfone2が半額)

月額料金よりも初期費用を抑えたいという方は初期費用が安くなるキャンペーンを行っている会社を探すのがおすすめです。
SIMフリースマホセットで購入を考えている方はSIMフリースマホが安く買えるキャンペーンを行っている会社もおすすめです。

格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年9月7日】
関連記事 格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年9月7日】

新しくSIMフリースマホを買うとスマホ本体価格が初期費用になる!

本体価格が初期費用

SIMフリースマホを所有していない場合は、新たに購入することになります。
スマホ本体の価格も初期費用になりますので、この点も十分注意が必要です。
SIMフリースマホの価格は1万円台から5万円台以上のものなど様々ですが、2万円~3万円で購入できる端末が人気です。

スマホ本体と格安SIMカードをセットで購入すると、分割払いが可能になります。
キャンペーン中であれば定価よりも低価格で購入できます。

スマホ本体を現在お持ちでない場合はセットで購入することをおすすめします。

【おすすめ】格安スマホの端末セットがお得なMVNO比較
関連記事 【おすすめ】格安スマホの端末セットがお得なMVNO比較

MNPで転出する場合は手数料が必要!2年縛りで解約金が必要になるケースも

MNP転出と2年縛り

一方、MNP(モバイルナンバー・ポータビリティ)の制度を使って別の携帯会社に乗り換えて契約すると、現在の携帯番号を継続して使うことができます。
MNPを利用される方は、通常予約番号を発行してもらうことになります。
その際に発生する費用は、いずれの会社でも約3,000円程度です。

したがって、先述の新規事務手数料と合わせますと、初期費用として合計6,000円程度かかることになります。

MNP(ナンバーポータビリティ)で大手キャリアから格安SIM会社へ乗り換える方法
関連記事 MNP(ナンバーポータビリティ)で大手キャリアから格安SIM会社へ乗り換える方法

また、2年縛りの問題があり、解約金または違約金が1万円ほど発生するケースがあります。

例えばドコモの場合、24ヶ月目が契約満了月で、その翌月と翌々月が契約更新月です。
この契約更新月に解約しないと違約金・解約金を支払わなければなりません。

逆に、この2ヵ月間の契約更新期間に乗り換えれば、解約金はかかりません
解約金の支払いを避けるために、現在契約している会社に確認を行いましょう。

格安スマホは2年縛りなし!?解約徹底比較!【大手キャリアvs格安スマホ】
関連記事 格安スマホは2年縛りなし!?解約徹底比較!【大手キャリアvs格安スマホ】

お得なキャンペーン情報

キャンペーン

格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年9月7日】
関連記事 格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年9月7日】
初期費用無料キャンペーンで契約できるMVNOの格安SIM【2017年8月】
関連記事 初期費用無料キャンペーンで契約できるMVNOの格安SIM【2017年8月】

DMMmobile(DMMモバイル)

DMMモバイルでは、新規契約手数料の3,240円が無料になるキャンペーンを実施中です。さらに、すまっぴーから申し込むことでAmazonギフト券をプレゼント!

この機会に申し込みをすれば、通常時よりもお得にZenfone3と格安SIMカードをセットで購入することができます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ

楽天モバイルの夏トクキャンペーン

ZTE BladeE01を通話SIMで契約した場合、980円~人気の端末を購入することができます!

SIMフリースマホが安いのが楽天モバイルの特徴で初期費用を大きく抑えることができるおすすめキャンペーンです。

対象機種

  • HUAWEI nova
  • HUAWE nova lite
  • ASUS Zenfone3
  • HUAWEI honor8
  • AQUOS mini SH-M03
  • FUJITSU ArrowsM03
  • HUAWEI P9lite
  • HUAWEI Mate9
  • ZTE BLADE E01
  • ASUS ZenfoneGo
  • AQUOS SH-RM02
  • AQUOS SH-M04
  • AQUOSケータイSH-N01
  • Zenfone3 Laser
  • Zenfone Max
  • Zenfone3 Urtla
  • ZTE AXON7
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ

しっかり調べて初期費用を抑えましょう!

格安SIMカードの契約をする際、SIMフリースマホを既に所有している場合と、そうでない場合とでは初期費用が異なります。

amazon等を通じて申し込み、パッケージを購入すれば初期費用をかなり抑えることができます。
スマホ本体と格安SIMカードをセットで購入すれば、割引きしてもらえるケースもあるためしっかり事前に調べておきましょう。

また、大手キャリアから乗り換える場合には、契約に関する規約等を確認して違約金・解約金の支払いが発生してしまわないよう注意することで格安SIMカードにかかわる初期費用を抑えることができます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
600円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ

すまっぴー今月のおすすめ特集

今月のおすすめ会社は…
詳細をチェック