SIMフリーとは?SIMフリーを利用してスマホ代を安くする!

SIMフリーとは?SIMフリーを利用してスマホ代を安くする!

最終更新日:
Large d499d30639c09e684a6210773939c0a2

SIMフリーとは、SIMロックと呼ばれる制限のかかっていない状態のことを表します。SIMフリースマホや格安SIMなどを利用することで大手キャリアと比べて半額以下でスマホを使えるようになるのが特徴です。SIMフリーについて徹底的に解説します。

「SIMフリー」という言葉を聞いて何をイメージしますか?

ある人はSIMロックの掛かっていない携帯端末をイメージし、ある人は格安SIMを提供する企業をイメージするかもしれません。

今、SIMフリーについては、多くの情報があり、利用者も増加しているので、知り合いが格安SIMへ切り替えたり、CMで格安SIMサービスの広告を見たりする人も多いでしょう。

そんなSIMフリーについて、興味がありつつも、いまいちよくわからない人に向けて、わかりやすく、かんたんに

SIMフリーとは何か? SIMフリーにするとどうなるのか?実際にSIMフリーにした人の評判はどうか?等をまとめました。

大手キャリアの携帯を使って、月々の携帯料金の支払いが高いと感じている人は一度SIMフリーについての知識を持ち、自分に合った利用を検討してみましょう。

ほとんどの人がより便利に、安く携帯を利用することが出来るようになります。

詳しく調べれば調べる程、「大手キャリアの通信料金設定が高すぎる」、「SIMフリーを活用すれば料金を半額程度にできる」ということが分かってくるでしょう。

SIMフリーとは

SIMフリーとはかんたんに言うと、携帯キャリアの制限無く自由にSIMカードを使ってスマホやタブレットが利用できることです。

つまり、今ドコモ、au、ソフトバンクという大手キャリアを利用して携帯電話を使用している人は、 手元にあるスマホをSIMフリー化し、格安SIMと呼ばれるSIMカードに切り替えをすることで、月々の携帯電話料金を格段に安くすることができます

キャリアを変更するときはスマホも変更は当たり前じゃない?

SIMカードとは、携帯電話の契約者情報が入っている小さなICチップ付きカードのことですべてのガラケー・スマホに設置されています。

大手キャリアの端末は、SIMロックというロックがかけられており、他社の通信会社のSIMカードで利用できません。

このSIMロックのせいで、キャリアを変更するにはスマホ本体まで買い替えなくてはならず、利用者の利便性を大きく害しています。

「キャリアを変更するときは、スマホを買い替える必要がある」というのは当たり前のことではないのです。

SIMロックはキャリアの利益のためだけ?

なぜ利用者にとって使いにくいSIMロックが今まで使われてきたのかを簡単に言うと、それは、その方が大手キャリアにとって都合が良いからです。

携帯大手キャリア各社は、毎月の通信料で利益を確保しています。
毎月たくさんのユーザーが新規加入し、なかなかやめて行かないというのがキャリアにとって理想的な状態です。

そのため、新規加入者へのサービスは手厚くなっています。

その一つが端末を格安または無料で販売する方法です。 一見端末価格が無料もしくは格安になるので、得に見えます。

しかし、実際は毎月の通信料に上乗せされてだけなのです。

このように今まで携帯大手キャリアは、新規加入者へのサービスを前面に押し出し、逆にSIMロック等を使って簡単に解約しにくい状況をつくってきました。

総務省の指導で状況が改善しつつある!

そのような状況を自由競争の原理に反すると判断した総務省は、2007年から度々各社に向けてSIMロックによる他社への切り替え障害の改善を何度も指導してきましたが、大きな改善は見られませんでした。

そして2015年5月1日以降に発売される端末については、全てSIMロック解除が可能にしなければならない。 というガイドラインを設け、強制力を持ち、SIMロック解除を進めることになりました。

これにより、大手キャリアで販売された端末も購入後半年たてばSIMロックを解除し、SIMフリーのスマホとして利用できるようになりました

MVNOの利用者が急増中

これにより、今まで大手が寡占していた携帯電話の業界に、MVNOと呼ばれる会社が注目を集めるようになりました。

MVNOとは通信ネットワークをドコモやauから借り、自社ブランドのサービスを展開する企業のことです。 有名な会社では、「楽天モバイル」「UQモバイル」「IIJmio」といった会社がMVNOにあたります。

MVNO各社が販売するSIMカードは格安SIMと呼ばれ、安い料金設定と、独自のサービス展開によって、現在人気を博しています。

しかし、月額料金が安くなる格安SIMにデメリットはないのでしょうか。

格安SIMとは

格安SIMとは、MVNO各社から販売されているSIMカードのことで、その名の通り月額料金が大きく安くなるという特徴があります。

MMD研究所の調査では、大手キャリアのスマホを利用中の方の利用料金平均6,823円に対し、格安SIM利用者は2,067円です。

格安という言葉から、「安かろう・悪かろう」を想像する人も多いと思いますが、サービス面でも日々改善が行われており、2017年2月現在、日本全国で500万人以上が格安SIMを利用しています。

格安SIMを利用するメリットとは

格安SIMの大きなメリットは

  • 月々の通信料金が安い
  • 自分にあったプランが設定できる
  • 契約期間の縛りが無い(少ない)

があげられます。

格安SIM利用者の月額料金は3,000円以下!

格安SIMを利用する最大のメリットは、大手キャリアと比べて、通信料金が大幅に安くなることです。

契約するプランや、利用方法によって料金は変わりますが、多くのひとが現在の半額以下でスマホを利用できます。

2016年以前の格安SIMでは、通話料が高い!というデメリットがありましたが、現在では「かけ放題」が登場するなど通話料を安く抑えることもできるようになっています。

格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?
関連記事 格安SIMのかけ放題(通話し放題)プランの最安値はどこ?

自分に合ったプランが選べる

現在、大手キャリアでスマホを購入しようとすると、「必ずかけ放題に入らなくてはならない」といった制約もあり6,000円以下にするのは難しくなっています。

しかし、格安SIMには料金プランが豊富に用意されており、自由に組み合わせて選ぶことができます。

格安SIMは毎月1,000円以下のプランも可能です。

とにかく安く利用したい人、家族と一緒に使いたい人、好きなだけ電話をかけたい人など多くのユーザーが満足できるようなプランが用意されています。

契約の縛りがゆるい!

格安SIMの場合は、大手キャリアのような2年間の契約縛りがありません

大手キャリアの場合、2年に1度契約更新の1ヵ月間だけしか、違約金を払わずに切り替えをするチャンスはありません。 それを知らずにいると、大手キャリアの場合、新たに2年間の自動更新となってしまいます。

格安SIMの場合は、たいていの会社が1年間利用すればいつでも解約金なしで解約できます。

格安スマホは2年縛りなし!?解約徹底比較!【大手キャリアvs格安スマホ】
関連記事 格安スマホは2年縛りなし!?解約徹底比較!【大手キャリアvs格安スマホ】

実際に格安SIMを使用してみる私からすれば今まで大手キャリアを使っていた時と通信品質や、使いやすさには大して変わりがないと感じています。

しかし、実際にかかる月々の携帯電話料金には、大きな差が出ています。

格安スマホ 月額料金

今大手キャリアを使っている人でも、格安SIMに切り替えするべき人はたくさんいるでしょう。

正しい情報を得て、切り替えを進めることで、より豊かに、お得な生活を目指しましょう。

格安SIMを利用するのに必要なもの

格安SIMとはICチップなので、利用するためにはスマホ端末を用意しなくてはなりません。

格安SIMで使える端末の入手方法には以下のような3種類があります。

  • ドコモもしくはauで発売されたスマホをつかう
  • 利用中のスマホをSIMロック解除する
  • SIMフリースマホを購入する

ドコモもしくはauで発売されたスマホをつかう

格安SIMで使える端末の条件にはいろいろあるのですが、auもしくはドコモのスマホを使っている人は手続きなしで格安SIMに乗り換えすることもできます。

ただし、SIMロック解除をしない場合には利用できる格安SIMが限定されます。

詳しくは下記の記事で紹介しているので、利用中のスマホをそのまま使いたい人は参考にしてください。

ドコモ回線の格安SIM・MVNO、厳選6社を徹底比較!
関連記事 ドコモ回線の格安SIM・MVNO、厳選6社を徹底比較!

利用中のスマホをSIMロック解除する

多くの格安SIMから選びたい人や、ソフトバンクのスマホを利用している人はSIMロック解除手続きを行うことで自分のスマホをSIMフリー化することができます。

SIMフリーになると、すべての格安SIMが利用可能になります。

現在利用しているスマホを継続したい人はSIMロック解除を検討してみましょう。

【画像あり】初心者の私も3分で出来た!今すぐ出来るSIMロック解除方法
関連記事 【画像あり】初心者の私も3分で出来た!今すぐ出来るSIMロック解除方法

SIMフリースマホを購入する

現在利用しているスマホも買い替えたいという人は、新しくSIMフリー端末を購入しなくてはなりません。

SIMフリー端末は格安SIMとセットで購入することもできますし、amazonなどで別途購入して利用することもできます。

ただし、SIMフリー端末と格安SIMの組み合わせによっては利用できないケースもあるので注意が必要です。

おすすめのSIMフリー端末

国内で発売されるSIMフリースマホは、格安SIMが登場し始めた頃は使用できる端末も限られており、機能的にもシンプルなものが多かったです。

しかし、現在ではSIMフリー端末はバラエティ―豊富で、充実した機能と高性能を売りにした機種が増えています。

それでも大手キャリアの端末に比べると安く購入が出来、費用も一括か分割など、支払い方法も選べるので、分かりやすいです。

Huawei nova lite

nova lite
販売価格
19,800円
分割払い時 約825円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ16GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 7.0
カラー

2016年7月のSIMフリー端末売り上げ台数では、SIMフリー端末の中でナンバーワンとなったP9Liteの後継機です。

HUAWEI'ファーウェイ)は中国メーカーで、iPhoneよりも低価格で、同程度のスペックを謳った戦略で中国トップのスマホメーカーになっています。

このnova liteは、デザイン性の高さと、充実した性能で、MVNO各社で格安スマホとして販売されており、人気機種になっています。

ASUS Zenfone3

Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー

格安SIMを日本で普及し、人気となったZenfoneシリーズの最新モデル。 Zenfone 3の特徴はドコモの格安SIMが使えるのはもちろん、対応機種が少ないau系の格安SIMプランにも対応しています。

今までau系の格安SIMで使える比較的高性能な格安スマホがなかったので、Zenfone3は有力な選択肢になりました。

液晶画面は、両面ガラスの下に広がる同心円と、エッジング加工で、流れるような曲線になっています。

そして意外と使い勝手がよく重宝するのが、SIM2枚使いが可能なことです。 2枚使いが可能になることで、仕事用とプライベート用を1台にまとめたり、海外へよく行く人は、海外用に入れっぱなしにしておけば、到着したらすぐに切り替えが可能です。

値段も4万円弱で発売されており、ミドルスペックのスマホの中では機能面とデザイン性の高さから人気になっています。

MOTOROLA Moto G4 Plus

Moto G4 plus
販売価格
35,800円
分割払い時 約1,491円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

MOTOROLAから発売されているMoto G4 Plusは、シンプルな設計でありながら、高性能カメラ、5.5インチのHDディスプレイを搭載しています。

値段も3万円代という価格帯が受けて、口コミを中心にじわじわと人気が広がった端末です。

スマホを選ぶポイントにもなる内容バッテリーの容量ですが、大容量4,100mAhバッテリーとなっており、約30日間の連続待ち受けが可能なレベルでヘビーユーザーにもありがたい仕様です。

Moto G4 Plusも2つのSIMカードが利用出来るので幅広い使い方ができるのもポイントです。

その他には、OSはAndroid 6.0、指紋センサーを標準搭載しており、機能面が充実している格安スマホです。

SIMフリーへ切り替えしたユーザーの評判

実際に大手キャリアからSIMフリーへ切替したユーザーの評判を集めてみました。 切り替えをした人は概ね満足している人が多く、切り替え後に再度キャリアへ戻るりたいの意見はほとんどありません。

ドコモからLINEモバイルへ切り替えした人の口コミ

ドコモをずっと使ってきましたが、毎月1万円くらい電話料金がかかっていました。 社会人になって自分でスマホ代を払うようになって、携帯料金を安くしたいと思ってLINEモバイルにしました

LINEモバイルにした決め手は、ツイッターやインスタ、LINEの通信料が無料になるという事が分かったからです。 普段インスタを使うことが多いのと、LINEのポイントが溜まればスタンプももらえるので良いなぁと思い決めました。

他の人の評判で、通信速度もとても速いという記事もあったので、安心かなと思いました。

実際に使ってみて、使い勝手に関してはいままでと何も変わりません。 速度についても全く気になりません。

いままでドコモの5ギガのプランを使っていましたが、LINEモバイルにしてからも5ギガにしましたが、LINEやインスタの通信量がかからないので、実際には余ってしまいました。

いままではカケホーダイのプランに入っていましたが、友達とは基本LINEでしか話さないので、無駄な支払いも減り良かったです。結果的に毎月のスマホ代も半額くらいになり、本当に嬉しいです!

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)

ドコモからIIJmioへ切り替えした人の口コミ

妻と2人で同時にIIJmioへ切り替えをしました。SIMは音声通話SIM二枚と、音声通話なしのSIMが使えるので1つはタブレット用に使っています。

切り替えの決め手はやはり値段です。友人も同じくIIJmioに切り替えていて、安くなったという話も聞いていたのでそれほど心配はありませんでした。他の会社のはあまり調べなかったですが、結果的にIIJmioに切り替えしてとても満足しています。

携帯電話にかかる費用も年間10万以上安くなり、自宅ではWifiを使っているので、実際に利用している一番通信容量の少ないプランで十分なので、当分はこのままのプランで進めていきたいです。

通信精度や、サービスに不満はなかったですが、一点不便な点があるといえば、キャリアアドレスを使えない点です。Gmailアドレスを普段は使用していますが、キャリアによってはGmailを弾いてしまうことがあるらしく連絡がとりにくくなった点くらいでしょうか。

ソフトバンクからワイモバイルへ切り替えした人の口コミ

ワイモバイルはCMでたくさん見ていたので、本当に1,980円で契約できるなら大幅なコストダウンになるのではと思い興味を持ちました。そこからインターネットでいろいろ調べてみたら、評判も良かったので、格安SIMに切り替えることにしてみました。

元々ソフトバンクを利用しており、ワイモバイルも同じソフトバンクの回線を利用するというのを知り、切り替えても通信品質が悪くなることはないだろうという判断もありました。

ワイモバイルは自分の家の近くにもお店があったので、大手キャリアと同じように店舗で対応してもらえたのが良かったです。やはり全てネットで注文するよりは、何かあった時に対応してもらいやすいので、店舗がある安心感は大きいです。

通信スピードについては、大手に負けるけれど、これでもまぁ充分かなと思える程度でした。やはり、容量とスピードでは大手の方が早いですし、使い勝手もいいと思いましたが、慣れれば苦はないです。普段はLINEやインスタグラムくらいしか使用しないですし、動画も頻繁には見ないので、格安SIMでも充分でした。

一度端末の調子がおかしくなったので、店に行ったのですが、アフターサービスも意外ときちんとしていて満足しています。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル (4.4)

SIMフリーに切り替えしたらどのくらい価格や安くなるかをシミュレーション

大手キャリアが高くて、格安SIMを利用すれば安くなるというのはなんとなくわかってきたのではないかと思います。

では、実際に格安スマホに乗り換えるとどれくらい安くなるのかをシミュレーションしてみます。

今回は、「毎月8,000円支払っているAさんが今すぐ格安SIMに替えたらどうなるか」をシミュレーションします。

切り替えにあたり、考えるべき費用・料金は2点あります。

  • 初期費用 (乗り換え費用)
  • 月額料金

です。

乗り換えると、初期費用・解約手数料・端末代などが必要

事務手数料

多くの格安SIMはには初期費用が必要です。
事務手数料といわれるもので3,000円が一般的です。

キャンペーン等で安くなっていることはありますが、原則としては必ず支払わなくてはなりません。

端末代

格安SIMと一緒にスマホ本体も買い替えるのであれば、端末代が必要です。

SIMフリースマホは1万円~5万円程度のものが多く、初心者用からハイスペックなものまで数多く発売されています。

端末を一括購入する場合には初期費用になりますが、多くの会社が分割での購入も可能です。

また、現在利用中のスマホを継続して利用する場合には端末代は必要ありません。

格安スマホ15機種!使ってわかった、おすすめ格安スマホ端末【2017年5月】
関連記事 格安スマホ15機種!使ってわかった、おすすめ格安スマホ端末【2017年5月】

解約手数料

現在、大手キャリアでスマホを利用中で2年縛りの更新月でない場合には、解約手数料が必要です。

約1万円に設定されているケースが多く、分割払いもできないため乗り換えの際の大きな出費になります。

次の更新まで2か月以内であれば待った方がよりお得に使えるケースが多いです。

毎月の基本料金 は2,000円~3,000円

格安SIMの月額基本料金は毎月どれくらいデータ通信を行うかで変わってきます。

楽天モバイルを例にすると、ほとんど使わないという人はベーシックプランという低速無制限のプランで十分です。

一方で大手キャリアで常に通信制限にかかっているという人は10GB以上の大容量プランを選ぶ必要があります。

楽天モバイルのベーシックプランはスマホはほとんど使わない人専用プラン!
関連記事 楽天モバイルのベーシックプランはスマホはほとんど使わない人専用プラン!

楽天モバイルの料金プラン

データSIM (ネットのみ) 通話SIM (ネット+通話)
低速無制限525 円1,250 円
5GB/月1,450 円2,150 円
10GB/月2,260 円2,960 円
20GB/月4,050 円4,750 円
30GB/月5,450 円6,150 円

通話料金は使った分だけ?かけ放題をうまく活用しよう

多くの格安SIMの通話料金は使った分だけの従量制となっており、20円/30秒が相場です。
この金額は安いとは言えず、1時間電話をするだけで2,400円の通話寮料金が必要です。

以前は高額な通話料が大きなデメリットとなっていたのですが、

  • 独自アプリの利用
  • かけ放題オプションの利用

を行うことで通話料金を抑えることができるようになりました。

各社の独自アプリなら通話料半額

MVNOの多くは自社専用の通話アプリを提供しており、このアプリ経由で発信することで10円/30秒と通話料を半額にすることができます。

アプリの使い勝手は通常の電話とほとんど変わらず、連絡先も引き継げるので大きな手間にはなりません。

これらの自社アプリはナンバープレフィックスという技術で通話料が安く抑えらえれています。

ナンバープレフィックスを利用すると、独自回線での通話になるためコストを抑えることができるのです。
独自回線とはいえ、通話回線であることに変わりはないので音質劣化はありません

かけ放題オプションを利用する

格安SIMには完全なかけ放題というのはほとんどありませんが、時間制のかけ放題オプションが多く提供されるようになりました。

よくあるのが、5分以内のかけ放題が850円というオプションです。

このオプションに申し込むと月額料金が850円プラスされますが、5分以内の通話は何回でも無料になります。

飲食店の予約や、ちょっとした連絡は5分以内で済むことがほとんどなので、
そういった電話の利用仕方が多い人にはぴったりです。

かけ放題については、独自アプリ経由で発信しないとかけ放題の対象にならないこともあるので注意が必要です。

格安SIMの自分にあったプランを選び方

格安SIMに切り替えにあたり、データ通信量がどの程度必要かを知ることは大切です。

大手キャリアのスマホを使っている人はマイページを見ることで毎月どれくらいデータ量を使っているかが確認できます。

現在ガラケーを使っている人は、ほとんど使っていないことがほとんどなので、最初は1GB~3GB程度のプランを選んでおけば問題ありません。
後からデータ量の変更も可能です。

ちなみに、1GBのデータ量の目安は以下のようになっています。

1(単位)あたり1GBあたり1日平均
サイト閲覧300KB3,490回116.5回
地図閲覧732KB1,398回46回
LINEトーク2KB50万回16,667回
無料通話0.3MB55時間30分1時間51分
ビデオ通話5.1MB3時間15分6分30秒
メール5KB20万回6,800通
動画の視聴低画質3MB5時間30分10分
高画質11MB90分3分
音楽ダウンロード4MB250曲8曲
データ通信量を分かりやすく解説!1GBで何ができるの?メール1通何KB?
関連記事 データ通信量を分かりやすく解説!1GBで何ができるの?メール1通何KB?

ちなみに容量を超えたからといって通信が出来なくなるというわけではありません。 速度制限がかかり、通信速度が遅くなります。

また、料金プランは変更が可能ですので、今のプランでは足りないと感じた時は一つ上のプランに切り替えをすることで、改善されます。

SIMフリーを利用すればスマホ料金を大きく抑えられる!

SIMフリーについて、その言葉の意味から、実際に利用している人の口コミ情報まで詳しく説明してきました。

SIMフリーの端末が発売された当初と、現在では、そのサービスや、音声品質は大きく変わってきており、現在は大手キャリアと遜色ないレベルにまで進化しています。

競争が厳しい格安SIMの業界は、毎月の料金プランが安いのはもちろん、その他にも、通話し放題や、通信容量の翌月へ繰り越し、家族でのシェア、等、ユーザーに嬉しいサービスも充実しており、値段の魅力だけでなく、サービスでの満足度も高くなっています。

SIMフリー端末はASUSやHuaweiといった海外メーカーの機種が良く売れており、高性能と低価格を併せ持ったものが多く発売されています。

特に格安SIMとのセット販売されることが多いZenfoneシリーズは、Zenfone3の登場で、更に人気の機種となっています。

格安SIMを扱うメーカーでは、加入者数No1のOCNモバイルや、顧客満足度調査で常に1位を獲得しているIIJmio、auユーザーにも切り替えがしやすいmineoなどがおすすめです。

他にもたくさんメーカーはありますので、自分の条件に合った所を選びましょう。

SIMフリーの人気は年々上昇しており、今後もより一層加入者が増えていくでしょう。 現在はまだ大手キャリアの方が加入者は多いですが、今後、格安SIMメーカーのさらなるサービス向上や、コストダウン追求により、大手キャリアからの切り替えの流れは加速していくでしょう。

切り替えを迷っている人は、一度今の携帯料金と、格安SIMに切り替えた時の試算料金の差を確認してください。

個人差はありますが、切り替えを行うことで、月々の通信料金が半額程度になる人はたくさんいると思います。

音声品質が悪くなったり、通信速度が遅くなる心配をしている人もいるようですが、実際に利用した人の評判は、概ね好評で、最悪自分に合わないと感じた時でも、違約金等は、大手キャリアに比べると少なくて済むので、興味があるのであれば、一度利用してみて、判断することをおすすめします。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.1)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ
au
(4.6)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル (4.4)
料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら