1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー-厳選19社徹底比較!
  2. 格安スマホとは
  3. SIMフリー(シムフリー)とは?SIMフリーのメリット・デメリット【5分でスピード解決】

SIMフリー(シムフリー)とは?SIMフリーのメリット・デメリット【5分でスピード解決】

最終更新日:
SIMフリー(シムフリー)とは?SIMフリーのメリット・デメリット【5分でスピード解決】

SIMフリーとは、SIMロックと呼ばれる制限のかかっていない状態のことです。そのため、自分で好きな格安SIMを挿し込んで利用することができます。SIMフリースマホや格安SIMを利用することで大手キャリアと比べて月額料金半額以下でスマホを使えるようになるため非常にお得です。

SIMフリーとは?SIMフリーなら自由にSIMカードが選べる

SIMフリーとは

SIMフリーとは、キャリアに縛られることなく自分の好きなSIMカードを差し込んでスマホやタブレットを利用できる状態のことです。

つまり、SIMフリー端末を利用または手持ちのスマホをSIMフリー化すれば、格安SIMと呼ばれる大手キャリアよりも月額料金が安いSIMカードを好きに選んで利用できるようになります。

格安SIMは大手キャリアとは別の会社であるMVNO(格安SIM会社)で、販売されています。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

SIMカードとは、スマホやタブレットに挿し込んで通信を行うためのICチップのことです。SIMカードには契約者情報などが入っているため、SIMカードがあれば端末を変えても情報を引き継いで、これまでと同様にスマホを使うことができます。

SIMフリーのメリットとデメリット

SIMフリーのメリットとデメリット

SIMフリー端末を利用する、または手持ちの端末をSIMフリーにすることによってどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。それぞれ丁寧に説明します。

メリット

SIMフリーのメリット

好きなSIMを使えて月額料金が安くなる

SIMフリーにすることで、大手キャリアに縛られずに自由に好きなSIMカードを使えるようになります。

そのため、格安SIMを挿し込むことで月額料金を安くすることが出来ます。

また、安いからこそ大手キャリアのSIMと使い分けてお得に2台持ちをすることができるようになります。

SIMフリー端末とSIMをセットで安く購入することができる

大手キャリアでは、端末と同時に購入すると価格がとても高額になってしまいます。

しかし、各MVNOでは端末とSIMカードをセット販売しており、大手キャリアで契約するよりも安くお得に購入することができます。

【おすすめ】格安スマホの端末セットがお得なMVNO比較
関連記事 【おすすめ】格安スマホの端末セットがお得なMVNO比較

デメリット

SIMフリーのデメリット

異なる回線のSIMを利用するならSIMロック解除が必要

手持ちの端末をSIMフリー化しようとすると、場合によってはSIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除が必要になる場合は、異なる回線のSIMカードを利用する時です。

例えばau回線のSIMフリースマホを持っていて、楽天モバイルの格安SIMを使いたいとします。すると、楽天モバイルはドコモ回線を借りて運用しているため、端末がau回線とSIMがドコモ回線と、違いが生じています。

上記のように、違いが生じてしまった場合にはSIMロック解除が必要です。

SIMフリーの利用方法2パターン!

SIMフリー利用方法

SIMフリーを利用する方法が2パターンあります。

  • 手持ちの端末をSIMロック解除して使う
  • SIMフリースマホを購入して利用する

簡単にSIMフリーにできる方法2パターンを紹介します。

手持ちの端末をSIMロック解除して使う

SIMロック解除

わざわざSIMフリースマホを購入しなくても、手持ちの端末をSIMフリーにする方法があります。それは、SIMロック解除です。

スマホには、SIMロックというものがかかっています。SIMロックとは、大手キャリアが他のSIMを利用できないようにロックをかけた状態のことです。

しかし、一定期間を過ぎればスマホにかけられたSIMロックを解除してSIMフリースマホにすることができます。ただし、SIMロック解除ができるのは2015年5月以降に販売された端末です。

ちなみに、同回線であれば、SIMロック解除をすることなく利用することができます。

例えば、au回線の端末を利用しているなら、au回線を使っている格安SIMを利用すればSIMロック解除は必要ありません。

au端末をSIMフリースマホにしたい!

au端末は、端末購入から181日経過するとSIMロック解除ができるようになります。

au回線の格安SIMカードを提供するMVNO5社を徹底比較!
関連記事 au回線の格安SIMカードを提供するMVNO5社を徹底比較!
  • au回線を利用しているMVNO(格安SIM会社)

au回線のMVNOを選べば、SIMロック解除せずに利用することができます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au

ドコモ端末をSIMフリースマホにしたい!

ドコモ端末は、分割払いで購入の場合、購入から100日経過するとSIMロック解除ができるようになります。

一括払いで購入した場合には、購入日からSIMロック解除が可能です。ただ、端末購入サポートに加入した場合には一括払いであっても購入日から100日経過しないとSIMロック解除することができないため注意が必要です。

ドコモ回線の格安SIMカード・MVNO、厳選8社を徹底比較!
関連記事 ドコモ回線の格安SIMカード・MVNO、厳選8社を徹底比較!
  • ドコモ回線を利用しているMVNO(格安SIM会社)

ドコモ回線のMVNOを選べば、SIMロック解除せずに利用することができます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,000円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
480円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
2,380円〜 ドコモ

ソフトバンク端末をSIMフリースマホにしたい!

ソフトバンク端末は、端末購入から181日経過するとSIMロック解除ができるようになります。

iPhoneをSIMフリーにしたい!

iPhoneはPhone6s以降に販売された端末であればSIMロック解除することができます。

  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
iPhone対応の格安SIM!iPhone7は格安SIMで利用できる?
関連記事 iPhone対応の格安SIM!iPhone7は格安SIMで利用できる?

SIMフリースマホを購入して利用する

SIMフリースマホ購入

もともとSIMフリーになっている端末が販売されています。

SIMフリースマホを購入することでSIMロックを気にすることなく好きなSIMを選択できるようになります。

SIMフリースマホは、ネットショッピングや家電量販店、格安SIMとセット販売、各MVNOの店舗で購入することができます。

SIMフリーiPhoneはどこで購入できるの?iPhoneのSIMフリー化ってなに?
関連記事 SIMフリーiPhoneはどこで購入できるの?iPhoneのSIMフリー化ってなに?

SIMフリーの【料金プラン】

SIMフリーの月額料金

SIMフリーにすれば、格安SIMを利用できるようになるため大手キャリア利用時の月額料金から半額以下の月額料金にすることができます!

MMD研究所の調査では、大手キャリアのスマホを利用中の方の利用料金平均6,823円に対し、格安SIM利用者は2,067円です。

格安SIMには、データSIM・SMS付データSIM・音声通話SIMがあり、インターネット通信のみのデータSIMの利用ならさらに月額料金を安くすることが可能です。

データ専用格安SIMカードにおすすめなMVNO3選!
関連記事 データ専用格安SIMカードにおすすめなMVNO3選!

auの新プランとmineoの月額料金を比較!

2017年7月からスタートしたauの新料金プランとMVNOであるmineoの料金を比較してみましょう。

  • auピタットプラン(シングル) vs mineo(Aプラン)音声通話SIM
auピタットプラン(シンプル)mineo(Aプラン)
1GB2,980円1,410円
3GB3,980円1,510円
20GB5,980円4,590円
  • auピタットプラン(スーパーカケホ) vs mineo(Aプラン)+5分以内かけ放題
auピタットプラン(スーパーカケホ)mineo(5分以内かけ放題)
1GB4,480円2,260円
3GB6,480円2,360円
20GB8,480円5,440円

auで新しく登場したプランは3大キャリアの中では破格の月額料金です。しかし、MVNOの月額料金と比べてみると、やはり大手キャリアの月額料金の方が高いことがわかります。

安さを求めるなら、SIMフリースマホにして格安SIMを利用することをおすすめします。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
auの新プラン!【auピタットプラン】と格安スマホどっちが安い?
関連記事 auの新プラン!【auピタットプラン】と格安スマホどっちが安い?

自分に合った料金プランの選び方

自分に合ったプランを選択するときに1番重要なのが、どのくらいのデータ通信量が必要かです。

大手キャリアのスマホを使っている方は、各キャリアのマイページから毎月どれくらいデータ量を使っているか確認をすることができます。そのデータ量を参考にしましょう。

現在ガラケーを使っている方は、データ通信量を使っていないのがほとんどであるため、最初は1GB~3GB程度のプランを選んでおけば問題ありません。後からデータ量の変更も可能です。

ちなみに、1GBのデータ量の目安は以下の通りです。

1(単位)あたり1GBあたり1日平均
サイト閲覧300KB3,490回116.5回
地図閲覧732KB1,398回46回
LINEトーク2KB50万回16,667回
無料通話0.3MB55時間30分1時間51分
ビデオ通話5.1MB3時間15分6分30秒
メール5KB20万回6,800通
動画の視聴低画質3MB5時間30分10分
高画質11MB90分3分
音楽ダウンロード4MB250曲8曲

ちなみに容量を超えたからといって通信が出来なくなることはありません。

大手キャリア同様に、速度制限にかかり、通信速度が遅くなります。

おすすめSIMフリー端末を紹介!【おすすめ端末3選】

HUAWEI P10lite

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時 約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー

HUAWEI P10Liteは、コストパフォーマンスが非常に高いSIMフリースマホです。

RAM3GB、ROM32GBあるため日常生活で利用するために十分なスペックが備わっています。また、電池持ちが良いことも大きな魅力となっています。

さらにCPUの性能が高く、サクサクと快適なインターネット通信を行うことができます。

きらびやかな美しいデザインも魅力のHUAWEI P10liteは29,980円という、充分なスペックでありながら2万円台で購入可能な貴重なSIMフリースマホであるといえるでしょう。

HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!
関連記事 HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!

ASUS Zenfone3

ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー

Zenfone3は、日本で人気となったZenfoneシリーズの1つ!

Zenfone 3の特徴はドコモの格安SIMが使えるのはもちろん、対応機種が少ないau系の格安SIMプランにも対応していることです。

デザイン性も高く、液晶画面は、両面ガラスの下に広がる同心円と、エッジング加工で、流れるような曲線になっています。

そして意外と使い勝手がよく重宝するのが、SIM2枚使いが可能なことです。 2枚使いが可能になることで、仕事用とプライベート用を1台にまとめたり、海外へよく行く人は、海外用に入れっぱなしにしておけば、到着したらすぐに切替が可能です。

値段も4万円弱で発売されており、ミドルスペックのスマホの中では機能面とデザイン性の高さから人気になっています。

ASUS Zenfone3のスペックは上々!高いコストパフォーマンスを解説!
関連記事 ASUS Zenfone3のスペックは上々!高いコストパフォーマンスを解説!

MOTOROLA Moto G4 Plus

Motorola Moto G4 plus
Motorola Moto G4 plus
販売価格
35,800円
分割払い時 約1,491円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

MOTOROLAから発売されているMoto G4 Plusは、シンプルな設計でありながら、高性能カメラ、5.5インチのHDディスプレイを搭載しています。

値段も3万円代という低価格で、口コミを中心に人気が広がった端末です。

Moto G4 Plusは、4,100mAhバッテリーという大容量!約30日間の連続待ち受けが可能でヘビーユーザーにとってもおすすめです。

Moto G4 Plusも2つのSIMカードが利用出来るので幅広い使い方ができるのもポイントです。

他にも、OSはAndroid 6.0、指紋センサーを標準搭載しており、機能面が充実している格安スマホです。

SIMフリーの波に乗ろう!SIMフリースマホでお得に運用!

SIMフリー安くお得に運用

SIMフリーの端末が発売された当初と、現在では、そのサービスや、音声品質は大きく変わってきており、現在は大手キャリアと遜色ないレベルにまで進化しています。

競争が厳しい格安SIMの業界は、毎月の料金プランが安いのはもちろん、その他にも、通話し放題や、通信容量の翌月へ繰り越し、家族でのシェア等、ユーザーにとって嬉しいサービスも充実しており、値段の魅力だけでなく、サービスでの満足度も高くなっています。

SIMフリー端末はASUSやHUAWEIといった海外メーカーの機種が良く売れており、高性能と低価格を併せ持ったものが多く発売されています。

特に格安SIMとのセット販売されることが多いZenfoneシリーズは人気の機種となっています。

格安SIMを扱うメーカーでは、加入者数No1のOCNモバイルや、顧客満足度調査で常に1位を獲得しているIIJmio、auユーザーにも切り替えがしやすいmineoなどがおすすめです。

自分の利用用途を考えて、SIMフリースマホでお得にスマホの運用を始めましょう!

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時 約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー
ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー
Motorola Moto G4 plus
Motorola Moto G4 plus
販売価格
35,800円
分割払い時 約1,491円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
980円〜 au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
440円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
1,000円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
680円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
480円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
640円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
700円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ
会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
2,380円〜 ドコモ

すまっぴー今月のおすすめ特集

今月のおすすめ会社は…
詳細をチェック