1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOや格安SIMの基本を解説!
  3. 【楽天モバイルvsワイモバイル】徹底比較!どちらがおすすめ?

【楽天モバイルvsワイモバイル】徹底比較!どちらがおすすめ?

最終更新日:
【楽天モバイルvsワイモバイル】徹底比較!どちらがおすすめ?

ワイモバイルと楽天モバイルを比較しました。ワイモバイルと楽天モバイルはどちらも人気の格安SIMですが、サービスや料金が違います。月額料金にはさほど差がありませんが、楽天モバイルはデータ使い放題&無制限かけ放題が付いてきます。通信速度はワイモバイルの方が安定しています。比較内容ごとにまとめました。

まず、楽天モバイルはY!mobile(ワイモバイル)よりプランが魅力的で、販売しているスマホ豊富です。

しかしながら、通信速度電波エリアの面ではワイモバイルに分があり、格安SIMでは落ちがちと言われるお昼時の通信速度でもワイモバイルなら大手キャリア並快適に利用できます。

どちらもそれぞれ良い面があり、自分のライフスタイルにあった方を選べば気持ちよく乗り換えることができますね。

それぞれのメリット・デメリットを理解しよう!

楽天モバイルワイモバイル
メリット1年間月額無料(4月7日まで)
・販売しているスマホの種類が多い
・プランに無制限かけ放題こみ
・楽天エリアはデータ量使い放題
・楽天エリア以外も通信制限時1Mbps使い放題
・通信速度切り替えなどでうまくデータ消費ができる
・圧倒的に通信速度が速い
・ショップの数がかなり多い
・大手ソフトバンク運営で安心
・無制限かけ放題が驚安
デメリット・楽天回線対応エリアが少ない
・増加中とはいえまだまだショップは少ない
・料金は楽天より割高
・データくりこしや通信速度の切り替えが不可
・無制限かけ放題は+1,000円

手っ取り早く結論だけ知りたい方へ

  • 安さ重視なら楽天モバイル
  • 速度の安定性家族での利用重視ならワイモバイル

無制限かけ放題や1年間月額無料に魅力を感じるのであれば、楽天モバイルをおすすめします。

ワイモバイルは家族割がお得です。家族まとめて利用するならワイモバイルのほうがお得です。

また、電波エリアについてはワイモバイルのほうが安定しています。

3か月間月額料金無料かつ対象端末とセット購入で最大25,000円分ポイント還元(終了日未定)
新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

楽天モバイルが安い!ワイモバイルは家族での利用時のみお得

最安プランを比較するとワイモバイルの方が安いです。

楽天モバイルワイモバイル
プラン名Rakuten UN-LIMIT VIシンプルS
通常の月額料金0円(~1GB)
1,078円(~3GB)
2,178円(~20GB)
3,278円(20GB~)
2,178円
データ容量無制限(auエリアは5GB)3GB
かけ放題無制限(専用アプリからのみ)5分以内かけ放題:770円
完全かけ放題:1,870円
低速通信時の通信速度上下最大1Mbps上下最大300Kbps
キャンペーン・割引1年間月額料金無料(4月7日まで)家族割引(2回線目以降 -1,088円/月)

ざっくりとした違いは表のようになっています。

楽天モバイルは「楽天エリアはデータ使い放題」「無制限かけ放題が利用可能」という点が優れています。

ワイモバイルは「家族利用時の月額料金が安い」ので家族利用におすすめです。学割もあるので5歳から18歳までのお子さんがいる場合はさらなる割引も受けられます。
ソフトバンク光やSoftbank Airを利用している場合には、おうち光割として1回線目から1,088円の割引対象です。ただし、家族割引との併用はできません。

3か月間月額料金無料かつ対象端末とセット購入で最大25,000円分ポイント還元(終了日未定)

かけ放題も楽天モバイルがおすすめ!

よく長電話する人には楽天モバイルがおすすめです。Rakuten UN-LIMIT VIには無制限のかけ放題が付帯します。ただし、かけ放題を利用するには専用アプリ「Rakuten Link」を介す必要があります。
「Rakuten Link」を使わなければ通話料がかかってしまう点と、一部の電話番号はRakuten Linkで発信できない点には注意が必要です。

ワイモバイルではかけ放題は有料オプションとなっていますが、専用アプリを使い必要はなく、手間がない点が良いです。

《通信速度》ワイモバイルは爆速!

通信速度はワイモバイルが平均的に速くて安定しています!

楽天モバイルもお昼の通信速度は格安SIMとしてはかなり速い方ですが、現状ではワイモバイルの方が1日を通してかなり安定しているので、速度に関してはワイモバイルに分があります。

新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

低速通信時の速度はほぼ互角

データ容量を消費しきって通信制限がかけられると、低速通信モードに切り替わります。

ワイモバイルはシンプルSは上下最大300Kbps、シンプルM/Lは上下最大1Mbpsに設定されています。。

一方楽天モバイルは、au回線の高速データ量5GBを使い切って後は最大1Mbpsで通信できます。

通信エリアはそれぞれの回線に依存!楽天回線エリアは発展途上

ワイモバイルはソフトバンクと同様の通信エリアです。

楽天モバイルは楽天回線対応エリアであれば楽天回線、それ以外のエリアau回線で通信できます。

楽天回線エリアは2021年8月までに人口カバー率96%を目指して急ピッチで基地局整備が進められています。実際にハイペースでエリアは広がっていますが、まだまだ通信の安定性には欠けるというのが正直なところです。

通信回線の安定性で選ぶならワイモバイルがおすすめです。

通信速度切り替えはワイモバイルではできない

通常、格安SIMでは毎月のデータ容量を節約するために、ユーザーが任意で通信速度を落とすことができます。

低速通信モードではデータ消費はしないので、速度こそ遅いものの”ほぼ”使い放題の状態になります。

ワイモバイルでは”通信速度切り替え”ができませんが、楽天モバイルは専用のアプリを利用することで切り替えられます。

《販売端末》楽天モバイルは豊富な品揃え!

楽天モバイルでは数多くのスマホを取り揃えています。国内から海外メーカーまでメーカーも幅広く取り扱っています。

ワイモバイルもスマホの種類自体は多いのですが、一昔前のiPhoneとAndroid Oneシリーズ、HUAWEI製品がメイン販売で、少々物足りなさを感じてしまいます。

楽天モバイルの販売端末一覧

OPPO Reno5 A
販売価格
42,980円
分割払い時
約 1,790円 x 24回
Rakuten Rakuten BIG s
販売価格
50,980円
分割払い時
約 2,124円 x 24回
‎Tinno Mobile Technology Rakuten Hand
販売価格
20,000円
分割払い時
約 832円 x 24回
OPPO A73
販売価格
25,001円
分割払い時
約 1,058円 x 24回
Apple iPhone 12 mini
販売価格
87,712円
分割払い時
約 3,654円 x 24回
Apple iPhone 12 pro max
販売価格
141,700円
分割払い時
約 5,904円 x 24回
SHARP AQUOS sense4 lite
販売価格
25,001円
分割払い時
約 1,058円 x 24回
SHARP AQUOS sense4 plus
販売価格
43,800円
分割払い時
約 1,824円 x 24回
Apple iPhone 12
販売価格
101,176円
分割払い時
約 4,215円 x 24回
Apple iPhone 12 Pro
販売価格
127,395円
分割払い時
約 5,308円 x 24回
OPPO Reno3 A
販売価格
26,980円
分割払い時
約 1,124円 x 24回
ZTE Rakuten BIG
販売価格
54,780円
分割払い時
約 2,282円 x 24回
Apple iPhone SE(第二世代)
販売価格
55,170円
分割払い時
約 1,149円 x 48回
SHARP AQUOS R5G
販売価格
128,800円
分割払い時
約 5,365円 x 24回
‎Tinno Mobile Technology Rakuten mini
販売価格
18,700円
分割払い時
約 778円 x 24回
SHARP AQUOS sense3 plus SH-M11
販売価格
35,780円
分割払い時
約 1,581円 x 24回
HUAWEI nova 5T
販売価格
59,800円
分割払い時
約 2,740円 x 24回
OPPO A5 2020
販売価格
22,020円
分割払い時
約 917円 x 24回
Samsung Galaxy Note10+
販売価格
76,980円
分割払い時
約 3,206円 x 24回
Samsung Galaxy A7
販売価格
18,700円
分割払い時
約 778円 x 24回
SHARP AQUOS sense3 lite
販売価格
25,980円
分割払い時
約 1,082円 x 24回
OPPO Reno A
販売価格
38,800円
分割払い時
約 1,777円 x 24回
SONY Xperia Ace
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,240円 x 24回
Samsung Galaxy S10
販売価格
71,980円
分割払い時
約 2,998円 x 24回
FUJITSU arrows RX
販売価格
20,000円
分割払い時
約 832円 x 24回
3か月間月額料金無料かつ対象端末とセット購入で最大25,000円分ポイント還元(終了日未定)

ワイモバイルの販売端末一覧

SONY Xperia 10 III
販売価格
54,000円
分割払い時
約 2,250円 x 24回
OPPO Reno5 A
販売価格
39,600円
分割払い時
約 600円 x 36回
ZTE Libero 5G
販売価格
25,920円
分割払い時
約 1,080円 x 24回
Apple iPhone 12 mini
販売価格
106,128円
分割払い時
約 4,422円 x 24回
Apple iPhone 12
販売価格
121,968円
分割払い時
約 3,388円 x 36回
OPPO Reno3 A
販売価格
29,304円
分割払い時
約 1,221円 x 24回
SONY Xperia 10 II
販売価格
59,400円
分割払い時
約 1,914円 x 24回
Apple iPhone SE(第二世代)
販売価格
63,360円
分割払い時
約 1,760円 x 36回
KYOCERA Android One S6
販売価格
26,136円
分割払い時
約 726円 x 36回
SHARP Android One S7
販売価格
29,304円
分割払い時
約 814円 x 36回
SONY Xperia 8
販売価格
39,600円
分割払い時
約 1,100円 x 36回
Apple iPhone 11
販売価格
69,480円
分割払い時
約 2,910円 x 24回
SHARP Android One S5
販売価格
31,680円
分割払い時
約 880円 x 24回
LG Android One X5
販売価格
59,400円
分割払い時
約 1,650円 x 36回
KYOCERA かんたんスマホ
販売価格
34,848円
分割払い時
約 968円 x 36回
新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

《店舗》ワイモバイルはキャリア並みの店舗数!

ワイモバイルの店舗はかなり多く、ワイモバイルショップだけでも約1,000店舗もあるので、人口が少ないところでも大手キャリア並にショップの恩恵が受けられます。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドということもあり、一部のソフトバンクショップでも取り扱っているのもかなりいいですね!

楽天モバイルショップは500店程度なので、ワイモバイルの約半分程度となっています。

新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

そのほかの楽天モバイルとワイモバイルの違い!

そのほかにも細かい違いがあります。どちらが優れているかではなく自分のライフスタイルにあっているかという視点から見るといいですよ。

楽天モバイルは一部デビットカードにも対応!

楽天モバイルもワイモバイルも支払い方法の選択肢は多く、各社クレジットカードをはじめ、提携銀行の口座振替にも対応しているので、かなりのニーズに対応しています。

加えて、楽天モバイルは”楽天銀行デビットカード(JCB)”と”スルガ銀行デビットカード”にも対応しています。

まあ、口座振替に対応していればデビットカードを利用できるメリットは多くはありません。

ワイモバイルはソフトバンクWi-Fiが無料で利用可能!

楽天モバイルは”楽天モバイル Wi-Fi by エコネクト”というWi-Fiサービスに月額398円で加入できます。

ワイモバイルなら”ソフトバンクWi-Fiスポット”を無料で利用できます!無料なので、高速データを消費しきっても安心です。

ワイモバイルはキャリアメールが使える!

ワイモバイルは厳密には大手キャリア同様MNOというくくりなので、キャリアメールアドレスがもらえます。

もらえるメールアドレスは2種類で、「~@ymobile.ne.jp」というキャリアメールアドレスと「[email protected]」というPCでも利用できるメールアドレスがあります。

楽天モバイルは「[email protected]」というアドレスを無料で取得できますが、キャリアメール扱いではありません。

ワイモバイルはLINEの年齢認証ができる!

基本的に、格安SIMではLINEの年齢認証はできません。

しかし、ワイモバイルではソフトバンクの”My SoftBank”経由でできます。

楽天モバイルは楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

楽天モバイルで支払い方法を”楽天カード”や”楽天デビットカード(JCB)”に設定していると支払い料金の1%のポイントが貯まります。また、楽天スーパーポイント口座を登録しているとポイントで支払うこともできます。

ワイモバイルはユーザーがヤフーショッピングでのポイントがいつでも5倍になるという特典はありますが、ワイモバイルを利用していて貯まるポイントはありません。

最近はPayPayとの連携でそれなりにお得なようです。

実際に使ってみて楽天モバイルがおすすめ!

すまっぴーとしては楽天モバイルがおすすめです。

月額料金が安く、いまなら1年間無料で利用できるというのは魅力的です。エリアに不安定さはありますが、急ピッチで整備が進められておりいずれ解消するでしょう。

ただし、現時点での通信の安定性を最重視したり家族での利用を重視する場合はワイモバイルに分があります。

3か月間月額料金無料かつ対象端末とセット購入で最大25,000円分ポイント還元(終了日未定)
新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜