1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. SHARP
  4. AQUOS sense6

SHARP AQUOS sense6のスペックレビュー!最安値で買えるMVNOを紹介

販売価格
未定
SHARP AQUOS sense6
サイズ70x152x7(mm)
重さ約156.0g
画面サイズ6.1インチ
カラー
OSAndorid 11
CPU2.0GHz
ストレージ64GB
メモリ4GB
カメラ4570万画素
バッテリー容量4570mAh
発売日2021-11-26

SHARP AQUOS sense6が最安値で買えるMVNO

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
29,810円 - 550円/月〜
31,800円 1,325円×24回 990円/月〜
37,800円 1,584円×24回 740円/月〜

詳細スペック

発売日未定
参考小売価格未定
ディスプレイ6.1インチ
IGZO OLED FHD+
本体サイズ152×70×7.9mm
重さ156g
カラーライトカッパー
シルバー
ブラック
ブルーメタリック
メインカメラ4,800万画素+800万画素+800万画素
フロントカメラ800万画素
初期OSAndroid 11
SoC(CPU)Snapdragon™ 690 5G
バッテリー容量4,570mAh
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
Bluetooth5.1
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
端子Type-C
防水/防塵性能IPX5/IPX8 IP6X
指紋認証/顔認証〇/〇
NFC
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ非対応
イヤホンジャック
外部メモリmicroSD 最大aTB
SIMカードnanoSIM
5G
eSIM非対応

10日間AQUOS sense 6を使ってみたレビュー

総評

AQUOS sense6を10日間ほど使ってみましたので、その感想、レビューを紹介したいと思います。

総評としては「サイズ感は最高!買うならSIMフリー版のメモリ6GBモデルが良い」という感じです。

SIMフリー版 6GB/128GBモデルが12月中旬に発売されました。

こちらの内容は動画でも紹介しています。

外装/サイズ感

AQUOS sense 6の第一印象はスタイリッシュでカッコイイという感じです。

前作のsense 5Gと比較すると前面の指紋認証がなくなり全体的に縦長になってます。また、ディスプレイの丸みが亡くなっているのでスッキリして見えますね。

senseシリーズの外装と言えば正直、「ちょっと安っぽい」という印象が合ったのですが、sense4あたりから改善され始めてsense6は落ち着きもありつつやぼったくない感じでいいですね。

今回購入したのはライトカッパーですが、この感じならシルバーとかブラックも良さそうだなと感じます。

手に持った印象としてはやはり軽い!です。重さが156gでかなり軽い方ですね。前作から20g以上軽くなっているので印象がかなり違います。

側面は切り込みが入ったようなデザインになっているので持ちやすいと感じます。下部にはイヤホンジャックも搭載されています。

そこそこ大きいので片手操作は結構難しいですね。軽くて取り回しやすいので、頑張ればいける人もいるかもしれません。

あと、外装の素材が原因だと思うのですが、寒い部屋などにおいておくと本体がめちゃくちゃ冷たくなります。冬は手に優しくないスマホですねw

ディスプレイ

ディスプレイは6.1インチの IGZO OLED FHD+が採用されています。

SHARPと言えば液晶のイメージでしたが、今回は有機ELディスプレイで出してきました。実際に画面を見た印象としては、綺麗なんですがかなり色が濃く出ていると感じました。 アプリのアイコンや画面など全体的に黒が強めに出ている印象です。前作のsense 5Gと比較しても違うので少し違和感はあります。

ただ、有機ELは白が強くなるとまぶしい感じがする傾向にあるので、それを抑えていると捉えると良いかもしれません。

今回購入したのは楽天モバイル版なのですが、プリインストールアプリはめちゃくちゃ多かったです。消せるとはいえ完全にやりすぎ。

SHARP関連のアプリはそこまで多いわけではないので、SHARPの公式などから購入した場合には普通くらいのプリインストールアプリの数になると思います。

生体認証

生体認証は顔認証と指紋認証に対応しています。指紋認証は今作からインディスプレイに変わりました。

やはり、インディスプレイの指紋認証なので結構遅いです。スピード重視であれば顔認証のほうが良さそうですね。

性能

性能は正直あまり高くはないです。3Dマークのベンチマークスコアは7299で、前作のAQUOS sense 5Gよりは若干高いものの、前々作のAQUOS sense 4とそんなに変わらないスコアになってます。

実際に使ってみた印象としては、ウェブが結構遅いですね。sense5Gのときほど、遅いなーとは思わないですが、スクロールしているときなど少しラグを感じることが多いです。

ただ、意外とゲームは快適にプレイできました。

ディズニーツムツムみたいなライトなゲームは当然動きますが、PUBGモバイルも原神も想像以上に快適にプレイ出来ました。

PUBGモバイルに関しては、高設定こそ選べませんが選べる設定の範囲では快適です。原神ももっとカクツクかと思っていましたが、想像以上にスムーズでした。 もちろん、ゲーム向きのスマホではないのですが、ウェブの動作感と比べると意外と動くなと思いました。

ウェブの動作が遅いのはメモリ4GBが原因の可能性が高いです。sense6もメモリ6GB版は快適に使えるんじゃないかなという気がしています。

価格は少し上がってしまいますが、6GB/128GBモデルがおすすめです。

音関連で言うと、sense 6のスピーカーはモノラルスピーカーです。音質も悪いわけじゃないですが、決して良いわけでもないです。特に特徴はないかなという感じです。

スピーカーの最大音量はやや大きめかなと思いました。

バッテリー

バッテリーはすごい持ちますね。実際に使っていても、なかなか減らない感覚があります。あと、結構驚いたのがレビュー期間中に結構長時間触っていないときがあったのですがその時でもあまり電池が減っておらず、あらためて持ちがよいんだなとかんじました。

実際に動画の連続再生のテストを行ったところ、108分でバッテリー10ポイント減少でした。明るさマックスで動画再生をし続けても、18時間は電池持つという計算になるのですごいですね。

人によっては公式が言っている電池持ち1週間もいけるかもしれません。

続いて充電についてですが、こちらは普通です。18Wの急速充電に対応しています。実際に計測しながら充電したところ約10分で10%充電出来ました。だいたい1時間半くらいでフル充電の計算になります。

充電速度がすごく早いわけじゃないですが、日常生活で困ることはないかと思います。

発熱

アプリをインストールしたりゲームをプレイするなど普通のスマホであれば発熱するところでもあまり発熱を感じませんでした。これは良いなと感じたポイントです。

もしかすると発熱はしているかもしれませんが、外装の素材や配置的に感じにくくなっているのかなとも思います。薄くて軽いにもかかわらず熱を感じにくいのはいいですね。

カメラ

カメラ性能は正直イマイチですね。

もちろん、明るいところで撮影したらそこそこの写真は撮れます。ただ、最初に言ったようにディスプレイが黒が強いのでスマホで撮影してスマホで画像を見ると、「なんか暗い写真になったなぁ」という印象になる可能性はあるなと感じました。

また、暗所や夜景の動画はイマイチです。特に暗所は弱いですね。

夜景は撮影した写真もノイズが多く綺麗とは言えないのですが、それ以上に撮影時の画面が気になりました。撮影画面では明るくなっているところはほとんど白飛びしていて、まともに写真が撮れるのか不安でした。

動画の手ブレ補正もデジタルで頑張っていますという感じです。

カメラ性能を重視するならあまりお勧めできません。

SHARP AQUOS sense6がセットで買える格安スマホ会社

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
29,810円 - 550円/月〜
31,800円 1,325円×24回 990円/月〜
37,800円 1,584円×24回 740円/月〜
39,800円 1,658円×24回 0円/月〜
42,130円 1,700円×24回 704円/月〜
42,240円 1,760円×24回 880円/月〜
43,780円 1,824円×24回 528円/月〜
44,352円 1,848円×24回 770円/月〜

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜