1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. 楽天モバイル
  4. 楽天モバイルの格安SIM、半年間の通信速度の評価と評判!他社MVNOとの比較

楽天モバイルの格安SIM、半年間の通信速度の評価と評判!他社MVNOとの比較

最終更新日:
楽天モバイルの格安SIM、半年間の通信速度の評価と評判!他社MVNOとの比較

楽天モバイル、UQモバイル、mineo、BIGLOBEモバイル、IIJmioの5社で比較を行いました。楽天モバイルの通信速度はやや遅めです。スーパーホーダイであればある程度快適に使えます。

2019年3月に行われたMMD総研の調査によると楽天モバイルは国内MVNOサービスでトップのシェア率の人気格安SIMです。2019年10月以降には第4のキャリアとして独自回線を開始予定で期待が高まっています。

出典:2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査

楽天モバイルの通信速度はやや遅め!

楽天モバイルの通信速度はやや遅いです。お昼の通信速度が1Mbpsを切ることもあります。キャリア並の通信速度を求める方にはあまりおすすめできません。

ただし、スーパーホーダイであればかなり快適に利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

楽天モバイルの通信速度を《半年間》計測してみた!

楽天モバイルの通信速度を半年間、午前中(10時頃) / 昼間(12時半頃) / 夕方(17時頃)で計測してみました。

※計測にはOoklaの「Speedtest.net Speed Test」というアプリを使用。

楽天モバイルドコモ回線の通信速度【おすすめ度:★★★☆☆】

午前中(10時頃)

そこそこ速いです。問題なく使えます。

昼間(12時半頃)

なんとか使える通信速度です。人が多い場所や連休中はもう少し遅くなります

夕方(17時頃)

普通に使える速さです。

楽天モバイルau回線の通信速度【おすすめ度:★★☆☆☆】

午前中(10時頃)

かなり速いです。ドコモ回線と比べてau回線を取り扱うMVNOは少ないので、ドコモ回線よりも通信速度は全体的に速いです。

昼間(12時半頃)

遅いです。Instagramは写真が全て表示されるまで5秒くらい待ちました。

夕方(17時頃)

朝と比べると遅く感じますが、普通に使える速度です。

楽天モバイルスーパーホーダイの通信速度 【おすすめ度:★★★★★】

午前中(10時頃)

かなり速いです。快適に使えます。

昼間(12時半頃)

お昼の時間帯の中ではそこそこ速いです。ちなみに、12時~13時の間は低速モードの最大通信速度は300kbpsに制限されます。

夕方(17時頃)

組み合わせプランと比較すると圧倒的に速いです。お昼と同じく、18時~19時の間は低速モードの最大通信速度は300kbpsに制限されます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

実際の通信速度の評判は?ユーザーの声を集めました!

楽天モバイルは格安SIMの中では平均的な通信速度ですが、キャリアやauのサブブランドであるUQモバイルと比較すると楽天モバイルはかなり遅いです。

回線の利用者が集中するお昼には速度が落ちるので、動画やゲームがスムーズにできなくなります。

通常のドコモ回線やau回線は「遅い」という声が目立つ楽天モバイルですが、スーパーホーダイを利用するユーザーは満足しているようです。

スーパーホーダイは高速モードがオフでも最大1Mbps出るので、TwitterやLINEなどデータ容量の消費が少ないアプリであればストレスなく使えます。

人気MVNO4社と速度比較!

  • UQモバイル
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio

MVNOのなかでもとくに人気の上記4社と通信速度の比較をしてみました!

朝(10時頃)の通信速度比較

楽天モバイルのドコモ回線は普通に使う分には問題ないですが、mineoと比較すると半分以下の速度です。

au回線はUQモバイルには及びませんが、結構な速度を出しています。

昼(12時半頃)の通信速度比較

ドコモ回線は4社の中で一番速度が出ています。一方で、au回線はかなり使いづらい速度です。

夕方(17時頃)の通信速度比較

ドコモ回線、au回線共に他社と比べて速度が出ていません。

au回線は朝こそ速度が出ていましたが、その他の時間帯で使いづらさが目立ちます。 総合的に見ると楽天モバイルはドコモ回線の方がおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

楽天モバイルのデータ通信の仕様

通信制限時は200kbps

楽天モバイルは高速モードをオフにしたりデータ容量を使い切ると通信速度が200Kbpsになります。

スーパーホーダイの場合低速モードの通信速度は最大1Mbpsなので、ブラウザや地図アプリも問題なく使えます。

快適に利用できる通信速度の目安

快適に利用できる通信速度は用途によって異なります。

LINEやメールは100Kbps、ネットは200Kbps~500Kbpsあれば問題なく利用できます。 YouTubeは中画質で0.5~1Mbps、高画質で2Mbpsあれば快適に閲覧できます。 4MbpsあればHD動画を止まらず再生したり、 Webページも数秒で表示されます。

3日間制限はau回線のみ

各キャリアやMVNOでは3日以内に一定のデータ量を使うと低速の速度制限がかかることがあります。

楽天モバイルではau回線のみ3日間以内に6GB以上使用した場合と低速モードで366MB以上使用したときに通信速度が制限されます。

高速通信の切り替えはアプリから可能

楽天モバイルはアプリから高速通信の切り替えができます。高速モードをオフにするとデータ容量の消費が止まり、速度制限時の通信速度になります。

使いたい時だけ高速モードに切り替えればデータ容量の節約が可能です。

低速モードでも75KB分のバースト転送で表示が速い

バースト転送機能とは、高速モードをオフにしていても通信開始時の少しのデータ容量だけ高速通信できる機能です。

楽天モバイルでは高速モードをオフにしている時もバースト転送で最初の75KB分だけ高速通信が可能になっています。

楽天モバイルのスーパーホーダイをおすすめする理由

実際の測定記録や口コミを見て分かるように、楽天モバイルの通信速度は遅いです。 ただし、スーパーホーダイなら回線が混雑する時間帯もストレスなく利用できます。

また、スーパーホーダイは最大1Mbpsのデータ通信が実質使い放題という点も魅力です。YouTubeで標準画質の動画(360p)を見る時に必要な速度は0.5~1Mbpsなので、低速モードにしてデータ量を気にせず動画を見ることも可能です。

速度制限後も1Mbpsで通信できるのはドコモのギガホくらいなので、スーパーホーダイの実質1Mbps使い放題はキャリア並の特典だと言えます。

さらに、前述の通りスーパーホーダイにには低速モードにバースト機能が付いているので、低速モードなのに早いと感じました。

楽天モバイルを検討している方にはスーパーホーダイをおすすめします。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜