1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. Povo on au

auの新プラン、Povo on auを解説!月額2,480円からでahamoよりも安い!?

最終更新日:
auの新プラン、Povo on auを解説!月額2,480円からでahamoよりも安い!?

auの新プラン「Povo」の解説しm他キャリア新プランと比較します。

満を持してauから新プラン「Povo」がリリースされました。

これで、携帯キャリア3社の「20GBバトル」に、各社の新プランが出そろった事になります。

今回は、au「Povo」に焦点を当てて、分かりやすく解説したいと思います。

auが発表した新プラン「Povo」とはどんな料金プランなのか

「Povo」(ポヴォと読みます)というプラン名からして気になりますが、本プランは、単に20GBの利用コストを下げた廉価版料金プランということではなく、従来にない新しいスタイルの通信ブランドを提供しようということのようです。 「Povo」のプラン内容は

  • 4G/5G対応のau通信網を利用した音声通話・データ通信プランである
  • 月間に利用可能なデータ通信容量は20GBまで利用でき、超過後は1Mbpsでデータ通信可能

と、様々な付加機能を廃して、通話と通信に特化した実にシンプルで分かりやすい構成となっています。

au通信網を利用するため、通信品質や通信速度は折り紙付きですし、近い将来には同料金内で5G通信にも対応する事が謳われています。

また、20GB容量を使い切っても、最大1Mbpsでの通信が可能となっています。 さらに、

  • 家族割引などの割引制度を適用しなくても充分に割安な料金である
  • 実店舗での取り扱いはなく、オンライン専用プランである

と、条件付きの割引を無くし分かりにくさを排除、誰でも同じ条件で割安にプランを利用できるようにしている一方で、実店舗での取り扱いがなく、諸手続きはオンラインのみとなっており、最低でもスマホやパソコンからネットでアクセスできる程度のスキルが必要となっています。

さらに、auが報道用資料などで強調しているのはトッピングです。

月額500円で、通話開始から5分間の国内通話が無料になる「トッピング」 月額200円で、1日だけデータ通信使い放題になる「トッピング」

など、ユーザーの希望や都合に合わせたトッピングを用意し、ユーザーが必要とする機能を1つずつトッピングできることを大きな特徴としています。

つまり、「Povo」とは、料金プラン自体はシンプルで分かりやすくする一方、トッピングというカタチで、ユーザー個々に必要なサービスを任意で付加する新たな料金プランで、混雑する店舗に出向かなくても、ネットから24時間いつでも都合の良い時に手続きが行えることが特徴…というわけです。

トッピングという新しい言葉を使ってはいますが、これまでもあったオプションと大きく変わりません。
オプションは月単位契約が基本でしたが、今後はトッピングとして1日単位でのオプション提供も増えていきそうです。

Povoのプランの注意点

以上のように、従来のauの料金プランから見れば大幅にプライスダウンしたように見える「Povo」ですが、果たして、誰にも簡単に利用できるプランになっているのでしょうか。

ここでは、「Povo」を利用する上で注意すべき点をいくつかピックアップしてみます。

Povoはオンラインでのみ手続き可能

NTTドコモの「Ahamo」、Softbankの「Softbank in LINE」もそうであるように、「Povo」もまた、オンラインでしか手続きができない、オンライン専用プランとなっています。

つまり、「Povo」を利用したいと思えば、少なくとも、スマホやパソコンでネットに接続し、「Povo」の手続きを行うWEBまでたどり着き、申し込みや手続きに必要な操作を行う事が必要です。

ネットのスキルを持ち合わせていない方は、「Povo」は利用できない事になります(「Ahamo」も「Softbank on LINE」も同様です)。

これは「Povo」に限らずですが、オンライン専用を謳う限りは、ネットスキルに多少疎いユーザーでも迷わず申し込めるようなUI(ユーザーインターフェイス)を構築する必要があり、どこまで作りこめるかが各社の「腕の見せ所」とも言えます。

家族利用している場合には家族割引率が変わりかえって「損」になることも

20GBで2,480円という料金は魅力的ですが、家族複数人でauを利用している場合、1人が「Povo」に切り替えると、家族割の適用が3人になってしまい、他の家族の料金が上がってしまう場合があります。

「Povo」単体では料金が下がっても、家族全体で考えた場合には、逆に支払い額が増えてしまうケースもあり得ますので、事前に家族全体の料金支払額をシミュレーションしてみる必要がありそうです。

ドコモの「Amaho」が家族割引の回線数に含められるように変更になったため、その点で少し差が生じています。

2,480円のプラン料金には「通話サービス」が含まれない

auでは業界差安値を謳って「Povo」をリリースしましたが、実はちょっとしたカラクリがあり、使い方によっては、他社と同等料金での利用になるケースもあるので注意が必要です。

「Povo」は、「5分かけ放題」等の通話サービスが一切含まれておらず、希望するユーザーは月額500円で「5分かけ放題」を「トッピング」することが可能です。

しかし、そうすると500円高いはずの「Ahamo」や「Softbank on LINE」と同条件・同料金となってしまうのです。

武田総務大臣もその辺りを指摘して「非常にまぎらわしい」と不快感を示していますが、こえは明らかに見当違いな「難癖」でしょう。
オプションを付加すれば同条件・同料金になるとしても、「付加しない」という選択肢が可能である以上、全く同等ではないですし、「5分かけ放題」を必要とせず月額500円安い方が良いとするユーザーもいるはずですので、ちっとも紛らわしくはありません。

ただ、「業界最安値」としたのは、少々言葉遊びが過ぎたかなとも感じます。同条件で比べれば「業界最安値」にはなっていませんので、「不要ならかけ放題を外す事もできます」程度にしておいて、「Povo」の特徴である「トッピング」をアピールしておくべきだったかもしれません。

2021年夏から提供予定の5G回線を使うには5G対応端末が必要

「Povo」では、2021年夏を目途に5G通信に対応する旨を発表しています。

現行のiPhone、Androidスマホ等が全て5G通信を利用できるわけではないため、すでに5G対応端末を利用している方以外は、5Gに対応した端末に買い替える必要があります。

ただ、5G通信の利用が可能になったからといって、4G通信が使えなくなるわけではないので、非対応端末のままでも「Povo」は支障なく利用する事が可能です。

キャリアメールを使用している場合は要注意

「Povo」ではキャリアメールの提供がなく、「gmail」や「Yahoo!メール」等のフリーメールアドレスを使用しなければなりません。

現在、携帯キャリアのユーザーでキャリアメール(※)を使用している場合、フリーメールアドレスを発行・設定して利用する必要がある上、店頭での説明やサポートがないので、ネットで自らメールアドレスの発行・設定を行うスキルも求められます。

「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.me.jp」「i.softbank.jp」等の携帯キャリアのドメイン付きのメールアドレスや、そのアドレスを使ってメールをやり取りする仕組みをキャリアメールと言います。

半額通話サービス(アプリ)の提供なし~通話料は常に20円/30秒

これはMVNOから「Povo」に乗換えたユーザーの注意点ですが、MVNOでは当たり前になっている料金半額通話(プレフィックス電話)ですが、キャリアであるauの料金プランである「Povo」では提供がありません。 MVNOでは10円/30秒で通話できていたものが、「Povo」に乗換えると、通話料金は常に20円/30秒となり、単純に2倍の通話料となるので要注意です。 「5分かけ放題」の通話定額を利用した場合でも、5分経過後の課金は20円/30秒ですので、MVNOからの乗り換えの場合には、通話料金がアップする可能性が高くなります。

大手3キャリアの新20GBプランの比較

プラン名Povo on auSoftbank on LINEAhamo
提供会社KDDISoftbankNTTドコモ
提供開始2021/3~2021/3~2021/3~
月額料金2,480円/月2,980円/月2,980円/月
データ容量20GB20GB20GB
通話料金20円/30秒20円/30秒20円/30秒
かけ放題月500円で5分以内かけ放題
月1,500円でかけ放題
5分以内かけ放題
月1,000円でかけ放題
5分以内かけ放題
月1,000円でかけ放題
エリアau 4G/5Gソフトバンク 4G/5Gドコモ 4G/5G
その他トッピング(オプション)豊富eSIM対応
LINEカウントフリー
82の国・地域で利用可能

上記の図は、NTTドコモ「Ahamo」、au「Povo」、Softbank「Softbank on LINE」の料金やサービス内容を一覧にしたものです。

多くの項目で横並びですが、同じように見えて一部に違いも見えています。

月額料金について

NTTドコモ「Ahamo」とSoftbank「Softbank on LINE」のプランは月額2,980円、au「Povo」は2,480円と、auのプランが月額500円割安に利用できますが、5分かけ放題を加えた「同条件下の月額料金」では3社とも同金額となります。

「Povo」は、通話をしない・少ないので「かけ放題は不要」というユーザーにとっては、使わない「5分かけ放題」のために毎月を無駄に500円支払わずに済みます

家族割引について

当初は3キャリアとも、「家族割引等の割引は適用しない」としていましたが、NTTドコモは「Ahamo」の割引に関するサービス内容を変更しています。

ahamoの回線自体は割引対象にはなりませんがみんなドコモ割の回線の一本とみなしてギガホやギガライトのプランの割引を適用できます。
また、ギガホやギガライトのプランから家族が使用しているahamo回線に電話を掛けたときの通話料は無料です。

「Povo」、「Softbank on LINE」については、現時点では割引に関する変更は発表されておらず、家族割などは適用されない予定となっています。

eSIM発行について

現時点で、新料金プランで「eSIM発行」について公式に明言しているのは、Softbankだけです。

auは「前向きに検討中」、ドコモは社長発言で「意欲を見せる」と、各社で若干の温度差があるようです。

ただし、最も前向きなSoftbankでも、サービス開始当初から「eSIM」での契約が可能かどうかは定かではありません。

その他サービス

本来であれば、この部分で他社との差別化を図るところですが、各社ともシンプルなプランを掲げており、あまり目立った付加サービスが発表されていません。

auはトッピングをアピール

そんな中、au「Povo」では、「トッピング」をアピールしています。

要は単純にオプションサービスの事なのですが、その時々で必要な機能を「トッピング」できるようにするようで、第1弾として「24時間データ使い放題(200円/日)」などが想定されているようです。
報道資料の画像によれば、「2時間ムービー見放題」や、「24時間SNS使い放題」等が検討されているようです。

ソフトバンクはLINEの取り込みをアピール

Softbankは、LINEを取り込んだことをアピールしており、LINE利用(トークや通話)時の通信費がデータ容量を消費しない、従来のLINEモバイルの「データフリー」オプションを踏襲しています。

また、手続きの簡素化の一環として、LINEアプリ内からの申し込みや手続きが可能としており、その点で他社との差別化になると考えているようです。

ドコモ「Ahamo」については特別なサービスの発表はなく、事前申し込み時にキャンペーンを実施し、dポイント3,000Pが付与されるとの事ですが、プラン内容そのものの魅力ではありません。

Povo on auまとめ

Povo on auは月額2,480円から利用できるauの新プランです。

月500円の5分以内かけ放題を付けると、月額2,980円で「ahamo」や「Softbank on LINE」と同額ですが、かけ放題の有無を選べるようにした点は評価できます。

また、トッピング(オプション)も魅力的で現時点では3キャリアのプランの中では一歩リードと言えます。

とはいえ、他社や格安SIMも動いてくるのですぐにPovoの契約は決めてしまわず2021年3月まで業界動向を見守っておくのがおすすめです。

「Povo on au」の記事一覧

    公式をチェック!