未成年でも契約できる格安SIM会社

0201bfadb7481d7a993144b82119091b

未成年でも契約できる格安SIM会社

最終更新日:

未成年者が格安SIMを契約するためにはクレジットカードが必須となる格安SIM会社が多いです。楽天モバイルとmineoは決算時にクレジットカードを必要としますが、親の同意があれば、クレジットカードを作れる18歳以上なら未成年契約ができます。

未成年でもクレジットカードがあれば契約できる会社

未成年者が契約できない理由の一つに決算方法があげられます。MVNOで契約する格安SIMの支払い方法は、ほとんどがクレジットカード決済です。(銀行引き落としが可能なMVNOもあり)

しかし、この場合クレジットカードを持っていても、MVNO側は社会的信用のない未成年者はお断りする企業が多いですが、クレジットカードさえ持っていれば契約できるMVNOがあります。

それは楽天モバイルです。楽天モバイルは決算時にクレジットカードを必要としますが、親の同意があれば、クレジットカードを作れる18歳以上なら未成年契約ができます。

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

mineoは親権者の同意があれば契約できる

親の同意さえがあれば契約できる会社として、mineoが挙げられます。mineoでは18歳と19歳の方は、基本的に親の同意があれば契約できます。

しかし、クレジットカードが必要となってしまうため、クレジットカードを作れない18歳以下の未成年者の場合は、契約することができません。

ただ、未成年者は社会的信用の高い親の名義を借りて利用者登録をすることで18歳以下の方でも利用できます。

mineoの料金プラン・評判・スマホ

BIGLOBEなら未成年でも銀行振り込み契約できる!?

クレジットカードを作れない未成年者にとっては、クレジットカード決算以外の方法で支払いできるMVNOを探すしかありません。

そこで、おすすめするのが、BIGLOBEです。BIGLOBEでは未成年者の場合、親の同意があれば、銀行口座振替で契約を行うことができます。

しかし、注意点がいくつかあります。通話SIMの契約をすることはできません。なぜなら通話SIMの場合はクレジットカード決算に限定されるからです。また、銀行口座振替の場合は、引き落としの度に手数料216円がかかってしまうため、注意が必要です。

BIGLOBEの料金プラン・評判・スマホ

保護者名義で契約した方が面倒ごとは少ない

格安SIM会社は基本的には、ほとんどの会社が未成年完全契約不可なため、未成年者は社会的信用の高い親の名義を借りて、利用者登録をして格安SIMを契約する場合が多いです。

その中で、親の同意とクレジットカードや銀行口座さえあれば自分の名義で契約できるMVNOはなかなか魅力的なのではないでしょうか?しかし、クレジットカードを必要とする場合は、未成年者でも契約ができるクレジットカード会社を探さなければなりませんし、さらにクレジットカード会社でも親の同意が必要となる可能性があり、自分の名義で契約するにも非常に面倒な手続きが多いのです。そのため、できる限り親の名義で契約をすることをおすすめいたします。

大手キャリアの学割並みで使える格安スマホはこちら⇒格安スマホに学割はありますか?