1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM徹底解説!人気MVNO比較
  3. 無制限(使い放題)プランがある格安SIM・MVNO4社の比較とデメリット!

無制限(使い放題)プランがある格安SIM・MVNO4社の比較とデメリット!

最終更新日:
無制限(使い放題)プランがある格安SIM・MVNO4社の比較とデメリット!

格安SIMの無制限使い放題プランを紹介します。大手キャリアのスマホは高いうえに5GBや7GBで速度制限がかかってしまいます。格安SIMの無制限使い放題プランなら速度制限の心配なし。ただし、デメリットもあります。無制限使い放題プランを提供しているおすすめ格安SIM4社と選び方を解説します。

無制限(使い放題)の格安SIMおすすめランキングTOP3

【1位】 楽天モバイル「スーパーホーダイプラン」

  • 最大1Mbps(混雑時間帯のみ300kbps)で使い放題
  • プランに応じて2GB~高速通信も使える!
  • 10分以内かけ放題もセットで1,480円~
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【2位】 UQモバイル「データ無制限プラン」

  • 500kbpsで使い放題
  • 月額料金が安い
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

【3位】 U-mobile「LTE使い放題プラン」

  • LTEの高速通信が使い放題!
  • 1日ごとに通信制限がある
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
ソフトバンク

無制限(使い放題)の格安SIM・MVNOの選び方

無制限プランの使い方おすすめMVNO
動画を中心に使いたい楽天モバイル
動画以外で無制限プランを使いたいU-mobile
UQmobile(UQモバイル)

使い放題プランは格安SIMによってさまざま

1か月のデータ利用量に制限がない、高速通信の無制限使い放題プランを提供している格安SIMは多くはありませんが、あります。

大手キャリアでは現行プランにLTE/4Gデータの使い放題はなく、ソフトバンクの「ギガ放題」など、50GBの大容量にカウントフリーを付けることでほぼ使い放題というサービスが限界です。

格安SIMには高速通信と低速通信の使い放題がある

しかし、格安SIMには高速通信の無制限使い放題以外にも、低速時でもある程度の通信速度が出るプラン常時低速ですが制限のないプランなどの形でも無制限プランが用意されています。

自分の使い方にあった無制限プランを選ぶことでより満足度高く格安SIMが利用できます。

動画を見るために使い放題プランを選ぶなら【楽天モバイル】

楽天ロゴ

スマホで無制限プランを検討する理由でもっとも多いのは「動画を見たい」という理由ではないでしょうか。

動画視聴はデータ消費が激しいため、通常プランだとすぐに通信制限にかかってしまいます。「とにかくどこでも動画を見たい」という人は楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は低速通信時でも最大1Mbpsで通信でき(お昼と夕方の混雑時だけは最大300kbps)、それ以外に「高速データ」と「10分かけ放題」がセットになっています。

スーパーホーダイプランの低速時通信速度

スーパーホーダイの通信速度

1Mbpsの通信速度があればYouTubeの動画も中画質(360p)程度で十分快適に視聴できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

単純にYouTubeをたくさん見たい場合は「BIGLOBEモバイル」も

データ無制限のプランではありませんが、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」なら月額480円から加入でき、YouTubeなどの13種類のサービスがカウントフリーになります。

YouTubeや対象サービスが使い放題であれば良いという方にはおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

無制限(使い放題)の格安SIM4社のプランと特徴

無制限プランがある格安SIMの中から人気の4社を紹介します。

会社名特徴
楽天モバイル低速時でも最大1Mbpsで快適に使える「スーパーホーダイ」
UQモバイル最大500kbpsの「データ無制限プラン」
U-mobile高速通信が使い放題の「LTE使い放題プラン」ただし通信制限あり
DTI SIM高速通信が使い放題の「ネットつかい放題プラン」ただし通信制限あり

【楽天モバイル】スーパーホーダイは月額1,480円から!

楽天ロゴ

格安SIMの無制限プランを探している人には楽天モバイルの「スーパーホーダイ」が一番おすすめです。

スーパーホーダイのプラン内容

スーパーホーダイは「10分かけ放題」と「高速データ通信」が月額料金とセットになったプランなのですが、低速時でも最大1Mbpsで使い放題という特徴があります。

格安SIMは料金が安い分実測値での通信速度はあまり速くありません。高速通信が使い放題というプランも実測値で見れば1Mbpsに届かないケースも多いです。楽天モバイルのスーパーホーダイなら低速時でもある程度快適に利用できます。

スーパーホーダイの月額料金一覧

プラン名月額料金高速通信のデータ量
プランS1,480円(2年間)2GB
プランM2,480円(2年間)6GB
プランL4,480円(2年間)14GB
プランLL5,480円(2年間)24GB
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

【UQmobile(UQモバイル)】データ無制限プランは月額1,980円から!500kbpsの使い放題

UQモバイル

UQモバイルの「データ無制限プラン」は通信速度最大500kbpsでデータ使い放題です。ちなみにUQモバイルは通信速度に定評がありますが、「データ無制限プラン」は最大通信速度が500KbpsなのでUQモバイルの通信速度の速さに対する恩恵はそれほど受けません。しかし、500Kbpsで使い放題というのはほかの格安SIMにはない独自のサービス展開のため、ある程度問題なく日常的に利用できてデータ消費を気にしながら生活したくない人には最適です。

2019年3月の調査で総合満足度1位!!

DMM研究所の「2019年3月格安SIMサービス利用動向調査」によるとデータ通信品質・安定性の部門で第1位、総合満足度も第1位となりました。

出典:MMD研究所「1019年3月格安SIMサービス利用動向調査」より

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

【U-mobile】LTE使い放題は使い放題だけど…

U-mobile

U-mobileの「LTE使い放題プラン」はその名の通りLTEの高速データ通信が使い放題です。月額2,480円で利用できます。

使いすぎると通信規制されるため注意

「LTE使い放題プラン」は月間での通信容量に制限はありませんが、直近で高速通信を使いすぎると通信速度が規制されることがあります。

詳細は公式では公開されていませんが、利用者からの口コミでは1日で1GB~2GB以上のデータを使用すると通信速度に規制がかかるケースが多いようです。

無料でWi-Fiが使えるので活用しよう

U-mobileを契約すると同時に全国82,000か所以上のWi-Fiスポットも使い放題になるため、ぜひ活用しましょう。

使い放題だからといって常にLTEで接続するのではなく、使える場所ではWi-Fiを使うなどの工夫が必要です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
680円〜
ドコモ
ソフトバンク

【DTI SIM】ネットつかい放題プラン!

DTISIM

DTI SIMの「ネット使い放題」はデータSIMで月額2,200円、音声通話SIMで月額2,900円です。

YouTube見放題のプランもある

ネットつかい放題プランとは別で、動画見放題SIMというプラン(7GB:月額2,430円)も用意されています。YouTubeTwitterがカウントフリーで使い放題になります。

YouTubeで動画を見るために無制限プランを探している人にはこちらがおすすめですが、こちらはデータ専用SIMのみとなるため、注意。

DTI SIMも帯域制限にかかる可能性あり

DTI SIMも直近数日間のデータ使用量が大きすぎると規制の対象になる可能性があるため、注意してください。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
600円〜
ドコモ

格安SIMの無制限プランの注意点とデメリット

使い放題プランにも通信制限がある場合がある

前述していますが、「U-mobile」や「DTI SIM」など無制限プランにも通信制限があるプランがあります。

自分の使い方とMVNOが提供しているプランをしっかりと把握して自分に合ったプランを選ぶことが重要です。

通信速度は遅い場合も

格安SIMは一般的に大手キャリアと比較して通信速度が速くありません。そのため、「使い放題だけど遅くて満足できない」とならないためにも通信速度を考慮して契約することをおすすめします。

すまっぴーでは毎月通信速度を計測しています。

今回紹介した中ではUQモバイルは毎月安定した速度で上位になっていますが、最大500kbpsの無制限プランではその恩恵は受けられない点に注意してください。

使い放題のプランより大容量プランのほうが自由に使えるケースも!

20GB~50GBなどの大容量プランを提供しているMVNOもあります。大容量プランはau回線を除き毎月の決められた出た容量を使い切って起きる通信制限以外の通信規制がないため、容量を使い切るまで高速通信を使い続けることができます。

自分が毎月使うデータ量がわかっていれば大容量プランのほうが快適に利用できるケースもあります。大容量プランも検討したいみたいという人は下記で詳しく解説しているので合わせて読んでみください。

カウントフリーオプションを活用しよう!

カウントフリーという一部の対象サービスを利用時のデータ消費がカウントされない「カウントフリー」サービスを展開している格安SIMを選ぶと大容量のプランを契約する必要がない可能性があります!

格安SIMによって展開しているカウントフリーオプションの内容は違う(有料無料や対象サービス)ため、自分に合ったカウントフリーオプションを展開している格安SIMに申し込みましょう!

カウントフリーオプションを展開している格安SIM一覧

BIGLOBEモバイルはYouTube見放題!

エンタメフリー・オプションという13種類のサービスが対象のカウントフリー!月額480円~。3GB以上のプラン契約者が対象。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au

LINEモバイルはSNSし放題!

LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」はLINEをはじめ、Twitter、Facebook、Instagramと主要のSNSのデータ消費がカウントフリーになります。月額料金はかかりません。1GBのLINEフリープランならLINEのみがカウントフリーになります。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜